名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

久野貴久の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

久野貴久のプロフィール

久野貴久、くの・たかひさ。日本の経営者。「日清オイリオグループ」社長。愛知県出身。早稲田大学商学部卒業後、日清製油(のちの日清オイリオグループ)に入社。加工油脂事業部長、執行役員、常務などを経て社長に就任。

久野貴久の名言 一覧

当社は110年間培ってきた製油、油脂加工に関する各種の生産技術を有しています。これらを背景に、様々なライフステージにおけるお客様の健康で豊かな食生活に貢献する商品を開発、上市していく。


今以上にグローバル化を進め、付加価値型ビジネスモデルへの転換を図らなくてはいけません。それにはマーケティングとテクノロジーが不可欠。常にお客様の視点に立って、当社ならではの技術開発を進め、ニーズに対するソリューションを提供していくことが重要だと思います。


社会人の第一歩を経理部門からスタートしました。プラザ合意の年で、入社して半年間の原価と、それ以降の価格が全く変わるという経験をしました。当社の業績には為替相場や国際商品市況が直接影響するので、金融や経済に目が向くようになったし、会社の成り立ちの全容を見ることができ、その後の会社員人生の基礎となる経験でした。


かつて油はどちらかというと敬遠されていましたが、最近では健康のためには積極的に摂ろうという流れになっています。油は揚げるとか炒めるほかに、よりおいしく健康に寄与するために、生でそのままかけるという使われ方もされてきています。当社ではかけるオイルとして「鮮度のオイル」シリーズがありますが、そうした分野の商品をさらに市場投入することで、裾野を広げていきたい。


久野貴久の経歴・略歴

久野貴久、くの・たかひさ。日本の経営者。「日清オイリオグループ」社長。愛知県出身。早稲田大学商学部卒業後、日清製油(のちの日清オイリオグループ)に入社。加工油脂事業部長、執行役員、常務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

張勇(ダニエル・チャン)

より満足度の高いサービスを提供し、顧客が満足すれば、市場の評価はおのずと定まってくるはずだ。


荒俣宏

何度失敗してもめげない、理想的なモデルが日本にいるじゃないですか。寅さんですよ、寅さん。


俣野成敏

そつなく、ミスのない働き方をしようと考えていたのが、それでは生き残れないと知り、社内ベンチャー事業の募集に手をあげました。以前の自分なら、間違いなくスルーしていた案件ですね。失敗したらリスクしかないと考えていましたから。


大高弘之

営業には2種類あり、ひとつは短期に成果を出そうとする強引な手法の「狩猟型」営業。値引きで売り込むなど、お客の食いつきはいいが、一度売れればそれっきり。一方「農耕型」は顧客と営業マンとの人間関係を重視するスタイル。両者にいったん信頼関係が生まれれば、長期的なつき合いに発展します。これこそが不況時代に求められる姿勢。


田村重信

湾岸戦争のときに金だけいっぱい出していて、ちっとも評価されないわけだよ。それはそうだよ。みんなが協力して嫌な仕事をしているのに、町内会長が来て、金をやるから、あと終わったら酒でも飲んでよ、じゃあねって言ったら、軽蔑されるだろ?


森川亮

今あるもので「最高の料理」を作る。その料理はどういう料理なのか。そういう発想が、組織やチームのマネジメントには大切です。


江上治

1億円以上稼ぐ人の思考の根底にある共通点は、常に「自責」である。100%が自分の責任と思っていなければ、とてつもない年収を稼ぎ続ける人にはなれない。


吉松民雄

我々ボトラーは、コカ・コーラ本部と契約して、それぞれの地域を担当しています。地域に密着し、小売業などに対して直接販売システムを持っているのが強みです。ただ統合で企業規模が大きくなり、地域密着の強みが薄れるのではないかという懸念がありました。そこで、販売の仕組みを、従来の中央集権型からエリア別に分けました。地域ごとのニーズを吸い上げ、新たな付加価値を持つ商品の開発につなげることが重要です。


藤田晋

世の中は常に動いているので、「自分が動かないような仕事」をしていると、すぐに時代遅れになる。ですから「時代遅れになっていないか」を自問自答し続けて、現場で仕事をすることを大切にしてください。


服部真二

セイコーの創業者・服部金太郎の「常に時代の一歩先を行く」という現在の企業理念ともなっている言葉があります。セイコーの伝統は革新の連続であり、たえず先進技術を追い求めてきた。


中村栄輔

時代とともにオーナーの高齢化という問題が出てきました。そこで2004年から、我々本部がオーナーの子供など、後継者を育成するための研修を行うという支援を始めました。実は当時、私は後継者の育成には、反対でした。FC(フランチャイズチェーン)の仕組みでは、どんな人と契約するか、本部は選ぶ権利を持っていますが、育成することが本部の役割なのだろうかと考えたからです。時間も労力もかかってしまいます。しかし、研修の最後に、後継者たちが現オーナーや本部の役員の前で、決意表明する様子を見て、考えが変わりました。企業の理念や価値観の共有を重視してきた我々のチェーンならば、こうした後継者育成はあり得ると、思ったのです。


大坪清

現場の基本は何よりもまず安全であり、それを支えているのは、他でもないそこで働く従業員であり、その心のありようが密接にかかわっている。