久野貴久の名言

久野貴久のプロフィール

久野貴久、くの・たかひさ。日本の経営者。「日清オイリオグループ」社長。愛知県出身。早稲田大学商学部卒業後、日清製油(のちの日清オイリオグループ)に入社。加工油脂事業部長、執行役員、常務などを経て社長に就任。

久野貴久の名言 一覧

当社は110年間培ってきた製油、油脂加工に関する各種の生産技術を有しています。これらを背景に、様々なライフステージにおけるお客様の健康で豊かな食生活に貢献する商品を開発、上市していく。

今以上にグローバル化を進め、付加価値型ビジネスモデルへの転換を図らなくてはいけません。それにはマーケティングとテクノロジーが不可欠。常にお客様の視点に立って、当社ならではの技術開発を進め、ニーズに対するソリューションを提供していくことが重要だと思います。

社会人の第一歩を経理部門からスタートしました。プラザ合意の年で、入社して半年間の原価と、それ以降の価格が全く変わるという経験をしました。当社の業績には為替相場や国際商品市況が直接影響するので、金融や経済に目が向くようになったし、会社の成り立ちの全容を見ることができ、その後の会社員人生の基礎となる経験でした。

かつて油はどちらかというと敬遠されていましたが、最近では健康のためには積極的に摂ろうという流れになっています。油は揚げるとか炒めるほかに、よりおいしく健康に寄与するために、生でそのままかけるという使われ方もされてきています。当社ではかけるオイルとして「鮮度のオイル」シリーズがありますが、そうした分野の商品をさらに市場投入することで、裾野を広げていきたい。

久野貴久の経歴・略歴

久野貴久、くの・たかひさ。日本の経営者。「日清オイリオグループ」社長。愛知県出身。早稲田大学商学部卒業後、日清製油(のちの日清オイリオグループ)に入社。加工油脂事業部長、執行役員、常務などを経て社長に就任。

ページの先頭へ