久野貴久の名言

久野貴久のプロフィール

久野貴久、くの・たかひさ。日本の経営者。「日清オイリオグループ」社長。愛知県出身。早稲田大学商学部卒業後、日清製油(のちの日清オイリオグループ)に入社。加工油脂事業部長、執行役員、常務などを経て社長に就任。

久野貴久の名言 一覧

当社は110年間培ってきた製油、油脂加工に関する各種の生産技術を有しています。これらを背景に、様々なライフステージにおけるお客様の健康で豊かな食生活に貢献する商品を開発、上市していく。


今以上にグローバル化を進め、付加価値型ビジネスモデルへの転換を図らなくてはいけません。それにはマーケティングとテクノロジーが不可欠。常にお客様の視点に立って、当社ならではの技術開発を進め、ニーズに対するソリューションを提供していくことが重要だと思います。


社会人の第一歩を経理部門からスタートしました。プラザ合意の年で、入社して半年間の原価と、それ以降の価格が全く変わるという経験をしました。当社の業績には為替相場や国際商品市況が直接影響するので、金融や経済に目が向くようになったし、会社の成り立ちの全容を見ることができ、その後の会社員人生の基礎となる経験でした。


かつて油はどちらかというと敬遠されていましたが、最近では健康のためには積極的に摂ろうという流れになっています。油は揚げるとか炒めるほかに、よりおいしく健康に寄与するために、生でそのままかけるという使われ方もされてきています。当社ではかけるオイルとして「鮮度のオイル」シリーズがありますが、そうした分野の商品をさらに市場投入することで、裾野を広げていきたい。


久野貴久の経歴・略歴

久野貴久、くの・たかひさ。日本の経営者。「日清オイリオグループ」社長。愛知県出身。早稲田大学商学部卒業後、日清製油(のちの日清オイリオグループ)に入社。加工油脂事業部長、執行役員、常務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

吹石一恵

苦手意識があると、プレッシャーを感じますよね。でも、どうあがいても、その日がきたらやらなくちゃいけない。それならば、納得のいくまで練習をするしかない。


小室淑恵

その時間しかないと思えば、自然に集中して効率的に取り組める。


岡本吏郎

成功者と言われる人の考え方には共通している点があります。まず「流行のビジネスには目もくれない」こと。もうひとつが「得意なことしかしない」こと。


松本義弘

ホテルの運営は、人を作る製造業だと思っています。自分も含めて、熱く生きる人を作るのです。


高岡浩三

僕が何でうまくいったかというと、基本的には本社の承認を取らないで、まず小さなレベルで成功して実績を作り、後で認めさせているんです。「キットカット」も「きっと勝つ」なんていうマーケティングが通用するのは日本だけですし、(新しい技術で作った)「レギュラーソリュブルコーヒー」には本社は反対でした。ようするに「インスタントコーヒーをやめます」という話ですから、その事業で出世してきた人はプライドが許さない。だから、先に小さく始めて実績を作り、抵抗勢力が文句を言えないようにする必要がありました。


野尻佳孝

この業界にありがちな取引先を業者扱いすることをなくさないと、絶対にいいサービスが提供できないと思って、僕の会社では業者という言葉を禁止したんです。取引先の方にもサプライズをしたりして、リレーションをよくしていくように心がけています。


高田明(ジャパネットたかた)

前へ前へと常に変化する中でも、創業期の精神に戻らなければならない。


前川洋一郎

企業は「売上利益」か「社会貢献」かの二者択一を迫られると、ホンネは前者が優先で、後者はタテマエにすぎない場合が多いだろう。しかし企業は、人々の生活を豊かにすることが目的であるなどの社会的使命があれば、本業を通じて社会貢献をしていることにもなりうる。公の心を大きく持って企業経営に臨めば、ホンネとタテマエの二者択一は解消されるのだ。


吉田たかよし

大事なのは上司が自分の脳を部下に押し付けないこと。脳はみんな違うのですから、それを見極めたうえで上手に付き合うのが大原則。職場というのは異脳種交流の場なのです。


森田芳光

30代の僕は、落語家のような「歳を重ねるごとに味が出る人間」に憧れていました。監督という仕事についても同じで、年齢が上がるにつれて人生というものがわかり、それを作品に反映して、観客の方々にフィードバックできる、そういう監督になりたかったのです。ですから映画をつくるための数千万円の借金も、「駄目ならコツコツ働いて返していこう」と覚悟していました。それも自分の人生の味になるはずだと。


渡辺謙

結局、仕事が上手くなるというのは、スキルを習得するうんぬんよりも、どれだけ自分や他人の人生に対して真摯に向き合えているかってことではないでしょうか。仕事って全人格的な表現だから、その人の人生との向き合い方が如実に現れてしまう。付け焼刃で誤魔化すことはできません。


出口汪

論理的な話し方のポイントはいくつもありますが、まず意識すべきは「最初に要点を明確にすること」です。その際に重要なのが、「話題ファースト、結論ファースト」の意識です。


松野恵介

ある商品のどこに魅力を感じるかについての自分にない他人の考え方は、多角的な見方を身につける参考になります。


水谷豊(俳優)

現在の自分と若い頃を比べ、ギャップの大きさに打ちひしがれる人もいますが、昔の自分と比べる必要はありません。人生は「いま」が大事なんですよ。


山崎元

所有することが社会的なポジションを表現する財産を「地位財」と呼びますが、この扱いが厄介です。たとえば、広くて立派な家は住人の経済力をアピールするし、自動車や高級時計、高級な衣服、子供に与える教育によって地位が示される場合もあります。ほとんどの人は地位財にこだわるのはくだらないと頭ではわかっています。でも他人の地位財に影響を受けてしまう。こうした人間の本性とも言える衝動に抗えるかどうかが、今後の人生の幸福度を左右します。


ページの先頭へ