名言DB

9419 人 / 110788 名言

久野正人の名言

twitter Facebook はてブ

久野正人のプロフィール

久野正人、ひさの・まさと。日本の経営者、プロフェッショナルビジネスコーチ。慶応義塾大学法学部法律学科卒業後、古河電気工業に入社。その後、日本サン・マイクロシステムズ、日本シリコングラフィックス、ベックマン・コールターなどに勤務。ベックマン・コールターでは社長を務めた。社長退任後は数多くのエグゼクティブに対してコーチングを行った。

久野正人の名言 一覧

世界で勝てるリーダーを育てるには、組織の上の人間から変わっていく必要がある。


日本企業では、研修等で自己変革の努力の機会を自ら受けるのはせいぜい部長クラスまでであり、役員クラスになるとほとんど受けないケースが多い。ところが外資糸企業では、役職が上になればなるほど積極的にリーダーシップのトレーニングを受けるのがごく一般的なのである。現在、日本企業の多くが、経営革新の点で世界に後れをとっている原因のひとつはここにあると私は考えている。


リーダーが成果を拳げることだけに血道を上げていると、部下との関係の質が損なわれて、むしろ成果が挙がらなくなる場合が多い。


エグゼクティブは多くの塲谷、極度の負けず嫌いだからこそエグゼクティブになれたのであり、そうであるがゆえに他者からの指摘に耳を傾けたがらないのである。しかし、自身が持つ頑固な悪癖に気づき、絶えざる行動変革をしていかない限り、どんなに能力が高いエグゼクティブでもさらに高いレベルに上がっていくことはできないのである。


久野正人の経歴・略歴

久野正人、ひさの・まさと。日本の経営者、プロフェッショナルビジネスコーチ。慶応義塾大学法学部法律学科卒業後、古河電気工業に入社。その後、日本サン・マイクロシステムズ、日本シリコングラフィックス、ベックマン・コールターなどに勤務。ベックマン・コールターでは社長を務めた。社長退任後は数多くのエグゼクティブに対してコーチングを行った。

他の記事も読んでみる

松井忠三

人間万事塞翁が馬。将来どうなるかなんて誰にもわからないが、たったひとつ、言えることがあるとすれば、人生に無駄な経験などひとつもないということだ。会社が危機的状況に陥ることもあれば、自身も病気やケガに見舞われることもある。上司と折り合いが悪くなって左遷させられることも、珍しいことではない。そういう修羅場のときこそ、どのようにして乗り切ろうかと一生懸命に考えるものだ。そうして人は成長する。


澤田秀雄

チャレンジしている人が減っている日本の状況に危機感を抱いています。日本は豊かになり、あえて何かに挑戦しなくてもとりあえず食べていけるようになりました。言わば、ぬるま湯に浸かっている状態です。しかし、いずれは必ず茹で上がってしまう。それは企業においては倒産を意味します。


林修

口癖一つで、ずいぶん印象が変わります。ビジネスマンなら当然、気を使いたいですね。仮に最初は意図的に口にしていたとしても、いつしか無意識に言えるようになる。そうなれば、その口癖が自然な「あなた」そのものになるでしょう。


古屋大貴

独立を目指すなら、どんどん人と会い、自分の能力について評価してもらうことが大事。その過程で自らの意外なセンスに気づけば、それがビジネスの原動力になる可能性もあります。


和田秀樹

たしかに高級寿司より回転寿司のほうがコストパフォーマンスはいい。でも、カウンターで食べる気分のよさのために、10倍くらいのお金を払う経験も大事。そのために頑張って稼ごうという原動力が生まれますから。


片田珠美

朱に交われば赤くなる。自己保身のために被害者ぶる人が多い組織だと、同じような人が量産されます。トラブルを部下のせいにして自己保身を図る上司がいたとします。部下は自分のせいにされて大変ですが、一方で「自分を被害者にすれば生き残れる」ことを学習して上司のマネをするようになります。これを精神分析用語で同一化といいます。


森山文弘

店舗を運営して驚いたのが、来店者の方に高齢の女性が多かったことです。もちろん、その方たちは唐揚げが食べたいから来店されるのですが、中には話し相手を求めて来られる方もいらっしゃいます。


榎本雅一

大事なのは、40代や50代のうちに、自分は60歳以降に何をやりたいのかを見つけること。そうすれば、「50代のうちにこんなスキルや能力を身につけておこう」と逆算することができます。「60代になっても、一つの事業を任されるマネジメント人材になりたい」というのであれば、50代までに新規事業を自ら立ち上げて成功させれば、60歳で定年を迎えた後も、そのまま責任者を任される可能性が出てきます。


佐藤綾子(心理学者)

私たちの心の中に、「いまビジネスが上り坂であり、面白くてしょうがない」というポジティブな気持ちがあれば、それはまず「背骨」に出ます。背骨は一本の真っ直ぐな骨ではなく、頸椎7個、胸椎12個、腰椎5個などのつながりです。人脈と同じように、骨も脊椎の「骨脈」なのです。気を抜くと、この骨脈はぐにゃりと曲がります。「会社がうまくいっていない」「今年いっぱいで定年だ」などと考えていれば、自然と背骨が曲がります。


落合信彦

日本の新聞なんかを読んでいると、明日にもアメリカ経済が死んでしまうようなことが書いてあるが、実態は全然ちがう。アメリカの銀行には、債権などの資産を合わせると全部で30兆ドルあるといわれている。今回のサブプライムローンにおける損失は、2500億ドルから多くとも5000億ドルといわれているので、銀行が持っている全クレジットの1パーセントの十分の一にすぎない。その銀行がつぶれていくなどということは考えられないだろう。それなのに日本の新聞は、明日にでも息絶えてしまうといった感じで書いてしまう。雰囲気で書いてるだけで、根拠はない。だから、詳しい数字は出てこないだろう。