名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

久野正人の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

久野正人のプロフィール

久野正人、ひさの・まさと。日本の経営者、プロフェッショナルビジネスコーチ。慶応義塾大学法学部法律学科卒業後、古河電気工業に入社。その後、日本サン・マイクロシステムズ、日本シリコングラフィックス、ベックマン・コールターなどに勤務。ベックマン・コールターでは社長を務めた。社長退任後は数多くのエグゼクティブに対してコーチングを行った。

久野正人の名言 一覧

世界で勝てるリーダーを育てるには、組織の上の人間から変わっていく必要がある。


日本企業では、研修等で自己変革の努力の機会を自ら受けるのはせいぜい部長クラスまでであり、役員クラスになるとほとんど受けないケースが多い。ところが外資糸企業では、役職が上になればなるほど積極的にリーダーシップのトレーニングを受けるのがごく一般的なのである。現在、日本企業の多くが、経営革新の点で世界に後れをとっている原因のひとつはここにあると私は考えている。


リーダーが成果を拳げることだけに血道を上げていると、部下との関係の質が損なわれて、むしろ成果が挙がらなくなる場合が多い。


エグゼクティブは多くの塲谷、極度の負けず嫌いだからこそエグゼクティブになれたのであり、そうであるがゆえに他者からの指摘に耳を傾けたがらないのである。しかし、自身が持つ頑固な悪癖に気づき、絶えざる行動変革をしていかない限り、どんなに能力が高いエグゼクティブでもさらに高いレベルに上がっていくことはできないのである。


久野正人の経歴・略歴

久野正人、ひさの・まさと。日本の経営者、プロフェッショナルビジネスコーチ。慶応義塾大学法学部法律学科卒業後、古河電気工業に入社。その後、日本サン・マイクロシステムズ、日本シリコングラフィックス、ベックマン・コールターなどに勤務。ベックマン・コールターでは社長を務めた。社長退任後は数多くのエグゼクティブに対してコーチングを行った。

他の記事も読んでみる

小林宏(工学博士)

ユーザーに必要とされる物を開発しないとビジネスとして生き残れない。


ゲーテ

まだ日が暮れない。働くのだ、飽くことなく。そのうち誰も働くことのできない死が来るのだから。


原晋

「青学陸上部の長距離監督にならないか」と声をかけられた私は、会社を辞めて退路を断ち、広島から妻と2人で上京しました。当時の青学陸上部は箱根駅伝出場など程遠い弱小チームで、決して意識の高いメンバーが集まっていたわけではなかった。そんな学生たちに毎月、目標を立てさせ、達成する方法を考えさせ、A4用紙に書かせました。月末に達成度を自己評価させて、反省点と課題点を明らかにし、翌月の目標につなげる。その積み重ねが小さな成功体験を生み、学生は成長する楽しさを味わった。すると「もっとやりたい」という自主性が生まれます。


小林弘幸

メンタルトレーニングをするより、まずは大元である身体へのアプローチが得策。まず体力をつけて、行動の検証によって仕事のパフォーマンスを上げる。すると、心も力を取り戻すのです。「心技体」ならぬ「体技心」の順番で、心身ともに元気を取り戻しましょう。


河野貴輝

新築のビルは大体複合用途に使えるように建築されており、オフィスにも店舗にも飲食店にも出来ます。しかし、日本の古いビルは用途が分かれていて、これを変更するのは至難の業。取り壊して新築を建てた方がよほど良いのですが、私はそのタブーに挑戦し、商業ビルをオフィスにも使えないかと模索しています。アメリカやヨーロッパには、ビルを取り壊して建て直すなどという発想はまずありません。日本は地震大国ですが、耐震がしっかりしていて潰れるビルなど無いわけですから、良いビルは上手く残して、再生していくことに社会的意義があると思っています。


後藤亘

(MXテレビ再建要請を受けて)自問自答して導き出した答えが、「エフエム東京からはひとりも連れて行かない」ということでした。たったひとりで行くことにすれば、たとえMXテレビが潰れても私だけの問題ですから、エフエム東京には何の迷惑もかけないわけですからね。実際に、行ってみたら放送が分かる人があまりいませんでした。でも、エフエム東京から人は出せません。そこでエフエム東京のOBを呼んだんです。4、5人をスカウトしましてね、そうしたら、ひと肌ぬいでやると、来てくれました。


三木谷浩史

勇気を持とう。やらなければいけないとわかっていても、見て見ぬふりをしてしまうところが日本人にはある。世界のトレンドは変わっているし、いままでの価値観にしがみつくばかりでは滅びるしかない。


芦田昭充

情熱の源は業界ナンバーワン、いや、業界ダントツナンバーワンになってやろうという気持ちです。私、こう見えても負けん気が強いんですよ。


嶋田卓彌(嶋田卓弥)

古い組織に新しいものを持ち込むと、とかく難癖をつけるのが人情。私が蛇の目で宣伝企画を担当してから広告費がグングン増大するので「嶋田みたいなもんに任していたら、会社はつぶれてしまう」と忠告した上司や株主もあったが、小瀬専務は偉かった。「嶋田君が来てくれなかったら、どうせこの会社はつぶれていたんだ。彼にやらせたからには彼の思う存分やらせてみよう」といってガンと聞き入れなかったという。
【覚書き|パインミシン(のちの蛇の目)に広告担当者としてヘッドハンティングされたときを振り返っての発言】


南場智子

我が社が海外進出などで領域を広げているのも、ソーシャルゲーム事業で大きな成功を享受している今だからこそ、現状にとどまらずに変化しなければならないと考えているからです。


大野裕

気持ちが動揺したときには、考え方が極端になりすぎていないか確認してみましょう。そうすれば、自分をより客観視できるようになります。


清武英利

意外かもしれませんが、潰れる会社、大きな問題を起こす会社は、ゆるく働いている人にとっては「いい会社」。