名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

久野木和宏の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

久野木和宏のプロフィール

久野木和宏、くのき・かずひろ。日本の経営者。「ニッコウトラベル」会長。兵庫県出身。デイリースポーツ事業社を経て日本広告(のちのニッコウ企画)、日航トラベル(のちのニッコウトラベル)を設立。

久野木和宏の名言 一覧

自分で考えても、新しいアイデアなんてなかなか生まれません。お客さんの不満に耳を傾け、考えて、それに対応していくことで、初めてアイデアが生まれるんです。なにより、人の話を聞いているほうがラクですし、いい企画が生まれますからね。


うちの添乗員は上司の顔は見ないで、お客さんの顔ばかり見ていますよ。お客さんが選ぶ人材と、我々の選ぶ人材にはギャップがあるんですよ。それなら我々よりお客さんの意見を聞こうと。みなさん社会経験も豊富なので、知識レベルも高いですからね。


久野木和宏の経歴・略歴

久野木和宏、くのき・かずひろ。日本の経営者。「ニッコウトラベル」会長。兵庫県出身。デイリースポーツ事業社を経て日本広告(のちのニッコウ企画)、日航トラベル(のちのニッコウトラベル)を設立。

他の記事も読んでみる

森川亮

当時、スマホの時代がくるとわかっていたけど、もう少し市塲が大きくなってからやればいいと考えている会社がほとんどでした。ただ僕たちはガラケーのときに乗り遅れているので、集中しないと二の舞いになるという危機感があった。だからやるなら最初からスマホ単体でやろうと、リソースを全部注ぎ込むことにしたのです。


張本邦雄

誰のどんなやり方でも、正しい結論が出ればいいのです。社長になったからといって何でも「張本流」を押し付けるようなことはしません。他人の価値観を許容できるようになれば、自分一人で行き詰ったときも新たな道が開け、人間として何倍にも大きくなれるのです。


永田豊志

全社の営業マンが1年目と10年目で同じ仕事のやり方をしていたとします。成績に差があるとすれば、それは経験と担当企業の規模でしかありません。ベテランの営業担当者は「あえて顧客先を訪問しない」といった、手法のイノベーションを試すべきなのです。


陰山英男

世間から批判され、我慢するしかない時期もありましたが、ここまで辿り着いて思うのは、「最後に勝てばいい」ということです。


片田珠美

嫉妬されてしまったときは、相手がなぜ自分に嫉妬するのか分析してみるといいでしょう。嫉妬の根底には喪失不安と恐怖心が潜んでいます。相手が何を失うことを恐れているのかがわかれば、心に余裕が生まれ、その場から離れる、斜め上の上司に相談するなどの適切な対策も取れます。


武藤貴宏

応援って何だろうと考えるとき、意外と身のまわりに自分を応援してくれているものがあることに気づきます。たとえば名前。親がつけてくれる名前は、「こういう人間になってほしい」という人生最初の応援じゃないですか。


中西宏明

収益性をあげるには、その事業での世界的なポジションをどうつくっていくかという問題意識を、ひとつひとつの事業に対して植えつけなくてはいけません。


沢渡あまね

チームのみんなでムダだと思う仕事を本音で話し合える、みんなでぶっちゃける場、いわば「ぶっちゃけ会」が必要。ムダな仕事は誰かが指摘しないと、いつまでたってもなくなるものではありません。コツはざっくばらんに、ワイワイやること。1年に1度でいいので、やってみてください。


佐久間昇二(佐久間曻二)

よく聞き上手と言いますが、(松下)幸之助さんは言わせ上手。こちらが何でも言いたくなる雰囲気を作ってしまう。


喜久川政樹

私が昇格できた理由は、ひと言でいえば、ネバーギブアップで仕事に取り組んできたからでしょうか。私が入社した当時の第二電電(のちのKDDI)は事業を始めたばかりで、売上げはほとんどゼロでした。私の仕事は、東京を起点に、大阪や北海道までネットワークを構築する業務でした。ネットワークというと聞こえがよいのですが、実際に行なったのは、鉄塔建設と用地買収の仕事です。具体的には、やぶこぎ(クマザサなどの薮をかき分けて進むこと)をして山に登ったり、市役所や町役場の職員や地権者の方と交渉したりしていました。土台になったかどうかはわかりませんが、ネットワークづくりを進めるなかで、全国津々浦々を回って、土地土地のもつ特徴が実感としてわかりました。鉄塔の建設をするために地権者の方と話し合う、説明力や交渉力の基礎も身についたと思っています。


似鳥昭雄

変に休んだり、働かなかったりすると、人間、身体が鈍ってきたり、頭の回転が遅くなったりします。やはり、人は働かないと不健康になると思います。


黒鉄ヒロシ

大人になってから出会った人との関係は、学生時代と違い、つき合うに足るかどうかで明確な一線が引かれてしまいます。注意してもムダだと思われれば、そこまで年を重ねるごとに、人間関係はコンパクトになっていきます。年長者だからといって、若者を叱る責任はありません。それでも上司が部下を叱ってくれるのは、会社の側として一体となって動く必要があるからです。組織が目的を達成するためには、全員が自分の役目を果たすことが欠かせません。だから、上司は口うるさく言うわけです。