名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

久野木和宏の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

久野木和宏のプロフィール

久野木和宏、くのき・かずひろ。日本の経営者。「ニッコウトラベル」会長。兵庫県出身。デイリースポーツ事業社を経て日本広告(のちのニッコウ企画)、日航トラベル(のちのニッコウトラベル)を設立。

久野木和宏の名言 一覧

自分で考えても、新しいアイデアなんてなかなか生まれません。お客さんの不満に耳を傾け、考えて、それに対応していくことで、初めてアイデアが生まれるんです。なにより、人の話を聞いているほうがラクですし、いい企画が生まれますからね。


うちの添乗員は上司の顔は見ないで、お客さんの顔ばかり見ていますよ。お客さんが選ぶ人材と、我々の選ぶ人材にはギャップがあるんですよ。それなら我々よりお客さんの意見を聞こうと。みなさん社会経験も豊富なので、知識レベルも高いですからね。


久野木和宏の経歴・略歴

久野木和宏、くのき・かずひろ。日本の経営者。「ニッコウトラベル」会長。兵庫県出身。デイリースポーツ事業社を経て日本広告(のちのニッコウ企画)、日航トラベル(のちのニッコウトラベル)を設立。

他の記事も読んでみる

作山若子

これはかつての営業経験で得たノウハウなんですが、たとえば金融なら、まずは業界トップの大手銀行の役員食堂を目指して、本部に営業をかけます。次はその銀行の関連企業に、といった具合に、上からどんどん攻めていくんです。


鈴木喬(経営者)

僕が経営トップになって何をやっているかといえば、味方作り。組織で上に立ちたいなら、「なんだか憎めないな」と思われるキャラクターを作ることが必要。


志太勤

時代の変化に対応するために、基本的には自社でモノを持たない経営を貫いてきました。


坪田聡

睡眠障害を甘く見て悲惨な結果を招いた例は少なくありません。休み中は、寝る時刻が遅くなり、起床時間が昼近くに。それが持続して固定されてしまうと、「睡眠相後退症候群」の恐れあり。この病気になると、朝起きることが困難です。無理に起きると、抑うつ状態になることもあります。


島田洋七

トークの秘訣? 講演でも何でも、友達に話すように本音でしゃべることやね。


西山昭彦

部下から上司に向けた心配りで最も重要なのは、情報の伝達です。部下の立場では、上司に素早く情報をあげることこそが最良の気遣いといえます。


山田真哉

普段から周りにある数字を意識し、その裏側の意味を読み解く訓練をしておくことが、会計センスを磨くことにつながります。「会社の数字に強くなりたい」と思うなら、まずは、数字に基づいた思考法を鍛えることから始めましょう。


石田孝

「道路事業は産業インフラとして大きな可能性を持っている」と社員対話の際に言っています。我々は西日本に、甲子園球場の2200個分の広さを有する道路を持っています。そこには太陽の光が照り、雨も降り風も吹く。この自然環境の恩恵を活かせば、道路沿いの緑化や太陽光発電も風力発電もできます。こういう話をすると、社員の眼の色が変わってきます。


森川亮

有益な情報は、成功している人に集まってきて、成功していない人には集まってこない。自分が何かのジャンルの専門家で、人に聞かれたらその情報をいつでも提供できるような立場にいる。そうでないと、相手の専門家からも、なかなか情報は得られない。


岩崎裕美子

紙の資料やパソコン内のデータの置き方について、全社共通のルールを作りました。違う部署の資料も迷うことなく見つけられるようになり、時間が大幅に節約できました。


江上治

私たちが日ごろから実践できるアウトプットとしては、学んだことを人に伝えてみるのもひとつです。セミナーや勉強会に参加したら、3日以内に人に伝えるようにします。人に伝えることで、自分の考えを整理し、知識を体系化することができます。人に教えることが一番の勉強といいますが、これはアウトプットによる知識の体系化を別の言い方で表現したものといえるでしょう。


坂本孝

より多くのケーススタディに遭遇できるのは、大企業よりも中小企業です。一方で、ケーススタディの質は、大企業のほうが圧倒的に高いでしょう。規模の大きな案件や重大な案件は、資金力のある大きな組織に属してこそ、携わることができる可能性があるのは間違いありません。ケーススタディの質と量。どちらがより大事だということではありませんが、どちらかしか選べないのであれば、中小企業で場数を踏むほうが成長につながると思います。仕事は、量をこなすことで質へと転換されていきます。それに大企業に就職したからといって、皆が質の高い経験をできるわけでもありません。事業の中核を担うような仕事に恵まれる人は、ごく一部です。