名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

久米隆善の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

久米隆善のプロフィール

久米隆善、くめ・たかよし。日本の経営者。「ジェミニウム」社長。東京出身。静岡大学卒業。

久米隆善の名言 一覧

当初からワークフローの効率化が欠かせないと考え、オーダーから生産まで完全に自動化を実現したシステムを構築しました。


わが国のEC市場では、欧米に比べてまだまだ特定の分野に特化した専門サイトが少ないので、アマゾンや楽天ではできない専門サイトならではのきめ細かいサービスを提供しながら、まずは3年後に売上高10億円を目指したい。


久米隆善の経歴・略歴

久米隆善、くめ・たかよし。日本の経営者。「ジェミニウム」社長。東京出身。静岡大学卒業。

他の記事も読んでみる

大越健介

私は自分のことを幸せすぎるくらい恵まれていると思っています。田舎の自然豊かな環境で、平凡だけど平和な家庭に育って、機会に恵まれてスポーツもやり、学校を出ていい仕事に恵まれました。それはあり得ないくらいの幸運です。そのかわり、人一倍社会のために働かなければならないとずっと思ってきました。いつもは何も言わない父にも「いい気にならないのがお前の仕事だよ」ということだけは何度も言い聞かされましたし。


吉田たかよし

あなたも一度、興味を持って楽しみながら取り組んだら、画期的なアイデアが思いついたという経験があるはずです。楽しいと感じているときには、脳の中でA10神経と名付けられたユニークな神経が活発に動きます。A10神経は、脳の奥深くにある中脳から、思考力を司る前頭連合野までつながっており、活性化するとドーパミンと呼ばれる情報伝達物質を放出します。このドーパミンの作用により、前頭連合野は創造力を活発に働かせる仕組みになっているのです。


秋元義彦

パンづくりの修行後、栃木に戻り父と始めたパンの移動販売は、とても好評でした。しかしパン業界はその後、苦戦を強いられます。かつてパン屋の競合はパン屋でしたが、それが変わり始めたのです。まず、パンよりもスナック菓子でお腹を満たす人が増えた。また、若い人の食事が一日三回から二回に減少。さらに、ファストフード店が台頭しました。そして、今のパン屋の最大の競合はコンビニです。店舗の近くにコンビニができると、経営はきわめて厳しくなる。そのため、まちのパン屋さんには、「プラスアルファの発想」が必要です。


西成活裕

ビジネスシーンのトラブルから世界的な問題まで、解決する時に思考体力が必ず要求されます。そしてこれは、数学の問題を解くことで鍛えられるのです。ビジネスパーソンの皆さんが数学に自信がないのなら、今から学び直して得られるものは大きいと断言します。


土光敏夫

「仕事の報酬は仕事である」とは、藤原銀次郎さん(※)の言葉である。賃金と仕事の関わり合いについては、いろんな立場からの様々な議論があろう。けれどもそれらを超えていることは、人間の喜びは金だけからは買えないという一事である。賃金は不満を減らすことはできても、満足を増やすことはできない。満足を増やすことのできるのは、仕事そのものだといわねばならぬ。どんな仕事であろうと、それが自発的主体的に行動できるような仕事になってくれば、人々はそこから働きがいを感ずるようになるのだ。
【※藤原銀次郎:王子製紙社長。日本の製紙王と呼ばれた人物。戦前の三井財閥の中心人物】


三浦知良

僕にとって、夢は生きるための原動力。だから、同年代の皆さんには、どんなことでもいいので、夢を持ち続けてほしい。


西田弘次

部下のモチベーションを上げるには、人間関係が築けていることが大前提。人間として信頼も好感も抱けない上司だったら、部下は何を言われても「この人の言うことなんてやりたくない」と思うのが普通です。


中島武

大切なのはジャッジ能力なんです。「これは良くてあれは良くない」ということがわかるということ。レストランに限らず、いま何が来ていて、何が来ていないのか、それを見極めるジャッジ能力が必要ですね。


松井忠三

私は西友の課長時代から意識改革の難しさを実感していました。トップが身体をはって考え抜いてやるしかない。


楡周平

最近は、情報収集というとインターネットが主流ですが、それだけでは不十分です。なぜなら、インターネットでの検索は、自分に感心があるキーワードを中心に情報収集するので、興味の範囲でしか広がりがないし、確かな情報も載ってはいますが、ジャンクな情報も多いからです。


龍華明裕

現在の私は、発明ひとつひとつを守ることに価値を見出しています。価値の高い特許を取れればその範囲の事業を一定期間守ることができますし、その特許によって産業にも社会にも影響を及ぼします。このように社会に貢献する発明の創出をサポートし守るという観点から事業を展開したいと思っています。


秋元久雄

「信用」を勝ち得た段階で、初めてお客さまにとって「本当に必要とされる営業マン」になれるのだ。その結果、「結婚する娘の家を建てたい」「別荘がほしい」などといった、リピート仕事の好循環へつながっていく。