久米隆善の名言

久米隆善のプロフィール

久米隆善、くめ・たかよし。日本の経営者。「ジェミニウム」社長。東京出身。静岡大学卒業。

久米隆善の名言 一覧

当初からワークフローの効率化が欠かせないと考え、オーダーから生産まで完全に自動化を実現したシステムを構築しました。


わが国のEC市場では、欧米に比べてまだまだ特定の分野に特化した専門サイトが少ないので、アマゾンや楽天ではできない専門サイトならではのきめ細かいサービスを提供しながら、まずは3年後に売上高10億円を目指したい。


久米隆善の経歴・略歴

久米隆善、くめ・たかよし。日本の経営者。「ジェミニウム」社長。東京出身。静岡大学卒業。

他の記事も読んでみる

島津義秀

時代の変化が激しい時代だからこそ、普遍なものを大切にする必要があるのではないか。


エマヌエル・スウェーデンボルグ

清潔と無垢の状態に生きる者たちには、裸は恥ずかしいことでも不真面目なことでもありません。みだらで慎みもなく生きる者たちにとってのみそうなのです。


渡邉美樹

相手を選んで感謝するという打算的なスタンスでは、本気で感謝できない。すべてに感謝する姿勢を持って、初めて本気で感謝できるのではないでしょうか。


長谷部誠

自分は運がいい方だと感じています。でも、運は待っていても来ない。たぐり寄せるものだと思う。苦しい思いとか頑張った奴に運がついてくると考えている。だから選択を迫られたときに、いつも難しい方を選ぶんです。


石川康晴

小売りで「服を売る」だけではなく、服のメンテナンスといった「川下」を伸ばす必要がある。自動車メーカーなら、クルマを売るだけではなく、その後の車検などがありますよね。これと同じです。


水留浩一

私たちが大切にしているのは、すしを流す回転レーンです。このレーンをお客様と我々をつなぐコミュニケーションの場と捉えています。流したネタがレーンに載ってお客様の目の前を巡回し、どのくらいの頻度でお取りいただけるのか。それは一種の会話とも言えるものです。お客様に薦めたい旬のメニューを並べるなど、レーンは我々の意思を表現する場でもあります。だから各店長には、「レーンで勝負せよ」「レーンにこだわれ」と話しています。


北大路欣也

知らない世界を覗く気持ちは、いくつになってもやまない。むしろ歳をとるごとに強まっているかもしれない。


西村貴好

思うように企業の業績が上がらないと、上司たちはイライラし、部下に対する要求も増えます。するとその部下はそのまた下の部下へ……というような悪循環に陥り、職場が殺伐とした雰囲気に。そんな状況を一変させるのに必要なのが、「褒める」ことなんです。


田中孝司(経営者)

現地現物。何事も自分で感じた上で判断しています。


飯田亮

何かを捨てる時には、必ず新しいものが必要になります。


古井祐司

とくに危ないのは「疲れの感度が弱い人」。仕事に夢中になるあまり、疲労を感知できないタイプの人です。こうした人は気づかないうちに限界を超えていて、ある日突然倒れてしまう可能性があります。


眞鍋寿男

我々は豊田織機の古い織機をいまだに使用しています。織りのスピードは最新鋭機器の5分の1しかありません。遅いし騒音もすごい。一見するだけでは何らメリットがないようにも感じるでしょう。しかし、我々の求める生地はこの織機からしかできません。


織田裕二

年を取って、経験を積まないと表現できない世界。そこに対する憧れが強くて、早く40代になりたかった。ようやく40代を迎えて、いまは仕事の幅が若い頃より広がって演じやすくなりました。


ロバート・ルービン

世間において常識とみなされていることに対して、疑問を呈する勇気を忘れてはならない。健全な猜疑心こそ、ものごとの裏に潜む本質を見極める近道である。


杉本和行

これだけグローバル化した経済の下では国際的な基準に合わせていかないと、日本企業の存立にかかわる事態が起きないとも限りません。


ページの先頭へ