名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

久米豊(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

久米豊(経営者)のプロフィール

久米豊、くめ・ゆたか。日本の経営者。「日産自動車」社長・会長。東京出身。東京帝国大学航空原動機学科卒業後、日産自動車に入社。座間工場工務部長、吉原工場長、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。高級車「シーマ」の爆発的ヒットで、1988年第5回新語流行語大賞銅賞を受賞。そのほか経団連副会長、日本自動車工業会会長などを務めた。

久米豊(経営者)の名言 一覧

大組織の中にいますと、お客さんより、社内の上下関係のほうが優先されてしまうことが多々あるんです。これを除去しようと。これは本当に徹底してやりました。


お客さん第一を前提に、自由奔放にやらせたことが活性化につながった。


セールスの極意は、いつもお客さんの立場で考えること。


私の根底にあるのは人生哲学。思想のない技術はダメ。


若者の心をつかむには、やはり若者に仕事をしてもらうことじゃないでしょうか。何かあった時の責任は私に全部あることは言うまでもありませんが。


僕は社員にあまり同質化するなと言っているんです。同質化の強さもありますが、ひとつ狂うとすごく脆い。


私にボートが与えた影響は非常に大きい。ボート競技にはスターがおらず、また、いてはいけない。一人だけ、オールを強く引いてはボートがまっすぐ進みませんし、タイミングと力がぴたりと合わないとダメ。


うちでは「主管」というポストにいる者に、車の企画段階から、最後の値付けまで、つまりインプットからアウトプットまで、全部任せきっているんです。これが良かったと思います。バラバラにやるとどうしても寄せ集めで、一貫性に欠けてしまいますから。


普通、あのクラスの車は後部座席に「偉い人」が乗り、運転手が前と決まっていますね。シーマは、高級車でありながら自分で運転して楽しむ車なんですよ。その発想の転換が功を奏した。しかも(馬力があって)よく走るわけです。
【覚え書き|シーマの大ヒットについて】


ボートは少しでもリードすれば、今度は相手の背中をみながらこぐわけで、落ち着いてできるんです。それが逆に抜かれてしまうと、相手がどこまでリードしたのか分からない。そうしますと焦燥感がでて、ますますオールが浮いてアゴが上がって悪循環に陥る。ですから、負けかかった時こそ手元を見つめて、しっかりこがないといけない。


久米豊(経営者)の経歴・略歴

久米豊、くめ・ゆたか。日本の経営者。「日産自動車」社長・会長。東京出身。東京帝国大学航空原動機学科卒業後、日産自動車に入社。座間工場工務部長、吉原工場長、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。高級車「シーマ」の爆発的ヒットで、1988年第5回新語流行語大賞銅賞を受賞。そのほか経団連副会長、日本自動車工業会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

山本憲明

年に一度などたまにしかやらないけれど、確実に定期的に発生する仕事こそ、マニュアルを作っておく必要がある。


入野自由

純粋に自分たちが面白いと思うことを、ひたすらやり続けている。スタジオでも、全力で収録して「ああ、もう疲れた」って言いながら、すごく楽しいみたいな。


能町光香

お店選びは、直前にインターネットで探す程度では限度があります。日頃からアンテナを張ってお店を探して、多少のわがままも聞いてもらえるお店のレパートリーを持っていると、いざという時に大変役に立ちます。


内山理名

最近、日常生活の大切さをすごく感じるようになりました。先輩の女優さんの演技を見て、「すごいなぁ」と思うことがよくあるんですけど、その背景には、日常生活での実体験が関係しているようなんです。恋や別れ、買い物や家事……。ドラマのワンシーンを実生活で体験しているかどうかで、演技の質が大きく変わってくる。確かに実体験がないと、いくら考えても、深く理解できないんですよね。


佐治信忠

悠々として急げ。


羽田孜

やはり、皆「変化」を感じています。これはポスト冷戦がきっかけかもしれませんが、各国の首脳が変えていかなくてはいけないと感じているし、また、日本に対しても協力を求めていこうとしていますね。要するに、自分たちに国民が変化を求めているということを、指導者の誰もが感じていて、それに対応していこうとする。


小笹芳央

組織というのは「人間」が集まって構成されています。組織で何か問題が起こると、あいつが悪いとか、こいつが悪いというように、「人」のほうに問題の原因を持ってきてしまいます。しかし、そうではなくて「間」に原因があるのだという見方をするといいでしょう。たとえば、本部と支社、営業部署と企画部署、技術と営業、正社員と派遣などです。人が集まったどこかとどこかの「間」で問題が起きているのです。なぜ「間」に問題が起こるかというと、それは両者のコミュニケーション不全の問題からなのです。


内藤誼人

怒りっぽい人と話し合いをするときには、絶対に何かを食べさせた方がいい。そうすれば相手は心理的に打ち解けたムードになってくれるからである。私たちは、お腹がすいていると、無性に怒りっぽくなる。お腹がいっぱいならそれなりに冷静になってくれるだろう。


松井忠三

言いたいことを全部話しても、相手はすべてを受け止めてくれるわけではありません。テーマを絞り、短くシンプルに話すことが基本。


川越達也

お客様がいらっしゃる前も、銀行の手続きや取引業者さんへの支払い手続きなども自分でやるようにしています。店の経営状態を肌感覚でつかむには、お金の出し入れに関する手続きを自分でやるのが一番いいんです。いまのように忙しくなる前からずっと自分でやってきたことですし、スタッフに対しても「自分はちゃんとお店の経営に意識を向けているよ」というメッセージにもなります。うちぐらいの小規模の組織だからできることだとは思いますが。


吉田浩一郎

子育てや介護で仕事を辞めたり、就職に失敗すると、フリーターの道しかないというのが今の社会。一方通行の市場ではなく、いろんな働き方を可能にするインフラが、クラウドソーシング。


長井啓

当社はロボットメーカーに部品を納めるという点では1次下請けという立場ですし、一方で、減速機を作る完成品メーカーとしてサプライヤーを抱えています。どちらの立場も分かります。