名言DB

9429 人 / 110879 名言

久米豊(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

久米豊(経営者)のプロフィール

久米豊、くめ・ゆたか。日本の経営者。「日産自動車」社長・会長。東京出身。東京帝国大学航空原動機学科卒業後、日産自動車に入社。座間工場工務部長、吉原工場長、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。高級車「シーマ」の爆発的ヒットで、1988年第5回新語流行語大賞銅賞を受賞。そのほか経団連副会長、日本自動車工業会会長などを務めた。

久米豊(経営者)の名言 一覧

大組織の中にいますと、お客さんより、社内の上下関係のほうが優先されてしまうことが多々あるんです。これを除去しようと。これは本当に徹底してやりました。


お客さん第一を前提に、自由奔放にやらせたことが活性化につながった。


セールスの極意は、いつもお客さんの立場で考えること。


私の根底にあるのは人生哲学。思想のない技術はダメ。


若者の心をつかむには、やはり若者に仕事をしてもらうことじゃないでしょうか。何かあった時の責任は私に全部あることは言うまでもありませんが。


僕は社員にあまり同質化するなと言っているんです。同質化の強さもありますが、ひとつ狂うとすごく脆い。


私にボートが与えた影響は非常に大きい。ボート競技にはスターがおらず、また、いてはいけない。一人だけ、オールを強く引いてはボートがまっすぐ進みませんし、タイミングと力がぴたりと合わないとダメ。


うちでは「主管」というポストにいる者に、車の企画段階から、最後の値付けまで、つまりインプットからアウトプットまで、全部任せきっているんです。これが良かったと思います。バラバラにやるとどうしても寄せ集めで、一貫性に欠けてしまいますから。


普通、あのクラスの車は後部座席に「偉い人」が乗り、運転手が前と決まっていますね。シーマは、高級車でありながら自分で運転して楽しむ車なんですよ。その発想の転換が功を奏した。しかも(馬力があって)よく走るわけです。
【覚え書き|シーマの大ヒットについて】


ボートは少しでもリードすれば、今度は相手の背中をみながらこぐわけで、落ち着いてできるんです。それが逆に抜かれてしまうと、相手がどこまでリードしたのか分からない。そうしますと焦燥感がでて、ますますオールが浮いてアゴが上がって悪循環に陥る。ですから、負けかかった時こそ手元を見つめて、しっかりこがないといけない。


久米豊(経営者)の経歴・略歴

久米豊、くめ・ゆたか。日本の経営者。「日産自動車」社長・会長。東京出身。東京帝国大学航空原動機学科卒業後、日産自動車に入社。座間工場工務部長、吉原工場長、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。高級車「シーマ」の爆発的ヒットで、1988年第5回新語流行語大賞銅賞を受賞。そのほか経団連副会長、日本自動車工業会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

阿部祐二

すんなり話が聞けるとは限りません。事件現場のマンションの住人の方に話を聞こうと、すべての部屋のチャイムを鳴らしてお願いしたこともありました。しかし、そうした苦労をしても、相手が心を許して本音を聞かせてくれたときは本当に嬉しい。現場から視聴者の方に湯気が出るようなニュースを伝える喜びに目覚めたのも、30代のことだったと思います。


エミール・クーエ

あなたが何かをしようと思うとき、果たすべき義務があるとき、つねに「簡単にできる」と考えなさい。「むずかしい」「私にはできない」という言葉をあなたの語彙から消しなさい。「私にはできる」「私はやる」「私にはできるはずだ」と自分に言い聞かせなさい。


馬場正尊

僕も他の2人も大会社の隙のないところが窮屈で辞めているわけですから。みんなでワイワイやる一体感みたいなもの、そこから生まれてくる可能性を大切にしたい。


千本倖生

不況を、長期成長戦略を練り直す好機ととらえ、そのために時代の大きな流れ、現実や変化を国際的な視野で迅速につかむ必要がある。


野尻哲史

将来を含めて所得(月収)を増やすための努力、つまり自己投資は、将来の資産形成の金額を増やすことにつながります。若い時ほど、色々なタイプの自己研鑽、自己投資に取り組める余地はあるはずです。その時の努力が所得増につながれば、将来の資産形成にも有利になるのです。


山崎浩一(コラムニスト)

駆け出しでも高級品を使うことで、「道具に恥じない自分」を心がけるようになった。


田中仁(経営者)

自分をさらけ出して、相手に知ってもらおうとすることが大切です。自分の考えを理解してほしいと思うなら、リーダーは相手が自発的に理解してくれることを期待してはいけない。プライドを捨てて自分から積極的に思いを伝えていくべきです。その熱が一人ひとりにいきわたれば、組織として迷いなく物事を進めていける原動力になるのです。


木村惠司(木村恵司)

私も20代のころに大変な失敗をしましたが、それがのちに大きな糧となりました。失敗を1回2回やって、叩かれても踏まれても、雑草のようにまた這い上がればよいのです。現に私自身、雑草と呼ばれたこともありました。


老子

大巧(たいこう)は拙(せつ)なるごとし。


本田宗一郎

発明考案にしても、人より一分でも一秒でも早ければ、特許になる。すべてスピードじゃないですか。だから、スピードを否定したら、発明的創意工夫もないし、そこにウィットもないはずです。