名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

久米豊(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

久米豊(経営者)のプロフィール

久米豊、くめ・ゆたか。日本の経営者。「日産自動車」社長・会長。東京出身。東京帝国大学航空原動機学科卒業後、日産自動車に入社。座間工場工務部長、吉原工場長、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。高級車「シーマ」の爆発的ヒットで、1988年第5回新語流行語大賞銅賞を受賞。そのほか経団連副会長、日本自動車工業会会長などを務めた。

久米豊(経営者)の名言 一覧

大組織の中にいますと、お客さんより、社内の上下関係のほうが優先されてしまうことが多々あるんです。これを除去しようと。これは本当に徹底してやりました。


お客さん第一を前提に、自由奔放にやらせたことが活性化につながった。


セールスの極意は、いつもお客さんの立場で考えること。


私の根底にあるのは人生哲学。思想のない技術はダメ。


若者の心をつかむには、やはり若者に仕事をしてもらうことじゃないでしょうか。何かあった時の責任は私に全部あることは言うまでもありませんが。


僕は社員にあまり同質化するなと言っているんです。同質化の強さもありますが、ひとつ狂うとすごく脆い。


私にボートが与えた影響は非常に大きい。ボート競技にはスターがおらず、また、いてはいけない。一人だけ、オールを強く引いてはボートがまっすぐ進みませんし、タイミングと力がぴたりと合わないとダメ。


うちでは「主管」というポストにいる者に、車の企画段階から、最後の値付けまで、つまりインプットからアウトプットまで、全部任せきっているんです。これが良かったと思います。バラバラにやるとどうしても寄せ集めで、一貫性に欠けてしまいますから。


普通、あのクラスの車は後部座席に「偉い人」が乗り、運転手が前と決まっていますね。シーマは、高級車でありながら自分で運転して楽しむ車なんですよ。その発想の転換が功を奏した。しかも(馬力があって)よく走るわけです。
【覚え書き|シーマの大ヒットについて】


ボートは少しでもリードすれば、今度は相手の背中をみながらこぐわけで、落ち着いてできるんです。それが逆に抜かれてしまうと、相手がどこまでリードしたのか分からない。そうしますと焦燥感がでて、ますますオールが浮いてアゴが上がって悪循環に陥る。ですから、負けかかった時こそ手元を見つめて、しっかりこがないといけない。


久米豊(経営者)の経歴・略歴

久米豊、くめ・ゆたか。日本の経営者。「日産自動車」社長・会長。東京出身。東京帝国大学航空原動機学科卒業後、日産自動車に入社。座間工場工務部長、吉原工場長、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。高級車「シーマ」の爆発的ヒットで、1988年第5回新語流行語大賞銅賞を受賞。そのほか経団連副会長、日本自動車工業会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

ジョン・ロック

観察とは、考えるためのあらゆる材料を知性に提供することである。


畑彰之介

ユーザー第一の目線でサイトを作ることが僕らの絶対的ポリシー。


八巻大介

人を大切にしない会社は、生き残れない。人に来てもらえなくなれば、会社を存続することはできない。


平林亮子

富裕層の方々は、いつも節約を心がけています。確かに、大きな家に住み、いい車に乗ってはいますが、収入の割に暮らしは質素です。ときには「ちょっとケチだな」と思われることもあるかもしれません。例えば、自動販売機にお金を使わない主義の方が多い。自分が価値を見いだせないものには一円たりとも出さない意識が徹底しているのではないでしょうか。


晝馬明

広範な業界に製品を供給しているので当社の業績は比較的景気の波を受けにくいが、それでもリーマン・ショックの時には大きく落ち込んだ。だが、景気が回復すれば顧客は必ず戻ると信じていた。それは製品に絶対の自信があるからだ。実際にV字回復を果たせた今、継続的な研究開発の重要性を改めて感じている。


小川泰平

先人の記録を読めば、捜査の追体験ができ、本当に場数を踏んだくらいの情報が得られる。記録を読む時に意識したのは、他の人が流してしまう些細なことまで熟読すること。ほかの仕事でも、過去の営業日報などを隅々まで読みこめば、直感が磨かれるはずです。


日比野隆司

朝から夜まで5分刻みで予定が組まれているので、移動時間も貴重です。私はその時間を情報収集にあてています。マーケットは森羅万象、あらゆることが反映されますから、幅広く情報を集めなければいけません。マーケット部門が長かったので情報を集める習性がついてしまいました。


村尾信尚

フレーズの短さより、バックグラウンドの厚みが大事です。「裾野広ければ山高し」のたとえのように、縦、横、斜めから調べに調べ抜いたニュースの方が、短いコメントに鋭さが増します。


市原敏雄

景気が良くても悪くても、仕事というのはあるところにはある。


栗原博

これから問われるのは「販売の質」。顧客の業務を知り抜き、最適な改善策を提案することが全世界で求められている。


川村謙(経営者)

まだ付けたい機能が沢山あって、どんどんアップデートしています。特に急務なのは使い勝手をよくすること。サイトでもユーザーの皆様から欲しい機能を募集したりしています。


榊原健太郎

大企業病の発症ポイントは、新卒の方が提案した事案を上司がリスクを恐れて批判、反対することによって起こります。せっかくの新しい考えが潰されてしまうのです。このようなことは、絶対に行ってはいけません。否定せず「その考えいいね! 俺が責任を持つから一緒に考えよう!」、部下にそう言ってくれる上司がいれば大企業病は治るのです。