名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

久米信行の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

久米信行のプロフィール

久米信行、くめ・のぶゆき。日本の経営者。久米繊維工業社長。東京出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、ゲーム会社イマジニアに入社。その後、日興証券を経て、家業である久米繊維工業3代目社長に就任。Tシャツ製版サイトを立ち上げた。主な受賞に日経インターネットアワード、経済産業省IT経営百選最優秀賞、東京商工会議所勇気ある経営大賞特別賞。そのほか、株式会社カレン社外取締役、東京商工会議所墨田支部IT分科会長、日本財団Canpanエディターなども務めた。主な著書に『メール道』『ブログ道』『考えすぎて動けない人のためのすぐやる!技術』など。

久米信行の名言 一覧

初めて会った相手の心を一番に鷲掴みにするのが「無駄話かつプライベートな話」。結局、人間が心を開くのは、仕事とも経済とも関係ない、プライベートや趣味の話。


仕事に対して真面目な人ほど、直球で仕事の話ばかりする。でもそれって「契約書に判を早く押せ! 早く買ってくれ!」と言っているようなもの。


すぐにはビジネスにはつながらなくても、御用聞きに徹し、根回しを続けておけば、いつかビッグチャンスが必ずやってきます。それまでは貴重なご縁が途切れないようにすることが大事です。


仕事と遊びを区別せず、公私混同するのが、21世紀型の働き方だと思います。「遊ぶように仕事をし、仕事をするように遊ぶ」。これが私のモットーです。


「やってみたらできた!」という経験を積んでいくと、物事に直面したときに、障害の大きさやありかが直感でわかるようになってきます。そして、「なんとなく自分はいけそう」とイメージできたときに、モチベーションが上がります。


なぜ公私混同を勧めるのか。仕事と遊びを区別すると、仕事モードになった瞬間にモチベーションが下がり、柔軟な考え方ができなくなるからです。


たくさんの情報に振り回されるよりは、各界の第一人者の一貫した情報に触れる方が、自分の意見がはっきりするでしょう。さらに、逆の意見を持つ有識者もフォローすれば、バランスを保つこともできます。


私の本業はあくまでTシャツの製造販売です。自分のライフワークに伴う縁を大切にさえすれば、仕事でもプライベートでも、必要な人とは自然と出会えるものです。人脈は決して量を競うものではありません。


大切な人との濃い付き合いをしたら、私だったら200人が限界です。それ以上になると、年1回に会う間柄でも維持することは困難だからです。


自分から情報発信をすれば、人は集まってくる。そうすれば人生の師ともいつか出会える。


極端な話、初対面では仕事の話はまったくしなくてもOK。それはのちのち必要なタイミングがやってきたときに切り出せばそれで良いこと。そしてそのときのためにも、あらかじめ何でも話せる間柄になっておくことの方がよっぽど大事。


ツイッターやブログは「また会いたくなる人間」になるためにぜひ活用して欲しい。それは「仕事の話だけ」でつながっている人よりも「仕事の話+趣味や遊びの話」でつながれる人のほうが、明らかに「また会いたくなる人」になるからですよ。


社内で何かを実現しようとするとき、しがらみや慣例に縛られて、自由に動けないことがあります。しかし、顧客の声を代表するような社外の人とのつながりをうまく活用すれば、しがらみを突破することも難しくはありません。直属の部長や課長はこうした方法を嫌がるかもしれませんが、顧客目線で閉塞感を破れる人こそ、会社が必要としている人材なのです。


趣味で培った社外の人脈が、仕事に活きることもあります。いま、久米繊維と富士重工業さんとで、スバルのTシャツをつくっています。従来のように社内で企画を進めると、デザイナーにスバルの絵を描いてもらってできあがり、となるところでしょうが、当社の担当者は、フェイスブックを通じてスバリスト(スバルの熱烈なファン)にデザインのアイデアを募ることを思いつきました。すると、スバリストにしか思いつかないようなユニークなアイデアが出たうえに、それに賛同するスバリストも100人ほど集まったのです。「このデザインを買いたい人が百人いる」という事実があれば、社内で反対する人はいないでしょう。


私は、経営者やビジネスマンはもっと遊ぶべきだと思います。昔はみんなが同じような遊びをしていましたが、いまや型どおりの遊びには飽きてしまい、マラソンに挑戦したり、フェイスブックでオタクな投稿をしたりと、遊びが多様化しています。商品やサービスを売るなら、消費者が何を面白いと感じるのかを、自分も遊びをとおして実体験として楽しんでおく必要があります。そのためにも、多くのパラボラアンテナをもち、興味関心の対象を増やしながら、公私混同で仕事に取り組むのがいいと思うのです。


私の会社員時代を振り返ると、仕事の7割が社内営業でした。「この企画は、あの部長が会議で必ず反対する」とか、「このデザインはきっと課長が気に入らないだろう」とか、顧客を無視した議論に多くの時間が費やされていました。遊び感覚で仕事をすると、顧客目線で物事を考えることができます。素顔の消費者としての感覚で、自社の商品やサービスをとらえることができるのです。


モチベーションを高めるために大切だと思っていることが二つあります。「脳のパラボラ力」と、「心のズームカ」です。

  1. パラボラ力とは、いろいろな興味関心をキャッチできるアンテナのこと。このアンテナがひとつしかないと、仕事で心配事があったとき、そればかりが気になってしまいます。アンテナが複数あれば、仕事で気になることがあっても、道を歩けば「あ、綺麗な花だ!」「こんな店、あったつけ?」と新しい発見があり、仕事での嫌なことを忘れてしまえます。世の中に興味関心があることがたくさんあると、モチベーションが高まります。
  2. もうひとつのズーム力とは、ひとつのことに焦点を当ててよく見つめ、心から面白がれる力です。

仕事と家を往復するだけでなく、脳のパラボラカと心のズームカを高めることで、自ずと幸せになり、モチベーションが高くなると思います。


もし仲良くなりたい取引先がいたら、まずはその人のブログやツイッターを探す。その内容から相手のライフワークや趣味、関心事などをリサーチする。フォローなどで、会う前に予め自分も情報を提供しておくんです。すると、お互いの距離がグッと縮まる。すると、雑談や商談もスムーズに進められ、結果として「この人とまた仕事がしたい」と思ってもらえるわけです。


人は誰でも、他人に認められたいもの。そんな承認欲求を満たしてくれる相手にこそ、会いたいと思うもの。その承認は素の自分であればあるほど、うれしいわけですよ。「○○社の営業マン」といった記号より「巨人好きのAさん」と認めてもらえたほうがうれしい。それを相手に返せばいい。ただし、それには「その人の素の部分」に触れないとムリ。


久米信行の経歴・略歴

久米信行、くめ・のぶゆき。日本の経営者。久米繊維工業社長。東京出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、ゲーム会社イマジニアに入社。その後、日興証券を経て、家業である久米繊維工業3代目社長に就任。Tシャツ製版サイトを立ち上げた。主な受賞に日経インターネットアワード、経済産業省IT経営百選最優秀賞、東京商工会議所勇気ある経営大賞特別賞。そのほか、株式会社カレン社外取締役、東京商工会議所墨田支部IT分科会長、日本財団Canpanエディターなども務めた。主な著書に『メール道』『ブログ道』『考えすぎて動けない人のためのすぐやる!技術』など。

他の記事も読んでみる

福本伸行

僕は工業高校卒業後、18歳で建設会社で働きました。ただ入社2か月目に先輩から「福本は覇気がねえな」と言われ、ドキッとしてね。高校の先生に言われるままに選んだ会社で、心を見透かされた気がした。それを機に「やっぱり自分がやりたいこと、楽しいと思えることを仕事にしないと、人生後悔する」と気づかされたんです。


田中均

難しい相手と交渉し、自分たちの要求を実現させるには、「大きな地図」を描いて見せることも必要です。単一の問題の枠内だけで攻防を展開するのではなく、いろいろな問題をパッケージにして持ちだすことです。相手に「この交渉に乗れば、中長期的に結局は自分たちにも利益になるな」と思わせることです。


村上太一

経営をしていると、売上げやコストなどの数字を見て判断を迫られる機会が多くあります。そのときに、さまざまな数字が頭に入っていれば、いちいち調べることなく、バッと見で「こんなに利益があるなんておかしいぞ」「本当にそれだけの市場があるのだろうか?」といった違和感を覚えるようになる。それができれば、経営判断を誤ることが減るわけです。


奥正之

「量」の獲得を最大の目標とするという意識を持ってはいけません。「質」の伴わない量の追求では、お客様に見切りをつけられる時代です。これからの銀行の収益は、ご提供する質を利用者に心から満足していただいて初めてついてくると確信しています。


斎藤康博

お互いがお互いの価値を認めて、それぞれの強さを引き出す――。これが私たちの考えるパートナーシップ。その取り組みに終わりはありません。


伊藤慎介

経産省は「天下り」ではなく、最前線で活躍する20~30代の若手官僚にもっと民での経験を積ませたらどうか。現在も官民人事交流制度があるが、数年で戻ってくることが決まっているため、「お客さん」扱いで終わってしまい、意味がない。プロジェクトが完了するまで責任を持たせることで、OBたちが各界で活躍するリクルートや日本IBMのような、人材輩出機関になるべきだろう。


堀場厚

「これまで誰も思いつかなかった技術を」「世界になかった製品を」と自ら楽しみ、情熱をもってつくられたものには、それが工業製品であっても必ず“味”が出る。そして、その味わいはきちんと受け手に伝わりますし、求めてもいただけます。


泉谷直木

いろいろな仕事をする機会をいただきましたが、常にそれは自分にとってチャンスだと考えていましたし、もしそれを断っていたら、今日の私はないと思っています。


岡本圀衞

営業職員にやる気を出してもらうことが日本生命では極めて重要。支社に出張して話をするときは、業務方針の話もしますが、あとは、自分の思いを話したり、本の話をしたりするんです。


大久保政彦

お客様の自宅は情報の宝庫です。以前、私の部下が伺ったあるお客様の自宅の庭にはバラが咲いていました。応対に出た奥様に、「きれいですね。お手入れ大変でしょう」と言ったんです。ガーデニングをするのは大体奥さんだし、バラの手入れはものすごく手間がかかる。ちょっときつくて難しい奥様でしたが、「あなた、若いのによく気付くわね」と、部下側との間にあった壁を崩すきっかけになりました。


北畑稔

あの上司だったらこうするに違いない、あの先輩だったらこうはしないだろうと、たとえ遠く離れていても、自分の尊敬する上司や先輩の言動を想像してみることは、困難な状況を打開するために最も有効なメソッドのひとつだと私は思っています。


伊藤由美

当たり前のことですが約束と時間は必ず守ること。それが信用につながります。