名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

久米信行の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

久米信行のプロフィール

久米信行、くめ・のぶゆき。日本の経営者。久米繊維工業社長。東京出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、ゲーム会社イマジニアに入社。その後、日興証券を経て、家業である久米繊維工業3代目社長に就任。Tシャツ製版サイトを立ち上げた。主な受賞に日経インターネットアワード、経済産業省IT経営百選最優秀賞、東京商工会議所勇気ある経営大賞特別賞。そのほか、株式会社カレン社外取締役、東京商工会議所墨田支部IT分科会長、日本財団Canpanエディターなども務めた。主な著書に『メール道』『ブログ道』『考えすぎて動けない人のためのすぐやる!技術』など。

久米信行の名言 一覧

初めて会った相手の心を一番に鷲掴みにするのが「無駄話かつプライベートな話」。結局、人間が心を開くのは、仕事とも経済とも関係ない、プライベートや趣味の話。


仕事に対して真面目な人ほど、直球で仕事の話ばかりする。でもそれって「契約書に判を早く押せ! 早く買ってくれ!」と言っているようなもの。


すぐにはビジネスにはつながらなくても、御用聞きに徹し、根回しを続けておけば、いつかビッグチャンスが必ずやってきます。それまでは貴重なご縁が途切れないようにすることが大事です。


仕事と遊びを区別せず、公私混同するのが、21世紀型の働き方だと思います。「遊ぶように仕事をし、仕事をするように遊ぶ」。これが私のモットーです。


「やってみたらできた!」という経験を積んでいくと、物事に直面したときに、障害の大きさやありかが直感でわかるようになってきます。そして、「なんとなく自分はいけそう」とイメージできたときに、モチベーションが上がります。


なぜ公私混同を勧めるのか。仕事と遊びを区別すると、仕事モードになった瞬間にモチベーションが下がり、柔軟な考え方ができなくなるからです。


たくさんの情報に振り回されるよりは、各界の第一人者の一貫した情報に触れる方が、自分の意見がはっきりするでしょう。さらに、逆の意見を持つ有識者もフォローすれば、バランスを保つこともできます。


私の本業はあくまでTシャツの製造販売です。自分のライフワークに伴う縁を大切にさえすれば、仕事でもプライベートでも、必要な人とは自然と出会えるものです。人脈は決して量を競うものではありません。


大切な人との濃い付き合いをしたら、私だったら200人が限界です。それ以上になると、年1回に会う間柄でも維持することは困難だからです。


自分から情報発信をすれば、人は集まってくる。そうすれば人生の師ともいつか出会える。


極端な話、初対面では仕事の話はまったくしなくてもOK。それはのちのち必要なタイミングがやってきたときに切り出せばそれで良いこと。そしてそのときのためにも、あらかじめ何でも話せる間柄になっておくことの方がよっぽど大事。


ツイッターやブログは「また会いたくなる人間」になるためにぜひ活用して欲しい。それは「仕事の話だけ」でつながっている人よりも「仕事の話+趣味や遊びの話」でつながれる人のほうが、明らかに「また会いたくなる人」になるからですよ。


社内で何かを実現しようとするとき、しがらみや慣例に縛られて、自由に動けないことがあります。しかし、顧客の声を代表するような社外の人とのつながりをうまく活用すれば、しがらみを突破することも難しくはありません。直属の部長や課長はこうした方法を嫌がるかもしれませんが、顧客目線で閉塞感を破れる人こそ、会社が必要としている人材なのです。


趣味で培った社外の人脈が、仕事に活きることもあります。いま、久米繊維と富士重工業さんとで、スバルのTシャツをつくっています。従来のように社内で企画を進めると、デザイナーにスバルの絵を描いてもらってできあがり、となるところでしょうが、当社の担当者は、フェイスブックを通じてスバリスト(スバルの熱烈なファン)にデザインのアイデアを募ることを思いつきました。すると、スバリストにしか思いつかないようなユニークなアイデアが出たうえに、それに賛同するスバリストも100人ほど集まったのです。「このデザインを買いたい人が百人いる」という事実があれば、社内で反対する人はいないでしょう。


私は、経営者やビジネスマンはもっと遊ぶべきだと思います。昔はみんなが同じような遊びをしていましたが、いまや型どおりの遊びには飽きてしまい、マラソンに挑戦したり、フェイスブックでオタクな投稿をしたりと、遊びが多様化しています。商品やサービスを売るなら、消費者が何を面白いと感じるのかを、自分も遊びをとおして実体験として楽しんでおく必要があります。そのためにも、多くのパラボラアンテナをもち、興味関心の対象を増やしながら、公私混同で仕事に取り組むのがいいと思うのです。


私の会社員時代を振り返ると、仕事の7割が社内営業でした。「この企画は、あの部長が会議で必ず反対する」とか、「このデザインはきっと課長が気に入らないだろう」とか、顧客を無視した議論に多くの時間が費やされていました。遊び感覚で仕事をすると、顧客目線で物事を考えることができます。素顔の消費者としての感覚で、自社の商品やサービスをとらえることができるのです。


モチベーションを高めるために大切だと思っていることが二つあります。「脳のパラボラ力」と、「心のズームカ」です。

  1. パラボラ力とは、いろいろな興味関心をキャッチできるアンテナのこと。このアンテナがひとつしかないと、仕事で心配事があったとき、そればかりが気になってしまいます。アンテナが複数あれば、仕事で気になることがあっても、道を歩けば「あ、綺麗な花だ!」「こんな店、あったつけ?」と新しい発見があり、仕事での嫌なことを忘れてしまえます。世の中に興味関心があることがたくさんあると、モチベーションが高まります。
  2. もうひとつのズーム力とは、ひとつのことに焦点を当ててよく見つめ、心から面白がれる力です。

仕事と家を往復するだけでなく、脳のパラボラカと心のズームカを高めることで、自ずと幸せになり、モチベーションが高くなると思います。


もし仲良くなりたい取引先がいたら、まずはその人のブログやツイッターを探す。その内容から相手のライフワークや趣味、関心事などをリサーチする。フォローなどで、会う前に予め自分も情報を提供しておくんです。すると、お互いの距離がグッと縮まる。すると、雑談や商談もスムーズに進められ、結果として「この人とまた仕事がしたい」と思ってもらえるわけです。


人は誰でも、他人に認められたいもの。そんな承認欲求を満たしてくれる相手にこそ、会いたいと思うもの。その承認は素の自分であればあるほど、うれしいわけですよ。「○○社の営業マン」といった記号より「巨人好きのAさん」と認めてもらえたほうがうれしい。それを相手に返せばいい。ただし、それには「その人の素の部分」に触れないとムリ。


久米信行の経歴・略歴

久米信行、くめ・のぶゆき。日本の経営者。久米繊維工業社長。東京出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、ゲーム会社イマジニアに入社。その後、日興証券を経て、家業である久米繊維工業3代目社長に就任。Tシャツ製版サイトを立ち上げた。主な受賞に日経インターネットアワード、経済産業省IT経営百選最優秀賞、東京商工会議所勇気ある経営大賞特別賞。そのほか、株式会社カレン社外取締役、東京商工会議所墨田支部IT分科会長、日本財団Canpanエディターなども務めた。主な著書に『メール道』『ブログ道』『考えすぎて動けない人のためのすぐやる!技術』など。

他の記事も読んでみる

松本晃(経営者)

私はカルビーを会社を「厳しく温かい」会社に変革してきた。「厳しい」とは結果・成果を求めることだ。野球でもサッカーでも結局勝たないと何も良いことはない。監督はクビだし、選手の報酬は増えない。下手をすると「戦力外通告」だ。では、「温かい」ということは何か? それは一人一人が結果・成果を出せるために環境と制度を整え、仕組みを変え、悪しき文化を排除することだ。


玉川長雄

面白いと思ったことは長続きする。専門外だったチューブポンプの開発も、チューブのコントロールの難しさに、かえってやる気がわき、夢中になった。


山本真司

考えるときは目の前から資料を排除すること。資料をあらかじめ読み込んでおくのは大事ですが、考えるときには決して見ない。読むことに脳のメモリが使われてしまいます。重要なことは頭に入っているはずですから、資料は全部しまいましょう。


堀之内九一郎

失敗の原因がはっきりしたからには、その「逆」をやればいいだけの話。「逆」をやるようになった私は、やることなすことというほどに成功を得られるようになった。


松田公太

私ほど人に恵まれた人間はいないと思っている。いま現在、私とともに仕事をしてくれているフェロー(スタッフ)のうち、一人でも欠けていたら、タリーズは失敗に終わっただろう。運は人が運んでくるものであると私は信じている。人は無意識に情熱の発信者に引き寄せられる。だから運も、自然と情熱を持った人間のもとに集まってくるのではないだろうか。


西澤敬二

重要なのは、まず生産性を上げること。ものすごい量のビジネスインテリジェンスツールが世の中に出てきているので、すべての業務プロセスを見直し、最先端技術をどんどん現場に取り込むように本社内の各部署に指示を出していきます。これは現場というよりは本社の役割ですね。


加納裕三

新しいものが出てきたときに混乱が起きるのは仕方がないです。1970年代、各国の法定通貨に金の兌換(だかん)性がなくなったときも、「不兌換紙幣に価値があるのか」という議論か起きました。いまの仮想通貨への反応と同じです。でも、みんなが不兌換紙幣を使っているという事実を持って、いまは信用を獲得しています。ビットコインも、徐々にそのように変わっていけばいいなと。


吉田忠裕

(フィリップ)コトラー先生とは卒業後も、折に触れて直接会ったり、手紙をやり取りしたりして、情報を交換し合い、交流を深めてきた。その際に当社の事業の調子や取引先との関係などを根掘り葉掘り聞かれる。その飽くことのない探究心にいつも感心し、刺激を受けてきた。いまだに新しいコンセプトを世に示すことができるのも、そうした姿勢があってこそだろう。先生は81歳になるが、その高齢でも頭は柔軟で、マーケティングに対する情熱は一向に衰える気配がない。そうした先生と知り合い、40年以上にわたって親交を続けてこられたのは、非常に幸せなことだと受け止めている。


玉塚元一

戦略はあるし実行する武器もある。大切なのは実行するスピードであり、より精度を高めることである。


佐々木常夫

はっきり申し上げておきたいのは、「出世できなかったら、すべて終わり」というわけではないということです。実際には、出世した人よりも、出世しなかった人が部下から好かれるケースはいくらでもあります。残念ながら出世はできなかったとしても、自分に与えられた仕事をきちんとこなし、部下たちの面倒をみて、常に周囲に気配りをできる人であれば、上司として信頼されます。


新谷学

私は守りに入る性格ではないので、シンプルに、正攻法で臨んでいます。


パトリック・ハーラン(パックン)

意識すべきなのは、相手の目を見ること。複数の人と話すときも全員に目を配るようにすると、相手はそれぞれ「自分に向かって話してくれている」と思い、そこに仲間意識が生まれます。仲間意識が生まれるということは、反論が少なくなるとも言えます。