久米信行の名言

久米信行のプロフィール

久米信行、くめ・のぶゆき。日本の経営者。久米繊維工業社長。東京出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、ゲーム会社イマジニアに入社。その後、日興証券を経て、家業である久米繊維工業3代目社長に就任。Tシャツ製版サイトを立ち上げた。主な受賞に日経インターネットアワード、経済産業省IT経営百選最優秀賞、東京商工会議所勇気ある経営大賞特別賞。そのほか、株式会社カレン社外取締役、東京商工会議所墨田支部IT分科会長、日本財団Canpanエディターなども務めた。主な著書に『メール道』『ブログ道』『考えすぎて動けない人のためのすぐやる!技術』など。

久米信行の名言 一覧

初めて会った相手の心を一番に鷲掴みにするのが「無駄話かつプライベートな話」。結局、人間が心を開くのは、仕事とも経済とも関係ない、プライベートや趣味の話。


仕事に対して真面目な人ほど、直球で仕事の話ばかりする。でもそれって「契約書に判を早く押せ! 早く買ってくれ!」と言っているようなもの。


すぐにはビジネスにはつながらなくても、御用聞きに徹し、根回しを続けておけば、いつかビッグチャンスが必ずやってきます。それまでは貴重なご縁が途切れないようにすることが大事です。


仕事と遊びを区別せず、公私混同するのが、21世紀型の働き方だと思います。「遊ぶように仕事をし、仕事をするように遊ぶ」。これが私のモットーです。


「やってみたらできた!」という経験を積んでいくと、物事に直面したときに、障害の大きさやありかが直感でわかるようになってきます。そして、「なんとなく自分はいけそう」とイメージできたときに、モチベーションが上がります。


なぜ公私混同を勧めるのか。仕事と遊びを区別すると、仕事モードになった瞬間にモチベーションが下がり、柔軟な考え方ができなくなるからです。


たくさんの情報に振り回されるよりは、各界の第一人者の一貫した情報に触れる方が、自分の意見がはっきりするでしょう。さらに、逆の意見を持つ有識者もフォローすれば、バランスを保つこともできます。


私の本業はあくまでTシャツの製造販売です。自分のライフワークに伴う縁を大切にさえすれば、仕事でもプライベートでも、必要な人とは自然と出会えるものです。人脈は決して量を競うものではありません。


大切な人との濃い付き合いをしたら、私だったら200人が限界です。それ以上になると、年1回に会う間柄でも維持することは困難だからです。


自分から情報発信をすれば、人は集まってくる。そうすれば人生の師ともいつか出会える。


極端な話、初対面では仕事の話はまったくしなくてもOK。それはのちのち必要なタイミングがやってきたときに切り出せばそれで良いこと。そしてそのときのためにも、あらかじめ何でも話せる間柄になっておくことの方がよっぽど大事。


ツイッターやブログは「また会いたくなる人間」になるためにぜひ活用して欲しい。それは「仕事の話だけ」でつながっている人よりも「仕事の話+趣味や遊びの話」でつながれる人のほうが、明らかに「また会いたくなる人」になるからですよ。


私は、経営者やビジネスマンはもっと遊ぶべきだと思います。昔はみんなが同じような遊びをしていましたが、いまや型どおりの遊びには飽きてしまい、マラソンに挑戦したり、フェイスブックでオタクな投稿をしたりと、遊びが多様化しています。商品やサービスを売るなら、消費者が何を面白いと感じるのかを、自分も遊びをとおして実体験として楽しんでおく必要があります。そのためにも、多くのパラボラアンテナをもち、興味関心の対象を増やしながら、公私混同で仕事に取り組むのがいいと思うのです。


私の会社員時代を振り返ると、仕事の7割が社内営業でした。「この企画は、あの部長が会議で必ず反対する」とか、「このデザインはきっと課長が気に入らないだろう」とか、顧客を無視した議論に多くの時間が費やされていました。遊び感覚で仕事をすると、顧客目線で物事を考えることができます。素顔の消費者としての感覚で、自社の商品やサービスをとらえることができるのです。


モチベーションを高めるために大切だと思っていることが二つあります。「脳のパラボラ力」と、「心のズームカ」です。

  1. パラボラ力とは、いろいろな興味関心をキャッチできるアンテナのこと。このアンテナがひとつしかないと、仕事で心配事があったとき、そればかりが気になってしまいます。アンテナが複数あれば、仕事で気になることがあっても、道を歩けば「あ、綺麗な花だ!」「こんな店、あったつけ?」と新しい発見があり、仕事での嫌なことを忘れてしまえます。世の中に興味関心があることがたくさんあると、モチベーションが高まります。
  2. もうひとつのズーム力とは、ひとつのことに焦点を当ててよく見つめ、心から面白がれる力です。

仕事と家を往復するだけでなく、脳のパラボラカと心のズームカを高めることで、自ずと幸せになり、モチベーションが高くなると思います。


社内で何かを実現しようとするとき、しがらみや慣例に縛られて、自由に動けないことがあります。しかし、顧客の声を代表するような社外の人とのつながりをうまく活用すれば、しがらみを突破することも難しくはありません。直属の部長や課長はこうした方法を嫌がるかもしれませんが、顧客目線で閉塞感を破れる人こそ、会社が必要としている人材なのです。


趣味で培った社外の人脈が、仕事に活きることもあります。いま、久米繊維と富士重工業さんとで、スバルのTシャツをつくっています。従来のように社内で企画を進めると、デザイナーにスバルの絵を描いてもらってできあがり、となるところでしょうが、当社の担当者は、フェイスブックを通じてスバリスト(スバルの熱烈なファン)にデザインのアイデアを募ることを思いつきました。すると、スバリストにしか思いつかないようなユニークなアイデアが出たうえに、それに賛同するスバリストも100人ほど集まったのです。「このデザインを買いたい人が百人いる」という事実があれば、社内で反対する人はいないでしょう。


人は誰でも、他人に認められたいもの。そんな承認欲求を満たしてくれる相手にこそ、会いたいと思うもの。その承認は素の自分であればあるほど、うれしいわけですよ。「○○社の営業マン」といった記号より「巨人好きのAさん」と認めてもらえたほうがうれしい。それを相手に返せばいい。ただし、それには「その人の素の部分」に触れないとムリ。


もし仲良くなりたい取引先がいたら、まずはその人のブログやツイッターを探す。その内容から相手のライフワークや趣味、関心事などをリサーチする。フォローなどで、会う前に予め自分も情報を提供しておくんです。すると、お互いの距離がグッと縮まる。すると、雑談や商談もスムーズに進められ、結果として「この人とまた仕事がしたい」と思ってもらえるわけです。


久米信行の経歴・略歴

久米信行、くめ・のぶゆき。日本の経営者。久米繊維工業社長。東京出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、ゲーム会社イマジニアに入社。その後、日興証券を経て、家業である久米繊維工業3代目社長に就任。Tシャツ製版サイトを立ち上げた。主な受賞に日経インターネットアワード、経済産業省IT経営百選最優秀賞、東京商工会議所勇気ある経営大賞特別賞。そのほか、株式会社カレン社外取締役、東京商工会議所墨田支部IT分科会長、日本財団Canpanエディターなども務めた。主な著書に『メール道』『ブログ道』『考えすぎて動けない人のためのすぐやる!技術』など。

他の記事も読んでみる

井上礼之

決断力は、どんなポジションで仕事をしている人にも求められることです。そして今の時代は、そこにスピードも求められています。大切なのは、頭で考えるより、体を動かすことを優先させることです。走りながら考えることを意識するだけで、スピード感を持って仕事ができるようになります。


中島孝志

借りを作ることを恥ずかしい、相手に弱みを見せると思う人もいますが、それは大きな間違い。貸す側からすると、相手を信用しているからできることで、ダメな人間にはびた一文出さない。だから、胸を張って借りればいい。


ケインズ

十分な結果を引き出すためには将来の長期間を要するような、何か積極的なことをしようとする我々の決意のおそらく大部分はアニマル・スピリッツ――不活動よりもむしろ活動を欲する自生的衝動――の結果としてのみ行われるものであって、数量的確率を乗じた数量的利益の加重平均の結果として行われるものではない。


林信秀

国際業務が長かったこともあり、頭取に就任した時には「現場を知らない」との声を頂きました。そこは否定しませんが、だからこそできる改革があります。


酒井眞一郎

世の中が求める財やサービスを供給し、従業員を雇用し守る。そして利益をあげて納税する。この3つの機能を果たすから、企業は世の中に受け入れられているのです。ですから「利益をたくさん稼げればいい」という考え方をしてほしくはありません。


寺島進

なにもしないほうがいいですよ。僕も最初のころは、あれこれ考えていたりしてたんだけど、結局、緊張してなにもできないでいたら、それがいいって言われましたから。なにもしないで、自信なさ気にしていた方がいいですよ。


高岡浩三

「キットカット」は私が子供の頃からある、誰もが知っている商品。ただ、私がマーケティング本部長として異動してきたときには、利益率がわずか数%しかなかった。そこで「なぜ」を考えるわけです。すると、広告宣伝に無駄があるという考えに至りました。すでに名の知れたブランドにいくら広告宣伝をつぎ込んでも、売上げが伸びる時代ではなかったのです。そこで代わりに、広告をやめてPRでニュースを作るという発想が生まれました。


江上治

私が観察していると、成功している経営者は「強み」と「その人らしさ」、「環境の持っている強さ」の使い方が抜群に上手である。


井上英明

会社に求められる成果よりも、自分の時間の方が大切です。人生って、時間だと思うんですよ。生まれた瞬間にロウソクを渡されて、火をつけるとあとは短くなっていくだけ。生まれたら死ぬまでの時間しかないわけだから、それをどう生きるか、何を学ぶかが大事だと思うんです。


塚越寛

地球の直径は1万2742km。あなたの目の前にはそれを直径120cmまで縮尺した地球儀があるとする。では、その地球儀で空気の厚さはどのくらいになるか。答えは1mmだ。地球を俯瞰したとき、私たちはこのごく薄い層の中にいる。日々の勝った負けたがいかにちっぽけなことか。


ケリー・マクゴニガル

私が提案しているのは、「自分もモラルを高揚させることができる」と考えること。コミュニティーでちょっとした親切な行動を取ることで、ほかの人に希望とエネルギーを与えることができる。そうすれば、今度はその人たちが「コミュニティーに力を与える行動」を取ることにつながる。小さな行為が社会に広がり、大きなうねりになっていく。


柄澤康喜

マーケットインの発想、つまりお客様がどう考えているかということが重要です。金融機関というものは、マーケットよりもプロダクトアウトの発想に陥りがちです。「自分たちの目から見ていい商品をつくれば売れる」と考えがちです。でもこれでは、会社を正しい方向に導けないと思います。


岡田充弘(経営者)

「なんでもマニュアル化したら、部下の個性を奪うことになる」という人がいます。しかし、仕事には個性が必要な部分と、個性を必要としない部分があるはずです。個性が発揮されるべきなのは、新しい企画を立案したり、業務の改善提案をしたりするといった創造性を求められる仕事です。「ファイルネームのつけ方」などといったことに個性を発揮する必要はないのです。こうした日常業務はマニュアル化で標準化し、本当に個性が必要な仕事に集中できる環境をつくることが、部下の個性を伸ばすことにつながります。


茂木健一郎

走ることには、身体のコンディションが整ったり、より健康になったりといったメリットがある。さらに、走っている間に、脳がアイドリングして、特別な回路が活性化し、様々な記憶が整理されたり、ストレスが解消されたりといった効果もある。このような「ご利益」は、短い距離でも、あるいは歩いても得ることができるから、ぜひ試してほしい。例えば、仕事に行くときにひと駅前で降りて歩くというのでもいいのである。


GACKT

ミュージシャンなり、政治家なり、表に立つ人というのは発言力もあれば、攻撃の対象にもなる。なぜかというと、叩くことで利益を生む人たちもたくさんいるから。でも、それに対する防御策が何もなかった。こうやって自分たちのメディアを持つことで、直接、発言できる場を持つ、影響力を持つというのは、そういうメディアの方ともイーブンでいられる。それもすごく意味のあることだと思いますし、そういう関係性が、本来あるべき関係だと、僕は強く感じます。


ページの先頭へ