名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

久米一正の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

久米一正のプロフィール

久米一正、くめ・かずまさ。日本のサッカー選手、サッカークラブ経営者。「名古屋グランパス」社長。静岡県出身。中央大学卒業後、日立製作所に入社。日立製作所サッカー部で活躍。引退後、日立製作所営業、同社サッカー部渉外担当マネジャー、Jリーグ事務局長、柏レイソル強化本部長、清水エスパルス経営企画室長、名古屋グランパスチーム統括本部長兼GM、名古屋グランパス社長などを務めた。

久米一正の名言 一覧

やると決めたら、やるだけです。だからこそ、徹底的な準備をする。


交渉も恋愛と同じ。押してばかりではダメなんです。押したり、引いたりがあってこそ、こちらの提案に興味を持ってもらえる。


学ぶことがあるのは、成長できるということ。


受け身では身につけられるものは少ない。プライドに縛られず、積極的に動き出す陽のオーラを発散し続けることが、学びの機会を増やし、可能性を広げてくれる。


交渉していた選手が他のクラブへ加入したこともあります。でも、だからといって、失敗だとは思わない。全力で取り組んだ経験は、間違いなく財産になりますから。


丁寧な資料に沿って、キチンと説明を受けたとしても、熱意のないもので人は動きません。「この交渉を何としてもまとめたい」という意欲を伝えることが、交渉の重要なカギなんです。


資料に書いてあることはすべて頭に入れておく。実際の交渉時には資料を一切見ず、相手の目を見て話す。たとえ相手がこちらを見ていなくとも。向こうがいつこちらを見ても、私は相手を見ているという姿勢で臨む。そこまでしなければ、熱意は伝わらない。


資料作りで手を抜くと、すべてが台無しになります。交渉の現場に出てくる相手は当然、交渉することに慣れている。片手間で作った資料は、一目で見抜かれてしまいます。だから、「どうすれば交渉をうまく運べるか?」を日々考え続け、そのためにはどんな提案の仕方がいいのか、徹底的に考えを巡らせます。


自分の意見だけを述べてもダメなんです。相手の気持ちを想像し、彼らの意見を引き出す場面を作ることも大切です。「こういう場合はどうなんですか?」と言わせ、「その時は……」とすかさず対応策を提案する。すると、相手は「そこまで考えていてくれたのか」と、こちらの本気度を認識してくれる。そうやって信頼は深まっていく。


上司などに自分の考えが否定された時でも、「なるほどな」と相手の意見を吸収し、新たな力にできる人は、伸びます。自分らしさやプライドにしがみつくことで、学びの機会を失うのは、非常にもったいない。


大事なのは、プライドを捨てて、相手に順応すること。そうしてこそ、信頼関係が生まれます。「プライドを捨てる」と言うとネガティブに捉える人がいるかもしれませんが、プライドが柔軟性や可能性を奪うことは意外と多いんです。それは交渉の席だけに限りません。


まずは、相手の懐に飛び込んでいく。初対面は重要です。「今日来た奴は久米というのか。面白い男だな」というインパクトを残し、「また会って、話を聞いてみるか」と思ってもらう。まずは久米とはどんな人間か、そこを知ってもらって、次のステップへ進みます。


交渉に必要な資料を整えて、分かりやすく説明しているだけ。でも、資料なんてどれも大して変わらない。同じ資料であっても、どのように話すかで、結果が違ってきます。


久米一正の経歴・略歴

久米一正、くめ・かずまさ。日本のサッカー選手、サッカークラブ経営者。「名古屋グランパス」社長。静岡県出身。中央大学卒業後、日立製作所に入社。日立製作所サッカー部で活躍。引退後、日立製作所営業、同社サッカー部渉外担当マネジャー、Jリーグ事務局長、柏レイソル強化本部長、清水エスパルス経営企画室長、名古屋グランパスチーム統括本部長兼GM、名古屋グランパス社長などを務めた。

他の記事も読んでみる

中村俊裕

コペルニクでは、1つのプロジェクトが終わったらそれで満足するのでなく、「コペルニク・フェロー」と呼ぶ調査員を現地に派遣し、人々の生活がどう変わったかが分かる数値データを収集します。数字で活動実績を示すことができなければ、大企業を説得し、コラボレーションを実現させることはできなかったでしょう。


藤森義明

優秀な選手であればあるほど、試合のないところで自分を高めようと練習しています。大リーガーのイチローが理想とするフォームを求めて、毎日、素振りをするのと同じです。試合が3時間としたら、残り21時間に何をするかで決まります。


張本勲

不安や心配を抱く人ほど努力し続ける。マイナスの感情は決して不利に働くわけではない。


野間口有

日本全体が元気をなくし、産業競争力を失っていると考えがちですが、そうではありません。産業界を見渡すと、厳しい経営環境の中でも、多くの分野の企業が世界と比較しても非常に頑張っています。であるならば、強い分野はそれを維持し、今は弱っている分野もまだやりようがある。


茂木友三郎

若い頃に厳しく苦しい経験をしたからこそ今がある。


大川祐介

私どもの仕事は「実績」が何よりの営業ツール。幅広い業界や業種を手掛けてきた積み重ねが強みで、お客様の多様なご要望にお応えできる引き出しを多く持つことがお客様目線に近い対応につながります。


ショーンK

上司からの「おまえは向いていないから、コンサルタントを辞めたほうがいい」という忠告を、当時の私は、納得することも、否定することもできませんでした。本当にそのとおりなのか考えようにも、まだ若くて考えられなかったのです。そこで私は、とにかく、今、自分ができることに意識を集中させました。


ウォーレン・バフェット

コカ・コーラが10年後、どれほどの業績をあげるかは多少の幅で予想がわかれるかもしれません。しかし、長期にわたって投資を続けたときに、世界中の企業をリードできると確信しました。そして所有していなければならないと考えました。コカ・コーラは20年後には経営者が変わっていることでしょう。しかし、それでもコカ・コーラの優位性は揺るぎないと思うから、投資をするのです。


江崎利一

なるほど、グリコ・キャラメルなら、既存のキャラメル類におんぶされて、楽に伸びられるかもしれないが、それでは新しい栄養菓子を売り出す意義がない。それに既存商品を追い越すことは絶対にできないだろう。キャラメルではない新しい菓子が、グリコなのである。売り出す苦労は、覚悟の上のこと。簡単、剴切(がいせつ=よく当てはまる)で語呂がよく、広告の原則にもかない、効果の上でも有利と判断したからである。
【覚書き|商品名を「グリコ・キャラメル」にした方がいいという大勢の意見を無視し、「グリコ」の名で販売開始した理由について語った言葉】


田中裕輔

若い世代には、景気があまりよくない時期に、安定性を重視して会社を選んだ人が多くいます。しかし、いまでは大企業だから安定しているとは決して言えなくなっています。本来、こういう時代には若い人も攻めに出ないといけないのに、逆に守りに入ってしまっているように思います。


家次恒

ヘルスケアというのは、非常に平和な産業です。日本発の技術ができたら、日本にも貢献できるし、世界にも貢献できる。日本の医療を日本人だけのものではなく、世界に貢献するものにしていく。それが、日本の一つの生きる道かもしれません。


石田礼助(石田禮助)

年間50億人という人命を預かる職は、金をもらってやるべきではない。公職は奉仕すべきもの、したがって総裁報酬は返上する。
【覚書き|社会奉仕として国鉄総裁を引き受けたため、給料返上を申し出たときの発言。実際は制度上の問題から完全にゼロにできず、就任当初は月10万円、のちに月に洋酒1本のみを給料として受け取った】