久米一正の名言

久米一正のプロフィール

久米一正、くめ・かずまさ。日本のサッカー選手、サッカークラブ経営者。「名古屋グランパス」社長。静岡県出身。中央大学卒業後、日立製作所に入社。日立製作所サッカー部で活躍。引退後、日立製作所営業、同社サッカー部渉外担当マネジャー、Jリーグ事務局長、柏レイソル強化本部長、清水エスパルス経営企画室長、名古屋グランパスチーム統括本部長兼GM、名古屋グランパス社長などを務めた。

久米一正の名言 一覧

やると決めたら、やるだけです。だからこそ、徹底的な準備をする。


交渉も恋愛と同じ。押してばかりではダメなんです。押したり、引いたりがあってこそ、こちらの提案に興味を持ってもらえる。


学ぶことがあるのは、成長できるということ。


受け身では身につけられるものは少ない。プライドに縛られず、積極的に動き出す陽のオーラを発散し続けることが、学びの機会を増やし、可能性を広げてくれる。


交渉していた選手が他のクラブへ加入したこともあります。でも、だからといって、失敗だとは思わない。全力で取り組んだ経験は、間違いなく財産になりますから。


丁寧な資料に沿って、キチンと説明を受けたとしても、熱意のないもので人は動きません。「この交渉を何としてもまとめたい」という意欲を伝えることが、交渉の重要なカギなんです。


資料に書いてあることはすべて頭に入れておく。実際の交渉時には資料を一切見ず、相手の目を見て話す。たとえ相手がこちらを見ていなくとも。向こうがいつこちらを見ても、私は相手を見ているという姿勢で臨む。そこまでしなければ、熱意は伝わらない。


資料作りで手を抜くと、すべてが台無しになります。交渉の現場に出てくる相手は当然、交渉することに慣れている。片手間で作った資料は、一目で見抜かれてしまいます。だから、「どうすれば交渉をうまく運べるか?」を日々考え続け、そのためにはどんな提案の仕方がいいのか、徹底的に考えを巡らせます。


自分の意見だけを述べてもダメなんです。相手の気持ちを想像し、彼らの意見を引き出す場面を作ることも大切です。「こういう場合はどうなんですか?」と言わせ、「その時は……」とすかさず対応策を提案する。すると、相手は「そこまで考えていてくれたのか」と、こちらの本気度を認識してくれる。そうやって信頼は深まっていく。


上司などに自分の考えが否定された時でも、「なるほどな」と相手の意見を吸収し、新たな力にできる人は、伸びます。自分らしさやプライドにしがみつくことで、学びの機会を失うのは、非常にもったいない。


大事なのは、プライドを捨てて、相手に順応すること。そうしてこそ、信頼関係が生まれます。「プライドを捨てる」と言うとネガティブに捉える人がいるかもしれませんが、プライドが柔軟性や可能性を奪うことは意外と多いんです。それは交渉の席だけに限りません。


まずは、相手の懐に飛び込んでいく。初対面は重要です。「今日来た奴は久米というのか。面白い男だな」というインパクトを残し、「また会って、話を聞いてみるか」と思ってもらう。まずは久米とはどんな人間か、そこを知ってもらって、次のステップへ進みます。


交渉に必要な資料を整えて、分かりやすく説明しているだけ。でも、資料なんてどれも大して変わらない。同じ資料であっても、どのように話すかで、結果が違ってきます。


久米一正の経歴・略歴

久米一正、くめ・かずまさ。日本のサッカー選手、サッカークラブ経営者。「名古屋グランパス」社長。静岡県出身。中央大学卒業後、日立製作所に入社。日立製作所サッカー部で活躍。引退後、日立製作所営業、同社サッカー部渉外担当マネジャー、Jリーグ事務局長、柏レイソル強化本部長、清水エスパルス経営企画室長、名古屋グランパスチーム統括本部長兼GM、名古屋グランパス社長などを務めた。

他の記事も読んでみる

安河内哲也

「英語学習は一生続けるものだ」という前提に立ってもらいたい。英語は言葉であり道具ですから、不要になることはありません。クルマの運転と同じで、免許を取ったら終わりではなく、一生使い続けるものです。そして、使い続けることで、一生うまくなり続ける。ある時だけ集中すればいい、というものではないのです。


鶴野充茂

会議やプレゼンなどで相手に「話が理解できない」「自分には関係ない」と思われるのは、内容よりも話す順番に問題があることが多いものです。人は話を聞くための心の準備ができていないと、その内容をなかなか理解できません。まずは説明の導入部分で、「なぜこの話をするのか」をはっきり伝えることが必要です。


IKKO

人生で成功を積み上げていくには、「浄化」が大切。心身を浄化しないまま成功しても、それはいつか消えていく砂上の楼閣だと思う。


山田直美(社会起業家)

ファッションのためにペットを飼う人たちがいる、それを商売にする悪徳ブリーダーがいる、そんな現実を変えるのは容易ではありません。でも「やるっきゃない」です。命の尊さは、生き物全て同じでしょう。その尊さが人間の身勝手で奪われていること、あるいは、犬や猫の殺処分は国民の税金で行われているという事実などを、正しく伝える活動は重要だと思っています。たとえ微力でも。


内藤大助

僕はいじめられっ子でした。だから自分を支えてくれる人、応援してくれる人がいるのがものすごく嬉しいんです。だからファイトマネーなんか二の次。嬉しくって嬉しくって。世界チャンピオンになってからだって、天狗になるなんてホント、意味わかんないですから。


平井伯昌

人間的な成長が伴っていなければ、競技の結果にはつながらない。過去の実績を見てもそれは明らか。


畑彰之介

テクノロジーの発展によって、昔は無理だと思われていたような、まったく新しいサービスを生み出せる可能性も広がってきた。僕たちにとって未知の領域もあるが、躊躇せずに挑戦したい。


佐々木正悟

頭から仕事のことが離れないのは、終わらせなければならない仕事があるからです。それは脳の機能上、当たり前のことです。ストレスはアクションのトリガーであり、ストレスがあるからこそアクションが起こせるのです。もし、すっかり仕事のことを忘れてしまったら、仕事をしません。これはツァイガルニク効果といって、途中になっていることの方が、完了してしまったことよりも強く記憶に残るという脳の働きの特徴なのです。


杉原麻美

メディアから発せられるのは、「働く女性が子育てするのは大変」という負の情報ばかり。でも実際は、それができている人も大勢いるんです。だから、大変だという話よりも、壁を乗り越えている人の話を聞いてほしいです。


泉谷直木

長の力を組織の力は超えない。組織の力を伸ばすには、僕自身が成長しなければいけないから努力する。その努力する僕を超える人がいなければ、今より強い組織にはなりません。


御手洗冨士夫

私はキヤノンを世界的な一流会社に少しでも近づけたい。それが夢です。現地で上場して、一流の人物が経営する本当の国際企業になっていったらいいなと。私の時代では、全然できないに決まっているけど。そうなるといいなと私は思っています。


脇若英治

私自身、新卒で三井物産に入って、さあこれで世界がみられると思っていたら、配属されたのは「食料会計部第二会計室飼料畜産部」でした。海外どころか、狭い部屋で簿記とソロバンの毎日にいったんは絶望的な気持ちになりましたがよく考えたら、会計というのはビジネスの言語です。いずれ海外で働くときがきたら絶対に必要になる。そう思い直して取り組んだのです。大学二年のとき、唯一「優」を取れなかった授業が簿記でした。だから苦手意識もあったのですが、働いてみてわかってくると、これがけっこう面白く、決して自分に向いていないわけでもないことも、よくわかりました。実際、ここで会計をしっかり勉強したことが、のちにどれだけプラスになったかわかりません。その意味では新人時代が、結果的に重要なキャリアのひとつになったと思っています。


笹沢竜市

どんな仕事でもトラブルは避けられません。そこでトラブルが生じたときは、お客様が抱く不安をリストアップして先回りして応えたり、解決策を提案して不安を解消していく気遣いが必要だと思います。


齋藤孝(教育学者)

質問力を高めるには、人との対話が一番の近道。話しやすい人とばかり話していても聞く力は育ちません。苦手だなと思う人や状況こそ、聞き方の腕を上げるチャンスですよ。


奥野宣之

相手の興味を引くためには、事実をそのまま書いてはダメです。例えば、優れたアイデアでもプレゼンがつまらなければ、その魅力は伝わらない。文章も同じ。「事実をねじ曲げない程度」の誇張が必要になります。それで読み手の興味をつかむことができれば、期待感を持ちながら読み進んでくれます。


ページの先頭へ