名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

久田敏貴の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

久田敏貴のプロフィール

久田敏貴、ひさだ・としたか。日本の経営者。昭和食堂などを展開する「海帆」社長。「鈴岡」、「魚帆」を経て海帆を設立。

久田敏貴の名言 一覧

出店に際しても、居抜き物件を探し、内装には廃材を使うなどコストを切り詰めています。その結果、最短で11ヶ月、平均17ヶ月で投資回収しています。


当社の特徴は、7割の店が郊外のロードサイドにあります。居酒屋の立地としては恵まれているとは言えませんが、それを補うために当社では送迎サービスを行っています。8人以上のご利用の方に無料送迎バスを用意、指定された場所まで迎えに行き、帰りは駅までお届けします。来店してくれるのを待つのではなく、企業に営業をかけ、週末などに使ってもらう。


居酒屋業界は今、店員の採用に頭を痛めていますが、当社は他店より高い時給を提示することで、人材を確保しています。その代わり、省力化も徹底しています。私の実家は魚屋ですから、おいしい鮮魚を安く仕入れることができる。その魚を下処理し、真空パックで各店舗に届ける。焼き鳥はベルトコンベア式の機械を導入、そこに乗せれば自動でおいしく焼きあがります。こうした工夫でおいしさと省力化を両立させています。


久田敏貴の経歴・略歴

久田敏貴、ひさだ・としたか。日本の経営者。昭和食堂などを展開する「海帆」社長。「鈴岡」、「魚帆」を経て海帆を設立。

他の記事も読んでみる

輪島功一

世界チャンピオンになっても不真面目とは言われたくない。自分の体を苛めていくわけですよ。タイトルマッチの前は、たとえランキング下位の挑戦者が相手でも、キャンプを張って徹底的にやりました。たとえば、80mを何回もダッシュ。吐いても、また走る。昔だからウサギ飛びやアヒル歩きも数え切れないぐらいくり返しましたね。


茂木友三郎

日本の産業の中で生産性が最も低いのが宿泊飲食で、その次に低いのが小売りと卸です。この背景にあるのは日本の安売りの文化です。日本ではお客様のために価格は上げないといいます。この日本の価格原理主義が大きな問題なのです。流通業は低価格主義で自分たちの付加価値を下げているばかりでなくメーカーの生産性も下げているのです。価格原理主義からの脱却が日本再生への第一歩となるといえるでしょう。


朝倉千恵子

部下が迷ったときに上司ができること。それは、答えを教えることではなく、背中を押してあけることなのです。


岩井俊憲

運のいい人は、とにかく行動する。運とはまさに人が運んでくるもの。閉じこもっていたら人とも出会わないし運も巡って来ない。踏み出す勇気と、ちょっとした行動が流れを変えていく。


ウィンストン・チャーチル

現在のわれわれは悪い時期を通過している。事態はよくなるまでに、おそらく現在より悪くなるだろう。しかしわれわれが忍耐し、我慢しさえすれば、やがてよくなることを、私はまったく疑わない。


いとう伸

トップ営業マンは、言葉を発する前の気配で、相手の懐に入り込むものです。


前村哲路

小売業には「小売りの輪」という考え方があります。低価格販売で新規参入した企業も、成長につれて高コスト体質になり、新たな参入企業に取って変わられてしまいます。安さだけでは新規参入企業にやられてしまいます。お客様のためにも、この輪を断って、幅広い選択肢を提示できる店を目指します。


小松節子

中小企業の場合、会社と社員は家族のようなもの。いかに信頼関係に基づいた一体感を築けるかが企業の力そのもの。


徳岡邦夫

料理のレシピを分析していくと、伝統的に引き継がれてきた料理法にも、何かしらの科学的な根拠が隠されていることに気づきます。それを勘や経験だけで引き継ごうとすれば、習得に多大な時間を要するのは当たり前。レシピなど言葉で伝えられる技術については遠回りせずにストレートに教えたほうが、その人がより早く成長し、本人にとっても組織にとってもいい結果につながると思います。


新将命

長期の目標は「会社の経営を司る人間になりたい」「ゆくゆくは起業したい」といった多少漠然としていても構いません。何年も先のことをいま具体的に決めるのは無理がありますし、外部環境が変わる可能性も大きいからです。短期目標は「なにを」「いつ」「どこで」「どのようにして」を意識して具体的な内容にすることが大切です。「経営知識を身につけるために今年1年で会計を勉強する」「海外でビジネスを行うために英語を勉強し直す」などのアクションプランの形にするとよいでしょう。このような具体的な短期目標をこなしながら、長期目標を目指せば、目標の達成率は格段に上がるはずです。


亀田隆明

亀田メディカルセンターは患者さまのために存在するものであり、「患者さまのために全てを優先して貢献すること」が、私たちが最も尊ぶ価値観です。ですから、患者さまから何か要望されたときには、まず「YES!」と答えることをモットーにしています。


矢野博丈

もし上場していたら、いまのような海外展開はあり得なかったでしょう。当初大失敗したのです。12億円の損失を出しました。上場企業だったら、いくら創業者だって社長辞任に追い込まれていたでしょう。結果的になりますが、上場しなかったからこそ試行錯誤ができたのだといえます。