名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

久田康弘の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

久田康弘のプロフィール

久田康弘、くだ・やすひろ。日本の経営者。生体認証の「Liquid(リキッド)」社長。慶應義塾大学法学部法律学科卒業後、投資銀行勤務、ベンチャー企業事業推進技術顧問などを経てLiquidを設立。

久田康弘の名言 一覧

売り上げよりも、日常生活で当たり前に見る光景を作り出すことが大切。案件が社会的なインパクトを持っていれば自然と認知度が上がっていく。対外的な戦略を積極的に打つより、着実にプロジェクトを進めたい。


久田康弘の経歴・略歴

久田康弘、くだ・やすひろ。日本の経営者。生体認証の「Liquid(リキッド)」社長。慶應義塾大学法学部法律学科卒業後、投資銀行勤務、ベンチャー企業事業推進技術顧問などを経てLiquidを設立。

他の記事も読んでみる

石川祝男

ゲームセンターにはいろんな世代の人が来ますから、大人も子供も楽しめなくてはいけない。


稲盛和夫

私も中学生のとき、初めて挫折感や屈辱感を経験しましたが、でも、それがバネになり、私を励まし、背中を後押しし、勉強へと向かわせた。だから、その後の私がある。


市ヶ谷弘司

空調服の開発は苦労の連続でした。当初、冷蔵庫やエアコンなどの冷却機器が液体の気化熱を活用していることから、水を使用した小型クーラーを開発しました。ただ、この場合、冷却は可能でも水が漏れ出てしまう、湿度が上がってしまうなどの壁にぶつかります。そこで着目したのが、身体の内面から皮膚にいわば、打ち水のように出ている汗でした。でも汗を蒸発させるためには「風」が必要ですが、その機能が人間にはありません。そこで蒸発を促すべく開発されたのがファン付きの空調服です。


二宮雅也

これまでアンケートなどを通じてお客さまのニーズを把握するよう努めてきましたが、やはりお客さまに一番近いところでしか本当のニーズはつかめない。


小山昇

じつは私も昔から見切りが早かったわけではありません。ただ、数々の失敗を重ねてきたからこそ、「こうなったら撤退する」という自分なりの基準ができてきた。人は失敗からしか学べません。判断のスキルが10だった私も、失敗を重ねるうちにスキルが20、30と伸びて、いま精度の高い決断ができるようになったわけです。


新宅祐太郎

当社もそうでしたが、日本企業はこれらの決断が遅い。技術志向で、要素技術の開発が終わってからその活用法を考えて製品につなげていく。それでは間に合わない。そこでプロダクトマネジャー制を採用しました。いつの段階でどこまで開発を進めるか、開発のステージごとのゲートを定め、開発の進捗を管理する。さらに製品の発売に向けて、製造部門や原料調達など関連する部門を動かす。これらすべてをプロダクトマネジャーが統括するのです。


山口喜三

松翁軒は、創業以来一貫して「手焼き」にこだわってきました。カステラに、より「しっとり、もっちり、ふっくら」した独自の食感を求めると、職人には研ぎ澄まされた感覚が必要となりますが、この職人気質こそが店の伝統です。


伊藤嘉明(経営者)

私は転職のたびに前職とは違う業界を選び、あえて「よそ者」になろうとしてきました。会社の事業を伸ばす、あるいは再生するには、よそ者ならではの新しい視点や発想を持ち込み、業界の常識を覆すことが有効だと知っていたからです。


武田良太

今までのような価値観ではだめだということも共通認識として持たなければならない。公平に何かをやるという戦後日本の一つのパターンは踏襲せずに、みんなで考えて、本当に必要なものに集中投下していくという時代だと思います。あくまでも限られた予算を集中投下するということです。


西川光一(経営者)

シンプルなシステムですが、2003年の導入当初に将来の規模感を見越し、余裕を持って作ったことが良かったのでしょう。仮に、今すぐ2倍になっても、システム自体は耐えられますし、このシステムがあったからこそカーシェアリングなども導入できました。


高橋英樹(俳優)

仕事の原点は食うため。それも自分が「うまい!」と思える好物を腹いっぱい食いたいから頑張れる。笑い話じゃなく、腹が減ったら人間いい仕事はできないからね。


桐山一憲

私自身、マネジメントという立場ゆえに、周囲が萎縮し、私の意見がそのまま通ってしまい、結果的に失敗するという苦い経験を味わったことが過去にあります。そうした失敗を繰り返さないため、自分の足で歩いて現地の消費者の声を聞いたり、会議でも「意見を言ってみてよ」と一声かけることを心がけています。