名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

久田孝の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

久田孝のプロフィール

久田孝、ひさた・たかし。オフィス機器、教育関連事業を核とした総合商社、内田洋行の社長・会長。同じく同社の会長だった父から贈られた言葉。孝氏自身の経営哲学となった

久田孝の名言 一覧

経営には「果決」が必要。果物を間引いて一つだけ残す決断の難しさをいうのだが、多くの需要のなかから一つを育て上げる選択が難しい。
【覚書き:オイルショック後に商品の選択集中とリストラを行った時を振り返っての発言】


企業体質を転換するには、経営の方法を変えるだけでは駄目だ。可能性のある新事業に挑戦してこそ、新しい企業の風土が生まれる。


お客様第一という商人の心を大切にするのが商魂。それを心にとどめながらも、流行に振り回されず、経営の基本となる企業の精神、経営哲学を確立しておかなければならない。それが士才。【覚書き:上記は同じく同社の会長だった父から贈られた言葉。孝氏自身の経営哲学となった】


優しい人間は人がいいとか、慎重なのは結論が遅いなど、人の長所と短所は必ず裏腹になっている。ここです。人を見る力、仕事と人の組み合わせをいかにやるかが経営の腕の見せ所でしょう。


久田孝の経歴・略歴

久田孝、ひさた・たかし。オフィス機器、教育関連事業を核とした総合商社、内田洋行の社長・会長。同じく同社の会長だった父から贈られた言葉。孝氏自身の経営哲学となった

他の記事も読んでみる

堀地速男

削る部分は、お客様の見えないところですべきだ。銚子丸は、物流コストの削減には力を入れている。最近では、店員1人当たりの生産性の向上に向けた教育や研修も強化している。


三木雄信

テンパらないための3か条

  1. 10秒で決断する。決断の結果がどうであれ、アクションに移して流れを止めないことが重要。
  2. いまできることしかやらない。現在の状況が掴めていないことこそがテンパる理由。今できることを積み重ねていくことで、不安の全体像が浮かび上がり、冷静に対処することができる。
  3. 焦りそうになったらトイレへ。戻るまでの数分間だけでも、頭を切り換えるためにはとても重要。

田母神俊雄

人間には動物と違ってプライド、自尊心がある。自尊心を傷つけられると、相手の言うことが正しいとわかっていても反発するものです。「あなたの言うことは100%正しい。でも、あなたが言うから私は全力で反対する」ということはあり得る。そうならないためには、まず部下のプライドを守る話し方を心がけること。


テリー伊藤

「昨日の自分に興味がない」というのは天才の条件のひとつだ。天才は基本的に昨日の自分を信じていない。たとえ昨日、何を成し遂げようとも、昨日の自分をみんなが賛美しようとも、本人はすでに興味がない。もう「次」を見ているのだ。


西郷隆盛

幾たびか辛酸を経て、志ははじめて固まるものだ。


國分文也(国分文也)

私も30代のころ、怖いものなしで状況の悪化など考えもしなかった。特に日本人は意思決定プロセスで、元来議論を好まないうえ、議論しても起きて欲しくないことには深く触れず、何とかなるだろうと暗黙の了解で済ましてしまう傾向がある。一方、アメリカではインテリジェンス、つまり情報戦に注力し、ある仮定に基づいてあらゆる情報を収集・分析し、悪い事態も想定する。私を含め、日本人はインテリジェンスが不得意だからこそ、楽観主義を戒める必要がある。


澤村諭

ターゲットとする市場をマクロな視点でとらえて、様々な立場のお客様のニーズを的確に把握し、製品に反映することが重要。


伊藤瞭介

もし、専業メーカーが上場するなら、自社の強みや特性を経営者や株主が深く理解し、その企業文化を守り続けることが必要です。業績が低迷したときに、株主や金融機関から「今期の利益を確保するために、新規の商品開発はやめてくれ」と言われるようではまずいのです。ただし、こうした条件を整えて上場を果たすことは難しい。それならば、専業メーカーは株式を公開してなくてもいいのではないでしょうか。


伊藤淳史

最近は、カフェやバーなどでスキマ時間を使って覚えています。以前は、周囲がにぎやかだとムリでしたけれど、追い込まれると頭に入るものですね。あちこちで会話が聞こえても、台本読みに集中できています。「できない」「ムリ」というのは、ただの思い込みだったと実感しました。


宇佐美進典

達成可能な目標だと小さな挑戦になってしまう。意思と算盤を持って、大きな挑戦をするのが望まれるリーダー像。


村上太一

既存の常識に疑問を持ち、「雨垂れ石を穿つ」という諺のように、どんなに小さな力でも根気よく続けていれば、いつかは成果を得られる。


泉谷しげる

ここ2~3年、俺は料理をするようになった。40年以上、台所に立つたこともない男が、「ご飯の炊き方どうするの?」って人に聞くところから始めてみた。わけわかんなくてもやっていると広がっていく。