名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

久田孝の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

久田孝のプロフィール

久田孝、ひさた・たかし。オフィス機器、教育関連事業を核とした総合商社、内田洋行の社長・会長。同じく同社の会長だった父から贈られた言葉。孝氏自身の経営哲学となった

久田孝の名言 一覧

経営には「果決」が必要。果物を間引いて一つだけ残す決断の難しさをいうのだが、多くの需要のなかから一つを育て上げる選択が難しい。
【覚書き:オイルショック後に商品の選択集中とリストラを行った時を振り返っての発言】


企業体質を転換するには、経営の方法を変えるだけでは駄目だ。可能性のある新事業に挑戦してこそ、新しい企業の風土が生まれる。


お客様第一という商人の心を大切にするのが商魂。それを心にとどめながらも、流行に振り回されず、経営の基本となる企業の精神、経営哲学を確立しておかなければならない。それが士才。【覚書き:上記は同じく同社の会長だった父から贈られた言葉。孝氏自身の経営哲学となった】


優しい人間は人がいいとか、慎重なのは結論が遅いなど、人の長所と短所は必ず裏腹になっている。ここです。人を見る力、仕事と人の組み合わせをいかにやるかが経営の腕の見せ所でしょう。


久田孝の経歴・略歴

久田孝、ひさた・たかし。オフィス機器、教育関連事業を核とした総合商社、内田洋行の社長・会長。同じく同社の会長だった父から贈られた言葉。孝氏自身の経営哲学となった

他の記事も読んでみる

森川亮

キャリアプランは各自の人生設計によって異なります。50代で最高に幸せなりたいというのであれば、20代の10年間ぐらいは大企業で基礎練習を続けることも1つの考え方です。大企業での基礎練習は、単なる下積みだけでなく、人脈作りも含まれます。大企業にいると、ベンチャーでは会えないような人にも、会社の看板で会ってもらえ、人脈が作りやすい。若いうちは大企業で人脈を含めた基礎をしっかり築き、30代、40代でベンチャーに転職して、やりたいことを存分にやるという人生設計もあります。


森正文(経営者)

己に限界を作らず、更に成長し続けなければならない。


山本直美(チャイルド・ファミリーコンサルタント)

上昇志向の強さは、「妥協しない姿勢」に現れます。納期を徹底的に守る、営業目標の達成に最後の最後までこだわる、納得するまで何度も企画書を書き直す……、という姿が垣間見れるとしたら、仮にその人が「やる気を前面に押し出す」タイプではなかったとしても、将来有望な人物だと判断して良いと思います。


ムハマド・ユヌス

ソーシャルビジネス(社会問題を解決することに専念する事業体)の本質は、創造性と挑戦です。いままで誰も思いつかなかった手法で解決不可能だと思える問題にぶつかることなんです。


ジェイ・エイブラハム

アドバイザーとして結果に対して絶対の自信を持っていなければいけないと、自分の経験から確信しています。それが私の「卓越性」なのです。


横山光昭

意外かもしれませんが、お金が貯まる人ほど、じつはいい意味で大雑把。細かく家計簿をつけている人が貯まる人かと言うとそうではなく、家計簿は大まかで多少の記載漏れがあっても平気な人の方が貯まる場合が多い。これは一見大まかでも家計のポイントをしっかり押さえているから。


浜田広

経営学者のピーター・ドラッカー氏は、経営とは「顧客の創造を手際よくやることだ」と言っています。氏の言う「顧客の創造」とは、売り上げ1億円の会社は1億円の顧客を創造できたということです。売上5000万円の会社は5000万円しか顧客を創造できなかったのです。売上自体が2倍あるということは、その会社の活動が世の中から2倍認められていることなんです。


森山徹

成果が出ず、仕事が嫌になりそうな人がいたら、僕の一日を想像してもらえばいい。こんなふうに穴蔵みたいな研究室にこもって、一日中ダンゴムシを観察している人もいるんだから大丈夫って(笑)。


宮沢俊哉

「君はこれを目標にせよ」と押しつけても、社員は「やらされ感」を味わうのみです。やる気は、自分で決めることから生み出されるもの。「こんな働き手になろう!」と自分の中でイメージできてこそ、前に進む力が湧いてくるのです。そうなれば必要なスキルを身につける努力もできるし、逆境に折れない強さも育つでしょう。


岩田松雄

企業にはいろいろな価値観を持った人がいます。しかし、会社で働いている間は、同じ方向を向いてもらわないと困ります。その共通のゴール、目印としてミッションが必要なのです。


江上治

「人の縁」や「出会い」というと、つかみどころのない話に聞こえるが、実は、日々の行動や対応がチャンスにつながっている。


加藤宣明

当社では「事業グループ事業部制」と「地域本社制」という「縦軸」と「横軸」の関係でうまく話し合いながら事業を進めていくことを目標にしています。一方の軸だけでは、単眼的な見方になってしまいます。これだけ組織が大きくなると、事業軸だけでも、また地域軸だけでもマネジメントは不十分で、2つの軸を両立させつつ、本社の権限を極力、事業部および地域に渡していかなければならないと考えています。