名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

久田孝の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

久田孝のプロフィール

久田孝、ひさた・たかし。オフィス機器、教育関連事業を核とした総合商社、内田洋行の社長・会長。同じく同社の会長だった父から贈られた言葉。孝氏自身の経営哲学となった

久田孝の名言 一覧

経営には「果決」が必要。果物を間引いて一つだけ残す決断の難しさをいうのだが、多くの需要のなかから一つを育て上げる選択が難しい。
【覚書き:オイルショック後に商品の選択集中とリストラを行った時を振り返っての発言】


企業体質を転換するには、経営の方法を変えるだけでは駄目だ。可能性のある新事業に挑戦してこそ、新しい企業の風土が生まれる。


お客様第一という商人の心を大切にするのが商魂。それを心にとどめながらも、流行に振り回されず、経営の基本となる企業の精神、経営哲学を確立しておかなければならない。それが士才。【覚書き:上記は同じく同社の会長だった父から贈られた言葉。孝氏自身の経営哲学となった】


優しい人間は人がいいとか、慎重なのは結論が遅いなど、人の長所と短所は必ず裏腹になっている。ここです。人を見る力、仕事と人の組み合わせをいかにやるかが経営の腕の見せ所でしょう。


久田孝の経歴・略歴

久田孝、ひさた・たかし。オフィス機器、教育関連事業を核とした総合商社、内田洋行の社長・会長。同じく同社の会長だった父から贈られた言葉。孝氏自身の経営哲学となった

他の記事も読んでみる

齊藤多可志

16年続けてきて思うのは、やっぱり自分の原点は「宝探しで人を幸せにしたい」ということ。世の中に貢献したい思いがより強くなり、自分の喜びのためだけではなく、その真ん中を行く方法を考えるようになりました。


鈴木秀明(資格勉強コンサルタント)

専門性の高いスキルではなくても、人より早く知識を身につけているだけで職場で重宝される資格が狙い目。たとえばビジネスでホットな話題をテーマとした資格ですね。早めに勉強して知識を身につけておくと、事業の新展開を考えるための材料やきっかけになります。


市川典男

新入社員時代、様々なトラブルに対応する経験を通して、表層に見える問題の奥にある本質を見極めることが重要だと実感しました。


三原淳

年商は順調に上がり、社員も増えましたが、リーマンショックの影響もあって、なかなか利益が出ない。転機は2013年に出版した自著『はじめてのコインランドリー投資負けナシバイブル』でした。今までコインランドリーは、貸店舗の大家向けに手間のかからないビジネスとして提案されてきた。ですがこの本は、個人投資コーナーに置かれたため、サラリーマン投資家の目に留まったのでしょう。出版後の事業説明会では在職中のサラリーマンが増え、多くが実際に起業。翌年には、売り上げが前年比で倍の6億円に成長し、事業が軌道に乗ったのを実感しました。


千本倖生

会社は誰がどう経営するかで決まる。もちろんビジネスプランも、周到にきちっとやることが大事ですが、誰がやるかが最も大切。


法華津寛

最も大切なことは、忍耐強く馬と接すること。甘やかすでもなく、理不尽に怒るでもなく。馬というパートナーは、まだ口のきけない子供と接するような思いやりの気持ちで接するのがいいと思います。気まぐれな演技をしたりミスしたりしたときは怒る。よくできたときは褒めてやる。その積み重ねで、狙い通りに馬が動いてくれれば、馬も人間もハッピー。目標に向かって二人で進歩しようと努力する関係が面白いんです。


森本智子

時間の許すかぎり、できるだけ多くの情報を現場の人から集めるようにしています。自分で発信する場合、集めてきた情報のうちの一割を出せれば良いほうですね。切り捨てた情報はもったいないとは思いますが、それもムダではないと思っています。若い頃はわからなかったのですが、別々に収集した情報が、ある日、ひとつに収斂されていくことがあるのです。情報が蓄積されると、経済問題や社会問題が連鎖していることがわかる瞬間が来ることもあります。


笹氣健治

残業しなければ上司に嫌われるとか、職場に居場所がなくなると考えるのは、本当はおかしな話です。現に残業しなくても組織でうまくやっている人はいるもので、残業しないと評価が下がるというのは、あなたの思い込みにすぎないのです。上司や職場への依存が進むと、評価されるためには残業が必要という固定観念が生まれ、残業しないという選択肢が頭のなかから欠落していきます。「仕事だから仕方がない」と自分に言い聞かせながらたびたび残業をしている人は、この「人依存」の入り口にいるのではないかと疑ってみる必要があるでしょう。


長崎忠雄(経営者)

我々の利益を最優先にするのではなく、まずはお客様のニーズに応えることで満足を高めていくことが、最終的に自分たちの成長につながる。


清水雅

人生は長い短いの問題ではありません。楽しいか楽しくないかの問題です。下手に人生を過ごすのはまったく下の下です。よく考えてみなさい。


勝間和代

いかにハードルを低くして簡単に行動を起こせる仕組みを作るかが継続のカギ。


三ツ井創太郎

流行っていた店の売上げが落ちる、または一時的に赤字になると、多くの店長は「今は大変だけど頑張ろう!」と精神論で切り抜けようとします。しかし、これは間違いで、さらに重症なのは、問題のすり替えが起こっていることです。問題が起こったときにすべきは、問題の本質を探ることです。