名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

久瑠あさ美の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

久瑠あさ美のプロフィール

久瑠あさ美、くる・あさみ。日本のメンタルトレーナー、ファッションモデル、ラジオパーソナリティ。愛知県出身。『JJ』『Ray』のファッションモデル、ラジオパーソナリティなどを経て心理カウンセラーとなる。プロスポーツ選手、経営者、アーティストなどのメンタルトレーニングや心理カウンセリングを行った。著書に『一流の勝負力』『ジョハリの窓 人間関係がよくなる心の法則』『メンタルトレーナーが教える 恋を叶える心の法則』『このまま何もしないでいればあなたは1年後も同じだが潜在能力を武器にできれば人生はとんでもなく凄いことになる』ほか。

久瑠あさ美の名言 一覧

自分の性格を変えることは難しい。でも、「心の在り方」は変えられます。心をすり減らさないためには視点を変えればいいんです。


義務感だけによる行動であれば、ストレスと疲労感が残るだけ。


失敗したイメージを事前に成功イメージで上書きする。うまくやれている自分の姿を、脳内のカメラで撮影した映像を思い浮かべて記憶に焼きつけましょう。


こう考えてください。失敗した「ダメな自分」は、ビジネスマンという役割を演じている自分に過ぎないんだと。だから、今日は「新しいチャレンジをする自分」になりきればいいんです。


上司が居並ぶ会議でプレゼンをする日に、「失敗したらどうしよう」「出席したくないが、仕事だから仕方がない」などと思っていては、モチベーションは下がる一方です。そうではなくて、「自分を認めてもらえるかも」「そうすれば、昇進・昇給が待っている」などと考えれば、やる気が出てきませんか? つまり、「have to(~しなければならない)」ではなく、物事を前向きに捉えて「want to(~したい)」と思えるように自分の意識を変えていくのです。


脳の働きには、自分で意識できている顕在能力と、意識できていない潜在能力があります。そのうち潜在能力が9割以上を占めていて、自分を変える大きなパワーを秘めています。そして、早朝はその潜在能力を発揮させる絶好のチャンスです。早朝は脳が覚醒しきっていない意識と無意識の境目である「まどろみ」の時間。頭のなかが白紙の状態になっているため、潜在意識を引き出しやすいからです。早朝は一人きりの時間であることが多く、自分の心を見つめ直す「マインドフォーカス」にも向いています。


人は感情だけでやりとりすると、価値観の違いが露呈して、すり減るだけ。相手も自分もそのままでいい。ただ視点を上げて、目的意識を変える。そして、うまくつき合えている自分という別人格を演じてみると行動も変わってくる。


よりよい人生を引き寄せるためのメンタルは、自分自身が「~したい」という自分の「want」の気持ちです。自分が心からやりたいと思えれば、仮に挫折し、その克服に莫大な精神エネルギーを費やしたとしても、必ず得られるものはあるはず。


メンタルトレーニングは人間力が問われます。貧乏くじを引いたような仕事に対して、いかに「want(~したい)」でとらえられるか。やりがいのある仕事を任されたと切り替えていきましょう。


人は過去に起こった経験にとらわれがち。「過去→現在→未来」という時間の流れを「未来→現在→過去」と逆に考えること。未来の自分のイメージが現在の自分を創る、というようにトレーニングするといい。


私のクライアントの営業マンSさんは、新エリアに異動し、以前よりも成績に苦戦していました。私は彼との対話で「異動はマイナスではなく、ステップアップするためのチャンス」と意識に働きかけました。その結果、すぐに彼の接客のパフォーマンスは変わりました。それまでは目標の数字に縛られ、心をすり減らしながらの接客。そのため無意識のうちに、売れない営業マンを演じてしまっていたんです。しかし、ステップアップして売れている営業マンという未来のビジョンを持った。今度は自信のある営業マンを演じるようになったんです。


なぜ、心がすり減ってしまうのか。確実に言えることは、心の視点が低くなっているからです。たとえば、威圧的な上司に接して、彼に振り回されているという悩みをよく聞きます。いつまで続くのかなと考えて、気持ちがマイナスに働く。すり減ります。でも、未来は変えられるんですよ。マイナス経験は、過去に過ぎない。未来を変えるには、こういう自分と上司でありたいという理想のイメージを描く。そのためには、視点を上げるんです。上司が嫌いだとか、過去にこんな嫌味を言われたとかいう低い視点から上げなきゃいけません。自分と上司、という関係を、客観的な視点で見てみる。そうすれば、いつもの小言も、少し余裕を持って聞けるはずです。さらに、上司と一緒にいい仕事をして、成果を挙げるイメージまで視点を上げる。自分がそうありたいビジョンの中では、もう上司は敵ではなく、同志のはずです。そう触って接していくと、いつのまにか上司が本当の同志になっていますよ。


久瑠あさ美の経歴・略歴

久瑠あさ美、くる・あさみ。日本のメンタルトレーナー、ファッションモデル、ラジオパーソナリティ。愛知県出身。『JJ』『Ray』のファッションモデル、ラジオパーソナリティなどを経て心理カウンセラーとなる。プロスポーツ選手、経営者、アーティストなどのメンタルトレーニングや心理カウンセリングを行った。著書に『一流の勝負力』『ジョハリの窓 人間関係がよくなる心の法則』『メンタルトレーナーが教える 恋を叶える心の法則』『このまま何もしないでいればあなたは1年後も同じだが潜在能力を武器にできれば人生はとんでもなく凄いことになる』ほか。

他の記事も読んでみる

三津原博

競争状況の下で、ローコスト経営を目指し、法令を順守して、国が目指す業務を進めていかなければなりません。それができない企業は、市場が伸びていても残れません。パパママストア(個人商店)では限界があるかもしれませんね。


永守重信

トップに必要な資質は3つある。1つ目は社員を動かすため、自分の考えていることを伝える「訴える力」。2つ目は白か黒か、右か左かを決める「決断力」。3つ目は「絶対逃げない」こと。どんなに優秀でも逃げるやつはあかん。これらの資質は全部経験して、失敗してみないことには身に付きません。


高橋がなり

うだうだ言ってないで挑戦しようよ。そして失敗しようよ。君らが守ろうとしている得体の知れないものは、未来の可能性を放棄してまで守る価値のあるものなのか、もう一度よく考えてごらん。どんな失敗をしても仕事を選ばずにまじめに働けば、雨露をしのげる部屋と腹いっぱいの飯は食べられるよ。そして精神的貧乏にならなければ、またチャンスは与えられる。ただし、負けっぷりは大切だよ。見逃し三振や負けた後の言い訳は禁物だからね。


山下聰(経営者)

世界市場は数多くのローカル市場で構成されていましたが、交通や通信などの発達によって結び付き、相互依存関係が深まり、グローバル市場が形成されるようになったのです。グローバル市場で存在感を高めるには、文化や風土、個性といった多様性を受け入れ、それぞれの地域に根差したソリューションを提案する地道な活動を繰り返すことが大切です。


熊谷正寿

以前、旧財閥の研究をしたことがあるんです。目指しているのは、旧財閥のように、どんどん広がっていくコングロマリットです。各事業でナンバーワンを目指しながら、それらのシナジーを発揮させていきたい。


千田琢哉

一生懸命お礼のハガキを書いているのに返事が少ないと落ち込む人がいます。そういう人は、受け取った枚数より、自分が書いた枚数に目を向けるべきです。


田坂広志

こんな修羅場を体験する機会はめったにない。君たちが、この修羅場で学べることを徹底的に学んでくれたら、それでよい。まだ勝負は終わっていない。最後の最後まで打てる手を打ち尽くそう。


瀬戸健

トレーナーの性格や指導方法、お客様のタイプなどを徹底的に分析することで、今では「どのような折導をしたら、どのくらいやせるのか」という因果関係がかなりの精度でわかるようになっています。


夏野剛

決算書の読み方はそれが仕事に必要なら勉強しておくべきですが、使わないなら別に読めなくても構わないと思います。それよりも、たとえば営業職なら自分の扱っている商品の需要が全国でどれくらいあって、そのうち自分の担当エリアは何%を占めるのか、自分の会社は市場でどれくらいのシェアを持っているのか、といった自分の仕事に関するデータを頭に入れておくべきです。そういった数字を覚えておくと、商談や営業戦略を組み立てる際に必ず役に立ちます。


蟹瀬誠一

何度か危ない目にも遭いました。ロシアでエリツィン派と議会派の対立を取材した時は、私たちを挟んで銃撃戦が始まりました。その瞬間、周りがスローモーションになり、空に家族の顔が浮かびました。この時はさすがに覚悟しましたね。カンボジアではデング熱にもかかりました。帰国して寝ていたら地震が起きた。でも実際はベッドがガタガタいうほど震えが止まらなかった。そこで病院にいったらデング熱だと診断され、1週間入院しました。でもそのお陰で、日本国内でデング熱が発生した時は、経験者として取材されました。やっぱり身をもって知るということは大切ですね(笑)。


山口真由

30代、40代に入るとかつて学んだ知識を使って要領よく仕事をこなし、「もう新しい分野へのチャレンジはおしまい」という気持ちが芽生えがちです。「今さら勉強なんて……」と尻込みする人も少なくありません。しかし、私はこの年代こそ新たなインプットが必要だと思います。今はこれまでの蓄積が開花する「充実期」を過ごせているかもしれませんが、50代を超える頃にはそのストックも尽き、昔の焼き直しのような仕事しかできなくなる危険も。それでは、技術が日進月歩で進化する現代のビジネスシーンについていけなくなります。新しい知識を学び続けなければ、市場では生き残れないのです。


築山節

脳の活動の「ピーク」を意識しましょう。そのピークがいつ来るのか、どれくらい持続するのかは、人によって違います。自分がこれまでに、複雑な仕事をして多くの成果を得たのはどんな時間帯だったかを振り返ることで、ある程度つかむことができます。わからない場合は、簡単な日々の記録を数週間つけてみると、「早朝は頭が冴える」「午前中に調子が良くなる」などの特徴がつかめるはずです。