名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

久瑠あさ美の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

久瑠あさ美のプロフィール

久瑠あさ美、くる・あさみ。日本のメンタルトレーナー、ファッションモデル、ラジオパーソナリティ。愛知県出身。『JJ』『Ray』のファッションモデル、ラジオパーソナリティなどを経て心理カウンセラーとなる。プロスポーツ選手、経営者、アーティストなどのメンタルトレーニングや心理カウンセリングを行った。著書に『一流の勝負力』『ジョハリの窓 人間関係がよくなる心の法則』『メンタルトレーナーが教える 恋を叶える心の法則』『このまま何もしないでいればあなたは1年後も同じだが潜在能力を武器にできれば人生はとんでもなく凄いことになる』ほか。

久瑠あさ美の名言 一覧

自分の性格を変えることは難しい。でも、「心の在り方」は変えられます。心をすり減らさないためには視点を変えればいいんです。


義務感だけによる行動であれば、ストレスと疲労感が残るだけ。


失敗したイメージを事前に成功イメージで上書きする。うまくやれている自分の姿を、脳内のカメラで撮影した映像を思い浮かべて記憶に焼きつけましょう。


こう考えてください。失敗した「ダメな自分」は、ビジネスマンという役割を演じている自分に過ぎないんだと。だから、今日は「新しいチャレンジをする自分」になりきればいいんです。


上司が居並ぶ会議でプレゼンをする日に、「失敗したらどうしよう」「出席したくないが、仕事だから仕方がない」などと思っていては、モチベーションは下がる一方です。そうではなくて、「自分を認めてもらえるかも」「そうすれば、昇進・昇給が待っている」などと考えれば、やる気が出てきませんか? つまり、「have to(~しなければならない)」ではなく、物事を前向きに捉えて「want to(~したい)」と思えるように自分の意識を変えていくのです。


脳の働きには、自分で意識できている顕在能力と、意識できていない潜在能力があります。そのうち潜在能力が9割以上を占めていて、自分を変える大きなパワーを秘めています。そして、早朝はその潜在能力を発揮させる絶好のチャンスです。早朝は脳が覚醒しきっていない意識と無意識の境目である「まどろみ」の時間。頭のなかが白紙の状態になっているため、潜在意識を引き出しやすいからです。早朝は一人きりの時間であることが多く、自分の心を見つめ直す「マインドフォーカス」にも向いています。


人は感情だけでやりとりすると、価値観の違いが露呈して、すり減るだけ。相手も自分もそのままでいい。ただ視点を上げて、目的意識を変える。そして、うまくつき合えている自分という別人格を演じてみると行動も変わってくる。


よりよい人生を引き寄せるためのメンタルは、自分自身が「~したい」という自分の「want」の気持ちです。自分が心からやりたいと思えれば、仮に挫折し、その克服に莫大な精神エネルギーを費やしたとしても、必ず得られるものはあるはず。


メンタルトレーニングは人間力が問われます。貧乏くじを引いたような仕事に対して、いかに「want(~したい)」でとらえられるか。やりがいのある仕事を任されたと切り替えていきましょう。


人は過去に起こった経験にとらわれがち。「過去→現在→未来」という時間の流れを「未来→現在→過去」と逆に考えること。未来の自分のイメージが現在の自分を創る、というようにトレーニングするといい。


私のクライアントの営業マンSさんは、新エリアに異動し、以前よりも成績に苦戦していました。私は彼との対話で「異動はマイナスではなく、ステップアップするためのチャンス」と意識に働きかけました。その結果、すぐに彼の接客のパフォーマンスは変わりました。それまでは目標の数字に縛られ、心をすり減らしながらの接客。そのため無意識のうちに、売れない営業マンを演じてしまっていたんです。しかし、ステップアップして売れている営業マンという未来のビジョンを持った。今度は自信のある営業マンを演じるようになったんです。


なぜ、心がすり減ってしまうのか。確実に言えることは、心の視点が低くなっているからです。たとえば、威圧的な上司に接して、彼に振り回されているという悩みをよく聞きます。いつまで続くのかなと考えて、気持ちがマイナスに働く。すり減ります。でも、未来は変えられるんですよ。マイナス経験は、過去に過ぎない。未来を変えるには、こういう自分と上司でありたいという理想のイメージを描く。そのためには、視点を上げるんです。上司が嫌いだとか、過去にこんな嫌味を言われたとかいう低い視点から上げなきゃいけません。自分と上司、という関係を、客観的な視点で見てみる。そうすれば、いつもの小言も、少し余裕を持って聞けるはずです。さらに、上司と一緒にいい仕事をして、成果を挙げるイメージまで視点を上げる。自分がそうありたいビジョンの中では、もう上司は敵ではなく、同志のはずです。そう触って接していくと、いつのまにか上司が本当の同志になっていますよ。


久瑠あさ美の経歴・略歴

久瑠あさ美、くる・あさみ。日本のメンタルトレーナー、ファッションモデル、ラジオパーソナリティ。愛知県出身。『JJ』『Ray』のファッションモデル、ラジオパーソナリティなどを経て心理カウンセラーとなる。プロスポーツ選手、経営者、アーティストなどのメンタルトレーニングや心理カウンセリングを行った。著書に『一流の勝負力』『ジョハリの窓 人間関係がよくなる心の法則』『メンタルトレーナーが教える 恋を叶える心の法則』『このまま何もしないでいればあなたは1年後も同じだが潜在能力を武器にできれば人生はとんでもなく凄いことになる』ほか。

他の記事も読んでみる

松本紹圭

僧侶の修行というと、朝から晩まで決められた日課をこなすだけと思われるかもしれませんが、案外そうでもないのです。師僧からの指示にただ従うのでなく、自分の頭で考えて、自分の心に沿って行動することが大事です。工夫も要ります。私自身、人から言われたことを黙ってやるのは苦手です。


奥野宣之

「新書を3冊まとめて買い、一気に読む」。この方法で、あるテーマについて自分なりの意見を持てるレベルまで即座に到達できる。


出口治明

大局観は少し現場から離れ、一呼吸置いて見ることで得られる。


岩瀬大輔

問題解決の出発点は、「問題がどこにあるのか」を見極めることから始まります。「営業成績が上がらない」というのは、問題から引き起こされた結果であって、問題そのものではないからです。根本的な問題のありかを知ることができなければ、それを解決するための策も見出すことはできません。


箭内道彦

誰でも最初は、プライドという名の鎧をつけようとするものです。僕も鎧が重くて、窒息しそうなぐらいになっていました。でもあるとき、定年までの自分の会社人生が見えてしまったことがあるんです。このままいったら、会社からはちっとも評価されず、かといって辞めて独立することもできず、ずっと人の言うことだけ聞いて死んでいくんだな……と。それで鎧を脱ぐしかなくなりました。


山崎元

ずっとその会社で働くとしても、会社には人事異動もあれば、合併や統合だってあり得ます。残業し、我慢をアピールして一時的に上司から評価が得られたところで、それがどれほどの意味があるのかな、と思います。


遠藤結蔵

ビデオレンタルから始まった私たちのビジネスは、いわゆる「流行り物」商売で、これまで様々な商材や事業にトライしてはやめ、手応えのあるものだけが今残っています。


北尾吉孝

知識は、それだけでは何にもなりません。学んだことをどう活かすかを考える。活かし方がわかって初めて意味を持つのです。


根岸秋男

ニーズは尽きない。ニーズは変化するし、そのニーズを的確に捉えることが商品開発の基本だから、いつまでも同じ商品でいいということはない。お客様がそれを要求していますし、世の中の環境も変わっていく。


ジェームズ・ダイソン

私には、長い間、世界的な社会課題を解決したいという、燃えるような強い思いがあった。今、自動車メーカーがせきを切ったようにEV開発に乗り出しています。多くは「環境への配慮」をうたっていますが、私から見れば、規制によって無理に強制されているようにしか見えません。我々の動機とは明らかに違います。


高橋泉(経営者)

人生でも仕事でも、困難や悩み、苦労は必ずつきまといます。それがない世界を求めるのではなく、負けない心をつくることが本当の幸せなのだと考えて、日々仕事に打ち込んでいます。


田中義剛

これからの時代、ひとつのことをやる時代じゃありません。二兎を追うものは一兎をも得ずじゃなく、二兎でも三兎でも追ってリスクヘッジをかけなきゃダメです。