久瑠あさ美の名言

久瑠あさ美のプロフィール

久瑠あさ美、くる・あさみ。日本のメンタルトレーナー、ファッションモデル、ラジオパーソナリティ。愛知県出身。『JJ』『Ray』のファッションモデル、ラジオパーソナリティなどを経て心理カウンセラーとなる。プロスポーツ選手、経営者、アーティストなどのメンタルトレーニングや心理カウンセリングを行った。著書に『一流の勝負力』『ジョハリの窓 人間関係がよくなる心の法則』『メンタルトレーナーが教える 恋を叶える心の法則』『このまま何もしないでいればあなたは1年後も同じだが潜在能力を武器にできれば人生はとんでもなく凄いことになる』ほか。

久瑠あさ美の名言 一覧

自分の性格を変えることは難しい。でも、「心の在り方」は変えられます。心をすり減らさないためには視点を変えればいいんです。


義務感だけによる行動であれば、ストレスと疲労感が残るだけ。


失敗したイメージを事前に成功イメージで上書きする。うまくやれている自分の姿を、脳内のカメラで撮影した映像を思い浮かべて記憶に焼きつけましょう。


こう考えてください。失敗した「ダメな自分」は、ビジネスマンという役割を演じている自分に過ぎないんだと。だから、今日は「新しいチャレンジをする自分」になりきればいいんです。


上司が居並ぶ会議でプレゼンをする日に、「失敗したらどうしよう」「出席したくないが、仕事だから仕方がない」などと思っていては、モチベーションは下がる一方です。そうではなくて、「自分を認めてもらえるかも」「そうすれば、昇進・昇給が待っている」などと考えれば、やる気が出てきませんか? つまり、「have to(~しなければならない)」ではなく、物事を前向きに捉えて「want to(~したい)」と思えるように自分の意識を変えていくのです。


脳の働きには、自分で意識できている顕在能力と、意識できていない潜在能力があります。そのうち潜在能力が9割以上を占めていて、自分を変える大きなパワーを秘めています。そして、早朝はその潜在能力を発揮させる絶好のチャンスです。早朝は脳が覚醒しきっていない意識と無意識の境目である「まどろみ」の時間。頭のなかが白紙の状態になっているため、潜在意識を引き出しやすいからです。早朝は一人きりの時間であることが多く、自分の心を見つめ直す「マインドフォーカス」にも向いています。


人は感情だけでやりとりすると、価値観の違いが露呈して、すり減るだけ。相手も自分もそのままでいい。ただ視点を上げて、目的意識を変える。そして、うまくつき合えている自分という別人格を演じてみると行動も変わってくる。


よりよい人生を引き寄せるためのメンタルは、自分自身が「~したい」という自分の「want」の気持ちです。自分が心からやりたいと思えれば、仮に挫折し、その克服に莫大な精神エネルギーを費やしたとしても、必ず得られるものはあるはず。


メンタルトレーニングは人間力が問われます。貧乏くじを引いたような仕事に対して、いかに「want(~したい)」でとらえられるか。やりがいのある仕事を任されたと切り替えていきましょう。


人は過去に起こった経験にとらわれがち。「過去→現在→未来」という時間の流れを「未来→現在→過去」と逆に考えること。未来の自分のイメージが現在の自分を創る、というようにトレーニングするといい。


私のクライアントの営業マンSさんは、新エリアに異動し、以前よりも成績に苦戦していました。私は彼との対話で「異動はマイナスではなく、ステップアップするためのチャンス」と意識に働きかけました。その結果、すぐに彼の接客のパフォーマンスは変わりました。それまでは目標の数字に縛られ、心をすり減らしながらの接客。そのため無意識のうちに、売れない営業マンを演じてしまっていたんです。しかし、ステップアップして売れている営業マンという未来のビジョンを持った。今度は自信のある営業マンを演じるようになったんです。


なぜ、心がすり減ってしまうのか。確実に言えることは、心の視点が低くなっているからです。たとえば、威圧的な上司に接して、彼に振り回されているという悩みをよく聞きます。いつまで続くのかなと考えて、気持ちがマイナスに働く。すり減ります。でも、未来は変えられるんですよ。マイナス経験は、過去に過ぎない。未来を変えるには、こういう自分と上司でありたいという理想のイメージを描く。そのためには、視点を上げるんです。上司が嫌いだとか、過去にこんな嫌味を言われたとかいう低い視点から上げなきゃいけません。自分と上司、という関係を、客観的な視点で見てみる。そうすれば、いつもの小言も、少し余裕を持って聞けるはずです。さらに、上司と一緒にいい仕事をして、成果を挙げるイメージまで視点を上げる。自分がそうありたいビジョンの中では、もう上司は敵ではなく、同志のはずです。そう触って接していくと、いつのまにか上司が本当の同志になっていますよ。


久瑠あさ美の経歴・略歴

久瑠あさ美、くる・あさみ。日本のメンタルトレーナー、ファッションモデル、ラジオパーソナリティ。愛知県出身。『JJ』『Ray』のファッションモデル、ラジオパーソナリティなどを経て心理カウンセラーとなる。プロスポーツ選手、経営者、アーティストなどのメンタルトレーニングや心理カウンセリングを行った。著書に『一流の勝負力』『ジョハリの窓 人間関係がよくなる心の法則』『メンタルトレーナーが教える 恋を叶える心の法則』『このまま何もしないでいればあなたは1年後も同じだが潜在能力を武器にできれば人生はとんでもなく凄いことになる』ほか。

他の記事も読んでみる

藤田晋

どんな状況でも使える専門スキルを身につけようとするのではなく、与えられた仕事の中から自分の強みを見つけ、伸ばしていく。そうすれば、自然に必要なスキルが身につきます。環境が変わってもやることは同じ。ゼロリセットができれば、別の専門スキルがすぐに身につくはずです。いつでも新人に戻ったつもりでやれる力。これは、組織の中で生き抜くための重要な力だと思います。


中山泰男

メッセージは最初はメールで、その後は精力的に社内の会合に出て直接伝えています。本部長会議や各ラインの会合、地方にも出向き、当社のグループ企業にも出かけています。


ドナルド・トランプ

発見の喜びから生まれる熱意さえあれば、あなたのすることはすべて確実に今の成功や将来の成功への布石となる。


中村史朗

コンサルタント時代に、伝えたいことの本質を捉え、それをいかに相手に伝えるかの訓練をかなりしました。文言で伝えるだけで高額な対価をいただくサービスですから、文言の書き方は非常に重要なスキルだったのです。上司や同僚に徹底的にダメ出しをされ、鍛えられました。このときの経験が今も活きています。


吉良俊彦

私自身は講演会のとき事前に大まかな流れは決めておきますが、原稿は用意しません。顔を上げ、当日の参加者の表情や全体の雰囲気を意識して話すようにしています。出席者にとって、より新しい話題こそが最大の関心事だからです。


石毛郁治

硫安同値の尿素をつくる、一応計算では成り立つのですが、出来上がってしまった今日ではなんとでも申せますものの、当時は私にも確信はありませんでした。しかし、このままでは自滅のほかないので、上手くいかなかったら私が腹を切るつもりで踏み切りました。
【覚書き|東洋高圧時代、北海道に硫酸の工場をつくったものの硫酸がつくれなくなり危機に陥ったときを振り返っての発言。このあと同社は、尿素の大量生産に成功した】


森川亮

パソコン向けにサービスを提供してきた私たちが、フィーチャーフォン向けにサービスを開発しようとした時、正直に言えばうまく結果は出せませんでした。でも、愚直に取り組んできたことが結果的に技術的なノウハウや経験、他社の分析力などの蓄積につながりました。これらがスマホ向けに割り切ったサービス開発に集中することで、一気に花開いた結果だと思っています。


国吉拡

飛び込み営業の場合、訪問先のドアを開けて挨拶した途端、「いらないよ」とそっけなく断られてしまうことも多いものです。そういう場合に有効なのは、明るい声と表情で「3分だけ時間をください」とお願いするやり方です。私の体験からいうと、そうお願いしても断る人は1割くらいで、ほとんどの人が「それくらいいいか」と、とりあえず話を聞いてくれます。これも経験則ですが「3分だけ」といって話しはじめれば、だいたい10分程度は話を聞いてもらえるものです。そこから成約に結び付くことも、決して少なくありません。


土田雅人

いかにチーム全体のモチベーションを高く保って、高い目標に取り組んでいくかが大事。


加藤諦三

青春時代とは問題のないことが異常なのである。問題がある方が正常なのである。いや、人生は一生、問題をかかえているのである。青春には青春の問題があり、老年には老年の問題がある。青春の問題を解決できないような人間は、老年になればまた老年の問題を解決できない人間なのだ。


谷原誠

最近増えているのが「ちょっとしたことで傷つきやすい人」。部下がこのタイプだと、おちおち叱ることもできず、なかなかやっかいです。傷つきやすいのは、自信がなくて自己評価が低いためです。そこにさらに自己評価を落とすような言葉をぶつけてしまうと、深刻なダメージになり、こちらのいいたいことなど伝わらなくなってしまうのです。こういう人への対処法は、「評価」ととられないような言葉を使わないことです。「これからどうすればいいと思う?」といったフレーズで、自分で問題に気づかせるように促すのが効果的です。


野口敏(話し方)

聞く人に明るいイメージを抱かせる話し方をすると、チーム力を増し、仕事のパフォーマンスをあげることができます。「職場における話し方」とはこのように、良い関係を築き上げることによって、仕事をスピーディに快適に進めるための必要なスキルなのです。


石原慎太郎

私は人間の価値というのは、「人と違うこと」だと思っています。では、人の違いは何が一番かといえば、それはやはり人間の感性なんです。その感性を育てる教育をしないと、変わった人間というのは出てこない。


大竹のり子

ご注意いただきたいのが、「全部平均でいくと破綻する」ということ。たとえば同じくらいの年収の知り合いを見ると、ある人は6千万円のマンションを買っている。ある人は私立の中学に子供2人を行かせている。ある人はプリウスに乗っている。そこで、「同じくらいの年収だから」と高級マンション、私立中学、プリウスを全部真似すると、家計は破綻します。彼らはきっと、使うところには使うけれど、お金をかけないところは絞っているのです。どこにお金をかけて、どこを締めるか。あるところにお金をかけたら他は我慢する、というトレードオフを意識することが大切です。


大倉忠司

世襲をしないと明言しています。同族企業を否定しているわけではありません。私の場合は最初から全国チェーンをめざしたので、社員全員が喜んで働き、また平等に社長になれる機会のある会社にしようと思ったまでです。スタッフ全員、皆の会社という意識で進んできました。「世襲をしない」と決めたことで、会社は自分のものではなく社会のものだと思えるようになったことは、私自身にとって大きな意味があったと思います。


ページの先頭へ