久水宏之の名言

久水宏之のプロフィール

久水宏之、ひさみず・ひろゆき。日本の経済評論家。富山県生まれ、福岡県育ち。東京大学法学部卒業後、日本興業銀行に入行。取締役、調査部長、業務部長、常務などを務めたのち独立。著書に『元気の出る経済学 孤立から共生へ』『時代の響きを共に聴く 日本の可能性再発見』。

久水宏之の名言 一覧

試練は無い方が良いと常識では考えるが、試練があるからこそ私たちは成長する。

久水宏之の名言|試練があるからこそ私たちは成長する

良い循環は待っていても起こらない。思い込みを越えて、思い切って新たな始め方をするところから良循環は始まる。

久水宏之の名言|思い切って新たな始め方をするところから良循環は始まる

私たちの心の奥にある志や魂の大きな潜在力が、一人ひとりの人生をかけて果たしたいと願う方向に収斂する時、最も力強く引き出される。

久水宏之の名言|潜在力は人生をかけて果たしたいと願う方向に収斂する時、最も力強く引き出される

経営の実体を左右するのは経営者、特にトップの判断尺度であり「私心」の有無。

久水宏之の名言|経営の実体を左右するもの

事業の継承において本当に大切なのは、「志の継承」である。

久水宏之の名言|事業の継承において本当に大切なのは志の継承

試練の時だからこそ気付けることがある。それは「元々何をしたかったのか」という原点に立ち返る機会となるからである。

久水宏之の名言|試練の時だからこそ気付けることがある

これまでの自分では越えられないハードルだからこそ、未知のことに挑戦し、新たな創造の道を切り拓くきっかけにもなる。

久水宏之の名言|ハードルがもたらす効果

イノベーションこそが難局をこえる鍵。

久水宏之の名言|イノベーションこそが難局をこえる鍵

これからの世界が必要としているのは、「物さえあれば、目前さえ良ければ、自分さえ良ければ」という発想を超えた新しい取り組み方。

久水宏之の名言|これからの世界が必要としている取り組み方

格差や不平等にただ反発するのではなく、それは私たちが仕事や人生を通して磨かれ、人間として成長するに必要な「条件」の一つと受け止め、むしろ活用する側に発想し直すことが大切。

久水宏之の名言|格差や不平等を成長するに必要な「条件」の一つと受け止め活用する

「選択と集中」を適確に行うには、私心を去ってそのような呪縛から自由になる必要がある。日本の経営者の先人たちには、そうした自由な心を持つ人たちが多くあった。

久水宏之の名言|私心を去って呪縛から自由になる必要がある

本当は何をしたかったのか。そこを問い直してこそ、私たちは仕事を通して人生を充実させ、それが更に良い仕事につながる良循環の主役になるのだと思われる。

久水宏之の名言|本当は何をしたかったのかを問い直す

紛争になった事態も、元々の目的に立ち返れば、どう解決すれば良いか、そのために自分にできることは何か、と考えることができる。

久水宏之の名言|元々の目的に立ち返る

社員一人ひとりにとって、チャレンジを通して成長する機会が与えられることは充実感と元気のもとになる。

久水宏之の名言|チャレンジを通して成長する機会が与えられることは充実感と元気のもと

人間の世界では選択の主導権は一人ひとりの側にある。それをどう生かすかが、「人間力」を鍛え、生かす出発点だと思われる。

久水宏之の名言|選択の主導権は一人ひとりの側にある

人の心に届く物づくりには物語がある。私心を超えて人々の幸せを願う心が強くあってこそ、自分から変わり、周りも元気にする良循環の道は開かれてゆく。

久水宏之の名言|人の心に届く物づくりには物語がある

高齢者の比重が高くなるということは、やがての「死」を前に、「生きるとは何であったのか」と仕事や人生の意味を問い、元々から考え直す力が社会的に強まるということでもある。ならば、これをプラスにしてゆく道もあることだろう。

久水宏之の名言|高齢化は考え直す力が社会的に強まるということでもある

利益という結果に目を奪われ、利益の源泉を耕すことを怠れば、未来は危うくなる。利益の源泉は顧客や社会の満足であり、それに役立つことに生きがいを感じる社員たちの意欲だろう。

久水宏之の名言|利益の源泉を耕すことを怠れば、未来は危うくなる

人間は、常に合理的に行動するわけでも、利害だけで動くものでもない。共感や感動によって、自分の内側から、「何としてもこれはやりたい」という「動機」を呼び起こされるのも人間である。そしてそれを人生かけてやる中で、思いもかけない道が開かれてゆく。

久水宏之の名言|「何としてもこれはやりたい」ことを人生かけてやる中で、思いもかけない道が開かれてゆく

経営の変革には、お金や技術などの力も必要だが、どんな障害があっても捨てられない強い願いから生まれる経営者の意志のエネルギーは、常識を超えた力となる。

久水宏之の名言|強い願いから生まれる経営者の意志のエネルギーは、常識を超えた力となる

「経営のイノベーション」を生み出す智慧のエネルギーは、本来はどの経営者も内側に持っている筈である。しかし、多くの場合、その力は先入観や業界の常識によって閉ざされてきた。

久水宏之の名言|先入観や業界の常識にとらわれないことが大切

思い切ってチャンスを生かすために必要なこと。それはこれまで経営者を束縛していた様々な前提を、「何のための経営か」という原点から見直し、本来の目標にすべてのエネルギーを集中して、新たな活力を生み出すことである。

久水宏之の名言|前提を原点から見直す

「志」とは、自分の利害は脇においても人々に尽くしたい、という人間にしかない大切な願いである。それが純化するほど、本源的な智慧と意志という人間力が溢れて、社員も元気になる。業績も上がる。

久水宏之の名言|志が純化するほど、本源的な智慧と意志という人間力が溢れて、業績も上がる。

経営者にとって本来の奉仕対象は顧客であろう。社員はその目的を果たすための同志であり、その結果が利益を生む。社員が仕事にどれだけ働き甲斐を感じ、元気でいるかが、企業が発展し利益を生み出す原動力であり、そのためにリーダーシップを発揮するのが経営者の元々の役割だと思われる。

久水宏之の名言|社員が仕事にどれだけ働き甲斐を感じ、元気でいるかが、企業が発展し利益を生み出す原動力

私が感じたのは、尊敬できる人たちに憧れを持つことの大切さである。何よりもそれは、そのように生きたいという願いの表れであり、その方が人生かけて果たしたい魂の願いにつながっている。人間信頼、世界信頼による自己変革の原動力でもあるからである。

久水宏之の名言|尊敬できる人たちに憧れを持つことの大切さ

人と人との絆を大切にし、事態を冷静に受け止め、未来を信じ、自分のことよりは他のため、全体のために役立つことを自然に選ぶという生き方は、どんな試練の中にあっても希望につながります。そのような生き方こそ日本再生の柱。

久水宏之の名言|日本再生の柱

何のための仕事や経済だったかの原点に戻ることが必要。私たちは厳しい試練に直面するときこそ元々何がしたかったのか、その本当の願い、志に立ち返ることができる。

久水宏之の名言|原点に戻ることが必要

イノベーションは個人の並外れた才能や力による面もあるが、複雑化した社会や生産現場の実態からすれば、やはりどうチームワークを組むか。またそれを支える場の風土をどうつくるかも大きい。

久水宏之の名言|イノベーションが生まれる環境をつくる

イノベーションは新たなニーズの発見と、ぜひともこれに応えたい、そのために日々力を尽くし、何度挫折しても挑戦し続ける歩みの先に生まれるもの。

久水宏之の名言|イノベーションを生むもの

新製品や新技術、新システムが湧出してくるような風土をつくるためには、リーダーの側もさることながら、一人ひとりが、誰かがやってくれるのを待つのではなく、自分にもできることがあるとベストを尽くし合うことが鍵となる。

久水宏之の名言|誰かがやってくれるのを待つのではなく、自分にもできることがあるとベストを尽くし合うことが鍵

イノベーションは科学の最先端で、誰にも見える結果が重視されるのは当然である。しかし、それを支える動機がどれほど人間としての志や、根源からの願いにつながっているかによって、その後の展開も人々に与える影響や歓びもまるで違う。

久水宏之の名言|動機が重要

普段から「スケジュールは戦略」という発想に馴れておくことが必要。何のためのスケジュールなのか。元々の仕事や人生の目的に立ち返ってスケジュールに対する主導権を取り戻し、必要なものを加え、省けるものは捨てる。それは降りかかる事態への受け身の「適応」から「挑戦」への転換である。

久水宏之の名言|スケジュールは戦略

それぞれが取り組んでいる仕事が、人生かけて果たしたい願いと一つに繋がった時、どんな試練も解決し、新たな創造をもたらす智慧と意志の力が溢れてくる。

久水宏之の名言|新たな創造をもたらす智慧と意志の力の源泉

悲しい性として私たちは、何ごとも自分の実力で成果を挙げたと思いたがる傾向がある。しかし現実には沢山の方々に、直接、間接にお世話になっている。その方々への感謝や、共に喜んで頂くという心遣いを忘れていると、思わぬつまずきや反感を買う。

久水宏之の名言|感謝や、共に喜んで頂くという心遣いを忘れていると、思わぬつまずきや反感を買う

現実を作るのは人間の意識、心だが、その心の奥には、魂という愛に満ちた智慧と意志の次元がある。そういう私達の内側にある魂の力を鍛え、磨くことが、この世界に生を受けている私たちにとって最も大切なことなのだと思われる。

久水宏之の名言|私達の内側にある魂の力を鍛え、磨くことが、この世界に生を受けている私たちにとって最も大切なこと

「一即多、多即一」という言葉のように、全体と部分は相呼応している。一人が本当に変われば、そしてその変化が誰にも共感でき、憧れとなる生き方であれば、必ず響き合い広がり、やがて世界を変えることにもつながる。

久水宏之の名言|一人が本当に変われば、響き合い広がり、やがて世界を変えることにもつながる

社員が生き生きと充実していることが経営者にとって最高の喜びと言えるような関わり方をしていれば、社員は自発的に顧客のニーズを適確にとらえ、それに応えようとベストを尽くす。それが顧客の満足や共感となり、業績も上がる。

久水宏之の名言|社員が自発的に働く会社にするには

自分の人生を振り返っても、格差や不平等への反発が、むしろ人一倍の努力につながり、更には、その試練があったからこそ、多くの痛みを抱えた人の側に立ち、何とかしたいという志や生き方を身につけた体験がある。もちろん、現実には人間的な努力をしても越えられないハードルも決して少なくない。だからそのために、十分なセーフティネットを張るのが政治に期待される働きだろう。

久水宏之の名言|格差や不平等への反発を力に変える

大企業なら誰がトップになってもそれほど違いはない、と思うかも知れない。しかし、「唯心所現」という言葉もあるように、経営者の「心は現実(実体、業績)を作る」。だから例えば、経営者が比較競争の中で利益の追求を最優先し、社員や取引先をその手段とみなし続けていれば、早晩、社員はやる気を失い、業績は低下する。

久水宏之の名言|経営者の心は現実を作る

自分中心の利害や損得で動きやすい、と同時に、やむにやまれぬ気持ちで、損得抜きに誠実に他に尽くすことができるのも人間である。後者の場合は、相手の側や全体の側に重心をおいた関わり方であるために、判断もより適切で他とも協働ができ、成果も上がる。だから、その方が大切だ、という本心はありながら、往々にして目先の快苦に流されるのも私たちの傾きである。経営者は、そのような心の動きを掌握し、選択の意思に働きかけることによって幹部や社員が人間として成長するための良き縁となることもできる存在である。

久水宏之の名言|経営者は心の動きを掌握し、社員が人間として成長するための良き縁となることもできる存在

事業のフロントを預かっている社員の皆さん一人一人が、顧客が感じている切実なニーズを察知し、これを新しい商品やサービスの開発にどう結ぶか。それは激しい流動化という条件の中で、会社が果敢に新たな開発、創造に挑戦するに不可欠な力である。コストカットやAI化によって収益を改善することは必要だろう。しかし、諸々の前提が通用しなくなる今後は、人間だからこそ発揮できる柔軟さ、智慧深さや意志がもっと必要になってくる。その観点から社員と経営の間をもう一度見直す時ではないだろうか。

久水宏之の名言|諸々の前提が通用しなくなる今後は、人間だからこそ発揮できる柔軟さ、智慧深さや意志がもっと必要になってくる

久水宏之の経歴・略歴

久水宏之、ひさみず・ひろゆき。日本の経済評論家。富山県生まれ、福岡県育ち。東京大学法学部卒業後、日本興業銀行に入行。取締役、調査部長、業務部長、常務などを務めたのち独立。著書に『元気の出る経済学 孤立から共生へ』『時代の響きを共に聴く 日本の可能性再発見』。

ページの先頭へ