名言DB

9419 人 / 110788 名言

久我一総の名言

twitter Facebook はてブ

久我一総のプロフィール

久我一総、くが・かずふさ。日本の経営者。「オーセンティックジャパン」社長。福岡県出身。西南学院大学文学部外国語学科英語専攻卒業後、パナソニックシステムネットワークスに入社。英国子会社出向などを経てオーセンティックジャパンを設立。

久我一総の名言 一覧

ユーザーの満足度調査の時、注目したのはフリーコメント欄です。「満足」と回答しても不満をお持ちのこともある。そこにヒントがあるはずなんです。


自分の能力なんてたかが知れているんですよ。組織でやっていかないと何もできない。


既存のカテゴリーに当てはまらない商品なので、普通に売りに行く戦略では難しいと考えました。そこで、プロに認めてもらい、信頼性を高めることにしたんです。


コードレス電話は消えゆく商材ですが、使っている電波の技術自体は、まだまだ世の中の役に立つ。それを突き詰めていけば、人の命を救うことも可能。


現代はPCやスマホなど、便利なものが氾濫しています。そんな中で「本当に大切なものは何だろう?」と考えて、出した答えが「人の命を守る」でした。親として、家族として大切な人の安全を確保するためのアイテムが欲しい。そうした思いから、「ヒトココ(省電力小型探知機)」のアイデアが生まれました。


「ヒトココ」開発時、大切にしたのはバランスです。GPSだってあればいいに決まっているし、技術的には可能だけど、そうすると電池の持ちが悪くなってしまったり、大きくなってしまったりする。結局使ってもらえないとなっては意味がない。捜索現場に対してどういうソリューションを提案すべきか、ということをまず考えました。


久我一総の経歴・略歴

久我一総、くが・かずふさ。日本の経営者。「オーセンティックジャパン」社長。福岡県出身。西南学院大学文学部外国語学科英語専攻卒業後、パナソニックシステムネットワークスに入社。英国子会社出向などを経てオーセンティックジャパンを設立。

他の記事も読んでみる

松井稼頭央

また新たなシーズンが始まります。「昨年よかったから今年もいい」わけではありません。気を引き締めて、今年もチャレンジャーとして戦いたい。


大東隆行

トイレ掃除も徹底的にやれば、お客様から褒められることがある。自分でやって結果を出して、初めて「掃除をしろ」という指示に説得力が生まれるんや。王将で売上を伸ばしている店舗は、店長が接客もするし鍋も振るし、一番働いてるよ。


西和彦

僕は、自分の心が求めることを正直にやってきました。もちろん、辛いこともありました。しかし、反省はあっても悔いはありません。未来を自分で決めてきた結果ですから。


山本直美(チャイルド・ファミリーコンサルタント)

遊んだおもちゃを自分でキチンと片付けるというのもひとつの自律であり、子どもにそれを指導することがしつけです。そのとき、車のおもちゃはいちばん上の引き出し、クレヨンは真ん中の引き出し……というふうにルールを決めておけば、子どもはひとりでもスムーズに片付けられるようになります。つまり、ルールの存在によって、自律が促されるのです。なんのルールも与えずに「さっさと片付けなさい!」とガミガミ文句を言うだけでは、なかなかうまくいきません。こういうルールの力を借りながら、きちんと片付ける経験を積んでいると、そのうち、他人からルールを与えられなくても自分なりのルールを自ずと考えられるようになります。


本田有明

人事マネジメントの世界では、リーダーシップの対義語になる「フォロワーシップ」という言葉があります。これは部下が上司を支援、補助することで「上司を動かす」という概念です。


宮本慎也

PL学園時代、中村(順司)監督の「球道即人生」の教えは、野球の練習以上に厳しくて、先輩の身の回りの世話や掃除などを徹底して教えられました。でも、そんな繊細さを身につけることが、野球の技術向上にもつながったと思います。


御立尚資

入社3年目くらいまでは、現場で先輩の動きを見たり自分で工夫しながら学ぶことも大切です。私も新卒で入った航空会社で、空港での予約・搭乗手続きやアシスタントパーサーの仕事を通じて、キャンセル待ちでイライラしているお客様への接し方や、機内食の配膳の段取りなど、現場の知恵や工夫を多く学習しました。そのとき現場で学んだ「知識を使う力」の基本が、いまの仕事にもずいぶん役立っています。


松田昌士

大事なのは経営陣にとってマイナス情報が上がってくる体制になっているかどうかです。ごますり情報は黙っていても上がってきます。「危ないよ」とか「あなたの足元は乱れているよ」といった、耳障りな情報がどこからでも入ってくるようにしなくてはいけない。


西澤敬二

さらに新たなビジネスモデルにチャレンジしていかなければいけない。今後の競合はどこになるかまだ見えないが、お客様の立場に立って徹底的に取り組んでいく。


泉谷しげる

逃げるのは絶対に嫌だ。過酷さを避けたら心の中に「避けた自分」が残っちゃう。それなら、やれるかどうか「向かった自分」が残った方がいいよな。