久我一総の名言

久我一総のプロフィール

久我一総、くが・かずふさ。日本の経営者。「オーセンティックジャパン」社長。福岡県出身。西南学院大学文学部外国語学科英語専攻卒業後、パナソニックシステムネットワークスに入社。英国子会社出向などを経てオーセンティックジャパンを設立。

久我一総の名言 一覧

ユーザーの満足度調査の時、注目したのはフリーコメント欄です。「満足」と回答しても不満をお持ちのこともある。そこにヒントがあるはずなんです。


自分の能力なんてたかが知れているんですよ。組織でやっていかないと何もできない。


既存のカテゴリーに当てはまらない商品なので、普通に売りに行く戦略では難しいと考えました。そこで、プロに認めてもらい、信頼性を高めることにしたんです。


コードレス電話は消えゆく商材ですが、使っている電波の技術自体は、まだまだ世の中の役に立つ。それを突き詰めていけば、人の命を救うことも可能。


現代はPCやスマホなど、便利なものが氾濫しています。そんな中で「本当に大切なものは何だろう?」と考えて、出した答えが「人の命を守る」でした。親として、家族として大切な人の安全を確保するためのアイテムが欲しい。そうした思いから、「ヒトココ(省電力小型探知機)」のアイデアが生まれました。


「ヒトココ」開発時、大切にしたのはバランスです。GPSだってあればいいに決まっているし、技術的には可能だけど、そうすると電池の持ちが悪くなってしまったり、大きくなってしまったりする。結局使ってもらえないとなっては意味がない。捜索現場に対してどういうソリューションを提案すべきか、ということをまず考えました。


久我一総の経歴・略歴

久我一総、くが・かずふさ。日本の経営者。「オーセンティックジャパン」社長。福岡県出身。西南学院大学文学部外国語学科英語専攻卒業後、パナソニックシステムネットワークスに入社。英国子会社出向などを経てオーセンティックジャパンを設立。

他の記事も読んでみる

ダ・ヴィンチ・恐山(品田遊)

「個」の希薄なアカウントというのは、質的な重さを持たない、小さくて軽い存在だと思うんです。だから無限に群れられるし、群れるまでにかかる時間も非常に短い。それぞれは意思を持っていたとしても、見せる動きは虫と大差ないような……。このままいけば、人はだんだんそんな存在になっていくのでは、という予想をしています。


長谷川裕一(北海紙管社長)

まず社内が変われば、お客さんへの接し方も変わりますからね。成果の芽は見えてくるはずですよ。これは私も痛感しているんですが、上から指示して人を動かすより、下から提案があって動いていく方が、絶対に変化が速いんです。こっちも気持ちが良いし。北風と太陽の寓話みたいですけどね。


堀江貴文

目の前のビジネスをきちんと成立させる。それがサステイナブル(持続可能)に夢を追う秘訣。


馬渡修

あまり声には出してきませんでしたが、当社は製造中止が少ない会社です。産業機器やオートモーティブ、ヘルスケアなど、どの分野でも最低15年は供給保証することが求められていますから、必然的にそうなるわけです。やむを得ず製造中止する場合も、1年以上前にお客様にお伺いを立てると同時に、最適な代替品提案も行っています。


大坪勇二

粘って交渉すれば契約がとれるかもしれませんが、予定を延長すると、その後の予定にしわ寄せが行きます。仮に粘って一件成約させても、その他の商談に万全の状態で臨めなければ、より大きな利益を失うことになります。商談は、ゴールと締め切りが決まっているからこそ、集中力を発揮できるのです。


土屋公三(経営者)

土屋ホームでは創業当時から、通常のボーナスとは別に支給する賞与制度があります。たとえ会社の業績が悪くても、その期の目標を達成した社員には第2のボーナスを渡してきました。努力して成果を上げた者に利益を分配して喜びを感じてもらう。その成功体験がさらに高い目標を掲げ、達成しようとするエネルギーになると考えているからです。私はこれが競争力の源泉になっていると信じています。


加納裕三

(大学院修了)当時は外資系の金融機関と戦略コンサルの人気が高かったんです。世界で活躍できるチャンスがあって、若い時期から責任のある仕事をやらせてもらえる点が魅力だった。私も外資系金融、特に投資銀行に可能性を感じて、ゴールドマン・サックスに行きました。


三木卓

小学4年のとき、満州から引き揚げてきたとき、リュックサックの中には着替えと親父の骨箱だけ。家屋敷や財産は全部向こうにおいてきました。だから、あとはもうよくなるしかないという思いで世界を見ています。


尾崎元規

製品に関して生活者コミュニケーションセンターにお問い合わせやクレーム、ご提案など年間10万件以上のご連絡があります。そのデータをコミュニケーションセンターが整理して、事業部門や研究部門に流していきます。新製品を発売したら、翌日からどのような消費者反応があるのかをリアルタイムで見られるようになっています。売上の数字と消費者の反応が毎日見られるようになっているのです。


内藤誼人

人に会うときには、実は面白い話があるんですよと自分から進んで切り出せるようにしよう。自分をネタにしたものが一番良い。これを「セルフ・デプリケーティング・ユーモア(自分をバカにするユーモア)」と呼び、相手に最も喜ばれるユーモアであることがわかっている。笑いを取って行こう。あなたは今まで以上に好かれる人になれるはずだ。


中島圭一(経営者)

タイで工作機械の生産を始めるため、現地に駐在しました。ゼロから会社を立ち上げ、工場を建てるのが私の仕事です。最初に20代の若いタイ人スタッフを1人雇いましたが、彼はシチズン時計という社名も、工作機械がどんなものかも知りませんでした。不安もありましたが、幸いにも彼は正直で熱心でした。会社のこと、工作機械産業のこと、2人で毎日話し込みました。気がつけば、考えや目標を分かち合えていました。彼はいま、タイの現場をまとめてくれています。現地での4年間で学んだのは、顔を合わせて話すことの重要性でした。


金川千尋

我が社の場合、業績が落ちた理由を不景気と結びつけて会議で長々と説明しはじめようものなら、その場で私にきつく叱責されます。いま求められているのは、言い訳探しではありません。不景気は1から2年は続くと覚悟したうえで、それをいかに克服し、いかに結果を出していくかです。そのためには、日々変わる市場環境の中で真の情報をつかみ、その都度、最も現実的な最善の判断に積み上げていかなければなりません。


佐藤益弘

日本は長い間、ある面で国や会社が個人を守ってくれる時代が続いていたため、自ら資産運用をする必要がそれほどありませんでした。しかし、公的年金は当てにできず、退職金も自分の判断で運用しなければならないのが今の時代。必要なお金は、自助努力で準備しなくてはなりません。


出原洋三

日本人に限定してトップを選ぶのは愚の骨頂ですが、日本人にも優秀な人材はいます。40台前後の優れた人材を抜擢する作業から始め、数年かけて世界で通用するように鍛えたい。


斎藤英四郎

明るさを求めて暗さを見ず。今日失敗しても明日に明るさを求める。人の欠点より長所を見る。その方が人生楽しいじゃないですか。


ページの先頭へ