名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

久夛良木健の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

久夛良木健のプロフィール

久夛良木健、くたらぎ・けん。日本の技術者、経営者。ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)社長。プレステーション開発者。東京都出身。電気通信大学電気通信学部電子工学科卒業後、ソニーに入社。ホームビデオ事業本部コンピュータ・エンターテイメント事業準備室室長、SCE取締役開発部長、SCE社長、ソニー執行役副社長兼ホーム・ゲーム・半導体担当。ソニーCOO(最高執行責任者)、SCE代表取締役会長兼CEO。そのほか、サイバーアイ・エンタテインメント社長などを務めた。

久夛良木健の名言 一覧

「どうなるか」ではなく、「どうしたいか」を考え実行に移す人材が不可欠。


好奇心を持ってさまざまな領域にチャレンジし、そこから得られるエッセンスをいかに自らの血肉として吸収できるかどうかが重要。


夢のようなことはすぐには実現が難しそうに見えても、いつか可能になる時代を迎える。そのためには、「夢」を持ち続け、未来を自ら引き寄せられる人材を育てる必要がある。


いま、人々が求めているのは消費ではなく、それによって得られるエクスペリエンス(体験)なのです。ハード機能の凄さや、どんなソフトがあらかじめ組み込まれているかということさえ、いまやあまり重要ではなくなってきています。それより、それを使ってどんな体験ができるかに興味が移っているのです。


昔の商人とお客さんは店先でおそらくいろんな話をしたでしょう。「今度お似合いのいい反物が入りましてね」とか、「この下駄の鼻緒、そろそろ替えどきかね」「いやいやまだ直して使いましょう」とか。その人にカスタマイズした商品とサービスを提供する。こうした失われた顧客との継続的なつながりが、再びインターネット上でできるようになりました。一人一人の好みをサーバー側で理解して、ネット上の膨大な情報の中からその人に向けたオーダー製品や専用サービスを届けることができます。


昔のソニーはその製品を使ってどんな体験ができるかということを提示するのが上手でした。「ウォークマン」は、どこにいても自分の世界が常に音楽に包まれているという、それ以前にはなかった体験をユーザーに提供したのです。


家電は英語でコンシューマーエレクトロニクスです。消費(コンシューム)という概念は産業革命以降に動力が生まれ、大量生産と物流・流通のインフラが整うことで誕生しました。日本でも消費=売っておしまいというビジネスが戦後の高度成長による巨大な需要によって成立したのですが、それは人類の中でほんの数十年の出来事に過ぎないのです。


プレステは確かに継続的なビジネスだと言えるでしょう。しかし、それは何もプレステが初めてではなく、八百屋も呉服屋も腕に自信のある職人も、昔からずっと継続的な商売を生業としてきたのです。というより商売とは継続性がなければ成り立たなかったのです。


仕事中に気配がしたので振り向くと井深(大)さんが立っていて、「何してるの?」と声をかけてくるんです。勝手に作っていた液晶のレベルメーターを見せたら、「音響のエンジニアたちには見せたの?」と。まだですと答えると、井深さんは「じゃあ、自分から言っとくね」とおっしゃいました。すると翌日、芝浦の音響の人たちが大挙して、私のところに来たんです。私が作った試作のレベルメーターを評価してくれて、最終的に商品化されることになりました。


ソニーはエンジニアリングで世の中のライフスタイルを変える会社だと私は思っています。従来のやり方を踏襲していたり、社内だ社外だと区別したりしていては、世界を変えることなんてできなかったでしょう。


常に好奇心を持って世界中の人たちと接していると、どこにどういう才能が埋もれているのか、誰が実際のキーマンで、やっていることが本物かどうかが、不思議とわかるようになってきます。そして、事を起こすときには、即時にアクションにつなげることができるようになる。


プレイステーションの開発プロジェクトでは、全員一丸となって「コンピュータ・エンタテインメントの創造」という共通の夢に向かって、会社間の垣根をとくに意識することなく、プロジェクト全体を大きな成功へと導くことができました。


プレイステーションを世に出すことができた要因のひとつとして、吸収力旺盛な30代に、技術的にもマネジメントの面でも、じっくりとチャージできたことが大きかったのではないでしょうか。世界の最先端のテクノロジーに触れる醍醐味、会社を超えたチームマネジメントの妙も、30代の経験と蓄積がもとになっています。


ネットの世界でトップに立つにはスピードが勝負。従来のように社内会議で意思決定を形成するようでは日本企業が世界の企業との競争に打ち勝つことはできない。


従来は、何をやるにしても「人・モノ・金」が必要で、それらの資本は大企業に集中していた。それが今やインターネット時代の到来により、かなりの部分が水平なレイヤー群として広く提供され、誰でも比較的安価で利用可能になっている。その上で新興ベンチャーが画期的なアイデアを持ち寄り、魅力的なアプリケーションを考えて、例えばツイッターやフェイスブックのように自らのネットワークプラットフォーム上で公開する。それがユーザーの心を掴むと一気に何億人というビジネスがテイクオフできる可能性がある。日本からも様々なベンチャーが戦いやすい状況が既に開けている。


久夛良木健の経歴・略歴

久夛良木健、くたらぎ・けん。日本の技術者、経営者。ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)社長。プレステーション開発者。東京都出身。電気通信大学電気通信学部電子工学科卒業後、ソニーに入社。ホームビデオ事業本部コンピュータ・エンターテイメント事業準備室室長、SCE取締役開発部長、SCE社長、ソニー執行役副社長兼ホーム・ゲーム・半導体担当。ソニーCOO(最高執行責任者)、SCE代表取締役会長兼CEO。そのほか、サイバーアイ・エンタテインメント社長などを務めた。

他の記事も読んでみる

田村耕太郎

先日、ハーバード大学の医学部の教授と話をしたのですが、こう言われました。「脳を鍛えるには、結局、体を鍛えるしかない」。血流をよくし、シナプスをつなげることが重要だというのです。米国では、ジムで情報端末を見ながら走ったり運動する人が大勢いますが、体を動かしながらだとよく記憶できる。飛行機で海外に到着し、時差ぼけを解消しようと朝5時にジムへ行くと、もう満員です。


大橋禅太郎

上司にリアクションすることをトッププライオリティ(最優先事項)にしている人は、自分のモチベーションを優先するように仕事の仕組みを工夫して変えた方がいい。その方が精神的コストが軽減され、成果が上がるので出世も早まります。


冨山和彦

時流の経営論や手法に踊らされるだけでは、長期的な競争、すなわち企業間の総力戦に勝ち残っていくことは難しい。重要なのは、企業文化や経験・技術の蓄積といった、確立に時間がかかるものの、その企業ならではの競争力の源となる組織能力を「芯」として強化していくこと、加えてそれを生かせる事業領域で戦っていくこと。


野田一夫

志とは、壮大で、かつ感動を伴うことを、事前にやり切ると心に誓うことから始まる。


桑原豊(経営者)

喫茶店の開業資金を貯めるために「すかいらーく」に入社しました。はじめは開業資金を貯めたら辞めようと思っていましたが、資金繰りやスタッフの育成など学ぶことはたくさんあることに気づきました。少なくとも一度は店長にならないと、自分の喫茶店なんて出せないと思いまして。ガムシャラに勉強し始めました。幸い、店長やマネージャーを育成するためのカリキュラムが整備されていたので、カリキュラムに沿って一生懸命取り組みました。


岡崎嘉平太

現在でも中国に対して、共産主義だから嫌だ、見るのも聞くのも嫌だという人がいますが、私はその考え方、行き方に同意できない。共産主義の国が悪いと思うならば、それだけにかえってますます研究して相手の状況を十分に知ることが大切だと思うのです。お互いに両立できるところを探し出して両立するように、両立できないところはお互いが適当に避けるように工夫していくべきでしょう。嫌がってばかりいたのでは仕方がない。


村上龍

モチベーションというのは「努力して」身につけるものではありません。あまり好きではない異性や食事に対し、「努力して好きになる」のが無理なのと同じです。


荒木香織

周囲の期待はコントロールできませんが、期待の受け止め方はコントロールできるはず。今まで培ってきたことを全力で出し切るチャンスだと捉えればプレッシャーにはなりません。


清宮克幸

早稲田大学の学生だったころ、4年生でキャプテンに選ばれるとすぐ、それまで40分だったフィットネスのトレーニングを20分に短縮しました。40分もやるのがずっと嫌でたまらなかったからです。短縮したといっても、それまで40分でやっていた内容を、あれこれ研究して20分でこなせるメニューに変えました。パフォーマンスを犠牲にしたわけではありません。


小池百合子

「みんながやることをやっていれば安心だ」というのは大きな間違い。皆がやることは当たり前すぎる。そこにプラスアルファで何をするのか。そうしたことが問われる。


藤原智美

消防士が登場する小説を書くためにインタビューをするとします。そのとき、「なぜ消防士になろうと思ったのか」といった内面的な話は聞きません。そうではなく、消防服を着たときはどのような感じがするのか、ホースの重さはどうかといったディティールに徹底的にこだわります。事例やエピソードは、具体的に書くほどリアリティが出て、読み手に響くのです。


蔭山洋介

経営者の中には、「仕事が3度の飯より好き」という人もいれば、「倒産が怖い」という人もいる。こうした話し手の魂の部分を、どうすれば聞き手に届けられるかを考えるのが自分の仕事。