名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

久保田隆(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

久保田隆(経営者)のプロフィール

久保田隆、くぼた・たかし。日本の経営者。「千代田化工建設」社長。茨城県出身。東北大学工学部化学工学科卒業後、千代田化工建設に入社。約8年間インドネシア駐在、海外第2プロジェクト本部プロジェクト部長、取締役、豪亜プロジェクト総室長、常務取締役兼執行役員、などを経て社長に就任。

久保田隆(経営者)の名言 一覧

私自身、カタールでのLNG(液化天然ガス)プラントの交渉では、現地側のトップとコーヒーを飲み、葉巻をくゆらせながら数時間は話し込んだものでした。ビジネス以外の話題に花を咲かせ、互いのことを理解し合えたからこそ、良好なパートナーシップを築けたのです。


日本人の能力は極めて高い。ただ、停滞しているのがコミュニケーション能力です。どれだけビッグデータ全盛となっても、文書やデータだけでは相手の顔までは分かりません。メールのやり取りばかりで、最近は言葉に面白さや味わい、つまり「艶(つや)」がなくなっているのが気になります。商談においても、冒頭で笑いのひとつでも取って、相手に自分という人間を理解してもらう必要があります。


日本人に必要なのが、リベラルアーツ、教養です。戦後の歴史教育のせいか、考え方や主張に軸がない。自国、そして相手の歴史を知らなければ、パートナーの文化や考え方を尊重しようと思ってもできません。


現地に溶け込めているかどうかは顔色を見ればすぐに分かります。異文化の中に飛び込んでハツラツと前向きに働く者もいれば、「面白くない」と腐ってしまう者もいる。日本でそれほど評価されていない人物が、海外で輝くケースもよくありました。そうした胆力を持つ人材ほど、次はプロジェクトリーダーとして力を発揮するものです。


インドネシアに駐在したときに実感したのは、相手の文化を尊重し、相手の視線でモノを考え、伝えることの大切さです。日本人同士なら、使い慣れた専門用語だけである程度は意思疎通できるし、「ポンチ絵」を描けば設計の意図が伝わります。しかし海外ではそうはいきません。技術や設計の本質を理解したうえで、明確で単純な言葉で表現しなくては、言いたいことが伝わらない。


久保田隆(経営者)の経歴・略歴

久保田隆、くぼた・たかし。日本の経営者。「千代田化工建設」社長。茨城県出身。東北大学工学部化学工学科卒業後、千代田化工建設に入社。約8年間インドネシア駐在、海外第2プロジェクト本部プロジェクト部長、取締役、豪亜プロジェクト総室長、常務取締役兼執行役員、などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

松本順(経営者)

未開の地だったのですから、逆を言えばそれだけ伸び代があるということです。民間の行動力で交流人口増加に邁進していきます。


国部毅(國部毅)

私の部屋はいつも扉が開いています。縦と横のコミュニケーションをいかによくするか。そこに心を配っています。


江上治

ご用聞きみたいに、「私が今、お役に立てることは何ですか?」「今どんな問題を抱えていますか?」と質問から入れば、その人の抱えている問題が分かる。


大前研一

勉強するといっても、そのために会社を辞めてしまうのはお勧めできない。仕事を続けながら、アフターファイブや週末を使って学習したほうがいい。学んだことをすぐに仕事に反映させられるからだ。


桜田厚(櫻田厚)

お客様との対話から、ヒントがもらえる。


鍜治真起

僕にとってニコリというのは、デリバリー専門のセンターキッチン方式ではなく、奥の厨房でつくった料理を、カウンターで直接お客さんに手渡しする弁当屋のイメージなのです。ですから、お客さんの顔が見えている限り、わざわざお金をかけてマーケティングする必要もないし、読者の意見を聞きたければ、2か月に1度、読者が集まる会合を開いているので、そこで聞けばすぐにわかります。むやみやたらに拡大路線をとっていないので、十分な顧客情報が手元に集まるのです。


江上治

稼ぐ人は言い訳をしません。失敗も挫折もすべて自分の責任と受け止め、それを乗り越えるべく努力します。また、失敗の原因を分析して、次に生かすことを考えます。だからどんどん成長し、ますます稼ぐ人になっていくのです。


鈴木章裕

ある事件が理由で、14年度の粗利が34%吹き飛んでしまいました。私自身は「これは駄目かもしれない」と覚悟を決めましたが、すべての社員が「大切な会社と仲間を守る」と熱い決意で一つになり猛烈に働いてくれた結果、事件の7か月後には創業以来最局の売り上げと利益をあげることができた。


中野裕哲

今は起業コンサルタントとして独立していますが、会社員時代にたくさんの副業を経験しました。不要品をネットオークションで売ることから始め、中古品を仕入れて転売。ミステリーショッパーも経験しました。一般客のふりをして飲食店を訪れて、その店のレポートを書く仕事です。ただの小遣い稼ぎと思われるかもしれませんし、実際にその側面はありましたが、これらの副業で得た経験はすべて今のビジネスにも生きています。副業の経験は単なる小遣い稼ぎではなく、本業に役立つ経験にもなり得るのです。


亀井忠夫

昔の建物を利活用しながら、経済的な価値もしっかり備えているような開発の仕方ができないか常に考えています。古い建物に宿った設計者の魂というのは引き継がれていきますから、それを残していくのは非常に大切なことです。もちろん、すべての建物を残せば良いというわけではありません。ただ、本当に価値がある建物を見極めつつ都市の財産として残すべきものは残すという見方が主流となれば、新しく建物を創る時にも芯のしっかりした建物をつくろうという気概が生まれてくる好循環が出てくると思います。


青木紘二

私くらいの年齢になると、長く生活させてもらってきた写真界をよくしたいという気持ちが強くなります。そのためには、度を越した競争はやめて、利益率を上げることが必要です。これは、私と同じカメラマンを守るためでもあります。私たちフォトエージェントが安売り競争をすると、カメラマンが食べられなくなるし、結局はフォトエージェントも立ち行かなくなる。私たちは、絶対に過当競争をやってはいけないんです。ここにこそ、私は今、勝負をかけています。


大倉忠司

正々堂々、正しい経営をした者が、最後には勝つ。それは様々な企業の経営の歴史を見ても明らかなことです。