名言DB

9413 人 / 110706 名言

久保田隆(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

久保田隆(経営者)のプロフィール

久保田隆、くぼた・たかし。日本の経営者。「千代田化工建設」社長。茨城県出身。東北大学工学部化学工学科卒業後、千代田化工建設に入社。約8年間インドネシア駐在、海外第2プロジェクト本部プロジェクト部長、取締役、豪亜プロジェクト総室長、常務取締役兼執行役員、などを経て社長に就任。

久保田隆(経営者)の名言 一覧

私自身、カタールでのLNG(液化天然ガス)プラントの交渉では、現地側のトップとコーヒーを飲み、葉巻をくゆらせながら数時間は話し込んだものでした。ビジネス以外の話題に花を咲かせ、互いのことを理解し合えたからこそ、良好なパートナーシップを築けたのです。


日本人の能力は極めて高い。ただ、停滞しているのがコミュニケーション能力です。どれだけビッグデータ全盛となっても、文書やデータだけでは相手の顔までは分かりません。メールのやり取りばかりで、最近は言葉に面白さや味わい、つまり「艶(つや)」がなくなっているのが気になります。商談においても、冒頭で笑いのひとつでも取って、相手に自分という人間を理解してもらう必要があります。


日本人に必要なのが、リベラルアーツ、教養です。戦後の歴史教育のせいか、考え方や主張に軸がない。自国、そして相手の歴史を知らなければ、パートナーの文化や考え方を尊重しようと思ってもできません。


現地に溶け込めているかどうかは顔色を見ればすぐに分かります。異文化の中に飛び込んでハツラツと前向きに働く者もいれば、「面白くない」と腐ってしまう者もいる。日本でそれほど評価されていない人物が、海外で輝くケースもよくありました。そうした胆力を持つ人材ほど、次はプロジェクトリーダーとして力を発揮するものです。


インドネシアに駐在したときに実感したのは、相手の文化を尊重し、相手の視線でモノを考え、伝えることの大切さです。日本人同士なら、使い慣れた専門用語だけである程度は意思疎通できるし、「ポンチ絵」を描けば設計の意図が伝わります。しかし海外ではそうはいきません。技術や設計の本質を理解したうえで、明確で単純な言葉で表現しなくては、言いたいことが伝わらない。


久保田隆(経営者)の経歴・略歴

久保田隆、くぼた・たかし。日本の経営者。「千代田化工建設」社長。茨城県出身。東北大学工学部化学工学科卒業後、千代田化工建設に入社。約8年間インドネシア駐在、海外第2プロジェクト本部プロジェクト部長、取締役、豪亜プロジェクト総室長、常務取締役兼執行役員、などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

芦田昭充

基礎的な数字は、ある程度頭に入れてしまわないと駄目なんです。書いて整理するだけでは意味がありません。


依田宣夫

家庭を経営するというと「会社と家計は違う」と反論されることが多いです。確かに、会社は利益を追求する組織ですが、家庭の中心は消費であり、利益を追求する組織ではありません。限られた収入の中でいかに家族の消費満足を高めるかが家庭という組織が求める目的だ。ところが、家庭に現金や預貯金、株式などの有価証券や生命保険が、財産としてどのくらいあるかを知っている人は多くない。ましてやマイホームの資産価値を把握している人はもっと少ないだろう。それは会社のように経営の実情を数字で見る仕組みが家庭にないからだ。


桜井章一

先行きなんて、俺にもわからない。ただ、いま生きている現実をよく見ていると、「この先、こうなっていくんじゃないの」っていうイメージは湧いてくるよ。だって将来というのは、決まっているものじゃなくてさ。いま見ている現実が反映して形づくられていくもんだろう。


山極寿一(山極壽一)

イノベーションは、諦めないところに生まれる。新しい発想をするためには、世の中の動きを頭に入れながら、一見アホなことでも大きな夢を持って取り組むことが大事です。私自身、いつもアホなことを考えていますよ(笑)。


廣田尚子

自分の人生のベクトルや夢の到達点がしっかりと見えていさえすれば、自然にそちらに近い方向を選ぶし、ズレているとわかれば、軌道修正できます。それが夢を実現する力ではないでしょうか。


吉田義男

勝負の世界に実績は無言の説得力です。


内藤誼人

上手く褒めるだけでは部下のやる気を引き出せません。彼らにとって重要なのは、「何を言われたか」ではなく「誰に言われたか」。あなたが部下に受け入れられていなければ、どんな言葉で鼓舞激励しても効果がなく、逆に好感を持たれていれば、厳しく叱っても相手はやる気を出してくれるのです。


森下篤史

西洋医学、6千年前のミイラ作り、これらは人体の解剖から始まっている。6千年にわたってさまざまな実験を繰り返して医学は発達してきた。明治になり人体の解剖をした事のない日本人森鴎外は軍医として10年ドイツで医学を学び、日本の医学生に指導するようになった。科学は6千年で作り上げたものでも10年で習得できる。600分の1の速さである。先人の作ったものは習得するに限る。新しい技の研究なんかするもんじゃない。但し、習得したことを行っているだけでは発展がない。


原田泳幸

ものごとの順番は大切です。QSC(クオリティ、サービス、クリンリネス)を固める前に多くのお客様が訪れたら、いくら安くても不満を感じて、リピーターにはなってくれませんから。


内藤誼人

部下のルール違反を知ったとき、怒りや動揺を覚えない上司はいないはず。違反の程度によっては「部下はルールを破るもの」と性悪説の立場でいれば、その対処法を前もって考えられるし、腹も立たない。悪事をすべて許せというのではありません。状況に応じて判断することが必要なのです。


杉本哲太

僕の経験上、高さや大きさに関係なく、避けた壁は必ずまた迫ってくる。避けて時間を稼いでも、いつかどこかで対面することになる。その時までにどれだけ経験を積めるか。30代、40代は、まだ準備のための遠回りが許される時期だと思うので、乗り越えるための力を貯めていきましょう。


尾賀真城

少子高齢化で需要の減少は続きます。消費増税で販売単価が上がれば、一層厳しくなるでしょう。国内酒類市場はビールが半分を占めますが、残りはチューハイ、ワインなどビール以外。顧客との接点はビールでなくてもいい。


羽生善治

先行きを心配しても仕方がない。折々に判断を下すときに、私は人間が本来持っている「野性の勘」を大切にしたいと思っています。


梅原一嘉

目指すのは日本一楽しいスーパーマーケット。価格の安さだけでなく、プラスアルファの楽しさでこそ選ばれたい。


津田純嗣

ロボットやインバーターは20年ぐらいかけて世界トップクラスのシェアを獲得しました。時には10年ぐらい赤字になってでも、根気よく続ける覚悟が必要。