名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

久保田豊の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

久保田豊のプロフィール

久保田豊、くぼた・ゆたか。日本最大手の建設コンサルティング会社である日本工営の創業者。東京大学土木工業科卒業後、内務省で河川改修工事に従事。その後、朝鮮北部に当時世界最大規模の水豊ダムの建設に関わる。太平洋戦争後は日本工営を創業し、東南アジア、南米、アフリカ諸国の水利や電力開発に貢献した

久保田豊の名言 一覧

思えば大学を出てから五十余年、私は仕事に感激をもってあたってきた。ひとつの仕事に命を注ぐことができたのはまったくありがたいことだ。私はそんな自分を幸せ者だと思っている。


私は76歳。まだまだ10年、20年働きたいと思っている。生きることに望みはないが、ただ働きたい一心である。


社内では文字通り私と生死を共に今日まで来た部下の協力に頭を下げたい。私の一生を通じ、以外にも大きな仕事ができた、またできつつあるということは、私が単に運がよかった、とひとことで言いきれない事柄である。


私は築き上げた会社を奪われ、さらにいろいろな肩書の理由で合計5枚のパージ(公職追放)を受け取ったが、闘志は少しもくじけなかった。そこに、はからずも「捨てる神あれば拾う神あり」である。
【覚書き|太平洋戦争終結により朝鮮にあった会社の権利をすべて失い公職追放を受けた時代、知人伝いで日本工営の設立資金を得た当時を振り返っての発言】


私は考える前に行動する性格で、そこが袋小路であったら戻ってきてやり直す。出たとこ勝負でことを運び続ける人間だ。


私は仕事にスピードを重んじる。


私も請負工事費をギリギリの線で押さえるので、業者からよく泣きつかれたことがある。しかし私は応じないことにしている。それはたとえ、金額を上げても、その分だけゆったりした気分となり、余計な金がかかるからである。「ギリギリの予算だ」というところで、請負業者も「損をするまい」と必死になるのだ。工事費を上げるのは、すべて終わってからのことである。これが私の行き方である。


私は、工事のスピードと工事費の節約、正確さを念頭に置いた。工夫を昼夜交代制に分けて仕事を進めたり、土砂捨て場に部落の湿地を選んで、その埋め立ての代わりに部落から人夫を提供してもらったりした。工事費を少なく、しかも地元民からは喜ばれる一石二鳥の策としてやった。


私はいつも陣頭に立って働いた。あるとき降雨が続いて洪水が起こった。内務省は河川の改修をやっているのだから、洪水を防ぐ責任はない。責任は県にあるわけだ。しかし県の役人は誰もこの対策を講じない。それを見かねて私はこれを買ってでた。二日二晩、不眠不休でとにかくこれを食い止め、地元民から大変喜ばれた。


私は病気には負けなかった。私は胸(肺)をやられた人によく言う、「絶対病気に負けてはならぬ。気力で治せる。ただその代わり、医者の言うことはよく聞け」と。私は3カ月で退院した。病気をねじ伏せたのだ。
【覚書き|肺病で倒れたときを振り返っての発言】


いまさらながら過去のことを記すのはあまり気が進まない。私にはまだまだこれからすることがたくさんあるからである。
【覚書き|76歳のときの発言】


細かいことで私欲を出したり、無理に人を押しのけたりすることは感心できません。たまに赤字覚悟、損得勘定抜きの場合があってもいい。その方が相手側の信頼を得て、結局はプラスになって返ってきます。


細かいことで私欲を出したり、無理に人を押しのけたりすることは感心できません。たまに赤字覚悟、損得勘定抜きの場合があってもいい。その方が相手側の信頼を得て、結局はプラスになって返ってきます。


久保田豊の経歴・略歴

久保田豊、くぼた・ゆたか。日本最大手の建設コンサルティング会社である日本工営の創業者。東京大学土木工業科卒業後、内務省で河川改修工事に従事。その後、朝鮮北部に当時世界最大規模の水豊ダムの建設に関わる。太平洋戦争後は日本工営を創業し、東南アジア、南米、アフリカ諸国の水利や電力開発に貢献した

他の記事も読んでみる

福嶋隆史

引き出しに紛れたボールペンは、持ってはいても使えない。それじゃ持ってないのと同じですよね。同様に、知っている言葉を整理して、意識的に使うことが大切。


内藤剛志

そのころ(大学時代)は、役者というよりプロデュースをするとか、「どっちかというと自分は裏方のほうだろうな」と思っていたんですけど、どっちにしても、もう少し芝居の勉強をしたほうがいいだろうって思って、文学座に入ったんです。3、4000人の応募があって、通ったのは50人もいなかった。いま思うと、よく受かったなと思うけど、当時は「こうしよう」と思ったら、落ちることなんかを考える余裕もなく(笑)、ただがむしゃらに走り抜けていくっていう感じでした。


ロバート・アレン

お金はたとえいくらあったとしても、多すぎると言うことはありません。もちろん、お金で幸せが買えないことは、誰もが知っています。でも、それを自分自身で確かめたいと言うのが正直なところです。


森田康

英国の劇作家バーナード・ショーは「余暇は休息ではない、休息は睡眠のようにとらなければならないものである。本当の余暇とは我々が好きなことをする自由であって、何もしないことではない」と書いている。余暇を単なる閑ではなく遊びの世界に高めることは、人それぞれの価値観があり、生活の知恵でもあり、人生の生き方そのものであるので、閑中遊ありもまた心がけ次第となる。


清水久三子

読まれる資料とは、インパクトがあること。インパクトというのは、そもそも「物理的、あるいは心理的な衝撃を受ける」ということ。つまりハデな効果に頼るのではなく、相手に資料の内容をしっかりと理解してもらい、「行動を起こしてもらう」ことがインパクトのある資料です。それは見出しで文章も図表も同じ。情報が溢れた中ではノイズカット(余計な情報を取り除くこと)とフォーカス(焦点を絞ること)こそが、説得力を持つ資料の最低限の条件です。


芳井敬一

当社の創業者の理念の一つは「事業を通じて人を育てる」であり、私は「管理職の給料の半分は人を育てるためのものだ」といつも言っています。人口減、高齢化など、経営環境は厳しいといわれますが、人材が育っていれば何も怖くはありません。


津賀一宏

今年、役員の選定プロセスを従前よりオープンなものにした。候補のリストを基に、私を含まない本社の役員で順番をつけてもらいました。最後の選択については、今年は年齢を必ずしも重視せずに実績で決めた。今後、選定プロセスのオープン化をさらに進めていく。私に近いからとか、私がよく知っているからということは避けたい。


川口淳一郎

先生に言われた通りに頑張る。教科書通りの勉強ばかりする。そうした良い子からは新しいことに挑む挑戦者は生まれない。世界初は生まれない。「学ぶプロ」になっちゃダメ。


ケリー・マクゴニガル

最新の研究成果によって明らかになったのは、「ストレスは人を賢く、強くし、成功へと導く」ということです。人はストレスの経験から学び、成長することができる。そして、勇気や思いやりを持つこともできるのです。


蝶野正洋

いまの若い選手は半年サイクルで新しい必殺技を覚えていくけど、これだとお客さんの記憶にまったく残らないよね。これだと決めた技を粘り強く改良して磨いていかなきゃ。


孫正義

すべての投資が成功するわけではない。むしろ、失敗の方が多い。しかし、大ホームランを逃さないように、私に投資情報を上げるように言っている。


大塚寿

雑談で「共通の話題を振る」ときは、共通の「非日常体験」を聞くといいでしょう。台風や大雪などの非日常的な体験は記憶に残りやすいので、「先日の台風で飛行機が運休になって、出張先から戻れず大変でした。あの日、○○さんは大丈夫でしたか?」といった話題を振ると、「この前は大丈夫だったけど、私も以前、台風で足止めをくらってね」などと盛り上がるはずです。