名言DB

9419 人 / 110788 名言

久保田豊の名言

twitter Facebook はてブ

久保田豊のプロフィール

久保田豊、くぼた・ゆたか。日本最大手の建設コンサルティング会社である日本工営の創業者。東京大学土木工業科卒業後、内務省で河川改修工事に従事。その後、朝鮮北部に当時世界最大規模の水豊ダムの建設に関わる。太平洋戦争後は日本工営を創業し、東南アジア、南米、アフリカ諸国の水利や電力開発に貢献した

久保田豊の名言 一覧

思えば大学を出てから五十余年、私は仕事に感激をもってあたってきた。ひとつの仕事に命を注ぐことができたのはまったくありがたいことだ。私はそんな自分を幸せ者だと思っている。


私は76歳。まだまだ10年、20年働きたいと思っている。生きることに望みはないが、ただ働きたい一心である。


社内では文字通り私と生死を共に今日まで来た部下の協力に頭を下げたい。私の一生を通じ、以外にも大きな仕事ができた、またできつつあるということは、私が単に運がよかった、とひとことで言いきれない事柄である。


私は築き上げた会社を奪われ、さらにいろいろな肩書の理由で合計5枚のパージ(公職追放)を受け取ったが、闘志は少しもくじけなかった。そこに、はからずも「捨てる神あれば拾う神あり」である。
【覚書き|太平洋戦争終結により朝鮮にあった会社の権利をすべて失い公職追放を受けた時代、知人伝いで日本工営の設立資金を得た当時を振り返っての発言】


私は考える前に行動する性格で、そこが袋小路であったら戻ってきてやり直す。出たとこ勝負でことを運び続ける人間だ。


私は仕事にスピードを重んじる。


私も請負工事費をギリギリの線で押さえるので、業者からよく泣きつかれたことがある。しかし私は応じないことにしている。それはたとえ、金額を上げても、その分だけゆったりした気分となり、余計な金がかかるからである。「ギリギリの予算だ」というところで、請負業者も「損をするまい」と必死になるのだ。工事費を上げるのは、すべて終わってからのことである。これが私の行き方である。


私は、工事のスピードと工事費の節約、正確さを念頭に置いた。工夫を昼夜交代制に分けて仕事を進めたり、土砂捨て場に部落の湿地を選んで、その埋め立ての代わりに部落から人夫を提供してもらったりした。工事費を少なく、しかも地元民からは喜ばれる一石二鳥の策としてやった。


私はいつも陣頭に立って働いた。あるとき降雨が続いて洪水が起こった。内務省は河川の改修をやっているのだから、洪水を防ぐ責任はない。責任は県にあるわけだ。しかし県の役人は誰もこの対策を講じない。それを見かねて私はこれを買ってでた。二日二晩、不眠不休でとにかくこれを食い止め、地元民から大変喜ばれた。


私は病気には負けなかった。私は胸(肺)をやられた人によく言う、「絶対病気に負けてはならぬ。気力で治せる。ただその代わり、医者の言うことはよく聞け」と。私は3カ月で退院した。病気をねじ伏せたのだ。
【覚書き|肺病で倒れたときを振り返っての発言】


いまさらながら過去のことを記すのはあまり気が進まない。私にはまだまだこれからすることがたくさんあるからである。
【覚書き|76歳のときの発言】


細かいことで私欲を出したり、無理に人を押しのけたりすることは感心できません。たまに赤字覚悟、損得勘定抜きの場合があってもいい。その方が相手側の信頼を得て、結局はプラスになって返ってきます。


細かいことで私欲を出したり、無理に人を押しのけたりすることは感心できません。たまに赤字覚悟、損得勘定抜きの場合があってもいい。その方が相手側の信頼を得て、結局はプラスになって返ってきます。


久保田豊の経歴・略歴

久保田豊、くぼた・ゆたか。日本最大手の建設コンサルティング会社である日本工営の創業者。東京大学土木工業科卒業後、内務省で河川改修工事に従事。その後、朝鮮北部に当時世界最大規模の水豊ダムの建設に関わる。太平洋戦争後は日本工営を創業し、東南アジア、南米、アフリカ諸国の水利や電力開発に貢献した

他の記事も読んでみる

恩田陸

新人賞の審査をしていると、ネタを温存しているなって透けて見える人がたまにいるんです。それは無駄だから、バレるからねって。現時点でのベストを出し尽くさないと、次に繋がらない。


野口敏(経営者)

戦争の時代も、協力体制は揺るがなかったと聞いています。その歴史と伝統があるから、社員の国際的意識と専門性は極めて高く、どこよりも価値の高いサービスをスピーディに提供できると自負しています。


山本高史

発想とはコミュニケーションである。評価されなければないのも同じ。


佐藤琢磨

自分としては案外楽しんでいました。レースができているというひとつがあれば、あとはなんでもいいんです。
【覚書き|英国に単身で渡り、F3からF1を目指したとき、言語、習慣の違いで数多くの苦労を体験したことを振り返っての発言。】


原口博光(経営者)

ベテラン部下に頼みごとをするとき、言い回しには気を使いました。威圧的に「俺の言うことを聞け」という姿勢はもってのほか。かといって、「○○していただけませんか」という言い方も本質的には「やれ」と命令しているのと同じです。結局、部下は断る選択肢が与えられないのですから。私は「○○することは可能ですか?」という言い方をして、最終的な決定は部下に任せるようにしています。


安岡正篤

話し上手より聞き上手ということがある。自分が接するありとあらゆる人から、その専門の知識体験を聞き、我が物にすることができれば活学というべきだ。


川上徹也(パナソニック)

危機と改革から学んだ経験を語り継ぐことが大事だと思っています。いま、私はパナソニック経理大学の学長として、経営幹部や社員に、研修を通じて自分の経験を伝えています。


阿部祐二

すんなり話が聞けるとは限りません。事件現場のマンションの住人の方に話を聞こうと、すべての部屋のチャイムを鳴らしてお願いしたこともありました。しかし、そうした苦労をしても、相手が心を許して本音を聞かせてくれたときは本当に嬉しい。現場から視聴者の方に湯気が出るようなニュースを伝える喜びに目覚めたのも、30代のことだったと思います。


山口多賀司(経営者)

相手を思いやる気持ち、自分たちの社会や国を思う気持ち、そうしたことを基本軸に据えて考え、行動してほしい。それが人としての生き方の本質だと思う。


永田豊志

口頭で説明する場合、言葉の受け取り方や理解が一人ひとりバラバラでも、会議はとりあえず進行してしまう。しかし、最初に議題の全体像を図解すると、誤解の余地がなくなり、全員が同じ認識を持った状態で議論できる。複雑な背景を持った議題でも、短時間で結論に達することができます。