名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

久保田豊の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

久保田豊のプロフィール

久保田豊、くぼた・ゆたか。日本最大手の建設コンサルティング会社である日本工営の創業者。東京大学土木工業科卒業後、内務省で河川改修工事に従事。その後、朝鮮北部に当時世界最大規模の水豊ダムの建設に関わる。太平洋戦争後は日本工営を創業し、東南アジア、南米、アフリカ諸国の水利や電力開発に貢献した

久保田豊の名言 一覧

思えば大学を出てから五十余年、私は仕事に感激をもってあたってきた。ひとつの仕事に命を注ぐことができたのはまったくありがたいことだ。私はそんな自分を幸せ者だと思っている。


私は76歳。まだまだ10年、20年働きたいと思っている。生きることに望みはないが、ただ働きたい一心である。


社内では文字通り私と生死を共に今日まで来た部下の協力に頭を下げたい。私の一生を通じ、以外にも大きな仕事ができた、またできつつあるということは、私が単に運がよかった、とひとことで言いきれない事柄である。


私は築き上げた会社を奪われ、さらにいろいろな肩書の理由で合計5枚のパージ(公職追放)を受け取ったが、闘志は少しもくじけなかった。そこに、はからずも「捨てる神あれば拾う神あり」である。
【覚書き|太平洋戦争終結により朝鮮にあった会社の権利をすべて失い公職追放を受けた時代、知人伝いで日本工営の設立資金を得た当時を振り返っての発言】


私は考える前に行動する性格で、そこが袋小路であったら戻ってきてやり直す。出たとこ勝負でことを運び続ける人間だ。


私は仕事にスピードを重んじる。


私も請負工事費をギリギリの線で押さえるので、業者からよく泣きつかれたことがある。しかし私は応じないことにしている。それはたとえ、金額を上げても、その分だけゆったりした気分となり、余計な金がかかるからである。「ギリギリの予算だ」というところで、請負業者も「損をするまい」と必死になるのだ。工事費を上げるのは、すべて終わってからのことである。これが私の行き方である。


私は、工事のスピードと工事費の節約、正確さを念頭に置いた。工夫を昼夜交代制に分けて仕事を進めたり、土砂捨て場に部落の湿地を選んで、その埋め立ての代わりに部落から人夫を提供してもらったりした。工事費を少なく、しかも地元民からは喜ばれる一石二鳥の策としてやった。


私はいつも陣頭に立って働いた。あるとき降雨が続いて洪水が起こった。内務省は河川の改修をやっているのだから、洪水を防ぐ責任はない。責任は県にあるわけだ。しかし県の役人は誰もこの対策を講じない。それを見かねて私はこれを買ってでた。二日二晩、不眠不休でとにかくこれを食い止め、地元民から大変喜ばれた。


私は病気には負けなかった。私は胸(肺)をやられた人によく言う、「絶対病気に負けてはならぬ。気力で治せる。ただその代わり、医者の言うことはよく聞け」と。私は3カ月で退院した。病気をねじ伏せたのだ。
【覚書き|肺病で倒れたときを振り返っての発言】


いまさらながら過去のことを記すのはあまり気が進まない。私にはまだまだこれからすることがたくさんあるからである。
【覚書き|76歳のときの発言】


細かいことで私欲を出したり、無理に人を押しのけたりすることは感心できません。たまに赤字覚悟、損得勘定抜きの場合があってもいい。その方が相手側の信頼を得て、結局はプラスになって返ってきます。


細かいことで私欲を出したり、無理に人を押しのけたりすることは感心できません。たまに赤字覚悟、損得勘定抜きの場合があってもいい。その方が相手側の信頼を得て、結局はプラスになって返ってきます。


久保田豊の経歴・略歴

久保田豊、くぼた・ゆたか。日本最大手の建設コンサルティング会社である日本工営の創業者。東京大学土木工業科卒業後、内務省で河川改修工事に従事。その後、朝鮮北部に当時世界最大規模の水豊ダムの建設に関わる。太平洋戦争後は日本工営を創業し、東南アジア、南米、アフリカ諸国の水利や電力開発に貢献した

他の記事も読んでみる

川村元気

企画を通すときは、企画を通すことだけにとらわれないようにしています。私のゴールは企画を通すことではないし、上司のゴールも部下の企画を却下することではありません。上司も部下も、面白い映画をつくってヒットさせることが共通のゴールです。そう考えれば、実は双方の間に言いにくいことなど本来存在しないのかもしれません。むしろ言いにくいことこそ相談したほうが得です。最終的なゴールを共感しているからこそ、相談を重ね、上司からヒントをもらえるのです。


堀江翔太

日本ラグビーを背負う、なんていうとおこがましいですが、自然とそんな見方、考え方になってきましたね。やけに客観視するというか、「俺が俺が」ではなく、俯瞰でみるというか。でも、これはラグビーを続ける中で身についた感覚。もっといえば、ラグビーで挫折を繰り返してきたから、かもしれないですね。


山内溥

ネットワークゲームは次世代の主流にならない、という私の考えが正しかったと証明されるのを見ずに辞めるのは心残りだ。


岩上貴洋

人生を楽しく過ごしていけるような会社にしようと、社名を「Life is Good」を略した「LIG」にしました。


出井伸之

自分の一生だから、自分で運転して責任をとる気持ちが大事です。自分はこれをやって本当によかったと思って次のステップに進むのと、会社は自分に何もしてくれなかったと後ろ向きの気持ちでいるのとは大違いです。


渡部卓

産業カウンセラーやビジネスコーチとして多くの相談に乗る中で見えたのは、「疲れやすい人」には一定の特徴があるということです。最も顕著なのは、「今」以外のことに気を取られやすいという点です。不快なひと言を何日も引きずっている、「明日も嫌な目に遭うのでは」と不安がっている。悩みのうちの多くがそうした過去や未来に属するもので、「現時点」ではさほど深刻なことは発生していない、というケースが多々あります。


ケインズ

アメリカ人には、金融以外の分野ですら、「平均的な意見に関する平均的な意見」を見つけ出すことに意味もなく関心を持つ傾向がある。そして、アメリカのこの弱みが顕著に表れているのが株式市場である。


柴田昌治(コンサルタント)

私が経営のお手伝いをする際、その会社の役員に「あなたのミッションはなんですか」と聞くことがあるのですが、専務・常務クラスでも、自分の担当部門の目標を自分のミッションとして答えるケースがほとんどです。役員とはまずは会社全体のことを考える役割であって、担当部門のことを考えるのは部長クラスの仕事。そこで、「あなたが話しているのは、事業部のミッションですよね」と指摘しても、一瞬何を言われているのかわからない、という顔をします。役員がこれでは、中間管理職が部門最適から抜け出せないのも無理はありません。


坂戸健司

わからないことをスルーする人と、メモしてあとでちゃんと調べ直す人とでは、頭の性能は大きく違ってきます。知らないこと、わからない単語などが出てきたら必ずメモして、あとで確認する習慣をつけましょう。


岸田一郎

市場に影響力を持ったカリスマ性のある雑誌をつくるには、すでにある流行をレポートしたり、次の流行を予想するだけでなく、流行をこちらから積極的につくりだしていかなければなりません。そこでつくり手に求められるのが、読者に見立てを提案する能力です。『LEON』では、提案を説得力のあるロジックで記事に落とし込みます。


藤井克政

目標を掲げて、社員を振り向かせるための努力を5年以上続けて、ようやく特許第1号製品が出ました。特許を取得すると皆の意識がガラリと変わり、開発志向が高まりました。


藤田晋

ありきたりな感じを受けるかもしれませんが、やはり素晴らしいものは素晴らしい。誰もが認めるだけの理由があります。