久保田豊の名言

久保田豊のプロフィール

久保田豊、くぼた・ゆたか。日本最大手の建設コンサルティング会社である日本工営の創業者。東京大学土木工業科卒業後、内務省で河川改修工事に従事。その後、朝鮮北部に当時世界最大規模の水豊ダムの建設に関わる。太平洋戦争後は日本工営を創業し、東南アジア、南米、アフリカ諸国の水利や電力開発に貢献した

久保田豊の名言 一覧

思えば大学を出てから五十余年、私は仕事に感激をもってあたってきた。ひとつの仕事に命を注ぐことができたのはまったくありがたいことだ。私はそんな自分を幸せ者だと思っている。


私は76歳。まだまだ10年、20年働きたいと思っている。生きることに望みはないが、ただ働きたい一心である。


社内では文字通り私と生死を共に今日まで来た部下の協力に頭を下げたい。私の一生を通じ、以外にも大きな仕事ができた、またできつつあるということは、私が単に運がよかった、とひとことで言いきれない事柄である。


私は築き上げた会社を奪われ、さらにいろいろな肩書の理由で合計5枚のパージ(公職追放)を受け取ったが、闘志は少しもくじけなかった。そこに、はからずも「捨てる神あれば拾う神あり」である。
【覚書き|太平洋戦争終結により朝鮮にあった会社の権利をすべて失い公職追放を受けた時代、知人伝いで日本工営の設立資金を得た当時を振り返っての発言】


私は考える前に行動する性格で、そこが袋小路であったら戻ってきてやり直す。出たとこ勝負でことを運び続ける人間だ。


私は仕事にスピードを重んじる。


私も請負工事費をギリギリの線で押さえるので、業者からよく泣きつかれたことがある。しかし私は応じないことにしている。それはたとえ、金額を上げても、その分だけゆったりした気分となり、余計な金がかかるからである。「ギリギリの予算だ」というところで、請負業者も「損をするまい」と必死になるのだ。工事費を上げるのは、すべて終わってからのことである。これが私の行き方である。


私は、工事のスピードと工事費の節約、正確さを念頭に置いた。工夫を昼夜交代制に分けて仕事を進めたり、土砂捨て場に部落の湿地を選んで、その埋め立ての代わりに部落から人夫を提供してもらったりした。工事費を少なく、しかも地元民からは喜ばれる一石二鳥の策としてやった。


私はいつも陣頭に立って働いた。あるとき降雨が続いて洪水が起こった。内務省は河川の改修をやっているのだから、洪水を防ぐ責任はない。責任は県にあるわけだ。しかし県の役人は誰もこの対策を講じない。それを見かねて私はこれを買ってでた。二日二晩、不眠不休でとにかくこれを食い止め、地元民から大変喜ばれた。


私は病気には負けなかった。私は胸(肺)をやられた人によく言う、「絶対病気に負けてはならぬ。気力で治せる。ただその代わり、医者の言うことはよく聞け」と。私は3カ月で退院した。病気をねじ伏せたのだ。
【覚書き|肺病で倒れたときを振り返っての発言】


いまさらながら過去のことを記すのはあまり気が進まない。私にはまだまだこれからすることがたくさんあるからである。
【覚書き|76歳のときの発言】


細かいことで私欲を出したり、無理に人を押しのけたりすることは感心できません。たまに赤字覚悟、損得勘定抜きの場合があってもいい。その方が相手側の信頼を得て、結局はプラスになって返ってきます。


細かいことで私欲を出したり、無理に人を押しのけたりすることは感心できません。たまに赤字覚悟、損得勘定抜きの場合があってもいい。その方が相手側の信頼を得て、結局はプラスになって返ってきます。


久保田豊の経歴・略歴

久保田豊、くぼた・ゆたか。日本最大手の建設コンサルティング会社である日本工営の創業者。東京大学土木工業科卒業後、内務省で河川改修工事に従事。その後、朝鮮北部に当時世界最大規模の水豊ダムの建設に関わる。太平洋戦争後は日本工営を創業し、東南アジア、南米、アフリカ諸国の水利や電力開発に貢献した

他の記事も読んでみる

奥野宣之

「新書を3冊まとめて買い、一気に読む」。この方法で、あるテーマについて自分なりの意見を持てるレベルまで即座に到達できる。


宇佐美進典

「事業開発会社」との概念を使い始めてから既に10年ほど経ちますが、歩みは想定通りではありませんでした。時代と共に、事業開発で求められることも刻々と変化してきたと思います。現在は、事業開発に求められる時間軸や規模感がより大きくなり、新規ビジネスを創造する難易度が上がってきていると感じます。当初は次々に事業を創り出していこうと考えていましたが、最近は大きく伸びる可能性のある事業を見極めてしっかり構築するという方針に変えなければならなくなりました。


出口治明

理不尽なクレームはとにかく丁寧に相手の話を聞く。よく聞いたうえで、できないものはできないとハッキリ言う。それでもダメなら上司に相談する。これが基本です。


ドナルド・トランプ

問題はチャンスになるかもしれない。物事に別の名前をつけたら、それに対する姿勢は驚くほど変わる。


永井浩二(経営者)

動かす組織がいかに大きくなっても、その基盤は個別のコミュニケーション。


小笹芳央

夢は持たなくてもいいし、叶わなくても構わないもの。そして、叶ったからといって、そこで立ち止まっていいものでもない。ただ、人は未来が開かれていると思うことで、今を生きる意欲が湧いてくる。


丹羽宇一郎

本は通勤時に電車の中で読んでいました。そのために、わざわざ職場まで電車で1時間はかかる郊外に家を買いました。始発だとまず座れますから、本を読みやすい。帰宅時も必ず途中で空いてきて座れるので本が読めました。


安部泰洋

よくグーグルは技術がある会社と言われることがありますが、正確には技術を生み出す優秀な社員を多く抱えている会社です。優秀な社員がいるからこそ素晴らしい事業や技術が生まれる。


西脇俊二

人間関係のストレスを減らすため大切なことは、他人に期待しないこと。


西浦三郎

働き手が少なくなってくるなら生産性を上げなくてはいけませんから、福利厚生を高めてやる気を引き出す取り組みは比較的早くからやっています。今期の年間の一人当たり単体経常利益は3億4千万円から3億5千万円ぐらいになると思いますから多分、上場企業でもトップになるのではないかと思います。


大竹美喜

私は、アフラック日本創業前に一度もサラリーマンだった経験がありません。人と組織について何で学んだかというと、本を読んで独学したのです。同時に、当時大学生の就職情報誌を発行していた会社として最先端を行っていたリクルートがどんな経営をしているのか参考にしようと思いました。当時のリクルートは、すごく楽しそうな会社でした。自由奔放で活気に満ちあふれていました。そこで同社の素晴らしい方式をまっ先に取り入れました。


松下正幸

松下電器(現パナソニック)に入って、それなりの部門の経営を任されるようになってからは、年に二回ほど祖父(松下幸之助)に報告にまいりました。私は、「いま、私の部門はこういう状況で、次はこういうことを狙っています」ということを報告するわけですが、そのときにも、報告内容について、「そんなことはするべきではない」とか、「もっとこういうことを考えろ」というような指導は一切ございませんでした。ただ、ひたすらいろんな質問が出てくるのです。たいていの質問には答えられるのですが、なかには私が、「えっ、そんなこと聞くの?」と言いたくなるような思ってもみない質問が出てくることもあるわけです。こちらも一応、その部門の責任者として、あまり知らない知らないと言うわけにもいかないので、多少うろ覚えの数字を言ってみたりするわけです。そういうときは、「こいつ、このあたりは勉強不足だな、よく理解していないな」ということを、祖父は分かったと思うのですけれども、それについて叱られることもなく、そのときはそのときで済むわけです。ところが次に報告にいったとき、また同じ質問が繰り返されます。こちらも、前回答えられなかったところはしっかりと勉強していっていますので、そのときは答えられるわけです。一回目に答えられなかったとき、その場で叱ってしまえば、それまでのこと。そこを、私自身が答えられなかったと自覚し、その部分を勉強して今度は答えられるように仕向けてくれたのです。いわば、みずから気づかせ、悟らせる教育を、祖父はしてくれたのではないかと思っております。


藤原新也

「あっちの水は甘いぞ、こっちの水は辛いぞ」なんて、お互いにその水につかってみない限り、わからないものなんですよ、人生というものは。


名越康文

はっきりさせておかなければいけないのは、「イライラする感情を作り出しているのは自分の心」だということ。ストレスの要因を自分以外の何かにしている限り、イライラは抑えられません。


和田一浩

「若い頃は良かった」と思うよりは、いま、ここにある体をいかに上手に使うか。


ページの先頭へ