名言DB

9413 人 / 110706 名言

久保田裕也の名言

twitter Facebook はてブ

久保田裕也のプロフィール

久保田裕也、くぼた・ゆうや。日本の経営者。オーディオブックの「オトバンク」社長。神奈川県出身。東京大学経済学部経済学科卒業後、オトバンクに入社。取締役、副社長などを経て社長に就任。

久保田裕也の名言 一覧

会社の5年先を見据えて、今の事業とは別の領域の知識を取り入れるようにしています。


創業以来、地道に取り組んできたことが実を結びつつあり、出版社さん、作家さんもオーディオブックに対して積極的に取り組まれるようになっています。ユーザーさんの数も加速度的に増加しています。


グーグルのデジタルコンテンツ配信サービス「Google playブックス」に当社のオーディオブックの提供を開始しました。1年ほど前から議論を開始し、我々の考え、思いを伝えたところ「一緒に市場を大きくしていこう」ということで合意に至りました。


書籍タイトルを単純にデータ化しているのではなく、本を作り上げた方々の「マインド」をシェアしているという思いを持って制作しています。最初はオーディオブックに対して懐疑的だった出版社さんや作家さんも、一度我々の制作の様子をご覧になると、「全ての書籍をオーディオブック化して欲しい」と言われることもあります。


オーディオブックは、人生になかったとしても生きてはいけますが、1冊の本との出会いは生きる活力になることもあるくらいのエネルギーを持っています。私は国、人種、障がいの有無にかかわらず、コンテンツは誰にでも分け隔てなく体験されるべきものだと考えています。オトバンクは、そのコンテンツを提供できるインフラになりたいと思います。


当社は本を音で聴く「オーディオブック」を配信する「FeBe」や、新刊書籍を紹介する「新刊JP」を運営しています。今は電車に乗って周りを見ると、皆さんスマートフォンでゲーム、SNS閲覧、動画視聴などをしており、いわば「目」の取り合いといった状況になっています。一方、多くの方が「学習したい」、「エンターテインメントを消費したい」と思った時に、「耳」は比較的空いている状態です。そこにチャンスがあります。


当社は日本のオーディオブックのスタンダードを、出版業界の方々と話し合いをしながら、ゼロから作り上げてきたことに強みがあります。また、ユーザーさんからのご要望を反映できる制作体制をとっています。制作スタッフはほぼ全員が元声優・ナレーター出身で、どの声優がどの分野が得意かといったリスト、収録方法、音楽の入れ方など、細かいノウハウが「秘伝のたれ」のように溜まり、それが日々アップデートされています。


久保田裕也の経歴・略歴

久保田裕也、くぼた・ゆうや。日本の経営者。オーディオブックの「オトバンク」社長。神奈川県出身。東京大学経済学部経済学科卒業後、オトバンクに入社。取締役、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

アレックス・カー

日頃からリスクを取る経験を積み重ねてこなければ、「何がリスクか」を自分で判断することも、避けられないリスクが降りかかってきた時に対処することもできません。バブル期の日本がその一例です。「みんなやってるから」と、それまで堅実だった企業までもが投機的な不動産に手を出すという極端な行動に走り、相場が急落するとパニックに陥って、大きなダメージを被ってしまいましたよね。


澤上篤人

いつの投機も熱狂が過ぎ去ってみれば、一体何を追い回していたのかとなって、残るのは笑い話ばかり。本来の価値とか将来の価値の高まりに向けて資金を投入していく、我々長期投資家にすれば別世界の話だよね。


松本徹三

違和感があるからと言って、科学の進歩を否定するのは正しい姿勢とは思えません。仮に、ストップをかけるために開発を世界的に禁止しても、どこかの同や企業が、必ず隠れて開発を続けます。国際協調性に欠けた独裁国がAI先進国になってしまう可能性だってある。その方がずっと怖い。であれば、明るい未来につなげるためのルール作りをみんなで議論していった方がいい。


山口悟郎

私は1冊読んで面白いと思ったら、だいたいその著者の本は全部読むんです。藤沢周平とか、吉村昭とか、あと新田次郎の本も全部読みましたね。読み出すとどんどん読んで、(新田次郎の)息子さん(藤原正彦)の本も読みました。


増田紀彦

失敗も肥やし。会社員ならマイナスポイントになる失敗でも、起業家にとっては「こうすると良い結果が得られない」ハウツーの獲得につながる。


藤井孝一

「勤める」ということは他人からの評価に依存することを意味しています。上司が変わったら評価も変わってしまいます。組織に属していると、自分ではコントロールできない部分が多くなります。それなのに、ひとつの会社で働き続け、丁半博打のように突き進むのは非常に危険です。


村井勉

会社と心が通じ合っているという安心感があって、はじめてサラリーマンは一所懸命に働く。会社、つまり上司、トップが何もわかっちゃいないと感じたら、意気阻喪である。


猪瀬直樹

プロジェクトの実行中は、「自分なら何でもできる」と考えるべき。最初から自分にはムリなこともあると割り切ると、テンションが下がって実行力が鈍ったり、本当は自分が努力すべきことをしない原因になります。結果的にそれが失敗を招き、挫折感をますます深めるハメになる。まずは「自分は必ずできる」と信じて全力を注ぐ。検証は、その後でも間に合います。


山口悟郎

京セラでは、目標に対して100%達成するということをかなり厳しく言う。それも月次で毎月の目標を達成しなければならない。それを12回やれば、1年間の計画を達成できる。


孫泰蔵

最新のITサービスやテクノロジーを使いこなせる能力、抵抗感を持たずに理解できる能力を身につけよう。何か新しいサービスを立ち上げる際にも役に立つ。


御手洗冨士夫

産業構造の転換で強みを失わないためにも、モノ作りの在り方を見直していく必要はある。


グレン・ガンペル

私たちはとても多くのデータを根拠にしたやり方で物事を決めている。


尾﨑正直(尾崎正直)

都会ではできるだけ官は口を出さず、いかに民の活力を引き出していくかということが大事だろうと思います。一方、田舎は民の活力を引き出していくために、官もまた頑張らないといけない。官民協働型といいますかね。


大野直竹

社員によく話しているのは、お客様ととにかく長い付き合いをしろと、それで目先のものにあまりとらわれるなということ。やはりこういう商売はお客様の評判が第一。


小宮山栄

私は「をぜ」と疑問に思ったら、それを解決しないと気がすまない性分。