名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

久保田裕也の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

久保田裕也のプロフィール

久保田裕也、くぼた・ゆうや。日本の経営者。オーディオブックの「オトバンク」社長。神奈川県出身。東京大学経済学部経済学科卒業後、オトバンクに入社。取締役、副社長などを経て社長に就任。

久保田裕也の名言 一覧

会社の5年先を見据えて、今の事業とは別の領域の知識を取り入れるようにしています。


創業以来、地道に取り組んできたことが実を結びつつあり、出版社さん、作家さんもオーディオブックに対して積極的に取り組まれるようになっています。ユーザーさんの数も加速度的に増加しています。


グーグルのデジタルコンテンツ配信サービス「Google playブックス」に当社のオーディオブックの提供を開始しました。1年ほど前から議論を開始し、我々の考え、思いを伝えたところ「一緒に市場を大きくしていこう」ということで合意に至りました。


書籍タイトルを単純にデータ化しているのではなく、本を作り上げた方々の「マインド」をシェアしているという思いを持って制作しています。最初はオーディオブックに対して懐疑的だった出版社さんや作家さんも、一度我々の制作の様子をご覧になると、「全ての書籍をオーディオブック化して欲しい」と言われることもあります。


オーディオブックは、人生になかったとしても生きてはいけますが、1冊の本との出会いは生きる活力になることもあるくらいのエネルギーを持っています。私は国、人種、障がいの有無にかかわらず、コンテンツは誰にでも分け隔てなく体験されるべきものだと考えています。オトバンクは、そのコンテンツを提供できるインフラになりたいと思います。


当社は本を音で聴く「オーディオブック」を配信する「FeBe」や、新刊書籍を紹介する「新刊JP」を運営しています。今は電車に乗って周りを見ると、皆さんスマートフォンでゲーム、SNS閲覧、動画視聴などをしており、いわば「目」の取り合いといった状況になっています。一方、多くの方が「学習したい」、「エンターテインメントを消費したい」と思った時に、「耳」は比較的空いている状態です。そこにチャンスがあります。


当社は日本のオーディオブックのスタンダードを、出版業界の方々と話し合いをしながら、ゼロから作り上げてきたことに強みがあります。また、ユーザーさんからのご要望を反映できる制作体制をとっています。制作スタッフはほぼ全員が元声優・ナレーター出身で、どの声優がどの分野が得意かといったリスト、収録方法、音楽の入れ方など、細かいノウハウが「秘伝のたれ」のように溜まり、それが日々アップデートされています。


久保田裕也の経歴・略歴

久保田裕也、くぼた・ゆうや。日本の経営者。オーディオブックの「オトバンク」社長。神奈川県出身。東京大学経済学部経済学科卒業後、オトバンクに入社。取締役、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

喜久川政樹

学生が当社の説明会にきた際には、必ず話しています。会社を好きになるのではなく、事業、つまり仕事そのものを好きになってほしいと。


新井直之(執事)

お金持ちは、人づき合いにおいて必ず、自分を大切にしてくれる相手を選ぶ。


森下裕道

多くの人が抱きがちなのは「好かれたい、嫌われたくない」という気持ちです。自分を良く見せたい気持ちが強すぎて、かえってギクシャクしてしまった経験が誰にでもあるでしょう。そういうときは、「好かれたい」の方向を180度変えて、「相手を好きになる」よう努めることです。そうすれば、笑顔や挨拶も自然になり、言葉もスムーズに出てくるでしょう。


安渕聖司

私は何を優先して行なうか、優先順位を決めています。たとえば、「お客様からのクレームには何より先に対応する」「災害時なら社員の安否確認を第一に行なう」といった具合です。そうすれば、いざというときに焦ることなく、冷静な判断が下せます。


関口雄一

英語学習には学習を日常に組み込む、仕組みづくりも大切です。そこで重要になってくるのが、ゴールの設定です。目標に向かい、どのような英語力が必要で、どう学習すべきか。ゴールが明確なら、そこへどのようにたどり着つけばいいか見えてきます。


コリン・アングル

インターネットに接続することによって、ロボットのオンオフ機能の手助けとなったり、あるいは掃除力と関係ないところで役に立つかもしれませんが、私たちが常に心掛け、焦点を当てているもっとも重要なポイントは、部屋をきれいに掃除をすることです。


八木進午

肝心なことはお客様をお迎えするスタッフです。私はスタッフに対し、「ホテルマン」ではなく「ホテリエ」としての心構えを説いています。何が違うのか。私なりの捉え方としては、ホテルマンは単にサービスを提供する人のことを指しますが、ホテリエはお客様のために何ができるかを自発的に考えて行動できる人だと思います。


佐藤卓(グラフィックデザイナー)

クライアントのスケジュールに合わせて仕事を調整するようにしています。多くの仕事を進行させるには、計画については相手の状況に任せるということも、仕事をうまく回していくための技術のひとつだと思うんです。


小池淳義

いまはナンバー2は生き残れない時代。特化した分野でナンバーワンになるための戦略を描かなければならない。


ハワード・シュルツ

絶好のチャンスと思った時には、慣れ親しんだ場所を飛び出して自分自身の道を発見しなければならない。


守安功

シンプルに話すという意識は、グローバルな展開をするようになり、さらに強くなりました。外国人とのコミュニケーションでは、自分の考えを明確に伝えることが何よりも重要です。


竹内薫

前例や常識をとっぱらって、あらゆる角度から仮説を立てるぐらいでないと新しいものは生み出せない。