名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

久保田裕也の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

久保田裕也のプロフィール

久保田裕也、くぼた・ゆうや。日本の経営者。オーディオブックの「オトバンク」社長。神奈川県出身。東京大学経済学部経済学科卒業後、オトバンクに入社。取締役、副社長などを経て社長に就任。

久保田裕也の名言 一覧

会社の5年先を見据えて、今の事業とは別の領域の知識を取り入れるようにしています。


創業以来、地道に取り組んできたことが実を結びつつあり、出版社さん、作家さんもオーディオブックに対して積極的に取り組まれるようになっています。ユーザーさんの数も加速度的に増加しています。


グーグルのデジタルコンテンツ配信サービス「Google playブックス」に当社のオーディオブックの提供を開始しました。1年ほど前から議論を開始し、我々の考え、思いを伝えたところ「一緒に市場を大きくしていこう」ということで合意に至りました。


書籍タイトルを単純にデータ化しているのではなく、本を作り上げた方々の「マインド」をシェアしているという思いを持って制作しています。最初はオーディオブックに対して懐疑的だった出版社さんや作家さんも、一度我々の制作の様子をご覧になると、「全ての書籍をオーディオブック化して欲しい」と言われることもあります。


オーディオブックは、人生になかったとしても生きてはいけますが、1冊の本との出会いは生きる活力になることもあるくらいのエネルギーを持っています。私は国、人種、障がいの有無にかかわらず、コンテンツは誰にでも分け隔てなく体験されるべきものだと考えています。オトバンクは、そのコンテンツを提供できるインフラになりたいと思います。


当社は本を音で聴く「オーディオブック」を配信する「FeBe」や、新刊書籍を紹介する「新刊JP」を運営しています。今は電車に乗って周りを見ると、皆さんスマートフォンでゲーム、SNS閲覧、動画視聴などをしており、いわば「目」の取り合いといった状況になっています。一方、多くの方が「学習したい」、「エンターテインメントを消費したい」と思った時に、「耳」は比較的空いている状態です。そこにチャンスがあります。


当社は日本のオーディオブックのスタンダードを、出版業界の方々と話し合いをしながら、ゼロから作り上げてきたことに強みがあります。また、ユーザーさんからのご要望を反映できる制作体制をとっています。制作スタッフはほぼ全員が元声優・ナレーター出身で、どの声優がどの分野が得意かといったリスト、収録方法、音楽の入れ方など、細かいノウハウが「秘伝のたれ」のように溜まり、それが日々アップデートされています。


久保田裕也の経歴・略歴

久保田裕也、くぼた・ゆうや。日本の経営者。オーディオブックの「オトバンク」社長。神奈川県出身。東京大学経済学部経済学科卒業後、オトバンクに入社。取締役、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

西口泰夫

経営学の目指すところは、探求した論理が論理的な経営の実践に大いに活用されることにある。この事を基本に学んで欲しい。


笠原健治

新機軸のサービスを売り出し、それがユーザーに喜ばれ、支持されれば、大きな成長を遂げることができる。それを定期的に生み出すことが連続的、非連続的成長に繋がる。


堀江徹

最大の課題は、世界のどの地域にも適用できるようなリーダー選抜の基準を準備することと、どのような人材をその企業のリーダーにするかというリーダー像を明確にすることだ。


高城幸司

いくら決断を先延ばしにしても価格や納期、数量といった数字から、絶対に逃げられません。最初からどこまで譲れるかを明確にしておくべきです。


小嶋光信

小さな組織で社員同士の能力、人柄が分かるような関係の中で独立経営をすることは、協調と自立心を養えていいものです。私は、基本的には組織は10人以下で自立するのがいいと思っています。ですが、小さいと現業に追われすぎて、狭い視野で物事を判断したり、大きな事業に取り組めなくなったりする欠点があるのも確かです。でも、それをカバーできれば、強い中小企業集団ができると思います。


井上高志

部下には部署が許容する範囲であれば自由にやらせるのがいいと思います。課長や係長といったミドルマネージャーが「会社や事業部が掲げている目標はこうだよね。だからうちのチームがこれからやるべきことはこうだよな」というように、会社や事業部の目標をチームの目標に落とし込むことが普段からできていれば、部下が突然、組織の目標とは関係のないことをやり始めることはないと思います。


山口真導

値上げにより既存顧客との別れもあり得ます。人間と同じで、会社も付き合う相手を変えることで自己実現できるということがあります。新しい仕事を請けるにもスキマが必要です。値上げを実現するために一番必要なのは「利益の出ない仕事は断る」という覚悟なのです。


高見のっぽ(ノッポさん)

「ノッポさん」の名前が重荷で捨てようとしたこともありました。それでも今、こうして当時の帽子をかぶっているのは、「ノッポさん」として伝えるべきことがあると思うからです。


常盤文克

売れているからといって、いつまでも喜んでいると、持っていることがかえってマイナスになります。
【覚書き:大ヒット商品も頻繁に大きな改良を行った】


高本眞一(髙本眞一)

ミッション(使命)というのは、私にとってずっと大きな課題です。自分は何のために生きているのか。中学生の頃から考え続けています。


林野宏

人生で最も大事なのは、「短い」と感じられる時間をどれだけ多く持てるかだと思っています。


長谷川滋利

頭に血が上っていた状態では、いくら弁明してもこじれてしまう。誤解を解くには互いに冷静になること、誤解を受けた側が真摯に言葉を尽くすことが大事。