名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

久保田浩也(メンタルヘルス)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

久保田浩也(メンタルヘルス)のプロフィール

久保田浩也、くぼた・ひろや。日本のメンタルヘルス研究者。北海道出身。日本大学理工学部卒業後、財団法人日本生産性本部に入る。経営教育部課長、生産性研究所主任研究員、同社メンタル・ヘルス研究室初代室長、研究調査本部長などを務めたのち独立。メンタルヘルス総合研究所を設立。企業内のうつ病対策、医療費削減プログラムに取り組んだ。

久保田浩也(メンタルヘルス)の名言 一覧

よく課長や部長に昇進し、上からの期待下からの不満の板挟みになってノイローゼなんて新聞ネタになります。でも昇進してノイローゼになる人より、昇進できないためになる人の方が圧倒的に多いんですよ。昇進した人の健康度は心身ともに高い。


久保田浩也(メンタルヘルス)の経歴・略歴

久保田浩也、くぼた・ひろや。日本のメンタルヘルス研究者。北海道出身。日本大学理工学部卒業後、財団法人日本生産性本部に入る。経営教育部課長、生産性研究所主任研究員、同社メンタル・ヘルス研究室初代室長、研究調査本部長などを務めたのち独立。メンタルヘルス総合研究所を設立。企業内のうつ病対策、医療費削減プログラムに取り組んだ。

他の記事も読んでみる

嶋浩一郎

本は「ひとつでも自分の知らないことがあったらラッキー」と思う程度でちょうどいい。


早河洋

これまで、テレビの世界はモノクロからカラーへ、フィルムからVTRへ、あるいはENG(電子的ニュース取材)、SNG(人工衛星を使った放送番組素材収集システム)の導入、デジタル化など、技術革新を克服してきました。ところが、インターネットというものは社会構造のようなものなので、克服できるようなものではない。住んでいる世界が変わっていく、というように捉えなければいけない。それにともなって、経営も、企業も、コンテンツもすべて変わっていく。自分たちだけで解決できるものではないので、パートナーをどう探して提携していくかが重要になっています。そのことをずっと考えていたので、藤田(晋)社長から提案があったことはすごくありがたいことで、ほぼ打ち合わせもないまま決裁してしまいました(笑)。


澤上篤人

不安材料の行き着く先をよく観察してみると面白い。その時々で色々不安材料だ、リスク要因だと大騒ぎするが、そういった不安が現実となることはほとんどない。


長田貴仁(大富敬康)

本来、創業家出身のカリスマ経営者は夢と思われるような大きなビジョンを語っても絵になる。それは社内で絶大な権力を持っているため、大きなリスクがある案件であったとしても「私が責任をとる」というメッセージが伝わるからである。


西川世一

いまでこそ、小ロット生産に協力してくれる工場が増えたが、最初はコストが見合わないことを理由に提携を断られる日々が続いた。大手企業や自治体など、実績を少しずつ積み上げてきたことがいまにつながっている。


中山七里(小説家)

夢は追っているだけではダメ。責任を持った大人というのは、現実を見ながら、夢を語れる人だと思う。


塚田公太

一橋(大学)時代、寄宿舎生活にはきちんとした規律もあり、またそれぞれ違った家庭事情や環境のもとに育ったものが一緒になっての共同生活は、社会勉強の上で大いに役立った。


前原金一

頭ではその通りだと分かっていても、実際の言動が一致しているかどうかが大事。


飯久保廣嗣

問題が起こったとき、どこかに問題が「ひとつ」あると決めつけて、ひとつの解決策しか提示できない日本のビジネスマンは大勢います。実際、日本人で「諸問題を挙げなさい」という複数形の言い方(または考え方)をする人はいません。必ず「問題を挙げなさい」という単数形の問いかけになってしまいます。


北尾吉孝

全体戦略は、グループ一丸となっての一つの戦略です。自分が拠って立つマーケットがどういう性質かという点をしっかりと認識し、全体戦略を考えなければいけません。そのためにはまず、自分の分野を徹底的に勉強して、色んな知識を吸収するべきです。


稲盛和夫

私が長年言ってきた、会社の中に小さなアメーバという経営体をいくつも作り、活性化することが大切なのです。アメーバという組織が本当に生き生きと、自分たちで経営し、利益を出していく状況を作り出すことが、外部の環境が良いときにこそ重要です。そういう力強い経営体を今、作ることができなければ、景気が減速したときに非常に大きな問題が出てくるのではないかと思います。


横山光昭

月数百円と侮るなかれ。先日、ある富豪の方が「500円をあと30年払うと18万円になるんですよ」と憤っていました。要するに、お金を持っている人ほど、お金にシビアなのです。固定費(毎月の定額支出)は月単位ではなく、ロングスパンで支出を捉える癖をつけましょう。