名言DB

9412 人 / 110637 名言

久保田浩也(メンタルヘルス)の名言

twitter Facebook はてブ

久保田浩也(メンタルヘルス)のプロフィール

久保田浩也、くぼた・ひろや。日本のメンタルヘルス研究者。北海道出身。日本大学理工学部卒業後、財団法人日本生産性本部に入る。経営教育部課長、生産性研究所主任研究員、同社メンタル・ヘルス研究室初代室長、研究調査本部長などを務めたのち独立。メンタルヘルス総合研究所を設立。企業内のうつ病対策、医療費削減プログラムに取り組んだ。

久保田浩也(メンタルヘルス)の名言 一覧

よく課長や部長に昇進し、上からの期待下からの不満の板挟みになってノイローゼなんて新聞ネタになります。でも昇進してノイローゼになる人より、昇進できないためになる人の方が圧倒的に多いんですよ。昇進した人の健康度は心身ともに高い。


久保田浩也(メンタルヘルス)の経歴・略歴

久保田浩也、くぼた・ひろや。日本のメンタルヘルス研究者。北海道出身。日本大学理工学部卒業後、財団法人日本生産性本部に入る。経営教育部課長、生産性研究所主任研究員、同社メンタル・ヘルス研究室初代室長、研究調査本部長などを務めたのち独立。メンタルヘルス総合研究所を設立。企業内のうつ病対策、医療費削減プログラムに取り組んだ。

他の記事も読んでみる

マーサ・スチュワート

情熱がなければ、仕事は単なる労働になり、退屈だけれどもしなければならないものになってしまいます。私が一人で始めたケータリングサービスの仕事を無限の可能性をもつ企業に成長させられたのは、仕事の負担を軽くするヒントを一人でも多くの人に伝えたいという情熱があったからでした。


小島慶子

どんなに現場で頑張っていても「はい、明日からあっちに行きなさい」って言われたら異動しなきゃいけない。アナウンサーに異動はあまりありませんが、番組が変わることはある。そうすると「あ、もう私の人生は会社に全部決められているんだから、変えようがない。できることと言えば文句を言うことぐらいなんだから、じゃあ、せいぜい文句を言おう」となっちゃうわけです。私は15年会社員をやっていたんですけど、ずっとみんなで会社の悪口を言い続けるのが嫌で辞めたという面もあります。


野木森雅郁

製薬会社では、新たに発見や合成された物質が製品化に至る確率はわずか19700分の1です。しかも、運や偶然性に左右されることが非常に多いのです。そのほとんどが無駄になるとわかっていてもなお、来る日も来る日もうまずたゆまず努力を重ねる。それがあって初めて、19700分の1の幸運に巡り合うことができるのです。19699の試行錯誤は、患者さんが喜んで使ってくれる新薬を生み出すためにすべて必要なことであって、ひとつも無駄はないのです。


粟田貴也

危機に関しては、予測はまったくできていませんでしたから、危機に直面して初めて打開策を考えてきました。それでも切り抜けてこられたのは、柔軟な発想で次々にトライ&エラーを繰り返してきたからです。これがダメなら次はこれだ、と次々に試していくマインドはもっていますから。


板倉雄一郎

我々ベンチャーキャピタルの目的は、お金を増やすこと。うちのファンドの出資者の方は、出資したお金が何倍にもなって帰ってきてほしいわけです。その代表である私にとっては、投資したベンチャー企業が成長し、価値が増大して出資した額が増えるということが望ましい。だから同じように投資対象の会社もお金が欲しいと言ってくれるのが一番いいわけです。これは経営者として最低限必要な条件ですね。


松井功(プロゴルファー)

常に優勝を争うところに居続けるには、たとえ才能があった上に努力を積んでも、それだけではなかなか辿り着けるものではない。


香山リカ(精神科医)

ついつい頑張りすぎて、心が疲れてしまった。そんな時は、とりあえず3時間、携帯電話やパソコンの電源をすべて落としてみてください。そして、あらゆる情報を遮断して、黙々と手作業に取り組むことをお勧めします。心静かに手を動かし、何かを達成することができれば、終わった頃には心も静まり、日分への自信も回復しているはずです。


藤井孝一

資格のための勉強は大学の授業に似ており、その分野の全体像を体系的に把握できるメリットがあると思います。私の場合、中小企業診断士のための勉強を通して、ビジネスの世界で身につけておくべきことのすべてをひととおり学べたことはよかったと思います。のちに関連するテーマにぶつかったとき「あのときに勉強したのはこういうことだったんだ」と、全体像の中で位置づけることができました。


斎藤広達

人生は決断の連続。ビジネスでもプライベートでも、常に「何を正義と考えるか」を問われる。軸がブレれば信頼されず、妥当な落としどころを探すには知識や経験も不可欠。いくつになっても勉強が必要だと、痛感させられる。


岡崎慎司

毎日課題を持って練習すること。諦めないこと。目標を信じること。自分を成長させる道って、結局それしかないと思う。


佐々木明子

相手の話すスピードもチェックしたいところ。じっくり考えながら話す方であれば、こちらも質問のスピードを抑えて、あえて間を作ります。逆に速い方なら、そのリズムを邪魔しないようにテンポよく質問を投げていくことが大事。どちらにしても、相手が話しやすい環境を作ることが大切。


永守重信

昔は何でも自分でやった。それは、成功事例がなくて、誰も信用してくれなかったからね。今は成功事例があるから、「ミスターナガモリの言うことをどんどんやればいい」と、やっと信用されるようになった。何でも自分でやる必要がなくなったわけですな。


高橋温

ビジネス文書の中でも最も重要な位置を占める社内の決裁書類は、文章をもって組織に自分の意思を通し、上層部を説得する手段です。


中鉢良治

相手への好奇心を持ち、相手の持ち味も認めるだけの拡張性を持つことで、そこに新たな連結点が生まれる。個人と個人の連結点が多ければ多いほど、組織としての可能性が広がっていくのだと思います。


船ヶ山哲

ポジショニングを簡単に説明すれば、ビジネスを行なううえで「ライバルに勝てる席」を意味します。ポジショニングとはあなた自身が決めるものではなく、「お客様が決めるもの」です。大切なことは「既存客をベース」に設計すること。むしろ、顧客がいるという確証がない中でポジショニングを決めるなど、怖くてできません。