名言DB

9412 人 / 110637 名言

久保田浩也(メンタルヘルス)の名言

twitter Facebook はてブ

久保田浩也(メンタルヘルス)のプロフィール

久保田浩也、くぼた・ひろや。日本のメンタルヘルス研究者。北海道出身。日本大学理工学部卒業後、財団法人日本生産性本部に入る。経営教育部課長、生産性研究所主任研究員、同社メンタル・ヘルス研究室初代室長、研究調査本部長などを務めたのち独立。メンタルヘルス総合研究所を設立。企業内のうつ病対策、医療費削減プログラムに取り組んだ。

久保田浩也(メンタルヘルス)の名言 一覧

よく課長や部長に昇進し、上からの期待下からの不満の板挟みになってノイローゼなんて新聞ネタになります。でも昇進してノイローゼになる人より、昇進できないためになる人の方が圧倒的に多いんですよ。昇進した人の健康度は心身ともに高い。


久保田浩也(メンタルヘルス)の経歴・略歴

久保田浩也、くぼた・ひろや。日本のメンタルヘルス研究者。北海道出身。日本大学理工学部卒業後、財団法人日本生産性本部に入る。経営教育部課長、生産性研究所主任研究員、同社メンタル・ヘルス研究室初代室長、研究調査本部長などを務めたのち独立。メンタルヘルス総合研究所を設立。企業内のうつ病対策、医療費削減プログラムに取り組んだ。

他の記事も読んでみる

山本敬介(経営者)

本社が東京ではないことで、情報に翻弄されることなく、17年間粛々とやってこられたんだと思います。会社として欲を出したくなる危険な情報は、箱根の山はなかなか越えてこないのがいいんです(笑)。


松井忠三

経営にせよ健康状態にせよ、現状を的確に把握し、リスクがあればすぐ対処しなくてはなりません。それには、一つのツールですぐ情報確認できる状態が望ましい。ならば、手帳にあらゆる情報を書き込めばいい、と考えました。今は何を考えるにも、まずこの手帳を開きます。去年と今年の2冊をパラパラとめくれば、どんな件についても、おおよその状況がつかめます。


井上英明

自分が昨日と違っているという成長を感じている限り、ものごとを投げ出す人はいないはずです。だからそこに社員の意識を持っていくのが経営の仕事なんです。


松沢幸一

業務の改善を進めるとき、いきなり大きな変化を起こすのは大変ですから、コツコツと小さな変化を積み重ねていくことが大事です。私はこれを、「小変の積み重ね」と言っています。


榊原定征

政治と経済は車の両輪です。政治が右輪なら経済は左輪、それをつなぐ軸が政策です。政治と経済にはそれぞれ役割がありますが、同じ方向を向けば前に進むことができる。ところが向きが違うとくるくる回ってしまう。


北畑稔

大切なのはトラブルや難題から、どれだけプラスの面を引き出せるかどうかです。どんなことにも前向きに取り組めば、必ずそこから得るものがあります。すべてをそのようにとらえて努力していくと、あるときふと、問題をクリアできている自分に気が付きます。そのときには、より大きな課題に立ち向かう力がついているのです。


遠藤功

すごいチャンスだと思うのは、否が応でも海外に日本企業は進出し、富を生み出していかなければならない時代になりました。ということは、若い人をどんどん海外に出して、新しいことに挑戦させる絶好のチャンスが目の前にあるわけです。


斎藤司

部署内の「あるあるネタ」も使えますね。上司のクセを真似したり、いつもダサい服を着ている奴がいたら、イジってみたり。「あるある」は、笑いの共有と場の一体感を生みます。でも、悪口にならないように注意。相手のプライドを傷つけると、後で大変なことになります。うまくイジれる人がいない場合は、自虐ネタで自分を落とすのが安全でしょう。僕の場合は薄毛という最終兵器があるので(笑)、これを駆使すれば誰も傷つかない。


冨安徳久

「運は動より生ず」という言葉があります。運やチャンスは自分が行動しないと生じません。自分の人生を変えたいと思うのなら、行動をしなければならない。「誰かが変えてくれる」と他人に期待するのはナンセンスです。「誰かが気付きを与えてくれるのを待つ」のではなく、自分自身がどうしたいのか主体性を持って考え、行動することが大切です。全ては自己責任であり、誰かのせいにしてはいけません。


杉本勇次

多くの企業に投資、あるいは事業を支援してきた経験を基に、日本企業が持つ潜在力を引き出し、ひいては経済が再び活性化していくことに貢献したい。


大西賢

一度倒産したという事実は、絶対に忘れてはならない。しつこくしつこく言い続ける必要があると思います。


生月誠

いまはさらなる効率と利益UPが求められる時代。自分一人だけが頑張ってもうまくいかないもの。他人をいかに上手に動かすかが生き残るための条件。


小川賢太郎

世の中の環境もどんどん変わる。とどまっていてはいけない。理念をしっかり継承しつつ、やるべきことをどんどん進めていきたい。


笹野和泉

シャネルで学んだ一番大切なことは、「細部にこだわる」ことです。物事を突き詰めていくと、ある程度から先は、もうAでもBでもいいじゃないか、となってくる。しかしそこで妥協せず、あくまでもAとBの違いを見極め、こだわってベストなものを創り出すことが大切です。そのこだわりが付加価値を生みます。


ジャック・マー(馬雲)

会社経営をしながら最も成功した偉大な企業の事例を色々と勉強をする中で、重要なことは使命感や目標を明確にすること、そして同時に企業の価値観が社会に認識されることだと分かりました。