久保田崇の名言

久保田崇のプロフィール

久保田崇、くぼた・たかし。立命館大学大学院教授。静岡県出身。京都大学卒業、英国ケンブリッジ大学大学院でMBAを取得、英国ヨーク大学大学院政治学研究科修士課程修了。内閣府などを経て岩手県陸前高田市副市長、立命館大学大学院公務研究科教授などを務めた。

久保田崇の名言 一覧

1 / 11

現代の仕事に求められるのは、質よりも量であり、スピード。そのためにはまず、仕事上期待されるアウトプットから逆算して、必要最小限の骨組みだけ押さえるようにすること。

久保田崇の名言|期待されるアウトプットから逆算して、必要最小限の骨組みだけ押さえる


官僚にとっての法案は、いわば商品や企画。国会縦員への説明は、取引先や上司への。プレゼンといえます。せっかちな議員相手の場合、いかに最初の30秒で興味を抱かせるかが勝負になる。

久保田崇の名言|いかに最初の30秒で興味を抱かせるかが勝負


どの仕事でもそうだと思いますが、自分一人で完結するものではなく、いろんな人が関わり、関係性の中から生まれる。とくにビジネスマンにとって上司の存在というのは大きい。味方につけておけば仕事をする上で損することはないはず。

久保田崇の名言|上司を味方につけておけば仕事をする上で損することはないはず


久保田崇の経歴・略歴

久保田崇、くぼた・たかし。立命館大学大学院教授。静岡県出身。京都大学卒業、英国ケンブリッジ大学大学院でMBAを取得、英国ヨーク大学大学院政治学研究科修士課程修了。内閣府などを経て岩手県陸前高田市副市長、立命館大学大学院公務研究科教授などを務めた。


1 / 11

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ