名言DB

9413 人 / 110706 名言

久保田万太郎の名言

twitter Facebook はてブ

久保田万太郎のプロフィール

久保田万太郎、くぼた・まんたろう。日本の俳人、小説家、劇作家。明治時代、東京出身。慶應義塾大学文学科在学中から旺盛に創作活動を行い、若くして高い評価を得た。卒業後、慶應義塾大学講師として作文を担当しながら小説を書いた。代表作に『末枯』『大寺学校』『三の酉』。主な受賞に菊池寛賞、読売文学賞、NHK放送文化賞、文化勲章、従三位勲一等瑞宝章など。

久保田万太郎の名言 一覧

人間、バカは構いません。だが、義理を知らないのはいけません。


久保田万太郎の経歴・略歴

久保田万太郎、くぼた・まんたろう。日本の俳人、小説家、劇作家。明治時代、東京出身。慶應義塾大学文学科在学中から旺盛に創作活動を行い、若くして高い評価を得た。卒業後、慶應義塾大学講師として作文を担当しながら小説を書いた。代表作に『末枯』『大寺学校』『三の酉』。主な受賞に菊池寛賞、読売文学賞、NHK放送文化賞、文化勲章、従三位勲一等瑞宝章など。

他の記事も読んでみる

梅田望夫

将棋のプロたちはものすごく頭のいい人たちなのに、褒めても「そうかなあ……」と言うだけです。将棋しか知らない、自分たちは社会で通用しないと思っているのです。でも、とんでもない修行を重ねているし、負ければ自分が全責任を負う世界だから皆潔い。歴史と伝統のある世界だから礼儀作法は完璧。ファンと多く接することで人間性も磨かれています。将棋のプロたちは、日本で最も優れた人々だと思っています。


後藤勇人(コンサルタント)

毎朝、自分の目標を常に意識して過ごし始めたら、例えば2店舗目にふさわしい立地とか、どこに優秀な美容スタッフがいるのかといった、いままで見落としていた情報がアンテナに引っかかるようになったんです。必要な情報が手に入れば、目標達成までの筋道が見えて、迷わずに行動できるようになる。


ヘラクレイトス

同じ流れに二度入ることはできない。


柳井正

経営者にはある種の覚悟が必要だと思いますし、熱の無い人はダメですよ。クールと熱がないのをはき違えて、淡々と偽紳士みたいにやっている人はダメ。


小林正明(アートディレクター)

かつての大企業なら、たった1枚の広告写真や1つのビジュアルで自社の主張を表現すればよかったのです。しかし今は、多くの人が使うスマートフォンの小さな画面で、常にコミュニケーションをしなくてはいけません。


塚越寛

当社は、地域に根を下ろした企業活動をこれまで続けてきたし、これからもそうありたいと思っています。東京には支社はつくっても、本社はこの伊那から動かすつもりはありません。地元にかわいがってもらって育ってきたのだから、地元に税金を納め、雇用をつくりだすことも企業の務めだと思っています。効率だけを考えて、地方の会社が東京に出て行くけれど、それは違うと思います。


酒匂隆雄

常に保有しているポジションの、損益・シミュレーションを行うことは、為替ディーラーにとっては、常識ですよ


出口治明

売れる本と良書は違います。テレビで話がうまくて有名な学者が、学会で全く評価されていないケースはたくさんあります。短期的に見ると、一流の学者が書いた専門書は、三流の学者が書いたわかりやすいトンデモ本に淘汰されてしまう。


鈴木眞理

本学部の特徴となるのが、3年次の地域実習です。それまで築いた知識や調査の技術をもとに綿密な事前調査を行い、現地に臨みます。実習では全国の市町村や地域施設、NPOなどと連携しながら、8人程度1組で1週間にわたり実際の地域活動に携わり、そこで学んだことをその後の専門演習や卒業研究などに反映していきます。実践を通じてリアルな人間を理解し、それを課題解決に生かしてほしいというのが地域実習のねらい。知識、教養の上に技術を身につけて、それを現場で運用できる力を養ってほしいと考えています。


大八木成男

大企業にいながら、ずっとベンチャー企業みたいなことをやっていました。上司から常に言われていた言葉は、「人につくな、仕事につけ」でした。上司の言うとおりに動いても新規事業は駄目です。自分の知識とアイデアと行動力がすべてなんです。


塚越寛

価格競争に勝って得た成長はいずれ自分の首を絞めることになる。


中尾清(経営者)

中国法人社長時代、重視したのは、業務を現地のスタッフに任せること。日本から派遣された人材になるべく依存せずに、現地スタッフの自立心ややる気を高めるのが狙いです。


安永竜夫

社長としてのミッションは、三井物産をさらに「元気で力強く迫力のある」組織にすること。「挑戦と創造」や「自由闊達」という言葉で語られているとおり、当社は元気で活力のある会社。その「元気と活力」をさらに引き上げるために、率先垂範して、会社一丸となって、スピード感ある経営を目指していきます。


酒巻久

上位の役職者の指示を優先するのは、仕事をするうえで使える権限もより大きくなるからです。この「上司を巻き込む力」があれば、仕事の速度は一気に高まります。


アルフレッド・コルトー

50代は40代の2倍、60代は40代の3倍、70代は40代の4倍の練習量が必要になる。