名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

久保田万太郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

久保田万太郎のプロフィール

久保田万太郎、くぼた・まんたろう。日本の俳人、小説家、劇作家。明治時代、東京出身。慶應義塾大学文学科在学中から旺盛に創作活動を行い、若くして高い評価を得た。卒業後、慶應義塾大学講師として作文を担当しながら小説を書いた。代表作に『末枯』『大寺学校』『三の酉』。主な受賞に菊池寛賞、読売文学賞、NHK放送文化賞、文化勲章、従三位勲一等瑞宝章など。

久保田万太郎の名言 一覧

人間、バカは構いません。だが、義理を知らないのはいけません。


久保田万太郎の経歴・略歴

久保田万太郎、くぼた・まんたろう。日本の俳人、小説家、劇作家。明治時代、東京出身。慶應義塾大学文学科在学中から旺盛に創作活動を行い、若くして高い評価を得た。卒業後、慶應義塾大学講師として作文を担当しながら小説を書いた。代表作に『末枯』『大寺学校』『三の酉』。主な受賞に菊池寛賞、読売文学賞、NHK放送文化賞、文化勲章、従三位勲一等瑞宝章など。

他の記事も読んでみる

上原美優

家族の力は本当にすごいと思いますよ。いまは別々に暮らしていても、テレビで私を見てくれることで、家族がつながっていると思うと、「もっと見てほしい!」って気持ちになりますから。一方で、子供がみんないなくなり、会話が少なくなっていたお母さんとお父さんも、私がテレビに出ることで夫婦の会話が増えたって言うんですよ。両親は、私たち兄弟の学費や給食費を払うために大変な思いをしてきているし、私にとってはすごい存在。だからこれから恩返ししていきたいんです。


田村潤

会社が一度決めたことを覆すのは難しいこと。でも、私は現場に出ていて、売上げが落ちた原因がわかっていたのです。その確信があったからこそ、声を出し続けました。


下嶋政幸

構造改革以降、当社の財務体質は大幅に改善しました。今後は、この良好な財務体質をベースに、さらなる収益拡大を目指します。そのためには、「近い将来はこうありたい」という理想像を描き、そこから逆算して今やるべきことを整理・実践していく「フューチャー・プル」の発想が必要でしょう。


大橋未歩

先輩社員に「アナウンサーは100用意して1出す仕事」と言われましたが、まさにそうした地道な作業が求められる仕事です。でも、そうした地味な作業が実を結んで、新鮮なニュースや番組中のコメントにつながったときは、やはり嬉しいですね。


江上治

仕事は「段取り八分」と言いますが、営業はまさにそう。「下準備」で勝負がほぼ決まる。


和田博(ヴァリアント社長)

例えるなら、時速80km制限の道路なのに100kmで飛ばさずに、80kmでいいんだから、それをずーっと再現すればいい。そういうことですよ。ゴルフと仕事が似ていると思うのはこの点ですね。「最高速度や最大パワーが、常に必要なわけじゃない」ということなんです。環境や自分のコンディションも含めて常に変化しますから。その中で100点ばかり取ろうとしても無理だし、そうする必要もない。


丸山学

労せず儲けるということは、その分他人に働いてもらうということ。独り占めせず、価値とお金を共有することがポイント。


内田和成

仮説思考を使い慣れないうちは、間違った仮説を立てることも多いのですが、経験を積んでいくうちに勘が働いて、仮説の精度も増していきます。たとえ間違ったとしても、何度も仮説を立てなおすというケースは減ってくるはずです。


高倉豊

意識してほしいのはアブダクションという思考法だ。論理的な思考法としては、法則からロジックを重ねて結果を導く「演繹」と、事例の積み重ねで結論を導く「帰納」が有名だ。一方、アブダクションはいきなりひらめきで仮説を立て、それを検証することで結論づけるというやり方をする。演繹でも帰納でもない、第三の思考法だ。非論理的であり、悪くいえば根拠のない思いつきに過ぎない。しかし根拠にとらわれないからこそ、既存の枠を飛び出す自由な発想ができる。


小野寺五典

大企業は体力があり、様々な分野に手を広げることによって、総合的に一定の収益を上げることができますが、中小企業はそうはいきません。しかし、専門的な分野に特化する中小企業からイノベーションが生まれなければ、大きな変化は期待できない。


鈴木孝博

成功体験に安住してしまうと、ハングリー精神が衰えます。そこで、過去の成功体験にとらわれず、常に次を求めて貪欲に走り続けるため、品質改善や商品開発のペースを上げました。


レオナルド・ダ・ヴィンチ

一日の始まりの時、南側の地平線のそばでは大気がバラ色に染まった雲にぼんやり霞んでいる。西の方はまだ暗く、東の方へ行くにつれて地平線のあたりの湿った水蒸気のせいで、実際の地平線よりも明るく見える。そして東にある白い家々はほとんど識別できない。一方、南の方は遠くへ行くほど、バラ色の度合いが濃くなり、西の方はそれがもっと暗い色合いになる。そしてその影は白い家々の手前で消えている。【覚書き:ある日の日の出を描写した文章】