久保田万太郎の名言

久保田万太郎のプロフィール

久保田万太郎、くぼた・まんたろう。日本の俳人、小説家、劇作家。明治時代、東京出身。慶應義塾大学文学科在学中から旺盛に創作活動を行い、若くして高い評価を得た。卒業後、慶應義塾大学講師として作文を担当しながら小説を書いた。代表作に『末枯』『大寺学校』『三の酉』。主な受賞に菊池寛賞、読売文学賞、NHK放送文化賞、文化勲章、従三位勲一等瑞宝章など。

久保田万太郎の名言 一覧

人間、バカは構いません。だが、義理を知らないのはいけません。


久保田万太郎の経歴・略歴

久保田万太郎、くぼた・まんたろう。日本の俳人、小説家、劇作家。明治時代、東京出身。慶應義塾大学文学科在学中から旺盛に創作活動を行い、若くして高い評価を得た。卒業後、慶應義塾大学講師として作文を担当しながら小説を書いた。代表作に『末枯』『大寺学校』『三の酉』。主な受賞に菊池寛賞、読売文学賞、NHK放送文化賞、文化勲章、従三位勲一等瑞宝章など。

他の記事も読んでみる

米倉誠一郎

たとえば、英語の授業だって、国語や数学を英語で教えたり、サッカーを英語だけでやってみたりするといいと思います。違う方向からアプローチすることで、国際的な視野も広がるし、英語の面白さが分かるはず。


家本賢太郎

働き方を調整するうえで心がけるべきことは、時間に対する意識です。時間の設計を1年単位で考えるのではなく、1日単位で考える。会社の仕事も、外で人と会う時間も、子供と接する時間も、今日はこのパターン、明日はこのパターンと、パズルのように楽しみながら組み合わせ、毎日を設計すればよいのです。


中鉢良治

ソニーには挑戦を許す文化があります。だから技術者も元気がよかった。それが、いつのまにかノビノビと楽しそうに研究開発を行う技術者が少なくなっていることに気づきました。ソニーは昔から社員の個性を尊重する企業で、それは今でも変わりません。社員各々が、自分の戦略を持っている。それが会社が目指す技術の発展に結びつかなくなっていたのは、互いの連結点を失い、会話が減り、みんなの心がバラバラになっていたからなのかもしれません。


山岡孫吉

ブローカー商売はもう御免だ。自分は汗を流さないでおいて、口先だけで中間利潤をむさぼる商売は、いわば詐欺と同類である。


松下正幸

私は幸之助の遣した言葉として、この「素直な心」というのは非常に好きですし、なんとか素直な心の持ち主になりたいなという思いを常に抱いております。ただ、素直な心というのはどういう心なのかということになりますと、なかなか奥が深い。「これで自分は少し素直になれたかな」と思っても、まだまだそれは浅い段階だったりします。「とらわれない心」とか、「私(わたくし)の心をなくして公の心を持つ」とか、幸之助自身もいろいろな解説を加えておりますけれども、これは突き詰めれば、「神様の心になれ」というぐらいのことになってしまうのではないかなとも思います。神様といっても、もちろんギリシャ神話や日本の神話時代の神様ではなくて、いわゆる至高の存在としての、誤りのない神様のことです。そういう神様の心に近づかないと、なかなか素直な心にはなれないのではないかなと思っております。ただ、我々は人間ですから、神様になることはできません。したがって、本当の素直な心というものにはなりきれないわけですけれども、その、なろうとする気持ち、これが非常に大切なのではないでしょうか。


鈴木敏文

お客様の立場で観れば、需要は必ず伸びる。


桝太一

人を好きになるために僕がやっているのは、相手の「取材」です。番組開始以来、「ZIPノート」という反省ノートを書いています。ここには番組の反省事項だけでなく、共演者に関する情報も書き込んでいます。好きな食べ物や住んでいる場所、ペットの名前など、その方について可能な限り調べ、書き残す。仕事でおつきあいするうちに、新しく分かったことがあれば随時、書き加えます。「相手を知る」ことは、相手に好意を持つきっかけになるからです。


伊藤豊(経営者)

起業後の2年間は鳴かず飛ばず。そんな中で出会ったのが、松下幸之助さんの「諦めなければ必ず成功する」という言葉です。この言葉を素直に信じ、ダメなりに手を打ち続けるうちに、事業が軌道に乗っていきました。


飯島勲

陳情はその分野のキーマンを押さえることで成功します。人脈もない政治家を頼ったところで何もしてくれず、政治献金だけを求められる。


松橋良紀

大事なのは、相手との一体感をつくること。一緒に見たり感じたりしたことを話すのは、共通体験をつくるうえでとても有効なのです。


原田泳幸

「売れた」と「売った」は違います。何としても「売る」。そのためにサイエンス(科学)とサイコロジー(心理学)を駆使して、知恵を絞って新たな顧客価値を生み出し続ける。勝ち続けるための道はそれ以外ないと思っています。


前田日明

原点をたどっていけば、すべては戦場に行きつくんです。
【覚書き:総合格闘技団体リングス設立の理由を問われての発言。】


伊原保守

グループ内で重複する事業の整理は順調に進んでいる。今後も、調達の共通化や共同開発、人事制度の一本化など、一緒に進められるところはどんどんやっていきたい。


大平浩二

不祥事がなくならない理由は簡単です。不祥事は「人災」だからです。企業不祥事は、近代に「企業」という概念が生まれてからここ200年くらいの歴史しかありませんが、不祥事は人類の歴史を振り返ってみればわかる通り、何千年も前からあります。人間は間違いを犯す存在です。そして、人間には防衛本能が備わっていますので、自分の間違いによって自分の責任が問われることは避けたいという心理が働きます。そして自分の間違いを、もっともらしい理屈をつけて隠ぺいしようとします。ある意味で賢い人ほどこの理屈づけがうまく、巧みに隠ぺいしますからやっかいなのです。


中内功

自ら信ずること少なき者が、他の人々に福音を説くことは不可能である。飛びくる矢にたじろがず、木石のごとき非情な精神を持たねばならぬ。


ページの先頭へ