名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

久保田一美の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

久保田一美のプロフィール

久保田一美、くぼた・かずみ。日本の女性活躍コンサルタント。「MY STORY K.K.」代表。埼玉県出身。大学卒業後、日系IT企業勤務、シマンテック マーケティングマネジャーなどを経て独立。

久保田一美の名言 一覧

まずは自分自身の人生を大切にして、そのうえで生産性の高い働き方を実現する「生き方ファースト」の実践。それこそが、これからの時代を生き抜く最強の働き方だと考えます。


変化のスピードが速い現代は、過去の成功体験にとらわれず、部下の意見を吸い上げて活用していける管理職が求められる。


AIなどの技術革新やグローバル化が加速度的に進む時代において、この先何十年も同じ業務を続けられる可能性は極めて低いという自覚が必要です。自分は変わる気はなくても、世の中は容赦なく変わっていく……。変化を自分ごととして捉え、意識を変えなければ、自分の仕事を失うことも考えられるのです。


これまでの管理職は経験が豊富で、部下をグイグイ引っ張っていく家長的なタイプが主流でしたが、21世紀型の管理職は、社員一人ひとりの個性を重視し、能力を引き出せるコーチ的な存在であることが求められます。つまり、多くのことを経験していることはマストではなく、個々の才能を引き出していくことが、管理職の重要な仕事なのです。


長い人生とライフイベントを見据えながらも、5年、10年という節目を意識的に作り、その節目ごとに、今自分が手にしているキャリアや環境、年齢などと照らし合わせて、次の5年、10年は、どのようにより良い人生を送りたいのかと、自分の「生き方」を先に考える時間を作っていただきたい。これは、若い世代にかぎらず、どの世代であっても実践することをお勧めします。


今、日本社会では「働き方改革」が進んでいますが、着実に進めば女性活躍の大きな後押しになっていくはずです。現に、全社的な所定労働時間短縮や業務効率化に成功している企業では、育児中の社員であっても、通常勤務の社員と変わりなく働ける環境が実現しています。こうした企業の多くは、生産性が上がり、収益向上につながっていることも注目に値するところです。やみくもに長時間働けば成果が上がるわけではないのは、多くの人が気づき始めていることでしょう。


様々な企業で女性管理職研修や女性活躍推進セミナーなどの講演を行なってきましたが、企業側が女性管理職を増やそうと躍起になっても、一方では「管理職になるために仕事を頑張ってきたわけではない」という女性社員がいるのも事実です。本来のステップとしては、性別に関わらず、目の前の仕事を楽しくやっていたらやりがいが生まれ、少しずつ大きな仕事を任され、まわりからの信頼の評価が役職につながっていくものです。しかし、女性の管理職を増やすことが目的となり、当事者の女性の気持ちとのギャップが生じることがよくあるのです。また、今の上司の働き方を見ていて「管理職にはなりたくない」「自分には向いていない」と考える女性も多いかと思います。こうした現状を変えていくには、まず「管理職」に対する認識を変えていく必要があります。


日本の女性活躍が遅れている一つの大きな要因は、子育て中の社員の働く職場の環境が十分に整えられていないことです。子育て支援や新しい制度の導入などに力を入れる企業も増えていますが、ここで言う「環境」とは、制度があってもまわりの目を気にして使いづらいという「職場の風土」のこと。職場の風土として定着させるためのキーパーソンとなるのは管理職の方々です。管理職の方は、ただ理解を示すだけでなく、よくコミュニケーションの時間を取ってください。十分に話し合っていないがゆえに、配慮したつもりが「昇進が先延ばしになった」「業務を変えられてモチベーションが下がった」などの行き違いが生じてしまうのです。


今の仕事のままずっと働く、大学で学び直す・留学する、キャリアチェンジする・しない、結婚する・しない、子供のいる家庭を作る・作らないなど、女性は働き方も生き方も多様な選択肢があります。そんな中で自分が納得のいく働き方を実現していくには、「働き方」よりも先に「生き方」にフォーカスして向き合う「生き方ファースト」の働き方を考えることが重要です。一度きりの人生の中で「経験したい」「大切にしたい」ことを、まず明確にしたうえで、自分の働き方について改めて考えるのです。


経験を積むにつれて仕事の面白さとやりがいに目覚め、31歳のときに外資系企業に転職しました。そこでは日本の企業のような総合職・一般職という区分はなく、性別や職種を問わずそれぞれが自分の仕事を確立しており、誰もが自信と責任を持って働ける環境でした。私はそこで、管理職、結婚、出産、1年間の育児休暇、子育てなどのライフイベントを経験し、30代から40代にかけて仕事と家庭を両立する働き方を実現してきたのですが、その実現の要因の一つには、職種による仕事内容の制限がなかったことも大きかったと感じています。


久保田一美の経歴・略歴

久保田一美、くぼた・かずみ。日本の女性活躍コンサルタント。「MY STORY K.K.」代表。埼玉県出身。大学卒業後、日系IT企業勤務、シマンテック マーケティングマネジャーなどを経て独立。

他の記事も読んでみる

山本一成

人間は何かを目にしたとき、そこに意味を感じて物語として理解しようとする。しかし人工知能は「物語」に縛られません。これまでの常識から外れていようと、相手の意図が見えなくても、ゴールに向かい冷徹なまでに突き進む。だから人間を超えられるんです。


松岡陽子(ヨーキー・マツオカ)

働き方をフレキシブルにすると、アウトプットそのものを減らしてしまう人がいますが、それでは本末転倒です。ある程度のアウトプットがなければ、成果は出せませんから。


鈴木敏文

質のともなわない見かけの合理化は合理化ではない。


森田勉(経営者)

たとえば、大会社の社長に会いたいっていう時に、電話して断られたぐらいじゃ諦めてはいけません。直接会社に行って、秘書に「社長をご存じなんですか?」って聞かれたら、「はい、知っています」って言ったって、それはウソじゃない、だってこっちはその社長のこと知ってるんですから。一方的でも(笑)。そこで秘書を突破して社長に会った時に、「ここまで大変だったんですよ社長、秘書のところで止められて」なんて言えば、社長は絶対ニコって笑います。「そこまでして俺に会いに来てくれたのか」って。社長さんっていうのは苦労している方が多いですからね。まずここで怒るような人はいません。


岡野雅行(岡野工業)

裏切られるってことは、自分を鍛える経験でもあるんだよ。人間色々、仕事も色々だってことを身に染みて知ることになるし、自分がしちゃいけないことを教えてもくれる。実体験は重みが違う。必ず自分の血にもなり、肉にもなるんだ。だから、裏切られたからってへこむことなんかない。世渡りを学ぶのにいい機会だって言うくらいに考えてりゃいいんだ。


柳井正

日本にいると実感できにくいかもしれませんが、よその国では日分の国だけがビジネスのフィールドだなんて思っていません。どんどん海外に広げていっていますから。そういう人たちと競争しなきゃならないんです。勝てますか? 残念ながら、僕はもう負けていると思います。だって日本国内から飛び出そうとしない人たちが、「これからは世界が相手だ」と将来に向かって一所懸命努力している外国のビジネスマンと競争して勝てるわけない。


三浦昭

マサチューセッツ工科大学のジョージ・ステファノポーラス氏をCTO(最高技術責任者)として招いたことはかなりインパクトがあったと思います。とくに課長クラスや若手が刺激を受けているようです。ステファノポーラス氏は研究者としてだけでなく、後進を育てる手腕への評価も高く、MITの枠を超えてグローバルな人脈を持っています。当社の社員は自らの研究テーマについて的確なアドバイスを受け、世界で最高水準の研究者を紹介してもらうことが可能になったわけです。


山口範雄

新技術開発などの企業努力で、原材料のコスト上昇分を吸収することはメーカーの責務です。しかし、価格変動が大幅で急激だと企業努力にも限界があるため、消費者にもご負担いただかねばなりません。ただ、値上げする場合でも、同時に商品価値を上げることができれば、消費者の納得を得られやすくなります。


ジョージ・バーナード・ショー

真の余暇とは、我々の好きなことをする自由であって、何もしないことではない。


五味一男

いつも番組を企画するときは、初心に戻って、とにかく相手を説得できるだけの材料を集める。俺に任せてくださいよ。いいものをつくりますからなどと言っても、人は動かないですよ。


伊藤一郎(経営者)

どんな立場でも常に挑戦するのが旭化成魂。そういう部分を後世にも引き継いでいかないといけない。


加藤景司

高齢者スタッフがいれば、フルタイムの社員を何人も雇用することなく工場を稼働させられるので、企業側としてもメリットがあります。また、週に2、3日会社に出れば年金以外の収入が得られるという点で、高齢者スタッフにもメリットがあります。雇用創出という意味では、地域にとってもメリットがあるのではないでしょうか。