名言DB

9429 人 / 110879 名言

久保正行の名言

twitter Facebook はてブ

久保正行のプロフィール

久保正行、くぼ・まさゆき。第62代警視庁捜査第一課長。北海道出身。駒澤大学卒業後、警視庁に入庁。機動捜査隊隊長、田園調布署長、渋谷署長、警視庁第七方面本部長などを務めた。

久保正行の名言 一覧

部下は口頭だけではなく、書面でもウソをつこうとするもの。そのため、私は報告書の数字を鵜呑みにしないよう気をつけていました。


人、そして部下はウソをつくものと胆に銘じ、進んで見抜いていく姿勢が必要。


上司の最終的な目的は、部下に愛情を持って接し、育てること。


説得も最初の対応がきわめて重要です。「上司は一度却下したものを再び見直すことはない」と考え、慎重に準備をしてから挑む必要があります。


たとえ言いにくい提案だとしても、必ず結論から説明するべきです。石橋を叩いて渡るような言い方で、なかなか核心に入らない説明が、相手の心に刺さることはありません。


説明するとき、手帳やメモを見ないのはイロハのイです。視点をメモに視線を落としていると、内容が頭に入っておらず、自信がないことが一発で伝わります。


上司の質問に対して、部下が黙ってしまうことがあります。そこで上司に求めたいのは、話題を変えたりせず、答えを待ってあげることです。沈黙を含めて部下の話に傾聴するのは、上司の大事な仕事です。


説得しているとき、沈黙が訪れるのは怖いものですが、それは決して無意味な時間ではありません。実際、上司があきれて口を閉ざしていることより、案件について考えている場合が多いものです。だから余計な話で間を埋めず、上司からの質問を待つ。慣れてきたら肝心なポイントをわざとはずして説明し、相手の質問を誘う方法もあります。


上司を説得するとき、まず場所と時間を選びます。場所は集中できる空間がベストで、もし反対されることが予想されそうな場合、周囲に人がいない環境を設定する。なぜなら部下や同僚の見ているところで説得されると意見を翻しにくくなるし、場合によっては「恥をかかされた」と後々わだかまりになる可能性もあるからです。


人のウソを見抜くには、観察力が不可欠です。それはおもに経験によって培われますが、相手の生い立ちを知ることは観察力に大きな+αの力をもたらしてくれます。私が刑事だったとき、それこそがもっとも知りたい容疑者の情報でした。特に小学校に入る前の幼少期がわかると、その人の根本的な性格や傾向が理解でき、心理を見抜きやすくなります。


たとえば「刑法犯の検挙率は80%」と報告されると、何となく成果があったように感じますが、そこで納得するのはセミプロ。一言で検挙といっても、刑事が捕まえたのか、市民が捕まえたのか、それとも自首してきたかで話は全然違ってきます。企業においても、売り上げや利益を報告された際、何を根拠にした数字なのかを確認し、数字の内容と重みに考えを巡らさなければなりません。


私が人を観察するうえで重要視しているのは、第一印象です。取り調べは、容疑者が取調室に入ってきたときから動作に目をやり、とりわけ姿勢に注目します。正直な性格の者はやましい気持ちがあると猫背気味になるし、狡猾な者はわざと胸をはるものです。そして挨拶したとき、気にしないふりをしながら、視線がどこに向いているかを確認する。私のほうをまっすぐ見ているのであれば問題ありませんが、顔の横の何もない空間を見ている場合は後ろめたい気持ちがあるかもしれません。目をそらしたり、うつるなときも要注意です。さらに私が気にするのが、目線と皮膚の感じが一致しているかどうか。顔の血色が悪いのに目の力が強いのは、ムリしている証拠です。


部下のウソを見抜くため、まず何をするべきか。それは普段から部下の行動を見ておくことです。歩いている姿、書類の持ち方、報告するとき、視線はどこにあるのか。声をかけたらどんな反応をするのか……。その癖を把握しておくことで、「今日は喋り方がおかしいな」「いつもは正しく使う書類の文言を間違えているぞ」と気づくことができる。そしてそのズレこそ、これからウソをつこうとしている「兆し」にほかなりません。その兆しを察知したら、集中力を高め、部下の動向に注意しましょう。


犯罪者には必ず泣きどころがあるので、そこを探し、それを基点に相手を理解してあげる。この人になら話しても大丈夫だ、これ以上黙っていても意味がない、と相手に自然に思わせることが重要。


久保正行の経歴・略歴

久保正行、くぼ・まさゆき。第62代警視庁捜査第一課長。北海道出身。駒澤大学卒業後、警視庁に入庁。機動捜査隊隊長、田園調布署長、渋谷署長、警視庁第七方面本部長などを務めた。

他の記事も読んでみる

赤羽雄二

私が期待通りの書類や資料を作ってもらうために、マッキンゼー時代に編み出したのが、「アウトプットイメージ作成アプローチ」です。これは上司が書類などの完成時の最終的なイメージを、口頭で伝えるのではなく、紙に書いて示すというものです。部下はそれに沿って作業を進めるので完成度が高まり、作業スピードも速くなります。書類の最終的なイメージとは、分かりやすく言えば書類を作るための「設計図」のようなものです。自動車でもスマートフォンでも、最初に全体構造を決めてから、エンジンやCPU(中央演算処理装置)はどんな能力を持った部品を組み合わせるかといった仕様や配置を設計図に落とし込みます。書類作りでも実は同じことが必要です。各ページに書く文章はメモ書き程度で構いません。全体像を最初に見せれば、部下は上司が何を求めているかつかむことができます。上司の狙いを「忖度」するムダな時間が不要になって、書類を作成するうえで本当に必要な作業に集中できます。その結果、驚くほど作業速度が上がるというわけです。


志太勤

今は人のモノを借りないで商売をする時代。家賃を払わないで商売するんです。当社の給食事業の半分以上は管理費をもらって商売しているんです。企業でも学校でもうちが家賃を払うのではなく、管理費をもらっている。つまり、ご利用者様からいただく代金は食材費相当額のみで、運営に要する人件費や経費、利益の相当額をクライアント(委託先法人)様からいただく方式です。


佐藤卓(グラフィックデザイナー)

若い頃は、よく、もっと強引にやりたいことをやればと言われて悩んだこともありました。でも、僕にはそれは向いてない。性格的に強引に「これだ」と正解を導けないのです。
【覚書き|クライアントとじっくり話をする仕事スタイルについて聞かれたときの発言】


永守重信

会社経営のポイントを3つあげるとすれば、ひとつは「積極性」です。2つ目は、積極性の裏にある「慎重さ」や「誠実さ」です。そして、最後の3つ目は「世の中への貢献」です。積極果敢に事業に挑戦すること。社会や周囲の人たちに誠実に接すること。そして自分たちの仕事に誇りを持って社会に貢献していくこと。私は常にこの3つを心掛けています。そうすると毎日の仕事が楽しいんですよ。


野中郁次郎

新たな知は、経験に基づいて暗黙のうちに持つ主観的な「暗黙知」と、言葉で表現できる客観的な「形式知」が、対話を通して相互に変換し、スパイラルに循環していくなかで生まれる。


坂本孝

病気でも経営でも、自分の持っている強い意思と信念をどこまで貫いていくかが本当に大切。


沢村一樹

もし失敗したら失敗したで、「本当に舞台は向いていないからやらない」と言えますし。失敗しても自分が楽しめたら、「もう1回やりたい」と言えばいい。どっちに転んでも、ありだと思うんです。まずは動くこと。これは自分の中でずっと変わっていないシンプルなルールですね。


吉田尚記

「間違った情報」も効果的です。昔「いいとも」で、タモリさんが犬好きのゲストに「今、シベリアンハスキー流行ってるんだって?」と問いかけ、「それ昔の話ですね。今は……」とそこから盛り上がっていました。人は間違った情報を訂正するとき、一番喋ってくれるんです。でも作為が臭っちゃうんで、わざと間違えるのはやめましょう。


熊谷正寿

人間だから人のせいにしたいけれど、そんな暇はありませんでした。そんなことをしていたら、多分会社が潰れていたでしょう。それよりも生き延びるために頭を全部使わなければならなかった。底なし沼で、首の皮一枚で繋がっていた。背水の陣というのはまさにあのことです。同じ経験はもう嫌ですね(笑)。

【覚え書き|消費者金融事業の失敗で倒産寸前になった当時を振り返って】


藤井隆太

成功事例を1つ作ったことで、結果を出していないほかの社員の意識が大きく変わりました。それまでの「何をやってもどうせダメだろう」という空気が薄まり「自分たちもやってやろう」という気配が生まれました。私が言うことにも説得力が生まれました。会社が再建できたのはこうして1人ひとりの意識が変わったことが大きかった。