名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

久保正行の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

久保正行のプロフィール

久保正行、くぼ・まさゆき。第62代警視庁捜査第一課長。北海道出身。駒澤大学卒業後、警視庁に入庁。機動捜査隊隊長、田園調布署長、渋谷署長、警視庁第七方面本部長などを務めた。

久保正行の名言 一覧

私はよく、一流の刑事とは「現地調達」ができる刑事のことだと言っています。犯人のしっぽや事件のネタを入手できるのは、すべて現場。警察官だから、刑事だからと教えられるというよりは、実際の現場で学んでいくことですね。


部下は口頭だけではなく、書面でもウソをつこうとするもの。そのため、私は報告書の数字を鵜呑みにしないよう気をつけていました。


人、そして部下はウソをつくものと胆に銘じ、進んで見抜いていく姿勢が必要。


上司の最終的な目的は、部下に愛情を持って接し、育てること。


説得も最初の対応がきわめて重要です。「上司は一度却下したものを再び見直すことはない」と考え、慎重に準備をしてから挑む必要があります。


たとえ言いにくい提案だとしても、必ず結論から説明するべきです。石橋を叩いて渡るような言い方で、なかなか核心に入らない説明が、相手の心に刺さることはありません。


説明するとき、手帳やメモを見ないのはイロハのイです。視点をメモに視線を落としていると、内容が頭に入っておらず、自信がないことが一発で伝わります。


捜査一課は刑事の中でもプロ中のプロ。酸いも甘いも知り、経験も体力も精神力も兼ね備えた人間たちです。自分自身をコントロールする術を持っていて、ある意味で自分の思い通りにことを進める「ずるさ」もある。そうでないと、自分の体をいたわれないですからね。


上司の質問に対して、部下が黙ってしまうことがあります。そこで上司に求めたいのは、話題を変えたりせず、答えを待ってあげることです。沈黙を含めて部下の話に傾聴するのは、上司の大事な仕事です。


説得しているとき、沈黙が訪れるのは怖いものですが、それは決して無意味な時間ではありません。実際、上司があきれて口を閉ざしていることより、案件について考えている場合が多いものです。だから余計な話で間を埋めず、上司からの質問を待つ。慣れてきたら肝心なポイントをわざとはずして説明し、相手の質問を誘う方法もあります。


上司を説得するとき、まず場所と時間を選びます。場所は集中できる空間がベストで、もし反対されることが予想されそうな場合、周囲に人がいない環境を設定する。なぜなら部下や同僚の見ているところで説得されると意見を翻しにくくなるし、場合によっては「恥をかかされた」と後々わだかまりになる可能性もあるからです。


人のウソを見抜くには、観察力が不可欠です。それはおもに経験によって培われますが、相手の生い立ちを知ることは観察力に大きな+αの力をもたらしてくれます。私が刑事だったとき、それこそがもっとも知りたい容疑者の情報でした。特に小学校に入る前の幼少期がわかると、その人の根本的な性格や傾向が理解でき、心理を見抜きやすくなります。


たとえば「刑法犯の検挙率は80%」と報告されると、何となく成果があったように感じますが、そこで納得するのはセミプロ。一言で検挙といっても、刑事が捕まえたのか、市民が捕まえたのか、それとも自首してきたかで話は全然違ってきます。企業においても、売り上げや利益を報告された際、何を根拠にした数字なのかを確認し、数字の内容と重みに考えを巡らさなければなりません。


私が人を観察するうえで重要視しているのは、第一印象です。取り調べは、容疑者が取調室に入ってきたときから動作に目をやり、とりわけ姿勢に注目します。正直な性格の者はやましい気持ちがあると猫背気味になるし、狡猾な者はわざと胸をはるものです。そして挨拶したとき、気にしないふりをしながら、視線がどこに向いているかを確認する。私のほうをまっすぐ見ているのであれば問題ありませんが、顔の横の何もない空間を見ている場合は後ろめたい気持ちがあるかもしれません。目をそらしたり、うつるなときも要注意です。さらに私が気にするのが、目線と皮膚の感じが一致しているかどうか。顔の血色が悪いのに目の力が強いのは、ムリしている証拠です。


部下のウソを見抜くため、まず何をするべきか。それは普段から部下の行動を見ておくことです。歩いている姿、書類の持ち方、報告するとき、視線はどこにあるのか。声をかけたらどんな反応をするのか……。その癖を把握しておくことで、「今日は喋り方がおかしいな」「いつもは正しく使う書類の文言を間違えているぞ」と気づくことができる。そしてそのズレこそ、これからウソをつこうとしている「兆し」にほかなりません。その兆しを察知したら、集中力を高め、部下の動向に注意しましょう。


犯罪者には必ず泣きどころがあるので、そこを探し、それを基点に相手を理解してあげる。この人になら話しても大丈夫だ、これ以上黙っていても意味がない、と相手に自然に思わせることが重要。


捜査一課は殺人や強盗といった強行犯を扱います。人の命が関わる事件ですから、重大性、切迫性は高い。追跡や張り込み、犯罪事実を確認するときに、眠いなんて言い訳はできません。実際に、私も立てこもり事件のときは3日間眠れなかった。寝ていても枕元には携帯電話。それが日常です。自分自身の「眠い」兆候を把握するのも技術のうち。私の場合は、「ものを探す」ことが増える。手帳とかペンをよく探すようになったら自分は眠いんだと把握していましたね。


久保正行の経歴・略歴

久保正行、くぼ・まさゆき。第62代警視庁捜査第一課長。北海道出身。駒澤大学卒業後、警視庁に入庁。機動捜査隊隊長、田園調布署長、渋谷署長、警視庁第七方面本部長などを務めた。

他の記事も読んでみる

安藤公基

ロフトは現在109店舗を展開していますが、約7割が300坪を基準とする小さめの店舗。商業施設に入居しやすいので身近なお店になれてはいますが、創業の頃のキラキラした「なにかある、きっとある」というイメージは薄れているようにも思います。私はこれを取り戻したい。


守谷雄司

会議を効率よくこなすための基本5か条

  1. 議題をあらかじめ伝えておく。
  2. この会議からどんな結論が得られえるかを想定しておく。
  3. 議論の進め方のルールを決めておき、それを出席者に徹底させる。
  4. どんなに議論に花が咲いても、制限時間が来たら結論を出し、終了させる。
  5. 改めて議事録は送付しないで、各自ポイントはメモしておくように告げる。

中野信子

勝負する場所をムリに変える必要はありません。でも、環境を変える選択肢もあるんだということを頭に入れておくのは、気持ちのうえでとても大きいと思います


黒川茂

やはり、技術力の裏付けのある提案でなければ信用されない。お客様との一体感がないとどんな案件もダメになるということが分かった。


藤沢武夫

生産企業は生産企業なんですから、為替差益なんかで金儲けしちゃいけない。だから、私は本業以外のもので金儲けをしてはいけないという原則を、本田技研でつくりました。本田技研は本業で金儲けをする。もっと金儲けをしたかったら、パチンコ屋でもやりゃあいいんだ、というのが私の経営理論なんです。


奥田務

新しい仕組みにすれば、働き方が変わるから、新しい評価の仕方で処遇する。この連鎖をどう加速させるかが、意識改革のカギを握っています。


金子高一郎

地にしっかり足がついていれば必然的にお客様もついて信頼していただける。


重光武雄(辛格浩)

その土地で一番大きい建物を造れば、地元のマスコミが大々的に報じてくれます。それがいい宣伝になるんです。
【覚書き|中国の瀋陽北駅周辺に巨大複合商業施設開発を行った際の発言】


永守重信

良い経営者になるためには、何度も決断を繰り返すと同時に挫折の経験をすることが必要だと思う。


小笹芳央

経営者は住々にして人が育ってから仕事を任せようとしますが、皮肉なことに、これでは人は育たないのです。「少し早いかな」と思われるくらいできっぱりと任せてしまうほうが、人は成長するもの。


中本晃

時代の流れを読むためには、ユーザーとなる企業や大学、自治体など、様々なところと関係を構築し、そこから情報を得ることが必要。


糸井重里

売れるものなら何でも売りたい、というわけではなく、僕にとってはTシャツを販売することも、「ほぼ日(ほぼ日刊イトイ新聞)」で文章を書くことも、同じことなんです。商品も読み物も、すべてコンテンツ。やりたいことしかしたくない。