久保徳雄の名言

久保徳雄のプロフィール

久保徳雄、くぼ・とくお。日本の経営者。東京エレクトロン社長・会長。大分大学卒業後、日商(のちの双日)入社。その後、東京エレクトロンに移り社長・会長などを務めた。

久保徳雄の名言 一覧

なぜミドル(中堅・中年社員)が大切か。職場の若い人たちにとっては、どういう人のもとで仕事をするかが非常に重要になる。若いときにいい上司につけば能力を伸ばすことができるし、そうでなければなかなか伸ばせないところがある。若い人にとっては、ミドルが社長なのです。【覚書き|ミドルのマネジメント教育の重要性を訴えた言葉】


久保徳雄の経歴・略歴

久保徳雄、くぼ・とくお。日本の経営者。東京エレクトロン社長・会長。大分大学卒業後、日商(のちの双日)入社。その後、東京エレクトロンに移り社長・会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

勝間和代

時間には「消費の時間」「浪費の時間」「投資の時間」「空費の時間」という4つの時間が存在します。大事なのはこの4つの時間をどのように配分していくかです。時間の使い方が下手な人とうまい人の違いというのは、単にこの4つの配分の仕方の違いにあるんですよ。


永守重信

井戸水はくみ上げて減らしてやれば、次の朝には同じ水位まで湧き出ています。つまり、水はくまないと湧いてこないのです。アイデアや改善策も同じ。どんどんくみ上げれば無限に湧き上がってくる。湧き上がってこないのは、くみ方が足りないからです。限界なんてありません。


宮坂学

ヤフーはインターネットサービスで最初に事業化された会社だから、最初に老化に直面する運命にある。脱皮しない蛇は死ぬので、あえて脱皮に挑戦しています。


岩瀬大輔

悲観的になりがちなときは、こう考えてみてはどうだろう。そもそも世の中においしい話はない。金融的な考え方をすれば、コストとベネフィット(費用と利益)、リスクとリターンは一致します。つまりこの世の中には、楽でつまらないことか、大変ですごくいいことのどちらかしかないのです。


方永義

日本の製造業の技術は本当に優れています。これは世界に誇るべきものです。ところが残念なことに、世界に向けて発信ができていない。そのため販路が限られてしまう。私たちのグループに入れば販路は世界に広がります。しかもオーバースペックな部分の改善や、市場との向き合いかたなどサポートできるところも多い。日本の技術と世界のマーケット。これをうまくマッチングし、日本の技術をもっと世界に発信していきたい。


菅原徹

自分の笑顔を心のストレス状態(4段階ぐらいで)と一緒にケータイのカメラなどで毎日記録しておくと、自分だけでなく、相手の笑顔に対しても視覚的な感性がアップします。笑顔から精神状態や体調が読み取れるようになります。


プラユキ・ナラテボー

時代を変えるほどの仕事を誰もがすぐに成し遂げられるわけではない。しかし、「真」と「善」という価値を加味した生き方なら、今ここから誰にでもできる。


鈴鹿久美子

私たちは初対面の相手を一瞬で「自分の邪魔をする人」か「自分の役に立つ人」かを常に見分けています。私が身を置いている政界やビジネスシーンでも、この一瞬が印象を左右します。


廣瀬光雄

ビジネスの機会は海外に限りなくある。それを探しに行くためには若くなければできません。ですから、若い人たちには是非とも外を見に行っていただきたい。私もまだまだ第一線で挑戦していきたいと思っています。


植山周一郎

知らないことを謙虚に学ぼうとすることが、教養を身につける節一歩。


ビンセント・ローチ

以前は、ほとんどの企業が垂直統合型の事業の強みを生かしたビジネスをしていました。自社だけで高度なイノベーションを生み出そうとしていたのです。しかし、そのような時代は終わりました。世界の市場は多様で、しかも刻々と変化し続けています。迅速に、かつ継続的にイノベーションを生み出すためには、エコシステムを形成し、世界中の技術、知恵を取り入れ、今までにない新しい形で組み合わせていく必要がありますし、我々はその取り組みを進めています。


野村与曽市

運転する工場の中で一番大切なのは、人心の安定、すなわち和、敬の精神と、場内の清潔整頓である。


福嶋康博

私は、事業を起こす際は必ず「ナンバーワンになろう」と思い、行動していました。それによって「どうしたらナンバーワンになれるか」という事業企画を考えるからです。単に会社を経営するのと、ナンバーワンを目指すのとでは、結果が大きく異なります。


香山誠

その気になればいくらでも利用者は増やせるが、それでは意味がない。顧客価値が上がり続ければどこかでブレークするので、どんと構えてゆっくりやろうと方針を変えた。


森泉知行

私は、判断を間違えることよりも、判断を先延ばしにして何もしないことの方が、問題だと思っています。大きなビジネスチャンスを逃してしまう可能性があるからです。


ページの先頭へ