名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

久保征一郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

久保征一郎のプロフィール

久保征一郎、くぼ・せいいちろう。日本の経営者。「ぐるなび」社長。東京都出身。東京工業大学工学部電気工学科卒業後、光陽製作所勤務、テックメイト設立、NKB取締役・常務取締役、ぐるなび専務などを経て社長に就任。

久保征一郎の名言 一覧

スタート時からずっと創造し続けてきたものがぐるなびにとって資産でもあり、逆に破壊すべき対象にもなってきている。


インターネットメディアにとって大切なことは、ユーザーにいかにたくさん、また長時間、サイトに滞在してもらえるか。


誰もやっていないことを追求して仕事をしてきたので、非常にやりがいのある仕事でした。


新しく参画してくれる人には、「何でこんなやり方でやっているの?」と、どんどん言ってもらいたい。創造しながら、壊していくというのがこれからの「ぐるなび」には必要だと思っています。


今までのやり方を当たり前と思わず、あえて破壊してもらいたい。もちろん全部壊す必要はなくて、必要なものは当然残さないといけないのですが、急成長を遂げる中で古いものを壊し損ねてきている。


若い人の斬新なアイデアがこれまで会社を支えてきたと言っても過言ではありません。その若い人のエネルギーを大切にしたい。そして、やる気のある社員が主体的に参加できる環境を作ることも大切。


ぐるなびで楽しくやっていける人は、指示待ちではなく、自ら動ける人。やっていただきたいテーマはたくさんあるので、強い想いを持っていれば、いくらでも大きなこと、やりたいことができる環境にあると思います。


「ぐるなび」はまったく新しい事業なので、顧客を獲得するのは大変ですが、滝(久雄)は、プロパーの人間だけで営業をすることにこだわりました。なぜかというと、代理店を挟むと、メディア側である「ぐるなび」の考え方が飲食店になかなか伝わらないからです。


ぐるなびの使命は「日本の食文化を守り育てる」こと。飲食店や生産者の思いを伝える場所である「ぐるなび」があることで、飲食店や生産者は顧客を増やし、リピーターを増やすことも可能です。そして、それらの活動の結果として、食文化が育ち、日本の文化が豊かになっていくのだと信じています。


振り返って思うのは、やはり最も重要なのは情報の質ということ。それと同時に、量が詰まってなくてはいけない。店舗ごとの特長や魅力といった情報を、いかにきちんと提供できるかが決め手になってくる。


ライバルにはブランド力がありますから、正直、当時は、どうなるかわかりませんでした。ところが、後から登場したライバルのサービスよりも、ぐるなびのサービスのほうが質が高かった。違いは何かというと、ぐるなびは、飲食店情報をどう出すべきか、という本質をしっかり押さえていたことです。また、それができたのは、過去10年間生活情報の提供を手掛けてきたノウハウでした。当時は、それがノウハウだとは思わずに仕事をしていたのですが、知らず知らずに「生活情報は、どう出すべきか」ということを学習していたわけです。


久保征一郎の経歴・略歴

久保征一郎、くぼ・せいいちろう。日本の経営者。「ぐるなび」社長。東京都出身。東京工業大学工学部電気工学科卒業後、光陽製作所勤務、テックメイト設立、NKB取締役・常務取締役、ぐるなび専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

成田靖也

よく「個々の売上はエクセルで共有」「ランキングも社内に掲示している」という社長はいますが、それは単なる「管理」にすぎません。重要なのは管理ではなく、人の感情に響く施策を行うこと。文字だけのメールや数字を紙で張り出しても、人の心は動きません。


ハンス・アンダーソン

私がスウェーデン法人社長になって1年が過ぎたころ、当時の上司だったステファン(のちの同社会長)から言われました。「あなたはH&Mで最も大きい市場のマネジャーだ。だから、もっと勇敢で大胆でなければいけない。最低でも年間5つ~6つ、大きな失敗がないと、勇気をもって働いているとは言えない。テニスで仮に相手が打ったボールがラインから外れそうでも、果敢に打って出るべきだ。その結果、自分が打った球がラインから外れても、私は支持する」。これを聞き、私は心強さを感じ、チャレンジする意欲を持ちました。


青野慶久

私も、以前は「睡眠時間を短くした方がいい」と考えていました。多くのビジネス書には、短眠が美徳のように書かれています。だから、自分でも知らないうちに「寝ている時間は無駄だ」という価値観が刷り込まれてしまっていたんです。しかし、眠っている時間は新陳代謝を活発にするなど、身体は必要な活動をしているのです。だから、睡眠時間を削ると、場合によっては生きるために必要な活動まで削ってしまうことになりかねません。


福井正憲

今は宇治茶を売りに行ったらダメ。買ってもらうだけでもダメ。それはもう通用しない。


齋藤直美

何度叱っても効果が薄い場合は、叱るべき的が外れていないかどうか振り返ってみてください。また、対面では内容より態度や表情といった視覚・聴覚情報の影響度が93%を占めます。優しく話すより、真剣な態度、少し低い声で話すほうが響きます。


森正文(経営者)

創業時だからこそできたことかもしれませんが、とにかく「あなたの好みのサイトを最初から一緒につくりましょう」と訴えました。ホテルの人も、ネット予約で稼働率を上げたかったんですね。


南場智子

テーマに関して中立かつ公正な立場から見解を聞きたいときには、その人の生業と経歴を調べるといい。要するに、何でメシを食べていて、誰の弟子かということだ。とりあえずこのふたつを押さえたうえで、3人から話を聞ければ、問題の骨格は掴める。


心屋仁之助

「私はこんな人間なんだ……」と落ち込むのではなく、「私はこんな人間なんだ!(笑)」と笑ってしまいましょう。勝手にダメ人間だと思っているだけで、そんなことくらいできなくてもいいのです。だって、できないんですもの。それが自分なのです。わざわざポジティブに考えることさえ必要ないのです。


石原加受子

不安と向き合うときに何より大切なのは、「具体的に細分化して」捉えることです。不安を「ひとつの大きな塊」として見ると恐れは増すばかりです。しかし小分けにすると、解決への道が見えます。


吉田正樹(経営者)

関係を成熟させるには、必ず実際に会って話さなければいけません。しかし、時代の気分を知り、最初の出会いを得るには、ツイッターは十分有益なツールであることは間違いないでしょう。


齋藤薫

私は基本的に、仕事というのは相手に求められてこそあるものだと考えていて、記事で「自分」を語ることはありません。


パトリツィオ・ディ・マルコ

この数年でグッチは危機を乗り越えました。それも単に危機に対処できただけでなく、我々のブランドの歴史や伝統、ストーリーを消費者に伝えることができました。そこに私は大きな満足感を覚えています。