名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

久保征一郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

久保征一郎のプロフィール

久保征一郎、くぼ・せいいちろう。日本の経営者。「ぐるなび」社長。東京都出身。東京工業大学工学部電気工学科卒業後、光陽製作所勤務、テックメイト設立、NKB取締役・常務取締役、ぐるなび専務などを経て社長に就任。

久保征一郎の名言 一覧

スタート時からずっと創造し続けてきたものがぐるなびにとって資産でもあり、逆に破壊すべき対象にもなってきている。


インターネットメディアにとって大切なことは、ユーザーにいかにたくさん、また長時間、サイトに滞在してもらえるか。


誰もやっていないことを追求して仕事をしてきたので、非常にやりがいのある仕事でした。


新しく参画してくれる人には、「何でこんなやり方でやっているの?」と、どんどん言ってもらいたい。創造しながら、壊していくというのがこれからの「ぐるなび」には必要だと思っています。


今までのやり方を当たり前と思わず、あえて破壊してもらいたい。もちろん全部壊す必要はなくて、必要なものは当然残さないといけないのですが、急成長を遂げる中で古いものを壊し損ねてきている。


若い人の斬新なアイデアがこれまで会社を支えてきたと言っても過言ではありません。その若い人のエネルギーを大切にしたい。そして、やる気のある社員が主体的に参加できる環境を作ることも大切。


ぐるなびで楽しくやっていける人は、指示待ちではなく、自ら動ける人。やっていただきたいテーマはたくさんあるので、強い想いを持っていれば、いくらでも大きなこと、やりたいことができる環境にあると思います。


「ぐるなび」はまったく新しい事業なので、顧客を獲得するのは大変ですが、滝(久雄)は、プロパーの人間だけで営業をすることにこだわりました。なぜかというと、代理店を挟むと、メディア側である「ぐるなび」の考え方が飲食店になかなか伝わらないからです。


ぐるなびの使命は「日本の食文化を守り育てる」こと。飲食店や生産者の思いを伝える場所である「ぐるなび」があることで、飲食店や生産者は顧客を増やし、リピーターを増やすことも可能です。そして、それらの活動の結果として、食文化が育ち、日本の文化が豊かになっていくのだと信じています。


振り返って思うのは、やはり最も重要なのは情報の質ということ。それと同時に、量が詰まってなくてはいけない。店舗ごとの特長や魅力といった情報を、いかにきちんと提供できるかが決め手になってくる。


ライバルにはブランド力がありますから、正直、当時は、どうなるかわかりませんでした。ところが、後から登場したライバルのサービスよりも、ぐるなびのサービスのほうが質が高かった。違いは何かというと、ぐるなびは、飲食店情報をどう出すべきか、という本質をしっかり押さえていたことです。また、それができたのは、過去10年間生活情報の提供を手掛けてきたノウハウでした。当時は、それがノウハウだとは思わずに仕事をしていたのですが、知らず知らずに「生活情報は、どう出すべきか」ということを学習していたわけです。


久保征一郎の経歴・略歴

久保征一郎、くぼ・せいいちろう。日本の経営者。「ぐるなび」社長。東京都出身。東京工業大学工学部電気工学科卒業後、光陽製作所勤務、テックメイト設立、NKB取締役・常務取締役、ぐるなび専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

吉本龍司

一見、地味でつまらないように見えるお役所仕事も、主体的に取り組むと楽しくなるのが面白い。


主藤孝司

アイデアを生み出す基本は「シンプル」であること。そして必ず「もととなっている先例(たたき台)」があることだ。実は世の中のアイデアすべてが全くのゼロから生まれ出たものではない。これらのアイデアを新商品にするとき、必ず行われるのが、「足し算」と「引き算」である。


森下篤史

単純な話で、緊張する場面に来たら、普段よりちょっと大きな声で話すように意識すればいいんです。それこそ、堂々と「キョウドウと申します。食器洗浄機を売りに来ました!」っていうように、作戦を変えました。「売りに来ました」なんておかしな話で、結局はセールスなのに、こうやって入ると、受付の人が「これはお通ししないといけないかな?」とか思っちゃって、奥から偉い人が出てくるんです。
【覚書き|食器洗浄機販売会社を立ち上げ、飛び込みセールスを行った当時を振り返っての発言】


佐瀬守男

私のやる気の源は、お客様や従業員を含め、みんなが喜んでくれることです。


江上剛

世界という枠に放り込まれてもいいように、実践的な英語を学ばせることも大切だ。インターネットひとつとっても、英語のサイトにアクセスできるのと、できないのとでは情報の得られ方がまったく違う。世界の広さを認識させることが、子供を骨太にするためのひとつの方法であると思う。


田岡敬

現在は読書はあまりしていません。どちらかというと「人インプット」が得意なので、人とはすごく会いますね。特にこの4、5年はひたすら人と会うようにしています。面白い人とか、仕事上で知り合った人とか、個人的に才能にほれるか人柄にほれるかした人に。


杉山金太郎

米国貿易会社で、私は大変な厚遇を受けており、好景気の波に乗って夢中になって仕事をしている限り、居心地は極めてよかった。しかし、夜半、ふと一人目覚めて「いったい、このままでいいのかしらん」と反省することがないでもなかった。最初、数年の貿易実習のつもりが、20余年にわたっていたのである。
【覚書き|この後、学生時代の同級生に誘われ厚遇を捨て中外貿易会社を設立した】


鈴木清一

相手が喜んでくれるのなら、損の道をゆこう。


松尾静磨

企業というものは社長一人が優れていても、たいしたことではないんです。全社員がそれぞれの能力を十分に発揮できるような、一人一人が気持ちよく働けるような職場づくりをしなければ業績は上がりません。


鉢嶺登

苦しかったことや失敗をあげたらきりがないですが、総括すれば、やっぱり楽しかったですし、社長業をずっと続けたい。


前田東一

計画の実現には、何よりも経営者の強い意志が不可欠です。私も「やり抜く」という強い意志を持って、当社グループの成長を牽引していきます。


エマ・ワトソン

自分にないもので相手を定義するのはやめ、ありのままの自分たちを見つめられたら、みんなもっと自由になれるはず。