名言DB

9490 人 / 112001 名言

久保征一郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

久保征一郎のプロフィール

久保征一郎、くぼ・せいいちろう。日本の経営者。「ぐるなび」社長。東京都出身。東京工業大学工学部電気工学科卒業後、光陽製作所勤務、テックメイト設立、NKB取締役・常務取締役、ぐるなび専務などを経て社長に就任。

久保征一郎の名言 一覧

スタート時からずっと創造し続けてきたものがぐるなびにとって資産でもあり、逆に破壊すべき対象にもなってきている。


インターネットメディアにとって大切なことは、ユーザーにいかにたくさん、また長時間、サイトに滞在してもらえるか。


誰もやっていないことを追求して仕事をしてきたので、非常にやりがいのある仕事でした。


新しく参画してくれる人には、「何でこんなやり方でやっているの?」と、どんどん言ってもらいたい。創造しながら、壊していくというのがこれからの「ぐるなび」には必要だと思っています。


今までのやり方を当たり前と思わず、あえて破壊してもらいたい。もちろん全部壊す必要はなくて、必要なものは当然残さないといけないのですが、急成長を遂げる中で古いものを壊し損ねてきている。


若い人の斬新なアイデアがこれまで会社を支えてきたと言っても過言ではありません。その若い人のエネルギーを大切にしたい。そして、やる気のある社員が主体的に参加できる環境を作ることも大切。


ぐるなびで楽しくやっていける人は、指示待ちではなく、自ら動ける人。やっていただきたいテーマはたくさんあるので、強い想いを持っていれば、いくらでも大きなこと、やりたいことができる環境にあると思います。


「ぐるなび」はまったく新しい事業なので、顧客を獲得するのは大変ですが、滝(久雄)は、プロパーの人間だけで営業をすることにこだわりました。なぜかというと、代理店を挟むと、メディア側である「ぐるなび」の考え方が飲食店になかなか伝わらないからです。


ぐるなびの使命は「日本の食文化を守り育てる」こと。飲食店や生産者の思いを伝える場所である「ぐるなび」があることで、飲食店や生産者は顧客を増やし、リピーターを増やすことも可能です。そして、それらの活動の結果として、食文化が育ち、日本の文化が豊かになっていくのだと信じています。


振り返って思うのは、やはり最も重要なのは情報の質ということ。それと同時に、量が詰まってなくてはいけない。店舗ごとの特長や魅力といった情報を、いかにきちんと提供できるかが決め手になってくる。


ライバルにはブランド力がありますから、正直、当時は、どうなるかわかりませんでした。ところが、後から登場したライバルのサービスよりも、ぐるなびのサービスのほうが質が高かった。違いは何かというと、ぐるなびは、飲食店情報をどう出すべきか、という本質をしっかり押さえていたことです。また、それができたのは、過去10年間生活情報の提供を手掛けてきたノウハウでした。当時は、それがノウハウだとは思わずに仕事をしていたのですが、知らず知らずに「生活情報は、どう出すべきか」ということを学習していたわけです。


久保征一郎の経歴・略歴

久保征一郎、くぼ・せいいちろう。日本の経営者。「ぐるなび」社長。東京都出身。東京工業大学工学部電気工学科卒業後、光陽製作所勤務、テックメイト設立、NKB取締役・常務取締役、ぐるなび専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

福岡伸一

日なたがあれば日陰もある。バブルがあれば不況もある。だから、いま、いくら「不況だ、先行きが見えない」と言っても、いつかは暗いトンネルから抜け出せる。変に焦ってジタバタしないことだと私は考えます。


田中優子(江戸文化研究者)

海外は徹底した競争社会で、自己表現が不可欠といわれますが、必ずしもそうでもない側面もあります。本学の卒業生で、ブルッキングス研究所という米国有数の研究所でシニア・ファイナンシャルマネージャーを務める根本亜紀さんという女性がいます。根本さんが競争に関してこのように話していました。「米国の職場はどうしても自己表現が必要です。だけれども相手の立場に立ってモノを考えて、相手を思いやりながらつなげていくことはもっと必要なことなのです。周りには競争するために、自己表現だけしている人が相当いますが、私の強みは周囲の話に耳を傾けることだと気が付きました。日本社会で育ってきた強みを米国の職場で生かしています」、と。


山本直美(チャイルド・ファミリーコンサルタント)

意欲不足の社員に対して重要なことは、中・長期的な目標なり、プランを与えること。意欲の薄い人というのは、子どもと同様「目の前の時間」を生きる傾向があり、目の前にある仕事をただひたすらこなしているだけ、ということがよくあります。けれども、1年後にどうなりたいか、3年後、5年後にどうなりたいかという目標があれば、「今、この仕事を頑張る意味」を実感し、それが意欲を生む。


吉田尚記

「えっ!?」という相づちは、相手の話への驚きを表します。自分の話に驚いてくれた人には、もっと話したくなりますよね。これがうまいのが、タモリさんです。ご一緒させていただいた番組でも、ゲストの話に適切に「えっ!? そうなの?」と返し、会話を盛り上げていました。使わない方がいいのは、「なるほど」。相手の話を理解した、というニュアンスは伝わりますが、話を終わらせてしまう働きがあるので、注意してください。


秋田正紀

新しいことにチャレンジした人を評価するように人事の評価システムを変えましたが、今後、その新しい制度を社員に浸透させていかなければいけない。いくら制度をつくっても、社員に理解してもらえなければ何の意味もありませんからね。


出井伸之

自分の仕事が繰り返しだと思わないこと。若い頃は書類の整理や上司の雑務などが多く、繰り返しの仕事をしていると感じるかもしれません。しかし、本当にそれは繰り返しでしょうか。例えば、レストランの給仕。毎日料理を運んでいるだけだと考える人もいれば、動線上のお客のグラスが空いていないか確認したり、常連の名前や好みを覚えようとしたりする人もいる。仕事自体は繰り返しでも、どのように捉えるかは自分次第。そして、後者の考え方でいればクリエイティブな仕事をできるようになるでしょう。


太田光

僕はまだ「これまでの漫才をもう少し洗練させる」といった程度のものしかつくれていないんですが、本当は誰もやったことがないものを生み出したい。


柴田健一(経営者)

会社員時代は朝6時に起きて、7時には会社近くの喫茶店に到着。2時間はたっぷり自分のために時間を使うことで、やりたいことを実現してきました。
【覚書き|柴田氏はMBAと米国公認会計士を独学で取得した】


松尾正彦

準備はしておいた上で、タイミングを見て一気に乗り出す。忍耐は必要ですが、それが経営者の肝ですね。


加藤弘康

焼き鳥屋というと、競合が多すぎてオリジナリティが出しづらい。そこで考えたのが、串に刺さない烏業態でした。そこから生まれたのが、骨付き烏や唐揚げとハイボールをミックスさせた業態です。


古河建規

業務上、強く意識しているのは、「ソライズは、ここまでやるか」と言われるまでやりきり、お客様に感動していただくことです。


堤幸彦

生来のあまのじゃくな性格もあって、他の人がつくるような映画はつくりたくないという思いも、いつも持っています。