久保征一郎の名言

久保征一郎のプロフィール

久保征一郎、くぼ・せいいちろう。日本の経営者。「ぐるなび」社長。東京都出身。東京工業大学工学部電気工学科卒業後、光陽製作所勤務、テックメイト設立、NKB取締役・常務取締役、ぐるなび専務などを経て社長に就任。

久保征一郎の名言 一覧

スタート時からずっと創造し続けてきたものがぐるなびにとって資産でもあり、逆に破壊すべき対象にもなってきている。


インターネットメディアにとって大切なことは、ユーザーにいかにたくさん、また長時間、サイトに滞在してもらえるか。


誰もやっていないことを追求して仕事をしてきたので、非常にやりがいのある仕事でした。


新しく参画してくれる人には、「何でこんなやり方でやっているの?」と、どんどん言ってもらいたい。創造しながら、壊していくというのがこれからの「ぐるなび」には必要だと思っています。


今までのやり方を当たり前と思わず、あえて破壊してもらいたい。もちろん全部壊す必要はなくて、必要なものは当然残さないといけないのですが、急成長を遂げる中で古いものを壊し損ねてきている。


若い人の斬新なアイデアがこれまで会社を支えてきたと言っても過言ではありません。その若い人のエネルギーを大切にしたい。そして、やる気のある社員が主体的に参加できる環境を作ることも大切。


ぐるなびで楽しくやっていける人は、指示待ちではなく、自ら動ける人。やっていただきたいテーマはたくさんあるので、強い想いを持っていれば、いくらでも大きなこと、やりたいことができる環境にあると思います。


「ぐるなび」はまったく新しい事業なので、顧客を獲得するのは大変ですが、滝(久雄)は、プロパーの人間だけで営業をすることにこだわりました。なぜかというと、代理店を挟むと、メディア側である「ぐるなび」の考え方が飲食店になかなか伝わらないからです。


ぐるなびの使命は「日本の食文化を守り育てる」こと。飲食店や生産者の思いを伝える場所である「ぐるなび」があることで、飲食店や生産者は顧客を増やし、リピーターを増やすことも可能です。そして、それらの活動の結果として、食文化が育ち、日本の文化が豊かになっていくのだと信じています。


振り返って思うのは、やはり最も重要なのは情報の質ということ。それと同時に、量が詰まってなくてはいけない。店舗ごとの特長や魅力といった情報を、いかにきちんと提供できるかが決め手になってくる。


ライバルにはブランド力がありますから、正直、当時は、どうなるかわかりませんでした。ところが、後から登場したライバルのサービスよりも、ぐるなびのサービスのほうが質が高かった。違いは何かというと、ぐるなびは、飲食店情報をどう出すべきか、という本質をしっかり押さえていたことです。また、それができたのは、過去10年間生活情報の提供を手掛けてきたノウハウでした。当時は、それがノウハウだとは思わずに仕事をしていたのですが、知らず知らずに「生活情報は、どう出すべきか」ということを学習していたわけです。


久保征一郎の経歴・略歴

久保征一郎、くぼ・せいいちろう。日本の経営者。「ぐるなび」社長。東京都出身。東京工業大学工学部電気工学科卒業後、光陽製作所勤務、テックメイト設立、NKB取締役・常務取締役、ぐるなび専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

曽山哲人

決断を避けて「リスクを取らないでいるリスク」のほうが、ずっと怖いのです。リスク怖い病にならないようにするには、決断経験を重ね、挑戦を許容できる体質になるべきです。


澤田秀雄

数々の失敗があったからこそ、今がある。


和崎信哉

上質にこだわった成果の1つとして、「ドラマW」というシリーズをはじめ良質なオリジナルドラマが生まれてきていました。最初は監督も脚本家も、地上波や映画の仕事の合間にWOWOWの仕事をしていたのです。それが「WOWOWのドラマは好きなことをやらせてくれる」と話題になってきました。地上波とは差別化を図ったドラマがいくつも作られて、監督から企画が持ち込まれるケースも出て来ました。


白石康次郎

絶対に世界一周したいと思って頑張りました。やっぱり狙いは明確にしておくことが大事なんです。


堀田浩司

アレジ(F1レーサーのジャン・アレジ)がフェラーリに乗ることになって、彼の日本でのマネジメントを頼まれたのが、海外の選手をマネジメントする仕事を始めたきっかけです。サッカー事業は「F1だけじゃなく、サッカーもやってみたら?」と、友人からユベントスのスタッフを紹介されたのがはじまりでした。


野村亮太

とくに初心者のうちは、何がよくて、何が悪いのかがわかりません。そこで下手な人を見れば、「こうするのはまずいんだな」とすぐわかります。


セネカ

憤怒より自分を抑えるには、他人の怒れるときに静かにそれを観察することである。


なかにし礼

銃弾は前から飛んでくるとは限らない。あるときは後ろから仲間に撃たれることもあるでしょう。上司を信頼しすぎても危ない。


新浪剛史

将来を変え、あるべき日本にするためにも、若い人たちは諦めてはならない。私も「諦めかけた」ことは何度となくありますが、最後は決して諦めなかった。自分の人生は、自分の手で作っていくものです。ジワジワですが、その気になれば本当に事態は好転していきます。


大平浩二

見方を変えれば、早期に不正が表に出たり、不祥事が明らかになるのは、企業にとって実はよいことなのです。なぜなら、逆に表に出なければ、それだけ不健全な隠ぺい体質が長く続き、その間、社員が苦しむことになり、多くの人がその犠牲になるからです。


石井光(経営者)

節税対策のための不動産というと、割高な不動産商品ばかりが目に付きます。しかし私達は、これまで通り「安くて良い商品」「将来にわたって資産価値の残る商品」をご提供します。私達が提案するものはすべてオーダーメイド。土地を再活用するプラン、新しく物件をつくり上げるプラン、既存の物件を購入するプラン等々、お客様のご事情によって提案する内容は変わってきます。場合によっては、物件を買わない方がいい、というお話をさせていただくかもしれません。何よりもお客様のメリットが第一と考えているからです。


酒井眞一郎

当社の人事制度は自分がなぜこのような評価なのか、何をやれば昇格するのかなど、全部公開しています。


津田秀樹

会話で相手に質問できないのは、質問しようという心掛けが足りないのではなく、相手に興味を持っていないからです。相手に興味があれば質問が湧いてきます。まずは相手に興味を持つことが肝心です。


玉塚元一

戦略はあるし実行する武器もある。大切なのは実行するスピードであり、より精度を高めることである。


三浦将

メンタルコーチングで一番大事な質問は、「本当にやりたいことは何ですか?」。それを自分に問いかけるのです。「家族と時間を共有したい」だったら、逆算して「朝に時間をつくるため早起きする」と習慣を見つけていく。自分の軸がわかると継続力が生まれるし、やらなくていいことの断捨離ができて、節約した時間を大切なことに注げます。


ページの先頭へ