名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

久保哲也の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

久保哲也のプロフィール

久保哲也、くぼ・てつや。日本の経営者。「SMBC日興証券」社長。鹿児島県出身。京都大学法学部卒業後、住友銀行に入行。香港支店長、米州本部長、専務、副頭取などを経てSMBC日興証券社長に就任。

久保哲也の名言 一覧

目標の数字は達成しなければならない。しかし、堂々と仕事をしなければいけない。


人生はわからないもの。


証券会社の良いところを、銀行流で何でも変えていくのはマイナス。証券の強みを残しながら経営することが大事。一方で銀行のお客様、経営手法、人材などを活用することはプラス。


久保哲也の経歴・略歴

久保哲也、くぼ・てつや。日本の経営者。「SMBC日興証券」社長。鹿児島県出身。京都大学法学部卒業後、住友銀行に入行。香港支店長、米州本部長、専務、副頭取などを経てSMBC日興証券社長に就任。

他の記事も読んでみる

近藤淳也

ユーザーが主役である、という点はずっと一貫してます。


釜和明

数字を挙げて説明することは得意ですが、パッションあふれる言葉で訴えかけるのは苦手です。


吉田正昭

モチベーション維持の対策はタブレットを利用した「効果実感」ですね。動画や静止画をiPadで撮影し、ご自分の動きをビジュアルで見て理解していただいています。運動した後では歩き方や姿勢が改善するので、ご自分で運動前と運動後を見比べるだけで「やっぱり体を動かしたら変わるね」と自信を持っていただき、それがモチベーションになっていると思います。


臼井由妃

ビジネスの文章では難しい表現を使って流麗な名文を書く必要はありません。すばやい伝達には、平易な文のほうがはるかに役立ちます。私はよく、「中学一年生でも理解できる文」を使って書くよう、部下たちに勧めています。読み手が短時間で要点をつかむには、そのレベルの読みやすさが最適なのです。


中井政嗣

「~べき」思考は自分の考えを狭める。他人に対してもその考え方を押しつけるので、人間関係もギクシャクしてくる。「~べき」ではなく、「~したらベターだ」と思うことが大事。


日野原重明

医者に頼りきりではいけません。皆さんの健康は皆さん自身が守るのです。


藤井英敏

大きなリスクを取れるならば、株式市場が暴落した局面など株が安くなったときに、直近の高値からかなり売り込まれている銘柄を探して買う方法がよい。それも、倒産するのではと言われているほど売り込まれた株を買う。上場企業が倒産することは確かにあるが、実際にはそう簡単には倒産しないものだ。支援企業が現れたり、立ち直ったりして株価が上昇に転じることはおおい。また、仮に倒産しても、そのニュースが流れた直後は株価が上昇することも往々にしてある。こうして買った銘柄の株価が50から100%程度上昇したら利益を確定させ、次に株価が安くなったときを待つ。このような短期売買を繰り返して行う。


三屋裕子

自信はないけど、負けるのは嫌い。ずっと自身がなかった。現役時代、自分がすごい選手だと思ったことがない。スパイク賞やサーブ賞をとっても、これで満足しちゃいけないと思ったし、下手だからとにかく練習しなきゃと思った。


執行草舟

日本ではルネサンスが起こらなかったから程度が低いと西洋人はとらえていますが、とんでもないことです。ルネサンスがなかったから、今でも日本古来の考えが生きていて、人間には悪いところもいいところもあって、悪いところがあるからいいところも出てくるという真理がわかっている。善と悪は対立するという西洋的な二元論ではなく、善と悪は入り交じっていることを知っているのが日本文明なんです。だから人間とは愛すべきものなのです。


成毛眞

人脈づくりは大切です。私の場合は、31歳のときに同世代に声をかけて勉強会を始めました。当時はみんなぺーぺーでしたが、20年経って、そこから大臣経験者が3人出ました。それくらい時間のかかるものですから、20代から人脈づくりを始めても、決して早すぎるということはありません。


五十嵐光喜

最も気を付けているのは、食事の量のコントロールです。間食はせず、ジュースも飲まない代わりに、朝昼晩しっかり食べています。暇だなと思うと食べてしまうので、忙しくしていることが一番のダイエット法です。また、休日も何もしないと逆に疲れてしまうので、何かしら活動しています。そう考えると、日々、忙しくしていることも健康法の1つかもしれません。


松本正義

長期にわたる基礎研究のスタート時点では、市場のニーズが顕在化していない場合が多い。目先のニーズを満たすために、基礎研究を始めるわけではないのです。だからこそ、技術者と経営陣が「この技術はいつか必ず世の中に必要とされる」と信じて、続ける覚悟が必要だと思います。