名言DB

9419 人 / 110788 名言

久保哲也の名言

twitter Facebook はてブ

久保哲也のプロフィール

久保哲也、くぼ・てつや。日本の経営者。「SMBC日興証券」社長。鹿児島県出身。京都大学法学部卒業後、住友銀行に入行。香港支店長、米州本部長、専務、副頭取などを経てSMBC日興証券社長に就任。

久保哲也の名言 一覧

目標の数字は達成しなければならない。しかし、堂々と仕事をしなければいけない。


人生はわからないもの。


証券会社の良いところを、銀行流で何でも変えていくのはマイナス。証券の強みを残しながら経営することが大事。一方で銀行のお客様、経営手法、人材などを活用することはプラス。


久保哲也の経歴・略歴

久保哲也、くぼ・てつや。日本の経営者。「SMBC日興証券」社長。鹿児島県出身。京都大学法学部卒業後、住友銀行に入行。香港支店長、米州本部長、専務、副頭取などを経てSMBC日興証券社長に就任。

他の記事も読んでみる

奈良雅弘

出来事の意味を明らかにする思考、すなわち「解釈」もまた、感情の発生に関わっている。私たちが何かを評価するときには、出来事そのものでなく、いったんその「意味」を明らかにし、そのうえで「いい悪い」を評価することが多い。つまり、解釈し、見出した意味が「いい悪い」という評価につながると、感情が発生するのだ。


中村雅知

経営会議や常務会前の根回し禁止です。かつて根回しは会社員の常識でした。でも、事前に話を聞いていない人は「自分は聞いてない」と言って非協力的になりがちです。だから会議の場できちんと話し合って決めるのです。


由井常彦

不況期にあまりに深刻に考えると判断を誤ることになります。むしろ長期的、ときには超長期的に考えることが必要で、そこから冷静な判断と努力が大切なことだということです。


高橋がなり

SODという会社をつくって、アダルトビデオをつくり始めたのは、アダルトでいい作品をつくるためじゃないんです。アダルトは僕にとっては手段なんです。まず何かで勝たなければ何もできないから、一番勝てそうなものを探した結果がアダルトビデオだった。まだ業界も成熟していないし、携わっている人間のレベルも低いし、ここなら勝てると。


佐々木かをり

自分がそこそこのレベルで満足するのではなくて、本当の大舞台に立った時にも満足いくだけの能力や技量を身につけつけているかどうかを考えてみると、頭のストレッチ運動になるんです。自分の周りにいる人と比較していると、周りが縮んできたときには自分も縮んじゃうんです。そうじゃなくて一番高くて遠いところまで想像力を働かせれば、戻ってきても、さっきよりずっと自分の考え方が広くなっている。そういうことなんです。


久保利英明

まずは動いてみること。そうすれば見えてくるものがある。


鈴木郷史

現場で働いている皆の顔が思い浮かぶとき、この大切な日々の現場を守らなければという気持ちが強くなります。カウンセリング1st.にしても、社長が言ったから変わるのではないんです。現場が心底納得し、そうしたほうがいいと思うから変わるのであって、会社を支えているのは最前線にいる一人一人なのです。


三喜俊典

社長就任以来、ずっと言っているのは「日新製鋼という会社の存在感と存在価値をあげよう」ということです。弊社の商品そのものはコンビニで売っているわけではないし、テレビで宣伝をしているわけでもないですから、一般の方々の間での弊社の知名度は決して高くありません。でもそれは、考えようによってはビジネスチャンスになります。弊社のことを知らない人に知ってもらえば、いままで考えつかなかった変化が生まれる可能性があるわけですから。


西口尚宏

イノベーションとは一度挑戦してすぐにできるほど易しいものではありません。何度も試行錯誤しながら練習しないと一生できません。人はありとあらゆることを練習しながら身に付けます。しかし、日本人はそういったイノベーションの練習や教育の機会がなかった。したがって、企業が社員に練習させるほか、イノベーションを身に付ける方法はないと言えます。裏返して言えば、練習すればするほど、イノベーションは実現できるということを意味しています。経営者は社員にどんどんイノベーションの練習をさせることが重要なのです。練習もさせずに成功だけを期待するのが一番まずい経営です。


勝海舟

西郷は実に漠然たる男だった。この難局を俺の肩に投げかけておいて行ってしまった。「どうかよろしくお頼み申します。後の処理は勝さんが何とかなさるだろう」と言って、江戸を去ってしまった。この漠然たる「だろう」には俺も閉口した。実に閉口したよ。西郷の天分が極めて高い所以は、実にここにあるのだよ。【覚書き|大政奉還直後、幕府から新政府へ政治が引き継がれる途中、一時的に無政府状態になったときの話。西郷隆盛は旧幕派の海舟に事後処理を任せ薩摩へ帰った。信頼した人物に仕事を一任するという、西郷の仕事のやり方を良くあらわしたエピソード】