名言DB

9,520 人 / 112,352 名言

久保利英明の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

久保利英明のプロフィール

久保利英明、くぼり・ひであき。日本の弁護士。「日比谷パーク法律事務所」代表。埼玉県出身。東京大学法学部在学中に司法試験に合格。卒業後、森綜合法律事務所に入所。その後、日比谷パーク法律事務所を開設。そのほか、第二東京弁護士会会長、日本弁護士連合会副会長、大宮法科大学院大学教授などを務めた。

久保利英明の名言 一覧

天職との邂逅がもたらす高揚感こそが人生だ。


海外に行って初めて、日本の姿が見えることがある。


まずは動いてみること。そうすれば見えてくるものがある。


今の若い人の多くは、何をしたらいいか分からない、と言います。だけども、何も動かないでそれを見つけられるわけがありません。


算盤勘定が先に立って、儲かるからこれ位はいいやと思っている会社はすぐにガタガタになる。


良い社風と悪い社風があって、悪い遺伝子を払拭したところは会社を再建できるし、払拭できないところは会社がダメになっていく。


間違えたDNAを引き継いだ人は何度でも同じ間違いをします。これは会社も同じ。つぶれる会社は何遍もつぶれるのと一緒です。


上手くいくことが勝つとは限りません。ですから、勝ったり負けたりでいいんですね。双方折り合える落としどころへきちんともっていけるだけの余裕がある人が「交渉上手」なんです。


企業風土があやしい所は必ず問題を起こす。長年積み重ねられた企業風土はなかなか変えるのが難しい。正しい企業風土作りはこれからの課題。


是非、若い人には高い志を持ってもらいたい。そのためには、誰かに流されたり、空気を読んだり、風に吹かれたりするのではなく、自分はこういう人生を歩みたい、ということを早く見つけることが大事です。


社員が問題を指摘してくれたら、よく通報してくれたと褒めてあげられる組織にしないといけません。会社は皆さんの味方ですよというメッセージを出していければ、その会社は伸びていくと思うし、逆に通報した社員をさらし者にして左遷するような会社は伸びません。いずれつまずきます。


今まで日本は現場が強いと言われてきたんだけれども、それは昔教わったことをやるだけだったからです。でも、今は法律や制度が変わって、社会常識も変わってきている中で、それに気付かなかったり、追い付けない現場というのは無能と言わざるを得ません。周りがモノを言えない空気に胡座をかいているだけの現場は、やはり無能なんです。


おふくろの言葉で印象深かったのは「山より大きいイノシシは出ないよ」という言葉。何か決断をする時にリスクを思い躊躇していると、おふくろはこう言って踏み切るように背中を押してくれました。私が今でも、やるかやらないか迷ったらやる、やる以上は徹底的に準備し猛然と前進する、という人生を歩んだのはこの力が大きいと感じています。


久保利英明の経歴・略歴

久保利英明、くぼり・ひであき。日本の弁護士。「日比谷パーク法律事務所」代表。埼玉県出身。東京大学法学部在学中に司法試験に合格。卒業後、森綜合法律事務所に入所。その後、日比谷パーク法律事務所を開設。そのほか、第二東京弁護士会会長、日本弁護士連合会副会長、大宮法科大学院大学教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

大塚周一

みなさんが思っているほど、融合で頭を悩ませているわけではありません。要は勝つための絵を描けるか。大荷物のところを清算して、強みとするところを明確にし、やりましょうと言えば反論する人はいません。
【覚書き|ジャパンディスプレイの発足について語った言葉】


佐々木常夫

お金を借りるほうも、銀行は自分たちの利益を優先して動くものだという事実を前提として考え、行動しなければいけない。


山下泰裕

「念じ続ければ必ず結果が出る」というのは私の実感。私は「やれる!」と信じました。誰よりも努力しました。一戦一戦に全力を尽くし、どんな厳しい状況に立たされても、持てる力のすべてを出し切ろうと練習を積みました。その結果、目標を達成しました。


石田孝

人を育てる際は、「厚情必ずしも人情ならず」という言葉も重要だと思います。初期にアドバイスは出さず、あえて突き放してやらせてみる。これが大事だと思います。任せられたら、人はちゃんとやります。この会社をどういう方向に向けていくのか。上からの指示を待つのではなく、自分の意見を持ち、それこそ自分に道をつくる。それが大切です。


ジョン・ジェイ(アートディレクター)

アートディレクターは、世界をどう理解しているか、ということが問われます。


廣瀬光雄

アメリカで生活していた私の体験では、信号が赤だったら渡ってはいけないという理解ではありません。あくまでも危ないよという警告です。つまりは、自己責任ということです。自分で判断して対応しなければならないわけです。赤信号は向こうから車が来るよというサインであって、道路を渡ってはいけないと法律に書かれているわけではないのです。ですから日本とはスピリットが違うということになります。アメリカは自由の国です。イギリスのジェントルマンがルールで締め付ける世界から飛び出して自由を求めたわけです。ですから、アメリカの精神は今でも自由であり、規制を作ることを嫌う国でもあるわけです。ですから、信号の赤はルールではなく、警告になるのです。私はこのことをアメリカ人の友人に教わりました。このことは逆に言えば常に抜け穴があるとも言えます。しかし、自由であるということは必ず責任が伴います。


水野学

顧客にはできる限り事務所に来ていただいています。途中で資料が必要になっても、社内ならすぐに提示できる。一度、持ち帰るという無駄が解消できるのです。


冨安徳久

最初の職場で受けた教育は、その後もずっとその人に影響を与え続けます。同業他社で仕事をしてきた方を採用すれば、要領を得ていますから最低限の業務はできるでしょう。しかし、感動を生むために、もう一歩踏み込んだ仕事をするかと言うと疑問です。なまじ業界を経験しているだけに、私たちが求める社員像に近づくのは難しいかもしれません。したがって、提携やM&Aを行う際には、ティア本体以上に相当な力を入れて教育しなければならないと考えています。


平井正修

昨年の流行語のひとつに、「お・も・て・な・し」があった。おもてなしとは本来、極めて禅的な言葉なのだが、IOC総会で2020年のオリンピック開催都市として「TOKYO」の名前が読み上げられた瞬間、おもてなしとはかけ離れた光景が繰り広げられたことは、返す返すも残念であった。もてなすとは、禅的にいえば無私と同じことである。私を無にして、一切合財を相手の立場に立って考え、相手の立場に立って行動する。もてなすとはいわば、私を捨て去る行なのである。もしもおもてなしの国だと言うのなら、まずは招致レースを競い合ったマドリッドとイスタンブールの人々の気持ちに思いを馳せるべきであった。東京での開催決定にガッツポーズを取り、抱き合って喜びを爆発させる招致委員たちの姿は、どこからどう見ても、私心の塊としか言いようのないものであった。


出口汪

読むだけでなく「書く」ことも有効。手を動かして確認することで、より集中力が高まります。キーワードにマーカーを引く、重要事項をノートに整理するなどの作業で、記憶をさらに強めましょう。ノートは、書いた後も繰り返し見てチェックし、覚えられたところは塗りつぶしましょう。塗りつぶし用のノートの他に、保存用として綺麗に清書したノートを作るのも良い方法。いわば、「書く」というアウトプットの反復です。アウトプットは、記憶を強化するには最適の方法です。


松村清

ダラダラ話されるのは一番困る。結論を最初に述べるという習慣をつけることが大切だ。理由はその後でいい。最初に「今日のプレゼンで伝えたいことは3つです」と言う。そうすると聞くほうは、準備ができて理解しやすい。


高畠靖雄

エキテンは自社メディアですので、自分たちで企画して実行することができます。自分たちで企画したものをサービスに反映させればすぐにレスポンスがあるというところは、やりがいがあるのかなと思います。