名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

久保利英明の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

久保利英明のプロフィール

久保利英明、くぼり・ひであき。日本の弁護士。「日比谷パーク法律事務所」代表。埼玉県出身。東京大学法学部在学中に司法試験に合格。卒業後、森綜合法律事務所に入所。その後、日比谷パーク法律事務所を開設。そのほか、第二東京弁護士会会長、日本弁護士連合会副会長、大宮法科大学院大学教授などを務めた。

久保利英明の名言 一覧

天職との邂逅がもたらす高揚感こそが人生だ。


海外に行って初めて、日本の姿が見えることがある。


まずは動いてみること。そうすれば見えてくるものがある。


今の若い人の多くは、何をしたらいいか分からない、と言います。だけども、何も動かないでそれを見つけられるわけがありません。


算盤勘定が先に立って、儲かるからこれ位はいいやと思っている会社はすぐにガタガタになる。


良い社風と悪い社風があって、悪い遺伝子を払拭したところは会社を再建できるし、払拭できないところは会社がダメになっていく。


間違えたDNAを引き継いだ人は何度でも同じ間違いをします。これは会社も同じ。つぶれる会社は何遍もつぶれるのと一緒です。


上手くいくことが勝つとは限りません。ですから、勝ったり負けたりでいいんですね。双方折り合える落としどころへきちんともっていけるだけの余裕がある人が「交渉上手」なんです。


企業風土があやしい所は必ず問題を起こす。長年積み重ねられた企業風土はなかなか変えるのが難しい。正しい企業風土作りはこれからの課題。


是非、若い人には高い志を持ってもらいたい。そのためには、誰かに流されたり、空気を読んだり、風に吹かれたりするのではなく、自分はこういう人生を歩みたい、ということを早く見つけることが大事です。


社員が問題を指摘してくれたら、よく通報してくれたと褒めてあげられる組織にしないといけません。会社は皆さんの味方ですよというメッセージを出していければ、その会社は伸びていくと思うし、逆に通報した社員をさらし者にして左遷するような会社は伸びません。いずれつまずきます。


今まで日本は現場が強いと言われてきたんだけれども、それは昔教わったことをやるだけだったからです。でも、今は法律や制度が変わって、社会常識も変わってきている中で、それに気付かなかったり、追い付けない現場というのは無能と言わざるを得ません。周りがモノを言えない空気に胡座をかいているだけの現場は、やはり無能なんです。


おふくろの言葉で印象深かったのは「山より大きいイノシシは出ないよ」という言葉。何か決断をする時にリスクを思い躊躇していると、おふくろはこう言って踏み切るように背中を押してくれました。私が今でも、やるかやらないか迷ったらやる、やる以上は徹底的に準備し猛然と前進する、という人生を歩んだのはこの力が大きいと感じています。


久保利英明の経歴・略歴

久保利英明、くぼり・ひであき。日本の弁護士。「日比谷パーク法律事務所」代表。埼玉県出身。東京大学法学部在学中に司法試験に合格。卒業後、森綜合法律事務所に入所。その後、日比谷パーク法律事務所を開設。そのほか、第二東京弁護士会会長、日本弁護士連合会副会長、大宮法科大学院大学教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

伴淳三郎

若いうちにうんと貧乏を味わいなさい。そして苦しみなさい。悩みなさい。


小倉広

まずは、自分が周囲から信頼される人間になることが大事ですね。結局のところ、それに尽きるんです。周囲から信頼されるためには、「自分のことだけでなく、相手やチームのことを考えて行動すること」「言うこととやることを一致させること」の2つが大切。ただ、それを実践するのはなかなか難しいことです。だから、小さな行動習慣から始めて、クセをつけましょう。


ケリー・マクゴニガル

取りかからなければならないことをグズグズと先延ばしにしている学生には、なぜそれがその人にとって大事なのか、説明してもらいます。もしうまく説明できないようなら、間違った目標を設定している可能性があります。その人が本当に求めている目標(ゴール)や目的でないから、やる気が出ないのです。


坂戸健司

「積極的に関係を深めたい人」の名刺が1%ほどあり、これは手帳に貼って持ち歩いてます。再会のチャンスをつかみ、ビジネスにつなげるためです。実のところ、私の仕事の成果の99%は、この1%の名刺で決まるので、99%の名刺の検索性には、こだわりすぎないようにしています。「必要な名刺を後から探す」のでなく、「成果につながる名刺を最初に選んで、手元に置く」。そんなアプローチもアリではないでしょうか。


ジム・ロジャーズ

「観察」を重視するスタイルは、若い時分に空売りで大失敗したことが深く関係している。あるとき、市場の暴落を予想して空売りを仕掛け投資資金を3倍にしたんだ。有頂天になり、その後も上昇を待って空売りをしたんだが、今度は大負けして、資金の大半を失うことに。企業の財務や業績が悪くても株価は上昇することもあるし、その反対だってある。市場では予測がつかないクレージーなことが起きると痛感させられたよ。だからこそ常に観察することが大事なんだ。


志村けん

多少辛いとか何とかあってもね、舞台でウケちゃったときの気持ちよさ、あの感覚はやめられないね。


中鉢良治

会社を支えているのはミドルです。もっと自分で考えて行動してほしい。そうできる環境を整えるのが我々、経営者の仕事です。ミドルが元気にならないとソニーも日本も元気になりません。


杉原麻美

メディアから発せられるのは、「働く女性が子育てするのは大変」という負の情報ばかり。でも実際は、それができている人も大勢いるんです。だから、大変だという話よりも、壁を乗り越えている人の話を聞いてほしいです。


カーリー・フィオリーナ

リーダーの仕事は介入することでもなければ、指導することでもなく、先頭に立つことでさえない。ものごとが上手くいっているときは、はっきり言って部下は上司を必要としていない。何かが上手くいかなくなったとき、当事者である彼らには原因がわからず、したがって解決できないとき、初めてリーダーの出番が回ってくる。つまり、リーダーは医師のようなものだ。対症療法をするのではなく、病気の根本原因を見つける。


久野康成

壁にぶち当たったときこそ、次の成長に向かうチャンス。


角井亮一

13年間やってきて、一番よかったと思うのは、お客様から感謝の言葉をいただくとき。


出雲充

バブル崩壊以前に社会に出た方は、アグレッシブなコンプレックスを持っていらっしゃるように感じます。昔は裕福ではなかったから、良いものを食べたい、良いクルマに乗りたい、家が買えるような値段の時計が欲しい。それが原動力になって、めちゃくちゃに働いて、会社を大きくされた方が多い。しかし、私や同世代の経営者は違います。豊かな時代、それもデフレで物価がどんどん安くなっていく時代に育ったという原体験があります。そうなると、「もっとお金が欲しい」なんていう発想は出てきようがないのです。そういう環境にいると、サプライズに対する飢えが生まれます。