久保利英明の名言

久保利英明のプロフィール

久保利英明、くぼり・ひであき。日本の弁護士。「日比谷パーク法律事務所」代表。埼玉県出身。東京大学法学部在学中に司法試験に合格。卒業後、森綜合法律事務所に入所。その後、日比谷パーク法律事務所を開設。そのほか、第二東京弁護士会会長、日本弁護士連合会副会長、大宮法科大学院大学教授などを務めた。

久保利英明の名言 一覧

天職との邂逅がもたらす高揚感こそが人生だ。


海外に行って初めて、日本の姿が見えることがある。


まずは動いてみること。そうすれば見えてくるものがある。


今の若い人の多くは、何をしたらいいか分からない、と言います。だけども、何も動かないでそれを見つけられるわけがありません。


間違えたDNAを引き継いだ人は何度でも同じ間違いをします。これは会社も同じ。つぶれる会社は何遍もつぶれるのと一緒です。


算盤勘定が先に立って、儲かるからこれ位はいいやと思っている会社はすぐにガタガタになる。


良い社風と悪い社風があって、悪い遺伝子を払拭したところは会社を再建できるし、払拭できないところは会社がダメになっていく。


上手くいくことが勝つとは限りません。ですから、勝ったり負けたりでいいんですね。双方折り合える落としどころへきちんともっていけるだけの余裕がある人が「交渉上手」なんです。


企業風土があやしい所は必ず問題を起こす。長年積み重ねられた企業風土はなかなか変えるのが難しい。正しい企業風土作りはこれからの課題。


是非、若い人には高い志を持ってもらいたい。そのためには、誰かに流されたり、空気を読んだり、風に吹かれたりするのではなく、自分はこういう人生を歩みたい、ということを早く見つけることが大事です。


社員が問題を指摘してくれたら、よく通報してくれたと褒めてあげられる組織にしないといけません。会社は皆さんの味方ですよというメッセージを出していければ、その会社は伸びていくと思うし、逆に通報した社員をさらし者にして左遷するような会社は伸びません。いずれつまずきます。


今まで日本は現場が強いと言われてきたんだけれども、それは昔教わったことをやるだけだったからです。でも、今は法律や制度が変わって、社会常識も変わってきている中で、それに気付かなかったり、追い付けない現場というのは無能と言わざるを得ません。周りがモノを言えない空気に胡座をかいているだけの現場は、やはり無能なんです。


おふくろの言葉で印象深かったのは「山より大きいイノシシは出ないよ」という言葉。何か決断をする時にリスクを思い躊躇していると、おふくろはこう言って踏み切るように背中を押してくれました。私が今でも、やるかやらないか迷ったらやる、やる以上は徹底的に準備し猛然と前進する、という人生を歩んだのはこの力が大きいと感じています。


久保利英明の経歴・略歴

久保利英明、くぼり・ひであき。日本の弁護士。「日比谷パーク法律事務所」代表。埼玉県出身。東京大学法学部在学中に司法試験に合格。卒業後、森綜合法律事務所に入所。その後、日比谷パーク法律事務所を開設。そのほか、第二東京弁護士会会長、日本弁護士連合会副会長、大宮法科大学院大学教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

小林誠(物理学者)

基礎研究の世界は、まさしく死屍累々です。失敗する人がたくさんいて、その中から、いくつか成果が出ればよいわけです。こういう研究は、国や大学が担うべきものです。


井阪隆一

日々心がけているのは、話を「聞く」こと。「話す」ことよりエネルギーがいりますが、根気よく話を聞くことが何よりも大事。部下からの話を聞かずにこちらが一方的に話していたら、誰も情報を伝えてくれなくなる。情報が入ってこなくなったら、裸の王様でしょう?


鈴木修

人間の能力の差は、体力・気力・努力次第で簡単に逆転する。要はやる気次第だ。やる気を出せばなんでもできる。


稲盛和夫

商売には「損して得とれ」という言葉もあり、今回は目をつぶり、次で儲けさせてもらうという考え方もあります。とはいっても、シビアに原価計算ができていないと、どこまでなら値下げしていいか、判断をくだせません。


渡部卓

人の話を聞かない上司の対処法は、「おだてる」こと。話を聞かない上司にはタイミングを見て、「いつもじっくり話を聞いてくださりありがとうございます!」とさりげなく芝居をうつのです。人間は褒められると、その行動を繰り返す性質があります。上司は知らず知らずのうちに自分の悪癖を改善し、「良い上司」に近づく可能性もあります。「ゴマすりは嫌だ」などと考えず、ここは戦略的にお世辞を使うのも、試す価値がある選択です。


森正文(経営者)

人生にはいいときも悪いときもあります。大変なことや辛いことがあっても、何とかなる。その覚悟さえあれば、必ずや光明が見えてくると信じています。


富田直人(経営者)

30代になってから自分の将来について真剣に考えるようになって、このままではサラリーマンとして流されるだけだなと不安を感じていました。また父親が自営業ということもあり独立心も強く、何をするかも決めずに、35歳の誕生日に辞表を提出しました。独立ありきで会社をやめたのです。


太田彩子

営業はやみくもに回るのではなく、「この提案は中小企業向き」など仮説を立てることが大事です。すると中小の社長の集まる会合に顔を出すといったアイデアも出てきて道筋が見えてきます。


村上崇

私は生活動線上でモチベーションを上げていきます。まず、起床直後に入るトイレに市販されているドラッカーの365日の日めくりカレンダーをかけておき、用を済ませながら読みます。通勤時には、音で脳を覚醒させます。定番はお気に入りの映画音楽と、中国明代末期の学者・洪自誠による人生訓の書『菜根譚』のオーディオブックです。味わい深い名言がじわりと染みてきます。忙しい時期には、つい近視眼的になってしまいますが、古典の名文を読み聞きすると物事を俯瞰できます。もやもやした気持ちが消えて、エンジン全開で仕事ができるんです。


寺尾玄

燃え尽きるためには、楽しいことをやらなければいけないと思っています。それは、楽しくないと頑張れないから。「楽しい」と思えるのは「好きなこと」をやっている時。ですから結果として私は、「好きなことをやっているかどうか」が仕事における方針になっています。やりたいことを選び続けていれば、きっと自分の人生は満足のいくものになる。そのベースにあるのが「燃え尽きる」という人生の方針なんです。


藤岡頼光

最初に「フィリピンで英語学校を作りたい」というアイデアを旅行代理店にプレゼンした時は、企画書を投げ捨てられました。英語を学ぶのなら、やはり欧米で、という考えが主流でしたし、フィリピン自体にも危険なイメージが残っていましたから。でも私は確信していました。フィリピンへの英語留学は絶対にウケると。


佐藤琢磨

結果を出し続けられたのは、目標を達成する期限を設け、そこから逆算して準備を進めていたから。準備なしでは、いつ巡ってくるか分からないチャンスをつかむことはできません。


柳弘之

組織では尖った人材は叩かれやすい。そういう人材が変な尖り方をするのではなく、きちんとした尖り方ができるような環境を用意してやる必要がある。ある程度のポジションに到達するまでは、叩かれないように守ってやることも必要でしょう。


柴田励司

休暇を何もしないで過ごすことに抵抗がある人もいるでしょう。でも、情報は隙間がないと入ってきません。自分を空っぽにすることによって、入ってくる情報もあるのです。


田岡敬

(理想の経営は)BtoCに限ってかもしれませんが、いかに階層をフラットにして顧客接点を理解するかということと、それに基づいて戦略を立て意思決定できるか、ではないでしょうか。意思決定も、独断で決めるのではなくて、顧客接点理解をメンバーと共有し、ディスカッションを重ねて、というスタイルが良いと思います。


ページの先頭へ