名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

久住昌之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

久住昌之のプロフィール

久住昌之、くすみ・まさゆき。日本の漫画家、漫画原作者、エッセイスト、装丁家。東京出身。法政大学社会学部在学中、漫画雑誌『ガロ』で漫画家デビュー。漫画原作者としても才能を発揮し、『孤独のグルメ』『花のズボラ飯』などのヒット作を生み出した。

久住昌之の名言 一覧

歳をとるといいのは、先入観が取り払われていくこと。


「入ってみて嫌な店だったな」というのはあるかもしれないけど、そんなときは嫌な店に入っちゃった自分自身が面白い。どれもおいしくなかったら、その中でも何がおいしいんだろうとか、どうやったらおいしく食べられるのかとか考えます。ただ、店に入る前にすごく考えるから、どの店も大体良いんですよ。


先を見据えることも大事かもしれませんが、目の前のことをひとつひとつやっていくことで見えてくるものもあると思います。


散歩エッセイの取材では、目的地まで急ぐとすぐに疲れてしまいますが、今歩いていることを楽しんでいると、いつの間にか目的地に着き、いい取材もできる。


時間をかけるからこそ、面白いものが見つかるのです。店探しにしても、あちこち探し歩いていい店を見つけるのは時間がかかるけれど、その分当たったときの喜びも大きいし、失敗しても笑い話になる。「食べログ」で調べれば早いけど、ただ確認するだけでしょう?


「時間をかけてわかっていく」ことも大事じゃないでしょうか。たとえば今連載している『花のズボラ飯』。主婦向けということで、自分でもよくわからないまま始めましたが、読者からの声もあり徐々にキャラクターが形作られてきて、人気も出てきました。


求められるままに仕事をしてきたらこうなった、という感じです。それは30代になっても変わらず、36歳のときにスタートした『孤独のグルメ』も、編集者からの依頼です。いまも考え方は変わりません。求められたことをひとつひとつこなしていくだけです。


どうやら自分は先ばかり見据えるよりも、「今やっているひとつひとつのことだけを考える」ほうが向いている。


何が良いのかは店によって違うから、(一人飲みをするときの店選びでの)ポイントみたいなのものはないんです。ポイントという考え方をすると、モノの見方が狭まっちゃうじゃないですか。店はすごく歩き回って決めますね。旅先だと、1軒の店を決めるのに1時間ぐらいかかることもあります。


自分で判断して店に入って、自分で選んだものを食べて、おいしかったり、そうでもなかったりする。そんなことを何年も繰り返していくと、だんだん自分の好みが分かってくる。いい店が分かるんじゃなくて、自分の好みが分かるんですよ。ネットだけ見て判断してると、自分の好みがいつまでたっても分からないんじゃないですかね。自分の好みが分かりさえすれば、人の評価などどうでもよくなるじゃないですか。味のプラスマイナスもブランドも関係なくなる。


店選びのときにスマホは見ないですね。スマホに頼るとそこに出ている情報しか見なくなって、画面に出てる料理を中心に頭が回ってしまう。それだと自分の頭を使わないじゃないですか。スマホで見るというのは、自分で考えないし観察もしないということ。人が僕に店選びのポイントを聞きたがるのも、自分で考えないためですよね。スマホを見るのをやめろと他人には言わないですが、自分はモノを作っている人間だから、頭を使わないと発想力が鍛えられないし、何かを見抜く観察力も身に付かないですから。


(店選びのときに見るのは)店の場所だったり、雰囲気だったり。ただ、なるべく古い店に入りたいんですよ。なんでかって言うと、店を何十年も続けるのは大変なことで、それだけの魅力があるということだから。雰囲気がいいとか、店主がいいとか、味がいいとか、安いとか、いろんな良い部分があるから、愛されて続いてるということだと思うんです。


(日本酒の)あの辛口とか甘口とかいうのはウソだね。全然アテにならない。若い人なんかは「飲みやす~い」なんて言うけど、じゃあ酒はそもそも飲みにくいものなのかと(笑)。言わんとすることは分かるけど、辛口とか甘口とかだけで決めたり、「飲みやすい」という言葉によって、味わうことを放棄している気がします。甘口、辛口のプラスマイナスの表記を見ずに、何もない状態で味わったらみんな違うと思いますよ。味って自分の好みが分かってくると面白いじゃないですか。


風呂上がり直後にキンキンに冷えたビールというのは、実はそんなにおいしくない。体温が上がっているせいかな。夏の風呂上がり、下着とか全部着替えてさっぱりして、銭湯から出て風に当たってぶらぶら歩いて、体が平温に戻ってきたあたりで飲むビールは最高においしいと思いますね。旅先で温泉につかっても、風呂上がりにいきなりビールというより、夕飯を待って、食事の前にまずビールというほうが絶対おいしい。後はお昼にプールで泳いだ後ね。プールの後にビールと冷やし中華なんて最高ですね。で帰って昼寝(笑)、それから仕事。理想だぁ(笑)。でもそういうのも、これが正しいというんじゃなくて、そういうのが自分はおいしい、とだんだん分かってきたというだけの話です。


やっぱり夏は夏らしいところで飲むのがおいしいですよ。冷房が効いてなくて外気が入ってくるような場所。たとえば、かき氷は本当は冷房が効いてない店のほうがうまいんだよね。食べてるうちに涼しくなってくるのがかき氷で、島なんかで外で食べるとうまいじゃないですか。ビールも本当は、適当に暑いところで飲むのがいいですね。僕の経験だと冷たさ具合が重要。今はものすごく冷たくするビールがあるけど、あれは刺激なだけで、味的にはおいしくないですよ。味は分からなくなるし香りは立たなくなるし。おいしく飲ませてくれる店は瓶を水で冷やしたりして、ちょうど良い温度にしてくれてます。適温の瓶ビールを酒屋でくれるメーカー名の入ったようなコップで飲むのが一番うまいと思いますね。


久住昌之の経歴・略歴

久住昌之、くすみ・まさゆき。日本の漫画家、漫画原作者、エッセイスト、装丁家。東京出身。法政大学社会学部在学中、漫画雑誌『ガロ』で漫画家デビュー。漫画原作者としても才能を発揮し、『孤独のグルメ』『花のズボラ飯』などのヒット作を生み出した。

他の記事も読んでみる

大西洋

我々も営業時間を短くして、定休日を増やす試みを進めているところです。今年の8月は営業時間を詰めて、定休日を全店で2日設けました。今年からはもっと本格的にやりたいと思っています。この狙いは、我々の独自性であるおもてなしを追求することです。お客様と接点のある販売員が最高のコンディションでお客様に接すること。これが百貨店の大きな存在意義ですから、そういう意味でも休むときには休む必要があります。


原田武夫

オーストリア、スイスなどといった永世中立国を思い浮かべてみるといい。日本人がこれらの国に対し持つイメージは、なんとなく平和な国で、すごくお人好しの人ばかりが住んでいるといったものだろう。しかし、なぜ永世中立国でいられるのかといえば、それは「絶対に相手が黙るものを持っている」からにほかならない。たとえばスイスの場合、それは、金融だ。そうしたポジションを築くためにはまず、利他的に活動する必要がある。「みなさんのお金は全部、私が引き受けます」という形で、あらゆる国々の人々がスイスに金融面でお世話になる状況をつくるわけだ。こうなれば相手の「弱み」を握ったも同然だ。世界保健機関(WHO)をはじめ、スイスに事務局や本部を置いている国際機関が多いのもうなずけるだろう。


佐久間庸和(一条真也)

利益とは、手元に貯められるものではなく、未来への投資に使われなければなりません。


渡邉英二

誰でも最初から一人前なわけではありません。自分は何でもできると過信せずに、謙虚に自らの力量を見極め、行動することが大事。


虚淵玄

『Fate/Zero』の第1巻がコミケで発売されたときのお客さんの人数を見て、「この人数が読んでくれるなら生涯目標を達成したな」と充足感がありました。やっと自由になれた気がするんですよね。生きているうちにやらなくちゃいけないことや野心はそこで満たされたというか。そこから先は好き放題やらせてもらってます……(笑)。いまだに自分の代表作は『Fate/Zero』なのかなと思っていますね。原作は奈須(きのこ)さんだけど、自分なりにやり尽くした充実感は格別なものでした。


高橋理子

よく「なぜ和物にこだわっているのですか?」と質問されますが、洋物とは言わないのに、自分の国のものを「和物」と特別視することが不自然だと感じています。日本人である私が、自分の国のものを身近な職人と生み出すことはごく当たり前のこと。


やましたひでこ

整理と言っても、ただ今あるモノを引き出しにきれいに仕舞い込むだけでは、きっとまたゴチャゴチャの状態に逆戻りすることでしょう。モノを絞り込むための「選択と決断」がないために、仕舞い込んでそのまま、不要なモノの存在を忘れてしまうからです。


犬丸徹三

(ロンドンのホテルに窓拭き係として雇われたとき)このホテルにはもう一人窓ガラス拭きがいた。すでに初老を過ぎた男で黙々として毎日仕事に精神を注ぎ込んでいるかに見えた。窓ガラス拭きは汚い仕事であり、しかも危険が伴う。私は心中ひそかに彼を軽蔑した。ある日、なかば揶揄の気持ちを込めて質問してみた。「君は毎日このような仕事を続け、それをもって満足しているのか」彼は窓を指して静かに言った。「イヌマル、(拭った窓、拭っていない窓)双方を見比べてみろ。拭えば綺麗になり、綺麗になれば、その一事をもって私は限りなき満足を覚える。自分はこの仕事を生涯の仕事として選んだことを後悔していない」私はこの言葉を聞くに及んで、一瞬何かに深く打ちのめされたごとく感じた。


村井史郎

仕事では変わるものに沿ってうまくフォローの風を活用せねばならんですが、変わっていくものを成功に導くものは、人の変わらない部分やと思うんです。


梅澤高明

多くの仕事をこなしながら、高い成果を出しているハイパフォーマーは、みんな「リセット」をする場を持っている。瞑想に限らず、運動でも、風呂でも、やり方は人それぞれでいい。


草刈貴弘

長期的な利益成長の可能性を丁寧にリサーチしていれば、平均株価の低迷など関係ない。新たに勃興する企業が、マクロとは関係なく成長していくわけですから。


古賀清彦

仕入れで海外との取り引きがありますが、メーンはまだ福岡と東京での自社オークションになります。特に、東京のオークション会場は日本最大級の規模を誇ります。しかし、最近、販売先として、海外の需要が伸びてきています。