名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

久代敏男の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

久代敏男のプロフィール

久代敏男、くしろ・としお。日本の経営者。マルハニチロホールディングス社長。島根県出身。中央大学法学部卒業後、大洋漁業(のちのマルハニチロ)に入社。その後、マルハで冷蔵事業部長、人事部副部長・部長、管理部長、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

久代敏男の名言 一覧

不都合な話こそ早く上がる組織でないとグループ経営はできない。傘下の1社が起こした不祥事でも、グループ全体の問題になるのです。


職場への不満は給料だけではないでしょう。やはり人間って他人に認めてもらえればうれしい。私も若い時に上司や同僚から「久代君、最近頑張っているみたいだね」と言われるとうれしかった。


こちらの都合の良いときだけ気を配るのは薄っぺらな人間のすることで、相手にも見抜かれます。普段の言動から信頼を得てこそ、「あいつの言うことなら納得できる」と思っていただけます。


相手から関心を示されて嬉しいのは誰も同じです。気配りも、いろいろなテクニックがあるかもしれませんが、無理に繕えば嫌味なだけです。相手に関心を持っていれば、自然な振る舞いとして気持ちが伝わり、良い関係へと発展していくはずです。


人事課長になって約10人の部下を持ったとき、私は毎日どんな言葉でもいいから一人一人と言葉を交わそうと決めました。朝なら「おはよう」、とくに用事がなくても「最近どう?」「元気か?」と声をかける。基本的なスタンスは、経営者になったいまでも同じです。社員と話すときは、社長室に呼び出すのではなく、できるだけこちらから出向いて、周囲にも積極的に声をかける。そうやって相手に関心があることを伝えていきます。


普段の人間関係でいえば、相手に関心を持つことが気配りの第一歩です。あたり前のことを指摘しているようですが、マネジメントする立場になって多くの部下を抱えると、簡単なことができなくなる人が目立つのです。


人員削減の場面で、相手に納得感を持ってもらうにはどうすればよいか。心に決めていたのは、一緒に働いてきた仲間を路頭に迷わせないことでした。人を減らしたければ、指名解雇や希望退職の募集も可能です。しかし、「退職金を割り増しで払うから、あとはご自由に」という手法は冷たすぎます。関係会社や取引先への転籍や出向という形にこだわり、関係各所の協力を取り付けるために方々を走り回ったのも、そうした乱暴なやり方を避けるためでした。


長らく人事畑を歩んできて、とくに苦心したのは人員削減の場面です。労務コストの削減は会社として仕方のない判断でしょう。しかしいくら経営論を振りかざしても、そこから去る人の耳には理不尽に響きます。そこに人事の難しさがあります。


旧マルハは、全世界をまたにかけ、水産物や畜産物という食料資源の調達では、日本企業の中においても、抜きんでた力を持っています。旧ニチロは冷凍食品を中心とする加工食品の技術力では、大変高度なものがあります。この素晴らしいふたつの遺伝子を組み合わせて、拡大発展させていきたいと思っています。


コア事業と関連の薄いものを中心に、改善の見込みのないものは、早く清算していきます。


毎年、毎年、適性要員化というのばかりやってきました。希望退職の募集や指名解雇などはまったくせず、取引先や関係団体に受け皿をつくって、出向なり転籍という形で、人を減らしてきました。人事とは、人間が相手だから、義理人情の世界です。人間って論理で負けたら、怨念しか残さないんです。でも、全人格的に負けたら、子分になってしまいます。
【覚書き|人事部長時代を振り返っての発言。水産部門のリストラでは従業員を路頭に迷わせないよう活動したことを語った言葉】


久代敏男の経歴・略歴

久代敏男、くしろ・としお。日本の経営者。マルハニチロホールディングス社長。島根県出身。中央大学法学部卒業後、大洋漁業(のちのマルハニチロ)に入社。その後、マルハで冷蔵事業部長、人事部副部長・部長、管理部長、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

石川善樹

脳が元気なうちに重要度の高い仕事をした方が効率的。


小林稔(経営者)

昨今では、証券業界でもAI(人工知能)を使ったコンサルティングなどの技術革新が進んでいます。しかし、当社はこれからもフェイス・トゥ・フェイスの提案を何よりも大切にしていきます。私たちのビジネスの原点には、お客様と感動を共有したいという強い思いがあるからです。


日野原重明

老人はリタイアすればいい、という今の考え方では日本は行き詰まってしまう。


ケラリーノ・サンドロヴィッチ

まずは自分がやってよかったと思えるかどうか。あとは信頼できる家族や友達が「最高だった」と言ってくれるという結果。絶対、それ以上の見返りはないですよ。


豊田圭一

早くメールの返事をもらって怒る人はいません。スピードには力があると思います。
【覚書き|メールをすぐ返信することについての発言】


小路明善

社内の風通しが良いであるとか、組織ではそれぞれ支え合うといった企業風土ができていないと、社員から見ても、社会から見ても、価値ある企業とは言えない。


北村龍平

映画監督になると決めた時から、ハリウッド映画の監督になると言っていましたね。ケチを付ける人もいますが、やはりハリウッドが世界のメーンストリームであることには間違いない。映画監督としてやっていくと決めた以上、野球選手がメジャーリーグを目指すように、ボクサーが世界チャンピオンを目指すように、そこに挑戦したいと自然に思いました。


ケタン・パテル(経営者)

成熟経済のもとでは多くの規制が生まれる。これは本来、企業に入るべき収益を国が奪っているようなもの。


酒井雄哉

自信を持つには、何でもコツコツ一生懸命に続けることだ。たとえば本を書く人なら、自分なりのやり方で、一生懸命に書き続けていく。そのうちに自分の気持ちと筆とが一致するときがくるんじゃないのかな。


遠藤功

営業活動を行っていれば、現場で発生する問題点や事故、クレームや不良在庫、スケジュールの遅れ、案件の不成立など、悪い情報は必然的に生じてきます。こうした情報は本来見せたくないものであり、心理的な抵抗感があるため、放っておくとまず見えません。しかし、手遅れになる前に手を打つには、悪い情報こそ、できるだけ早く発見、共有しなければなりません。悪い情報の犯人探しをしたり、社員に処罰を与えるのは論外。経営者は「早く提供してくれてありがとう」という気持ちで、社員が安心して情報を提供できる環境づくりを心がけるべきです。


前田新造

どちらかといえば、これまでの資生堂は、新しい技術や原料に対応する商品をつくっていく「シーズ(種)型」の商品開発でした。新しい価値や技術は非常に重要ですが、それがお客様にどれだけ有益なのかという視点が薄くなっていたと思います。お客様のご要望にきちんとお応えするには、まずお客様が何を望んでいるのかを理解したうえで商品という姿に組み立てていかなければなりません。


ジェフリー・スマイゼック(ジェフ・スマイゼック)

我々は世界で最も大きな航空会社だと言われていますが、私たちは規模の大小というのはどうでもいいと思っています。それよりも世界をリードする航空会社になりたい。これが目標です。