名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

久代敏男の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

久代敏男のプロフィール

久代敏男、くしろ・としお。日本の経営者。マルハニチロホールディングス社長。島根県出身。中央大学法学部卒業後、大洋漁業(のちのマルハニチロ)に入社。その後、マルハで冷蔵事業部長、人事部副部長・部長、管理部長、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

久代敏男の名言 一覧

不都合な話こそ早く上がる組織でないとグループ経営はできない。傘下の1社が起こした不祥事でも、グループ全体の問題になるのです。


職場への不満は給料だけではないでしょう。やはり人間って他人に認めてもらえればうれしい。私も若い時に上司や同僚から「久代君、最近頑張っているみたいだね」と言われるとうれしかった。


こちらの都合の良いときだけ気を配るのは薄っぺらな人間のすることで、相手にも見抜かれます。普段の言動から信頼を得てこそ、「あいつの言うことなら納得できる」と思っていただけます。


相手から関心を示されて嬉しいのは誰も同じです。気配りも、いろいろなテクニックがあるかもしれませんが、無理に繕えば嫌味なだけです。相手に関心を持っていれば、自然な振る舞いとして気持ちが伝わり、良い関係へと発展していくはずです。


人事課長になって約10人の部下を持ったとき、私は毎日どんな言葉でもいいから一人一人と言葉を交わそうと決めました。朝なら「おはよう」、とくに用事がなくても「最近どう?」「元気か?」と声をかける。基本的なスタンスは、経営者になったいまでも同じです。社員と話すときは、社長室に呼び出すのではなく、できるだけこちらから出向いて、周囲にも積極的に声をかける。そうやって相手に関心があることを伝えていきます。


普段の人間関係でいえば、相手に関心を持つことが気配りの第一歩です。あたり前のことを指摘しているようですが、マネジメントする立場になって多くの部下を抱えると、簡単なことができなくなる人が目立つのです。


人員削減の場面で、相手に納得感を持ってもらうにはどうすればよいか。心に決めていたのは、一緒に働いてきた仲間を路頭に迷わせないことでした。人を減らしたければ、指名解雇や希望退職の募集も可能です。しかし、「退職金を割り増しで払うから、あとはご自由に」という手法は冷たすぎます。関係会社や取引先への転籍や出向という形にこだわり、関係各所の協力を取り付けるために方々を走り回ったのも、そうした乱暴なやり方を避けるためでした。


長らく人事畑を歩んできて、とくに苦心したのは人員削減の場面です。労務コストの削減は会社として仕方のない判断でしょう。しかしいくら経営論を振りかざしても、そこから去る人の耳には理不尽に響きます。そこに人事の難しさがあります。


旧マルハは、全世界をまたにかけ、水産物や畜産物という食料資源の調達では、日本企業の中においても、抜きんでた力を持っています。旧ニチロは冷凍食品を中心とする加工食品の技術力では、大変高度なものがあります。この素晴らしいふたつの遺伝子を組み合わせて、拡大発展させていきたいと思っています。


コア事業と関連の薄いものを中心に、改善の見込みのないものは、早く清算していきます。


毎年、毎年、適性要員化というのばかりやってきました。希望退職の募集や指名解雇などはまったくせず、取引先や関係団体に受け皿をつくって、出向なり転籍という形で、人を減らしてきました。人事とは、人間が相手だから、義理人情の世界です。人間って論理で負けたら、怨念しか残さないんです。でも、全人格的に負けたら、子分になってしまいます。
【覚書き|人事部長時代を振り返っての発言。水産部門のリストラでは従業員を路頭に迷わせないよう活動したことを語った言葉】


久代敏男の経歴・略歴

久代敏男、くしろ・としお。日本の経営者。マルハニチロホールディングス社長。島根県出身。中央大学法学部卒業後、大洋漁業(のちのマルハニチロ)に入社。その後、マルハで冷蔵事業部長、人事部副部長・部長、管理部長、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

高須武男

バンダイとナムコの経営統合のときに中村(雅哉)さんには、持ち株会社で代表権を持つのは1人だけにすべきだと提案しました。ツートップでは社員はまとまりません。中村さんは当初はノーコメントでしたが、最終的には私をトップにしてくれました。その決断には、本当に感謝しています。


横山光昭

お金が貯められるかどうかは、年収には直結しません。少ない収入でもしっかり貯蓄できる人もいれば、年収1000万円超で貯金ゼロという人もいます。


高村正彦

「己こそ己の寄る辺」「幸せの総量増やす」「縁濃き者より度すべし」。私は毎朝、仏壇に向かってこの「お経」のようなものを唱えています。政治家としてはもちろん、人として、この文句からはずれないように生きたいと思ってきました。いずれも12音からなる、3つの文句。それぞれ、お釈迦様の言葉、デール・カーネギーの本で読んだ言葉、テレビで聞きかじった言葉です。


松田丈志

五輪の決勝で実力が発揮できない選手は、自ら崩れることが多い。ライバルでなく自分に挑める選手ほど集中して自滅せず、周りからの応援を自らを乗り越える力に変えられる選手ほど、0.1秒を縮められる。


山本祐揮

アームレスリングの魅力は、試合が終わると、選手同士の交流が始まり、友人が増えることですね。勝ち負け以上に同じ競技を愛する連帯感が魅力です。


冨田和成

支出を抑える極意があるとするならただ一つ。大きな支出だけをコントロールすることです。血眼になって1円単位でお金をためても効果は限定的です。20代の前半に家計簿を付けていた時期があります。その結果、出費の大部分は自分の目標にとって必要ではない交際費で使われていることに気付きました。そうやってフィルターを掛けていくと、参加しなくてもいい飲み会が意外と多いことに気付きます。そこで私は考え方を改め、無駄な宴席には出ないと決めました。そうしてたまったお金で本を買ったり、スーツを買ったり、自分の仕事につながる分野に投資したりしていくことにしました。営業をしていたおかげもあって、その成果はすぐに収入面で出ましたし、この時の判断は私の成長にとって大きなターニングポイントになったと思います。


ピーター・ドラッカー

企業の目的は顧客創造である以上、企業の基本的な機能はマーケティングとイノベーションの2つしかなく、そのほかはすべてコストだ。


澤田充(経営者)

コンセプトとは、一言で言うと「捨てること」です。あれもこれもと抱え込んだら、コンセプトになりません。いかに削ぎ落とすかが勝負です。


矢野龍

我々住友グループは常に住友の事業精神を意識しており、事業は天下国家社会国民のためという考えを持っています。戦前に住友林業は朝鮮半島、インドネシアで植林をしたり、技術指導を行っていました。そういう歴史と伝統を背負ってやってきております。


山﨑潤一(山崎潤一)

経営改革が奏功し、財務体質の強化という目標は達成しました。そして次の3年間で環境整備を含め、もう1度、会社の強みと弱みを振り返りました。それで強くするところは強くし、弱いところや足りないところは少し人並みにしていこうと。


川野幸夫

同業者からはしばしば、なぜ優秀なパート社員が多く集まるのか聞かれます。ですが、我々はなにも特別な採用・教育システムを導入しているわけではありません。ただ経営陣がパート勤務の彼女たちをきちんと一人の人格として見ること。これに尽きるのです。


小林栄三

商社である伊藤忠商事にとって、人材、人脈は最大の財産です。商社で働くならば、モノにもお金にも企業にも、そして人間にも興味を持たなくてはなりません。人に興味を持つということは、イコール、人を好きになることです。メーカーのような技術がベースになっている企業と商社は根本的に発想が違うのです。