名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

久世由美子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

久世由美子のプロフィール

久世由美子、くぜ・ゆみこ。日本の水泳選手、水泳指導者。熊本県出身。旭化成競泳実業団選手を経て、東海(とうみ)スイミングクラブを設立。ロンドン五輪日本代表チームコーチを務めた。

久世由美子の名言 一覧

何事も挑戦することで道が開ける。


「人間」として誰にも負けない選手に育てるという目標が、私の心のよりどころになっていました。何があってもへこたれない「折れない魂」を宿す思いで指導していました。


勝って驕らず、負けて腐らず。


「根性、根性、ど根性」。今は流行らない言葉だと思いますが、私たちはこのスタイルでやっています。


指導者は自分自身をコントロールする努力も必要になります。私の場合、特にオンとオフの切り替えを重視していました。自宅に帰れば、主婦として、母として家事をこなし、子供が小さい頃はお菓子作りなども楽しみました。メリハリある生活を意識することでベストな自分を保つことができました。


今の日本には国内にとどまっているコーチが少なくありません。国内で強いから外に出る必要はないという考えを取り除き、思い切って海外へ飛び出すことも潜在能力を引き出す手段であることをぜひ知ってほしいですね。


指導している間はずっとプールサイドを往復するので、日に2万歩ほど歩きます。遠くから眺めているだけでは分からない選手の泳ぎの変化を察知できるとともに、私自身の意気込みを選手に伝えることができるからです。


水泳の技術を教えるのはもちろんですが、最初に徹底したのは、挨拶、返事、礼儀、そして感謝の気持ちを忘れないこと。クラブに来て挨拶や返事ができなければ、「泳ぐ必要はない」と厳しく接していました。小さい頃から当たり前のことを当たり前にできるようにしておけば、大人になったときに本人が困らない。私自身、剣道師範の厳しい父に育てられ、身についたことで助けられた場面がいくつもありましたから。「約束は守ること」「やるといったら最後までやり通すこと」といった父の教えが、指導する上で大きな心の支えになっていました。


選手たちと関わる中で大切にしているのは、顔つきや行動をしっかり観察するということです。常にアンテナを張り、選手が発している熱意を見逃さない。毎日そばで見ていれば「今日も元気やね」「今日はいつもと違うかな」などとその子の変化に気づくことができるし、熱意を受け止めることで正確に選手たちと向き合えるんです。


子供に様々な世界に触れてほしいと願うならば、まず親がいろいろな世界に興味を持ち、子供にきっかけを与えてあげることが大切です。興味を示す世界が見つかったら、精いっぱい環境を整えてあげる。親も子も目標へ向かってできることを地道に続け、そうした日々の積み重ねで得た経験が、いずれ訪れる親離れ、子離れのときに役立つと思います。


高校時代、松田(丈志)の記録が伸び悩んだ時期がありました。そこで私自身の視野も広げるために、当時1500メートル自由形の世界王者だったグラント・ハケットがいる豪州の水泳チームへ行き、指導を受けようと一念発起しました。ちょうど2004年アテネ五輪が控えていて、先方のコーチには断られたのですが、押しかけるように向かいました。英語ができない私たちが練習場の入り口で「プリーズ、プリーズ」と必死に頭を下げ続けると、相手は根負けするような形で、3週間受け入れてくれました。ハケットのコーチは長距離選手の指導者としては珍しく技術指導が細かくて、スピード練習の量も豊富でした。地方に閉じ籠もっていては味わえない体験で、この時にハケットの記録や心拍数まで書き留めたノートが私の原点であり、どこへ行くときにも持ち歩いていました。


久世由美子の経歴・略歴

久世由美子、くぜ・ゆみこ。日本の水泳選手、水泳指導者。熊本県出身。旭化成競泳実業団選手を経て、東海(とうみ)スイミングクラブを設立。ロンドン五輪日本代表チームコーチを務めた。

他の記事も読んでみる

伊藤義剛

施設によって東西南北の向きは違うので、太陽の光の入り方が違います。また、天候や季節、1年のうちでも太陽の付置によって、光の入り方が変わります。どれも、ただ標準的な設備を設置して終わりというわけにはいかず、オーダーメードで作り上げています。また、場所やコンセプトによって、気を付ける点は異なります。例えば高速道路の照明の場合は、ドライバーが夜間運転しやすいか、道路の線形を目で自然に追えるような誘導性も考慮しています。


落合信彦

金持ちは本当のことなんか話さない。「俺のやる通りにやれ。俺の言う通りにはやるな」という格言があるぐらいだから。


似鳥昭雄

セミナーで学んだ内容や取り組むべき課題は意識して人に話すようにしました。言えば実行せざるをえなくなります。初めての長期ビジョンは、まさに人に話したからこそ実現できました。


松本晃(経営者)

食品業界というのは本来儲かるものなんですよ。前職で医療機器や医薬品といつたへルスケア業界にいましたが、その次くらいに社会に役立ち、利益を上げやすい業界だと思っていました。テレビがなくても生きていくのに困りませんが、食べ物はなければなりませんから。実際、海外に目を向ければ、食品会社はどこも高収益を上げている。グローバルな食品メーカーは営業利益率が1 5 % 程度に達しています。


小宮一慶

論語には「大徳は閑(のり)を踰(こ)えず。小徳は出入して可なり」という教えがあります。ウソや悪口でも、軽微なものは見逃すことが大切です。悪口を言われて自分の評判を下げられたと感じても「徳は孤ならず、必ず隣あり」。自分が正しければ、必ず誰かが見ています。


菅谷太一

当社の持つ物件は満室が続き、高い利回りも上げています。その秘密は徹底的なリサーチ。まず、近隣の物件を調べ、同じような立地などを持つライバル物件を探します。そして、それら物件の中で一番か二番に選ばれるにはどんなリフォームを施し、どのくらいの値付けをし、どのように募集をかけるかを徹底的に追求します。その際、地元の不動産会社のトップ営業マンから話を聞いたりと、足で情報を集めることも忘れません。だからこそ、高い入居率を実現できるのです。


宮坂学

孫(正義)さんから学んだことはたくさんあるが、一番は執念、執着心だ。絶対によくしたいとか絶対によくなるという底抜けの楽観論。普通の人からみると無理じゃないかと思うようなことでも、頑張れば絶対にできると彼は信じている。


喜多恒雄

社員3200人のうち、編集・取材の人員は1400人強になります。社員の半数が編集・取材とはいびつに感じるかもしれませんが、我々はコンテンツ企業ですから、そこは絶対に手抜きをしません。今後も一定水準の記者採用は続けていきます。


ボビー・オロゴン

ボクは投資っていうのは収入が少ないときには少ないなりに、多くなったら多いなりにやるものだと思ってる。そうやって常に自分のお金を相場に置いておくことで、経済のことを本気で勉強するし、知識や経験も増えていく。


田岡信夫

2位という地位は、1位に対する差別化が戦略となる。まず絶対に1位の模倣をしない。言い換えれば独創力で勝負をするということになる。これは2位に課せられた最大の条件である。さらに、3位の敵を徹底的にたたくこと。地位間においては利害関係は一致しない。つまり、2位という地位は二正面作戦を余儀なくされる。こうした戦略のシステムを社内的に余程体制化しルール化しておかないと、ガタガタになってくる恐れがある。


瀬戸薫

私たちにとっては、たくさんのアイデアが出るのは当たり前で、それらのアイデアの中から本当にお客さまのためになるものを選び、そのアイデアをいかに実現するかが重要です。


鈴木鋭智

きちんと説明しているつもりなのに相手が怪訝そうな顔をしていたり、「いや、そうじゃなくて」と話を遮られてしまう。これは話し方以前に、相手の質問の意味を取り違えたことが原因。