久世由美子の名言

久世由美子のプロフィール

久世由美子、くぜ・ゆみこ。日本の水泳選手、水泳指導者。熊本県出身。旭化成競泳実業団選手を経て、東海(とうみ)スイミングクラブを設立。ロンドン五輪日本代表チームコーチを務めた。

久世由美子の名言 一覧

何事も挑戦することで道が開ける。


「人間」として誰にも負けない選手に育てるという目標が、私の心のよりどころになっていました。何があってもへこたれない「折れない魂」を宿す思いで指導していました。


勝って驕らず、負けて腐らず。


「根性、根性、ど根性」。今は流行らない言葉だと思いますが、私たちはこのスタイルでやっています。


指導者は自分自身をコントロールする努力も必要になります。私の場合、特にオンとオフの切り替えを重視していました。自宅に帰れば、主婦として、母として家事をこなし、子供が小さい頃はお菓子作りなども楽しみました。メリハリある生活を意識することでベストな自分を保つことができました。


今の日本には国内にとどまっているコーチが少なくありません。国内で強いから外に出る必要はないという考えを取り除き、思い切って海外へ飛び出すことも潜在能力を引き出す手段であることをぜひ知ってほしいですね。


指導している間はずっとプールサイドを往復するので、日に2万歩ほど歩きます。遠くから眺めているだけでは分からない選手の泳ぎの変化を察知できるとともに、私自身の意気込みを選手に伝えることができるからです。


選手たちと関わる中で大切にしているのは、顔つきや行動をしっかり観察するということです。常にアンテナを張り、選手が発している熱意を見逃さない。毎日そばで見ていれば「今日も元気やね」「今日はいつもと違うかな」などとその子の変化に気づくことができるし、熱意を受け止めることで正確に選手たちと向き合えるんです。


子供に様々な世界に触れてほしいと願うならば、まず親がいろいろな世界に興味を持ち、子供にきっかけを与えてあげることが大切です。興味を示す世界が見つかったら、精いっぱい環境を整えてあげる。親も子も目標へ向かってできることを地道に続け、そうした日々の積み重ねで得た経験が、いずれ訪れる親離れ、子離れのときに役立つと思います。


水泳の技術を教えるのはもちろんですが、最初に徹底したのは、挨拶、返事、礼儀、そして感謝の気持ちを忘れないこと。クラブに来て挨拶や返事ができなければ、「泳ぐ必要はない」と厳しく接していました。小さい頃から当たり前のことを当たり前にできるようにしておけば、大人になったときに本人が困らない。私自身、剣道師範の厳しい父に育てられ、身についたことで助けられた場面がいくつもありましたから。「約束は守ること」「やるといったら最後までやり通すこと」といった父の教えが、指導する上で大きな心の支えになっていました。


高校時代、松田(丈志)の記録が伸び悩んだ時期がありました。そこで私自身の視野も広げるために、当時1500メートル自由形の世界王者だったグラント・ハケットがいる豪州の水泳チームへ行き、指導を受けようと一念発起しました。ちょうど2004年アテネ五輪が控えていて、先方のコーチには断られたのですが、押しかけるように向かいました。英語ができない私たちが練習場の入り口で「プリーズ、プリーズ」と必死に頭を下げ続けると、相手は根負けするような形で、3週間受け入れてくれました。ハケットのコーチは長距離選手の指導者としては珍しく技術指導が細かくて、スピード練習の量も豊富でした。地方に閉じ籠もっていては味わえない体験で、この時にハケットの記録や心拍数まで書き留めたノートが私の原点であり、どこへ行くときにも持ち歩いていました。


久世由美子の経歴・略歴

久世由美子、くぜ・ゆみこ。日本の水泳選手、水泳指導者。熊本県出身。旭化成競泳実業団選手を経て、東海(とうみ)スイミングクラブを設立。ロンドン五輪日本代表チームコーチを務めた。

他の記事も読んでみる

吉田松陰

私は最初から、立派な心ある人物たらんとの志を立て、自分を正しくして、天下国家を正しくしようと思っている。もしも、このような生き方をして、それがうまくいかず、無駄な死に方をしたとしても、私は決して後悔はしない。


小林栄三

企画書はあまり見ません。プレゼン用の書類なら、いまは新入社員でも立派なものをいくらでもつくりますから。新規の投資案件に対してGOを出すかどうかは、書類を見て判断することはほとんどしません。見るのはパッションです。熱い思いです。とくに担当者の目を見ます。


マジック・ジョンソン

いい選手というのは、最初にコートに来て最後に帰るものだ。


津田秀晴

売れる営業マンに共通しているのは、まず、自分の長所と短所をきちんと把握した接客をしていることである。たとえば、新人でまだ営業経験や商品知識が十分でなくとも、その未完成さを武器にして、「いたらない点は指摘してください」などと相手の懐に飛び込めば、顧客に可愛がられ、成果に結びつくケースも多い。


栗原典裕

相手との共通の話題は現在だけでなく、過去や未来まで範囲を広げて探します。例えば相手が40歳だった場合。40年の間にはきっといろいろな土地に住んできたことでしょう。その中には自分が住んだことのある土地があるかもしれません。また近いうち、どこかに引っ越そうとしているかもしれません。いま住んでいるところに自分と共通点がない場合、過去や未来まで探す範囲を広くすることで、共通の話題が見つかる可能性が、グンと高くなるのです。


穂村弘

20代の後半にさしかかったころ、「このままでは何もしないまま終わってしまう」という焦りを感じるようになりました。それまで、未来は感覚的に無限に近いイメージだったのに、30という年齢が迫ってくると急に「有限の現実」が迫ってくる。それは一種の恐怖です。貯金をはたいて自費出版で初めて歌集を出したのも、そんな気持ちがあったからでした。僕は会社ではまったくダメ社員でしたから、他にはなんの希望も見いだせなかったのです。


東国原英夫(そのまんま東)

僕は、挫折をするたびに次なる飛躍への準備をすることができました。1度目の謹慎では、小説「ビートたけし殺人事件」を書いて、のちにベストセラーとなりました。2度目の謹慎中には早稲田大学への受験勉強をしました。中学生のレベルまで戻って一から勉強したのです。地方自治やマニフェストの勉強も、この不遇の時代がなければしなかったでしょう。


ピーター・ドラッカー

集中が必要なのは、仕事の本質と人間の本質による。いくつかの理由はすでに明らかである。貢献を行うための時間よりも、行わなければならない貢献の方が多いからである。


羽田圭介

賞をもらってからのいい変化としては、とにかく自分の本が書店に置かれるようになったことですね。それまでは本を出しても、部数自体が少なかったし、書店で見つけられなかったんです。今は芥川賞受賞作から入って「他の本も」って感じで手に取ってくれる人のために、昔書いて埋もれていた本も書店で一緒に並べていただいたり出版社が文庫にして出し直してくれたり。今までの苦労が、やっと日の目を見ることができたなあという感じです。


佐藤有美(経営者)

お客さま感覚でものごとを考えるのは女性のほうが優れていると思うので、雇用形態にかかわらず、どんどん女性のアイデアを取り入れたほうがいいと思います。人を見る目も女性のほうがシビアですし。


大橋未歩

自分のキャパシティを超えるような仕事に恵まれてきたと思います。キー局としては規模が小さく、予算も人材も少ないというテレビ東京ならではの事情もあるのですが(笑)。多くの貴重な機会を与えてくれた会社に感謝しています。


中村獅童(二代目)

初対面同士が集まる仕事場で、ゼロからチームを作っていくような時には、自分から積極的にコミュニケーションを取り、ムードづくりを心がけます。稽古が終わってからも、チームの人たちと長く話すことが多いですね。


齋藤茂(経営者)

任天堂「ファミリーコンピュータ」発売の前の年からアーケードゲームから距離を置いて、家庭用ゲームに力を入れていました。そうしたらファミコンがドーンときた。たまたまツイていたのは、アーケードゲームの開発のとき、「6502」というCPUを使っていました。任天堂はこの「65シリーズ」のCPUでファミコンをつくったんです。他社は大体「80シリーズ」を使っていましたから、これはものすごい偶然でした。チップによってゲームのつくり方が変わるので、それだけで我々は優位だった。もちろん慣れればいいんですけれど、それまでに時間がかかる。その間に我々はどんどんゲームをつくることができた。あの当時、ゲーム雑誌に記載されていたベストテンの半分ぐらいがうちのゲームだったこともありました。これは運以外の何ものでもありません。


佐藤孝幸

長期目標を短期目標に落とし込むとき、自分の能力を過信してキツめの計画を立てるのは危険です。目標を達成できないと、それがストレスになって計画自体を投げ出したくなります。仮に200ページの本を執筆するなら、1日4ページ程度の現実感のある作業量をベースにして計画を立てるのです。1日4ページなら50日で200ページを書き終えられますが、突発的な仕事が入ったり病気になって作業できない可能性もあるので、バッファーを10日間取って60日間で計画を組むのです。


ディビッド・ユーゼ

綿密な計画があれば、期待通りの成果が出なかったとしても、その原因を迅速に分析できます。その上でプランを一段と強化し、ビジネス・チャンスを開拓できます。


ページの先頭へ