名言DB

9419 人 / 110788 名言

久世浩司の名言

twitter Facebook はてブ

久世浩司のプロフィール

久世浩司、くぜ・こうじ。「ポジティブサイコロジースクール」代表。岐阜県出身。慶應義塾大学卒業後、P&G勤務を経て「ポジティブサイコロジースクール」を設立。著書に『リーダーのためのレジリエンス入門』。日本ポジティブ教育協会代表理事。

久世浩司の名言 一覧

目標のハードルを少しずつ上げながら、成功体験をいくつも積み重ねていくと自信がつく。


自分の失敗を分類し、抱いた感情を客観的に確認する。こうして見える化するだけで、気分がぐっと軽くなるはず。


自己効力感とは「自分はできる」という思いのこと。これを高めるには成功体験が必要です。「簡単な作業を行なう」など小さなことを積み重ね、「できた!」と思える状況を作りましょう。


レジリエンスはいわゆる「ポジティブシンキング」とは違います。状況をきちんと分析せずに「大丈夫!」「とにかく頑張ろう!」などと自分を奮い立たせるのは非現実的ですし、一時的な効果しかもたらさないでしょう。失敗時に落胆や自己嫌悪などのネガティブ感情が起こるのは当然です。それを認めたうえで、合理的に回復を図るのがレジリエンスの手法なのです。


失敗や挫折に直面したときは、誰しもダメージを受けるもの。しかしそれを引きずると、人は新たなチャレンジを避けるようになります。今後の成長を自ら阻むような行動パターンを身につけてしまう。


感謝の感情を持つと、思考の対象が、将来の不安・憂鬱な気持ちから「今ここにあるもの」に変わる。そのため、ネガティブな感情の緩和が期待できる。


久世浩司の経歴・略歴

久世浩司、くぜ・こうじ。「ポジティブサイコロジースクール」代表。岐阜県出身。慶應義塾大学卒業後、P&G勤務を経て「ポジティブサイコロジースクール」を設立。著書に『リーダーのためのレジリエンス入門』。日本ポジティブ教育協会代表理事。

他の記事も読んでみる

川淵三郎

具体的な営業の数値や利益、どんな波及効果があるかといった目標は、もちろん重要だと思います。しかし、人や組織は効果や利益を追求する「定量的」発想だけでなく、情熱や一体感、喜怒哀楽といった「定性的」なものでこそ力強く動けるものなのかもしれません。上司としてはそういう目標を設定できるかどうかが重要なのではないかと考えています。


北条重時

道理の中に非道理なことがあり、また、非道理の中に道理に適ったことが含まれているものだ。この点をよくよく心得ていてもらいたい。道理の中に非道理なことがあるというのは、わが身にとってどんなに道理のあることがらでも、そのために一生の不幸を招くほどのことではないのに、それを意地を張って通すことによって、他人が生涯の不幸を招くというような事柄があるとするなら、そのような道理を通して、自分のことばかり考えるのを、道理の中の非道理というのである。また非道理の中に道理に適ったことが含まれている場合があるというのは、たとえば、人の命を取りあげることは、非道理な事柄と見なされているが、命を取っても差し支えない者の命を助け、許してやるようにする。そういう場合はこれを、非道理の中の道理というのである。このように心得て、世の中をも人民をも救済するなら、それを見る人、聞く人は、感化を受け、また助けられた人の喜びはいかばかりであろう。


原田隆史

求められる人材とその教育のあり方が、世界的に大きく変化しています。従来の日本の学校教育は、知識の暗記を重視し、点数や偏差値、順位で人を評価してきました。しかし、知識や情報が即座に得られるIT時代の今は、知識の蓄積より、知識や情報をどう使いこなすかのほうが重要になります。つまり知の編集・編纂によって問題解決を図ったり、新しいものや仕組みを生み出す力がより重視されるのです。


羽生善治

この先どうなるか、どう行動するかということは、そんなに深くは考えていません。ただ、そのときそのときの情勢に合わせていこうとは思っています。将棋のスタイルにしても、将棋界の情勢に合わせて変えていこうと思っています。とくに、いまからこうしようという考えはありません。


羽鳥兼市

倒産して3億円の借金を抱えたことのある自分だから言えるのですが、倒産しようが何しようが、決してマイナスにはならない。だって人間は生まれたときは丸裸。いくら借金取りだって「パンツもよこせ!」とまでは言わない。つまり何があろうと、人生トータルでは「パンツ一枚分」の儲けなんです。


小林りん

問題を解決する能力以前に、問題設定能力が必要。自分は何に心揺さぶられるのか、周りが求めているのは何か、本質を見極め、自ら課題を見つけることが大切。


本庄正則

事業が拡大するにつれ、組織も肥大化し、風通しが悪くなるのは、企業の宿命だと思っています。企業の構成員の大半は、サラリーマンです。自分の人事考課が悪くなるような情報は上に上げたくないのが人情。その気持ちはよくわかります。しかし、本当に大事な情報がトップのところに届かなくなり、経営判断を誤ってしまうようでは困ってしまいます。


井川幸広

ネットワークを増やしたいのは研究者です。日本には博士号を持っている方が13万5000人おり、彼らがもっと企業開発のエンジンにならねばならないのですが、産業界との連携が上手く取れていません。中小零細も含めた企業が大学と手を結び、共同での商品開発まで繋げられれば、必ず面白いアイデアが発掘されると思います。


ゆうきゆう

好意を相手に伝えると、相手も好意をもってくれます。賞賛の言葉を積極的に贈りましょう。「○○さんが、あなたを頼りにしているといってました」など、よい噂として間接的に伝えてもOKです。


野田サトル

極限まで余分なコマを削って、1話18ページの中にネタを詰め込めるだけ詰め込んでいるから、話の展開が速いんです。「まだ5巻か!」って感じなんですよ。