名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

久世浩司の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

久世浩司のプロフィール

久世浩司、くぜ・こうじ。「ポジティブサイコロジースクール」代表。岐阜県出身。慶應義塾大学卒業後、P&G勤務を経て「ポジティブサイコロジースクール」を設立。著書に『リーダーのためのレジリエンス入門』。日本ポジティブ教育協会代表理事。

久世浩司の名言 一覧

目標のハードルを少しずつ上げながら、成功体験をいくつも積み重ねていくと自信がつく。


自分の失敗を分類し、抱いた感情を客観的に確認する。こうして見える化するだけで、気分がぐっと軽くなるはず。


自己効力感とは「自分はできる」という思いのこと。これを高めるには成功体験が必要です。「簡単な作業を行なう」など小さなことを積み重ね、「できた!」と思える状況を作りましょう。


レジリエンスはいわゆる「ポジティブシンキング」とは違います。状況をきちんと分析せずに「大丈夫!」「とにかく頑張ろう!」などと自分を奮い立たせるのは非現実的ですし、一時的な効果しかもたらさないでしょう。失敗時に落胆や自己嫌悪などのネガティブ感情が起こるのは当然です。それを認めたうえで、合理的に回復を図るのがレジリエンスの手法なのです。


失敗や挫折に直面したときは、誰しもダメージを受けるもの。しかしそれを引きずると、人は新たなチャレンジを避けるようになります。今後の成長を自ら阻むような行動パターンを身につけてしまう。


感謝の感情を持つと、思考の対象が、将来の不安・憂鬱な気持ちから「今ここにあるもの」に変わる。そのため、ネガティブな感情の緩和が期待できる。


久世浩司の経歴・略歴

久世浩司、くぜ・こうじ。「ポジティブサイコロジースクール」代表。岐阜県出身。慶應義塾大学卒業後、P&G勤務を経て「ポジティブサイコロジースクール」を設立。著書に『リーダーのためのレジリエンス入門』。日本ポジティブ教育協会代表理事。

他の記事も読んでみる

秋山進

仕事の権限を委譲した結果、困った事態が生じるのを上司が恐れている場合、たとえば、あなたは優秀だから権限を分け与えると自分の居場所がなくなるのではないかとか、リスクの高い仕事に手を付け、失敗した場合、自分が尻拭い役になるだけで面倒だと考えているのもしれません。


西山昭彦

会社という組織は、上にいくほどポストが少なくなります。必要とされなければ、それまでどんなに順調にきていてもスポイルされる。まして経営が厳しいこのご時世、誰もが明日「どん底」に陥る可能性がある。


稀音家義丸(二代目)

知らないということは何ら恥ずかしいことではありません。それよりも、分からないことを放ったらかしのままにする方が恥ずかしい。もっといけないのは知らないのに知ったかぶりすること。


松井利夫

人を育てる力のある会社は倒産しないと信じてやってきました。人材育成が間違えていれば、会社はつぶれます。だからこそまずは、(セミナーや研修を)私自身が参加して体験してみるのです。


岩切章太郎

人のやっている仕事は私がとって代わってみても、その人と私との栄枯盛衰でしかない。しかし、もし新しい仕事をひとつ付け加えたり、行き詰った仕事を立てなおすならば、それだけ世の中のプラスになる。それは男としてやりがいのある仕事だから、そんな仕事だけをやってみよう。


水野雄介

(コンサルタント時代は)各業界の経営者の方々と一緒にお仕事させていただいたので、学びが多かったです。たとえば某カラオケチェーンの社長は「お客様から見えるところに段ボールを置くな」と、いつも受付の見た目にこだわっていました。「お客様は非日常を求めてきているのに、段ボールが見えると日常に戻ってしまうじゃないか」というわけです。これはまさしくサービス業の本質。いま僕らは子供たちを楽しませることを重視していますが、当時学んだことが参考になっています。


田島弓子

メンタルが強いとは、メンタルの扱い方を知っているということ。


村上龍

トップクラスの営業職の人物と『カンブリア宮殿(テレビ東京)』でお会いすると、営業というのは、案外クリエイティブな部分が多い仕事だということがわかります。新規の取引先開拓で「飛び込み営業」などをやらされるのは、確かに大変だし、つらいと思います。ただ、よい商品・サービスを企画・開発するという作業と、よい商品・サービスを売るという作業には、関連性もあり、商品知識やマーケティングの重要性など、共通点も多いのではないでしょうか。顧客開拓から、提案型の営業に変わりつつあるというのが私の印象です。


松田公太

私が短期間で一店舗から上場企業までステップアップすることができたのは、自分の立てた目標に向かい、使命感と情熱を持って歩んできたからだと思っている。
【覚書き|タリーズコーヒージャパンは3年でナスダックに上場し、株式公開を果たした】


武田國男

いま、全部を自分中心に考える人が実に多いですよね。口では「ステークホルダーのため」などと格好のいいことを言って。最低ですよ。やはり口の立つ人は好きじゃないです。パフォーマンスをする人、そしてブレる人は嫌いです。いまはそういう人が多すぎますな。


高城幸司

苦手だろうとも、会社としては、社内外の人とコミュニケーションをとって、きちんと仕事をしてもらい、利益を生んでもらわなければなりません。ですから、僕は人づき合いが苦手という社員にはこうアドバイスしているんです。普段は無愛想でも、だらしなくても何をしてもいい。ただ、仕事のときだけはテキパキとこなし、どんな人とも笑顔で接する、爽やかなサラリーマンに変身する。割り切って、演じるんです。男性は変身モノが好きでしょ? 案外、できるものですよ。


高田明(ジャパネットたかた)

会社が生き残る上で企業理念が重要。「人の人生を幸せにするために」という思いと、それに向かっていく社員を大事にする文化を作り、お客様と常に向きあっていける企業理念を確立できれば、どんな事が起こってもその企業は残っていくと信じています。