名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

乃木希典の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

乃木希典のプロフィール

乃木希典、のぎ・まれすけ。日本の武士、元長州藩士、帝国陸軍大将。台湾総督。日露戦争後、武功のみならず降伏したロシア兵などの取り扱いなどで世界中で評価され、イギリス、ドイツ、チリ、ルーマニアなどから勲章を受けた。学習院大学の前身である学習院の学長を務め、同院の全寮制化を行い、生徒と寝食を共にした。明治天皇の後を追い、妻とともに自刃し生涯に幕を下ろした

乃木希典の名言 一覧

人に教ゆるに行いをもってし、言(こと)をもってせず、事(こと)をもってせず。


武士道というのは、身を殺して仁をなすものである。社会主義は平等を愛するというが、武士道は自分を犠牲にして人を助けるものであるから、社会主義より上である。


乃木希典の経歴・略歴

乃木希典、のぎ・まれすけ。日本の武士、元長州藩士、帝国陸軍大将。台湾総督。日露戦争後、武功のみならず降伏したロシア兵などの取り扱いなどで世界中で評価され、イギリス、ドイツ、チリ、ルーマニアなどから勲章を受けた。学習院大学の前身である学習院の学長を務め、同院の全寮制化を行い、生徒と寝食を共にした。明治天皇の後を追い、妻とともに自刃し生涯に幕を下ろした

他の記事も読んでみる

高野登

失敗をそのまま放っておいてはいけません。必ず、次に活かすようにしてください。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

エラい人間ではなく、立派な人間になることだ。部下に対して上司がエラい人間になるのは簡単なんだ。そもそも地位が上なんだから、エラそうにするための努力は必要ない。そして、エラそうに接すれば、部下も従うと短絡的に考えている上司が現実にたくさんいる。だけど、エラいだけじゃ人はついてこない。心から尊敬されるのは、エラい人間ではなく、立派な人間なんだ。部下から立派な上司だと思われていれば、絶対にナメられたりなんかしないはずだよ。


中尾浩治

360度評価では、私も「会議中に目をつむって寝ているように見えることがある」と言われたりします。でも、そういう目を意識して上が自ら変わっていかない限り、自由闊達な会社にはできないと思っています。


井上武(経営者)

経営理念の刷新には、社会の変化に適応するという意図もあります。経営理念が時代に合っているかを精査して、必要であればつくり変えることは、経営者の責務。


三谷幸喜

小説は予算もロケ地も、時間も枚数も関係ない。好きなことをそのまま書けるという意味での楽しさがありましたね。台本にする際も発見もありました。自分の小説とはいえ、原作があるものを脚色して台本にしていく仕事はほとんどしたことがなかったので、戸惑う部分もありました。でも、そんな作業をしていくうち、やっぱり僕が好きなのはこっちだなと、改めて感じました。

【覚え書き|自身の小説・映画作品『清須会議』について】


田中和彦

会議というと、無条件に1時間を確保する人が多いようです。しかし、本当に1時間も必要でしょうか。会議は連絡やアイデア出しなど、目的に応じて設計するべきであり、ふさわしい時間もそれによって変わります。


野村克也

現役時代にホームラン王を獲得した翌年、スランプに陥りました。そのとき先輩に言われました「野村よ、ぶん殴ったほうは忘れても殴られたほうは忘れないぞ。勝負だから、相手から自分を見ることも大事なんだ」と。殴られたら殴り返すという当たり前のことに気づかなかった。自分ばかりでなく相手も変わることに気づかなかった。先輩の、あの言葉は未だに耳に残っています。このときからですよ、データに夢中になったのは。相手の自分に対する攻め方が変わったのか変わらないのか。それを知るにはデータしかなかった。


上野和典

失敗から学べる人は、ここが重要なポイントですが、自分の考えが起点となって仕事やプロジェクトに挑戦できる人です。実際は、なんとなく流されている人が意外に多いものです。たとえば、「いまはこれがブームで他社もやっていますから、うちもやりましょう」というのは、巻き込まれている人です。こういう人が失敗しても、「競合他社の方が強かったから負けました」という結論になりがちで、失敗の根本的な原因に気づくのは難しいでしょう。


益子修

会社を自らの規模、体力に合ったものにすることに非常にエネルギーを使いました。過去の「身の丈を超えた」経営、経営判断のミスが、リコール問題を引き起こしたという認識から始めました。


梅田望夫

インターネットって人間の脳みそと脳みそをつなげてくれるんです。この脳みその中身を構造化したり、俯瞰したりしたものがネットの上に載せられるようになれば、知の共有財産になるわけです。


嶋浩一郎

これからの編集者は、雑誌をつくるというより、コンテンツをつくるという感覚が重要になります。例えば、将棋に関する漫画がヒットしたら、編集者は漫画をつくるだけではなく、棋士のトークイベントをやったり、子供向けの将棋セミナーを開催する。要はコンテンツをつくって、それがあるときは紙の情報になって、それに関連するマネタイズ事業も同時に多角的にやっていかなければいけない。


徳岡邦夫

料理のレシピを分析していくと、伝統的に引き継がれてきた料理法にも、何かしらの科学的な根拠が隠されていることに気づきます。それを勘や経験だけで引き継ごうとすれば、習得に多大な時間を要するのは当たり前。レシピなど言葉で伝えられる技術については遠回りせずにストレートに教えたほうが、その人がより早く成長し、本人にとっても組織にとってもいい結果につながると思います。