名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

主藤孝司の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

主藤孝司のプロフィール

主藤孝司、すどう・こうじ。日本の経営コンサルタント、戦略出版コンサルタント。起業家大学出版代表、日本著作出版支援機構代表。福岡県出身。福岡大学法学部卒業。リクルートを経て独立。

主藤孝司の名言 一覧

アイデアをよどみなく生み出していくためには、アンテナを常に張っておくに尽きる。


現場で生まれるアイデアは本物。特にビジネスの世界では飲み会での仲間との会話や議論にこそ大きなヒントがある。


アイデアを生み出す基本は「シンプル」であること。そして必ず「もととなっている先例(たたき台)」があることだ。実は世の中のアイデアすべてが全くのゼロから生まれ出たものではない。これらのアイデアを新商品にするとき、必ず行われるのが、「足し算」と「引き算」である。


ビジネスのネタを探すとき、特別なスキルや情報源は必要ありません。誰もが見ているネタだけで十分アイデアを湧かせられます。たとえば週刊誌。最先端やブームのきっかけをつくるのが週刊誌です。書籍では情報の鮮度が古いし、新聞は未来について取り上げてくれない。週刊誌ならコンビニで見出しをパラパラ見るだけでも価値があります。さらに、その時流や現象を自分ならどう捉えるかと考えてみれば、新しいアイデアにつながるかもしれません。


重要なのは、いくらアイデアがシンプルで、足し算と引き算で生み出されているのが原理原則であったとしても、それを「商品」にするのには、全く別の努力がさらに必要だという点だ。事業は、開発よりも「商品化」の方が難しい。「商品化技術」は、アイデアとは全く別物であり、そこにはアイデア発想とは全く別次元の工夫、努力、開発、設計、研究などがなされ、さらに知恵、直感、そして偶然の出来事が必要とされる。もちろん、トライ&エラーだらけである。とは言いつつも、アイデア創出を難しく考える必要はない。


ヒット商品は「足し算の法則」で作っていく。足し算型商品は、「冷麺+ちゃんぽん=冷やしちゃんぽん」「金融+IT=フィンテック」など。一方、「引き算の法則」は大化けするヒットの原動力である。引き算型商品は、「床屋-洗髪=QBハウス」「おにぎり-握る=おにぎらず」など。「足し算」と「引き算」のハイブリッドでヒットを作るのである。


主藤孝司の経歴・略歴

主藤孝司、すどう・こうじ。日本の経営コンサルタント、戦略出版コンサルタント。起業家大学出版代表、日本著作出版支援機構代表。福岡県出身。福岡大学法学部卒業。リクルートを経て独立。

他の記事も読んでみる

川本英利

社長に就任してから始めたのが「イブニングミーティング」です。業務終了後1時間半、毎回10人強の社員を呼んで、お酒を飲みながら会社を成長させる方策をざっくばらんに議論しますできれば、年1回は全社員と直接会う場を作りたいと思っています。


秋沢崇夫

会社をつくる前のビジネスマン時代に、部下を持って仕事をしていましたが、ちょっとした仕事を頼みたいと思っても、部下も忙しいので頼めない。結局、自分でやらなければならず、こういうときに誰かに頼めればいいなと思ったところから着想しました。


田中洋(マーケティング)

強いブランドを確立することは、現代においてビジネスを優位に進めるための重要なファクターとなっています。ブランド力が強ければ、流通面など取引上も有利ですし、顧客から選ばれる可能性も高まります。強いブランドの活動は、わざわざ自分たちで情報を発信せずとも、自ずと注目が集まります。その一方で、ブランド力が強いことにはデメリットもあります。こうした側面はこれまでほとんど論じられてきませんでした。「強いブランドは危険!」なのです。様々な企業を観察していて感じるのは、強いブランドが確立すると、その企業の経営者や従業員の間に、「何があっても自社ブランドの地位は絶対に揺らがない」という過剰な自信や慢心が生まれやすいということです。


所ジョージ

今年、『所さんの目がテン(日本テレビ)』の放送が30年目に入りましてね。局からMCである私に「新テーマソングを2曲書き下ろしてください」とオファーをもらったんです。よーし、腕によりをかけるぞと、歌手・所ジョージにスイッチが入ってしまってですね。できあがったのは全部で10曲(笑)。自分に対して、すごいエネルギーを感じます。もし頼まれた2曲だけを作って「ハイ、できたよ」だったら、普通のエネルギーじゃないですか。10曲も作って相手に持って行けるから、「すごいだろ」って、自分のパワーを確認できて嬉しくなるよね。最終的に、それらの新曲を集めたアルバムを出すことになりました。


有川浩

あの本を出した時点では「これ以上のものは書けない」と思っていましたが、今は「さらに先へ進みたい」とワクワクしています。


小宮一慶

投資信託はあくまでも「自分では買えない、買いにくい金融商品を使っての運用代行」と考えるべきものです。良い投信と悪い投信の見分け方は、あくまでも運用実績で判断すべきです。ポートフォリオを作るうえで組み込む必要のある種類の投信を選んで、それらの運用実績を調べます。過去三年間くらいを見ればいいでしょう。


豊田圭一

「巧遅は拙速にしかず」と、古来言います。出来がよくて遅いより、多少、できは悪くとも早い方がよい。これが仕事の基本と心得てください。


梅原誠

どんな形であれ夢があることで、人生は豊かな方に転がる。


所ジョージ

よく「所さんは趣味が仕事になっているから、うらやましい」なんて言われることがあります。勘違いしてもらっては困りますよ。たしかに、私はテレビ番組で玩具を紹介したり、バイクで日の出を見に行ったりしています。趣味は趣味ですよ。でも、その姿がユルく見えたとしても普段の所ジョージをそのまま撮影しているだけでは成立しません。常に私には「全国に放送される」って意識があるんです。視聴者やスタッフ、スポンサーの皆さんが満足するレベルをイメージしながら、仕事をしています。自分の好きな趣味を見せているだけでは番組にはなりませんから。


吉越浩一郎

仕事には担当者がいるのだから、担当者に思い切って仕事を任せるべきであり、そうしないと担当者も育っていかない。上司は会議で部下の動きをチェックすればよいのであって、いちいち「報連相」を義務づけていては、効率が上がらない。


吉川良三

トップダウンは速く、ボトムアップは遅い、というのが一般的な理解であろう。しかし、現実は逆だった。トップダウンの場合、トップに判断を仰ぐための事前準備に時間が費やされる。資料作成のための調査、資料づくり、役員会での議論、そして決定。こんなことをしているあいだに世の中の状況が変わって、一回戦負けどころか不戦敗になってしまうことすらある。


吉野浩行

作りたい車を作るというとプロダクトアウトの発想、作り手の理論の押し付けになる危険性があります。俺たちはすごい車を作ったぞで終わってしまうかもしれない。デベロッパー(開発者)側の発想も必要ですが、自分が作りたいというよりも、むしろ自分が持ちたいとか、買いたいといったお客さんと同じ視点に立つことが大切だと思います。そのバランスが問題なんです。