名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

主藤孝司の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

主藤孝司のプロフィール

主藤孝司、すどう・こうじ。日本の経営コンサルタント、戦略出版コンサルタント。起業家大学出版代表、日本著作出版支援機構代表。福岡県出身。福岡大学法学部卒業。リクルートを経て独立。

主藤孝司の名言 一覧

アイデアをよどみなく生み出していくためには、アンテナを常に張っておくに尽きる。


現場で生まれるアイデアは本物。特にビジネスの世界では飲み会での仲間との会話や議論にこそ大きなヒントがある。


アイデアを生み出す基本は「シンプル」であること。そして必ず「もととなっている先例(たたき台)」があることだ。実は世の中のアイデアすべてが全くのゼロから生まれ出たものではない。これらのアイデアを新商品にするとき、必ず行われるのが、「足し算」と「引き算」である。


ビジネスのネタを探すとき、特別なスキルや情報源は必要ありません。誰もが見ているネタだけで十分アイデアを湧かせられます。たとえば週刊誌。最先端やブームのきっかけをつくるのが週刊誌です。書籍では情報の鮮度が古いし、新聞は未来について取り上げてくれない。週刊誌ならコンビニで見出しをパラパラ見るだけでも価値があります。さらに、その時流や現象を自分ならどう捉えるかと考えてみれば、新しいアイデアにつながるかもしれません。


重要なのは、いくらアイデアがシンプルで、足し算と引き算で生み出されているのが原理原則であったとしても、それを「商品」にするのには、全く別の努力がさらに必要だという点だ。事業は、開発よりも「商品化」の方が難しい。「商品化技術」は、アイデアとは全く別物であり、そこにはアイデア発想とは全く別次元の工夫、努力、開発、設計、研究などがなされ、さらに知恵、直感、そして偶然の出来事が必要とされる。もちろん、トライ&エラーだらけである。とは言いつつも、アイデア創出を難しく考える必要はない。


ヒット商品は「足し算の法則」で作っていく。足し算型商品は、「冷麺+ちゃんぽん=冷やしちゃんぽん」「金融+IT=フィンテック」など。一方、「引き算の法則」は大化けするヒットの原動力である。引き算型商品は、「床屋-洗髪=QBハウス」「おにぎり-握る=おにぎらず」など。「足し算」と「引き算」のハイブリッドでヒットを作るのである。


主藤孝司の経歴・略歴

主藤孝司、すどう・こうじ。日本の経営コンサルタント、戦略出版コンサルタント。起業家大学出版代表、日本著作出版支援機構代表。福岡県出身。福岡大学法学部卒業。リクルートを経て独立。

他の記事も読んでみる

嶋田卓彌(嶋田卓弥)

男は生き死にの大病をしたり、惚れぬいた女に振られたりするたびに人間ができる。貴君も乳牛まで売りはなってわびしく療養生活をしているようだが、長い人生のうちには療養期間というものが、たいへんプラスになることを知らなければならない。
【覚書き|嶋田氏が結核の療養中に、親戚の若い夫婦に送った励ましの手紙から】


吉冨隆安

複数の競馬場で全レース勝負しようとすると、膨大なデータ分析が必要になって手が回らなくなります。そこで私は、大井競馬場というニッチな場に絞っているのです。独立する場合も、得意分野に絞って勝負する方が、生存確率を高められるはずです。


澤口俊之

褒めるときに重要なのは、「頑張った」というプロセスを褒めることです。努力や熱意を褒めることで、やる気の回路が育つ。


ウォルト・ディズニー

なにかをスタートさせたいなら、口を閉じてとにかくやり始めることだ。


小沼大地

大学時代、青年海外協力隊でシリアに行ったときに「貧しい国を、自分の力で良くしたい」と真正面から語り、頑張っている現地の人が大勢いて、驚くやら圧倒されるやら。で、気づかされたんですよ、日本に一番足りないのは、目の前にいる人間たちが持っているような強くて熱い「想い」ではないのかと。


鈴木茂晴

時間を厳守した働き方を企業全体で徹底することを長年口酸っぱくして言ってきたため、当社の企業文化となりつつある。


石川理紀之助

寝ていて人を起こす事なかれ。


猪子寿之

初音ミクというのは非実在ですよね。ネットは非実在と圧倒的に相性がいいんです。テレビはカメラで撮るから実在と相性がいい。非実在になった瞬間、ネットで表現できるんです。ユーザーが表現の担い手になれる。だから、感覚的にも自由ですごいものが出てくる。


松本紹圭

ブッダは「犀(サイ)の角のようにただ独り歩め」と言いました。「サイの頭に立つ1本の角のように、独りで自ら歩みなさい」という意味です。インドサイは群れではなく単独で行動するので、犀は「孤独」も意味します。なぜブッダが孤独を勧めるかといえば、私たちの悩みの多くは人間関係から起こるからです。仏教では、悩みの種の人間関係から距離を置き、周囲の声に引っ張られずに自律的に生きることが強調されています。とはいえ、悩みの原因となる人間関係から距離を取ることは、必ずしも独りきりで過ごすことを意味するのではありません。矛盾するようですが、ブッダは「学識豊かで真理をわきまえ、高邁、明敏な友と交われ」とも言っています。犀の角のようにただ独り歩む自立した優れた友と交流することは、自分自身が成長するためにもとても大切なこととされています。


堀木エリ子

突然の事故や病気など、死に様は自分では選べなくても、生き様はそれぞれ自分の個性で選ぶことができます。これは大切なことです。


安渕聖司

見える化すると目標を達成したいというモチベーションが生まれて、習慣化しやすくなる。


池本慶且

一期一会を大切にし、一生懸命に人と付き合ってきました。それだけだと思います。