名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

丹生光の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

丹生光のプロフィール

丹生光、たんせい・ひかる。日本の経営コンサルタント。神奈川県出身。ブリヂストンでエンジニアとして商品開発、企画、研究などの実務経験を積む。三和総合研究所(のちの三菱UFJリサーチ&コンサルティング)に移り、コンサルタントとして活動したのち独立してイニシア・コンサルティングを設立。著書に『戦略プロフェッショナルが選んだフレームワーク115』ほか。

丹生光の名言 一覧

現代のビジネスパーソンに求められているのは、なんと言っても「問題解決」と「戦略策定」です。ルーチン作業だけをこなせばいい時代は終わり、そこに付加価値をつけなくては生き残れない時代になっているからです。


フレームワークの基本はたった2つです。ひとつは「原因と結果の因果関係を探る」ということ。「A→B」というのが、最も原始的なフレームワークです。もうひとつは、異なる軸を用いるなどして「全体を俯瞰する」こと。どちらも、言葉よりもビジュアルでこそ明確になるのです。また、ビジュアル化することで、他の人に伝えやすくなるというメリットもあります。


「守破離」という言葉をご存知だと思います。まず形を覚え、その後自分に合った技術を磨いていくということですが、これはビジネスの世界でもまったく同じです。まず基本を覚えてこそ、応用も利くようになる。この「形」こそがまさに、フレームワークだと言えます。


ゼロから問題解決や戦略策定を行なうのはなかなか大変です。そんなとき、先人が培ってきた「形(かた)」を用いれば、効率がいいですよね。そして、約百年にわたって学者やコンサルタントといった人々が磨き上げてきた「形」こそが、フレームワークなのです。


丹生光の経歴・略歴

丹生光、たんせい・ひかる。日本の経営コンサルタント。神奈川県出身。ブリヂストンでエンジニアとして商品開発、企画、研究などの実務経験を積む。三和総合研究所(のちの三菱UFJリサーチ&コンサルティング)に移り、コンサルタントとして活動したのち独立してイニシア・コンサルティングを設立。著書に『戦略プロフェッショナルが選んだフレームワーク115』ほか。

他の記事も読んでみる

町田勝彦

だめだと思ってあきらめてはいけない。人件費が高いというのなら、工程を短くするとか、生産技術を進化させて、人件費がかからないようにすればいい。たとえば十工程を五工程にすれば人件費は半分になる。そうした努力の余地はまだまだある。


藤井隆太

感性を教えることはできません。自分で学んでいくものです。しかしながら、この感性を具現化するための下地は論理で学んでいくことができます。


林真理子

作家が書くことだけでお金を稼ぐのは難しい時代になりました。私自身は、ありがたいことに昨年は『野心のすすめ』という新書がヒットして、金銭的にはとても助かりましたが、ヒットはユージュアルなものではありません。ですから、実は常に不安感を持っています。


佐藤卓(グラフィックデザイナー)

新商品に携わる時と、リニューアルに携わる時は向き合い方が全く違います。リニューアルは、それまでの商品の財産をどう考えるかが重要で、特にほぼ日手帳のような魅力ある商品を思いっきり変えるなんてとんでもないこと。目の前に素晴らしいものがあることを前提に、もっと良くするための微調整を、ひたすら自分を追い込んで突き詰めていきます。そのためには、デザイナーの自分が主体ではなく、ほぼ日手帳が主体だと考える姿勢が大切。そして見ていくわけです、手帳を隅から隅まで。


ジェイ・エイブラハム

様々な業態でコモディティー化が起きています。似たり寄ったりのサービスを提供し、顧客もそれを当然のこととして受け取っているということです。それだけに差別化が重要になります。


澤上篤人

企業を経営する立場からすれば、(政府の)政策などに頼っていては競争に負けてしまう。どんな難局も自社の力とエネルギーを駆使して、自力で乗り切るしかない。当たり前をしっかりやってきた企業群が、当たり前の成果を出しているのだ。


熊切直美

顧客第一主義を基本方針とする企業として、ステークホルダーの皆様へ常に新たな価値を提供し続けることが、私の役割であり覚悟です。


小嶋淳司

商売のいいところは、自分の努力が結果となって現れて判断されることです。商売だけは、たかだか高校生の青二才でも、結果で自分を実証できる。そういう世界です。商売ほど結果が出る面白いものはありません。


島田精一

自分がすべてを知っているわけではないということを自覚しておかないと、情報が十分でないのに決断して失敗してしまう。


太田光代

あなたの仕事は早いですか? ミスが少ないですか? こう聞かれても、恐らく、自分では判断しにくいと思います。気恥ずかしいかもしれませんが、思い切って上司に聞いてみましょう。仕事に積極的だと好意的に取って、上司は快く相談に乗ってくれるはずです。


井上ゆかり(経営者)

グローバルコミュニケーションとは英語をしゃべることだ、と思う方もいるでしょう。でも、相手をモチベートできないと、コミュニケーションにならないし、仕事は前にも進んでいきません。共通の目的を見出し、それに同意してもらって、自ら責任感を持ってもらって、モチベーションを上げて、「やるぞ」と思わせる。そういうコミュニケーションが求められるんです。


最上悠

いきなり強烈な自己主張を始めると、あなたの急激な変化に周りがついていけず、人間関係のバランスが崩れることがあります。一気に変えようとせず、最初はちょっとだけ頑張ってみるのがいいでしょう。都合がいい人を完全にやめる必要はありません。これならできるという場面では、まずはワンポイントだけ、変えてみることです。