名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

丹生光の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

丹生光のプロフィール

丹生光、たんせい・ひかる。日本の経営コンサルタント。神奈川県出身。ブリヂストンでエンジニアとして商品開発、企画、研究などの実務経験を積む。三和総合研究所(のちの三菱UFJリサーチ&コンサルティング)に移り、コンサルタントとして活動したのち独立してイニシア・コンサルティングを設立。著書に『戦略プロフェッショナルが選んだフレームワーク115』ほか。

丹生光の名言 一覧

現代のビジネスパーソンに求められているのは、なんと言っても「問題解決」と「戦略策定」です。ルーチン作業だけをこなせばいい時代は終わり、そこに付加価値をつけなくては生き残れない時代になっているからです。


フレームワークの基本はたった2つです。ひとつは「原因と結果の因果関係を探る」ということ。「A→B」というのが、最も原始的なフレームワークです。もうひとつは、異なる軸を用いるなどして「全体を俯瞰する」こと。どちらも、言葉よりもビジュアルでこそ明確になるのです。また、ビジュアル化することで、他の人に伝えやすくなるというメリットもあります。


「守破離」という言葉をご存知だと思います。まず形を覚え、その後自分に合った技術を磨いていくということですが、これはビジネスの世界でもまったく同じです。まず基本を覚えてこそ、応用も利くようになる。この「形」こそがまさに、フレームワークだと言えます。


ゼロから問題解決や戦略策定を行なうのはなかなか大変です。そんなとき、先人が培ってきた「形(かた)」を用いれば、効率がいいですよね。そして、約百年にわたって学者やコンサルタントといった人々が磨き上げてきた「形」こそが、フレームワークなのです。


丹生光の経歴・略歴

丹生光、たんせい・ひかる。日本の経営コンサルタント。神奈川県出身。ブリヂストンでエンジニアとして商品開発、企画、研究などの実務経験を積む。三和総合研究所(のちの三菱UFJリサーチ&コンサルティング)に移り、コンサルタントとして活動したのち独立してイニシア・コンサルティングを設立。著書に『戦略プロフェッショナルが選んだフレームワーク115』ほか。

他の記事も読んでみる

セネカ

精神的活動なき余暇は一種の死であり、生きながら埋葬されるのと同じことだ。


高須武男

社員の失敗は、それを了承した経営判断のミスでもあります。お互い様です。本人が一生懸命やっての失敗なら、次は周りがサポートして失敗させないようにします。サラリーマンは挑戦し続け、失敗を重ねながらも、最後に切り札を会社に提案できることが大事です。


中沢啓治

東京電力・福島第一原子力発電所の事故を見ても、日本人は本当に懲りないなと思います。結局のところ、カネのことばかり考えています。カネと命、どちらが大切なのかと言いたくなる。情けない話です。


吉山勇樹

リマインドメール(お知らせのメール)に事前に1分の手間をかけることによって、1時間のロス=ムダ時間を軽減することができます。


堀紘一(コンサルタント)

チャレンジするのに年齢は関係ないが、やはり体力もあってやり直しもききやすい若い人ほど、徹底的にチャレンジしてほしい。チャレンジして失敗しても、あとから振り返ると、そのツケなど大したことないものだ。私の場合、二十代の失敗の数では、誰にも負けない自信がある。どんなチャレンジでも、その後悔などないに等しいのである。


赤羽雄二

「口頭で指示さえ出せば、意図を汲んで動いてくれる」、これは管理職が最も陥りやすい勘違いです。口頭では、作業の完成時のイメージが正確には伝わらず、見当違いの企画書やプレゼン資料を作ってしまう。やり直しを命じることで、時間と労力をムダに費やすことになりがちです。ホワイトカラーにとって書類の作成は最も時間を費やす作業ですから、曖昧な上司の指示は、多くの職場で時短を進めるうえでもボトルネックになっているはずです。


柳井正

僕らは、信頼できるパートナーとともに、その国に行ったら、その国のために仕事をする。アメリカへ行ったら、アメリカのために。ロシアへ行ったら、ロシアのために。中国へ行けば、中国のために仕事をする。それが僕らの主義です。


ジャック・ドーシー

スクエア(スマートフォンなどのモバイル端末をカード決済端末にするサービス)を立ち上げるうえでの苦労はものすごくたくさんあった。僕らはみんな金融業界については素人で、業界の構造や仕組みを学ぶところから始まった。ハードを作るのも初めてのことで、投資家たちになぜカード決済事業をするのにハードが必要なのか説明する必要もあった。なぜソフトで完結できないのか、と彼らは考えていたんだ。


森川亮

起業を恐れる人は、失敗のリスクを考えるからでしょうが、そんなものは大したことはない。仮に起業して失敗したとしても、またどこかに就職すればいいだけの話。


加藤壹康

私の経験に則して言えば、営業部長時代に「価格」から「価値」に重きを置いた営業手法に転換した際、現場が得意先に怒られながらも実行してくれたのは「何とかこれまでの営業手法を改めたい」という思いをみんなが共有してくれていたからだと思います。また酒類営業本部長時代に新ジャンルの「のどごし生」を開発した時も、関係者全員が「ヒット商品を生み出す」という思いでひとつになっていたように思います。


仙田満

多様なデザイナーの協働が新しい時代の様式をつくる。


栗山年弘

お客様にとっての1番手である、ファーストサプライヤーになることが何より重要です。ここ数年を振り返ると、好調な製品では必ず市場先導力があるお客様のファーストサプライヤーになっています。