名言DB

9429 人 / 110879 名言

丹下大の名言

twitter Facebook はてブ

丹下大のプロフィール

丹下大、たんげ・まさる。日本の経営者。「SHIFT」社長。広島県出身。同志社大学工学部機械工学科卒業、京都大学大学院工学研究科修了。インクスを経てSHIFTを設立。

丹下大の名言 一覧

当社の強みはとにかくテストの部分を入念に行うところです。むしろ入念過ぎて顧客から「そんなテストしなくていいよ」と言われるぐらいです(笑)。


ソフトウェアテストを誰もやりたがらないのは、一言で言うと、単純作業で知的に見えないのです。だからこそ、そこに自分の会社のエンジニアを使いたくないのです。以前、ある上場企業の社長から食事に誘われたのですが、この会社は当時株価がすごく低迷しており、当社からヒントをもらいたいということでお会いしました。ただその方が最後にこう言ったのです。「よくそんなつまんない仕事やっているよね」と。私はその言葉を聞いたときに、やっぱりこの仕事は当社しかできないと確信しましたし、同時にこの方はだからビジネスがうまくいっていないんだなと思いました。


ソフトウェアテストに関しては誰もやりたがらないので、サービスを施す会社がない。そこを私たちが気合を入れてやっているということが、伸びている理由だと思っています。


テスト一本でやっています。専業のプレイヤーであるということです。現在、日本のソフトウエアの産業は12兆円程の市場と言われており、その中でテストの市場は約4兆円あると言われています。しかしそこで事業を行うプレイヤーは数社しかなく、しかも同業他社と呼ばれる企業はみんな本業が別にある企業です。ですから専業会社である当社にとってはポテンシャルがあり、伸びやすいマーケットなのです。


丹下大の経歴・略歴

丹下大、たんげ・まさる。日本の経営者。「SHIFT」社長。広島県出身。同志社大学工学部機械工学科卒業、京都大学大学院工学研究科修了。インクスを経てSHIFTを設立。

他の記事も読んでみる

七田眞

ストレスを感じると左脳が働き、右脳で記憶する訓練をしても効果がありません。楽しむことが大事。トレーニングをやったら、毎日の変化を記録して、進歩した自分を楽しんでみてください。


芳井敬一

私は支店長公募育成研修や将来の経営幹部を育てる大和ハウス塾の1期生で、その頃から一貫して「人を育てる」ことを心掛けてきました。「100周年に売上高10兆円」の目標に向かうときに、実際に事業をするのは人です。とにかく人を育てていきたいと思います。


堀江貴文

僕は会社経営で悩んだことはありません。すぐにシンプルに決断する。旧来の会社組織では大勢が集まって長時間の議論をするのが普通でした。ろくに準備もせずに会議を始めるから、いつまでたっても議論が出ない。会議の目的は結論を出すことです。ところが会議のための会議に終わってしまうケースが多かったと思うのです。それでうちの会社では会議は極力シンプル化するようにしています。目的にシンプルに向かっていく。細かい事にとらわれず、大局を見る。それが企業の成長スピードを加速させる上で大切なことなのです。


松﨑晃一(松崎晃一)

ストレスを解消するために、お酒で憂さ晴らしや、買い物で発散などは逆効果。お酒や買い物などは中毒症状になりやすい。気分転換のつもりが依存症になり、むしろお酒がないとイラつくという新たなストレスを生み出しますから。


中鉢良治

40代というものは、人生でも大変なときで、仕事でもプライベートでも、いろいろな問題が並行していっぺんに押し寄せてくるものです。


吉永泰之

自動車産業もファッション産業と一緒で、飽きられたら終わり。社員には「守りに入るな、感度を高めよ、安心するな」と訴えてます。


西内啓

手元にデータがない場合は、足で稼ぐこともできるはず。たとえば、若い女性向けの商品を企画するときに、おじさんが集まって企画を練っても、良いアイデアは出ません。ならば街頭に出たり知人を通じて若い女性たちに「この商品、買いたい?」と聞いて回ってみてはいかがでしょう。それだけでも、データは集まります。限られたサンプルですが、アタリをつけるには十分なはずです。


松本大

英文法は大切ですが、気にしすぎるのはムダ。例えば、僕の経験では時制を間違えて問題になったことはありません。日常会話では、英語のネイティブですら、昨日の出来事を現在形で話すことがあります。ましてや、三単現のSがなくても通じます。


大橋徹二

営業やサービス担当のみが顧客と向き合うのではなく、開発や生産部門も情報を共有して、顧客の業務効率化や高度化に対して知恵を出す。顧客が困っている中身をコマツが理解し、一緒に解決策を考えていく。そうすれば、単に機械を販売していた時代よりも、顧客に選ばれる確率が高まる。


工藤真由美(コンサルタント)

年間スケジュールを組むと、計画を実行するにはお金が必要だと気がつくと思います。年間を通じてプライベートを楽しむにはいくら必要なのかを計算してみると、お金のやりくりもうまくなりますし、働く必然性も見えてくるのではないでしょうか。しかも、楽しみを実現させるためと思えば、モチベーションも維持できるはずです。