名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

丹下大の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

丹下大のプロフィール

丹下大、たんげ・まさる。日本の経営者。「SHIFT」社長。広島県出身。同志社大学工学部機械工学科卒業、京都大学大学院工学研究科修了。インクスを経てSHIFTを設立。

丹下大の名言 一覧

当社の強みはとにかくテストの部分を入念に行うところです。むしろ入念過ぎて顧客から「そんなテストしなくていいよ」と言われるぐらいです(笑)。


ソフトウェアテストを誰もやりたがらないのは、一言で言うと、単純作業で知的に見えないのです。だからこそ、そこに自分の会社のエンジニアを使いたくないのです。以前、ある上場企業の社長から食事に誘われたのですが、この会社は当時株価がすごく低迷しており、当社からヒントをもらいたいということでお会いしました。ただその方が最後にこう言ったのです。「よくそんなつまんない仕事やっているよね」と。私はその言葉を聞いたときに、やっぱりこの仕事は当社しかできないと確信しましたし、同時にこの方はだからビジネスがうまくいっていないんだなと思いました。


ソフトウェアテストに関しては誰もやりたがらないので、サービスを施す会社がない。そこを私たちが気合を入れてやっているということが、伸びている理由だと思っています。


テスト一本でやっています。専業のプレイヤーであるということです。現在、日本のソフトウエアの産業は12兆円程の市場と言われており、その中でテストの市場は約4兆円あると言われています。しかしそこで事業を行うプレイヤーは数社しかなく、しかも同業他社と呼ばれる企業はみんな本業が別にある企業です。ですから専業会社である当社にとってはポテンシャルがあり、伸びやすいマーケットなのです。


丹下大の経歴・略歴

丹下大、たんげ・まさる。日本の経営者。「SHIFT」社長。広島県出身。同志社大学工学部機械工学科卒業、京都大学大学院工学研究科修了。インクスを経てSHIFTを設立。

他の記事も読んでみる

岡本友紀

小さな挫折感を味わうことがあっても、「なんとかなる!」と思って動けば乗り越えていける。


山田真哉

読んでみて、紹介されている方法を実践して、効果を確認するのに1か月くらいはかけていきましょう。次々と自己啓発書を読んで、あれもこれもと取り入れていくと、混乱するだけ。これはという1冊に書かれている内容を試し、行動することが大事です。


伊東孝紳

先進国を念頭に開発していると、新興国では採算が悪くなる。当初から新興国でも展開することを想定すれば、各地域で安い部品を調達でき、それらを全世界でも適用することで採算性はずっとよくなる。数量を増やす効果も大きい。


大倉忠司

時代や環境の移り変わりとともに、適正価格も変わります。変化を嫌ったり、短期的な競争関係に目を奪われたりして、それを固持しようとすると、必ず誰かにしわ寄せがいくことになる。経営を預かる人間は、適正価格を見失わないように常に注意を払い、変えるべき時は変える勇気を持つことが必要です。そのバランスを欠いたために、消えていった企業は枚挙にいとまがありません。


鴨居達哉

育成で最も重要なのは、背伸びしてようやく目標を達成できるような経験をさせること。そうした経験の場を提供することが、経営陣には求められます。


木村英文(木村飲料)

子どもの頃から寿司屋で出てくるコーラに不満でした。こげ茶色のコーラは日本食に合わないからです。日本人はやはり緑茶でしょう。いま、うちの「しずおかコーラ(お茶を加えた緑色のコーラ)」は日本食ブームにのってシンガポールやマレーシア、オーストラリアなどにも輸出されています。


松橋良紀

自分では気付かない人も多いですが、相手の話を最後まで聞かず、「それはですね……」とつい口を挟んでしまう。話の腰を折られた相手は不快に思い、本音を胸にしまいこむ。そうなったら、当然、話は進展しないでしょう。


嶋基裕(経営者)

先回りして準備すれば、常に自分の時間をコントロールできる。人生を自分のペースで動かすためにも、手帳を活用すべきでしょう。


笹宏行

過去はいろいろなところに手を出し、規模しか追っていませんでした。自分たちはどういう会社なのかという基本に立ち返り、事業ポートフォリオを見直したことで財務体質も改善しました。


巻誠一郎

昨年のW杯はブラジル域にスタメン出場したんですが、ピッチに立つ前、整列している相手はテレビで見ていた選手ばかり。ナーバスになってましたけど、その中でプレーできる喜びも感じましたね。ああいう大きい場所に立てば立つほど、すごい力が出ると思いがちなんですけど、僕の場合は違いましたね。あれだけ追いつめられた状況でプレーしても、出せたのは普段やってることだけ。「普段の練習で100%、120%出せ」というオシム監督の言葉が納得できました。


本田宗一郎

当時、一生懸命がやたらと尊ばれた。たんなる一生懸命には何ら価値がないことを為政者は教えなかった。だから国民は一生懸命が価値を持つためには、正しい理論に基づくことが前提条件だということを悟らなかった。


松橋良紀

別れ際は誰だって、どうしても気がゆるむ場面。でも、逆を言えば、相手もまた気をゆるす瞬間だと言えるわけです。ここでどう振る舞うかが、大きく結果を変える。