名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

丸谷智保の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

丸谷智保のプロフィール

丸谷智保、まるたに・ともやす。日本の経営者。コンビニエンスストア「セイコーマート」社長。北海道出身。慶應義塾大学法学部卒業後、北海道拓殖銀行に入行。広報宣伝、商品開発などの業務を担当。同銀行破綻後、シティバンクに移り札幌支店長、顧客・人材開発本部長などを務めた。その後、セイコーマートに入社し副社長を経て社長に就任。

丸谷智保の名言 一覧

地域というものを深く掘り下げていくと、様々なニーズが出てくる。大きな利益は望めないかもしれないが、必要とされる限りにおいては、地域とともに存続が可能なのではないか。


しっかりと地域を固め、根ざしていくことが、大手の参入を許さない、あるいは伍して戦えることにつながる。


小売りの神髄は細部にあり。


消費者がどんな商品やサービスを求めているのかを知る上で、最終的な答えは店という現場にしかありません。


購買履歴からは商品が売れた理由は分かっても、売れなかった理由は分からない。


今後、大手チェーンとの競争はさらに激しくなります。その戦いに勝つ方法は唯一、ライバル以上に地域に寄り添って独自性を打ち出すことです。


全国的なブランドを持たなくとも、北海道の消費者の所得水準に配慮し、質の良い商品を低価格で提供すれば必ず顧客は付いてきます。


全国的には「セブンイレブン」「ローソン」「ファミリーマート」の3強時代に突入していますが、なぜ北海道ではセイコーマートが大手に伍して戦えているのでしょうか。それは「北海道」という地域に密着した事業モデルを磨き上げてきたからです。


今後は、顧客の来店回数を増やすことに力を注ぎます。クラブカード会員の来店回数は平均で年42回ですが、これを365回(毎日)に増やすことが目標です。既に、朝・昼・晩と3食をホットシェフで済ませる顧客もいます。そのような地域密着のサービスを提供できるのも、全国チェーンでは気が付かないニーズに応えられる地元のコンビニだからでしょう。


北海道で成長したので「道外に積極的に進出しないのか」とよく聞かれますが、製販一体の体制や物流網を生かせるのは北海道だけ。現在、茨城県と埼玉県に店舗がありますが、道外に大きく打って出る考えはありません。


セイコーマートの発祥が酒販店だったことから、ワインの販売は古くから手掛けていました。しかし、売り上げは思うように伸びませんでした。それでも私はワインに可能性を感じていました。北海道は酪農が盛んで乳製品の消費量も多く、チーズと合うワインの潜在需要は大きいとみていました。しかもワインはビールにはない売り場の特徴を出せるという利点があります。ビールは寡占化が進んでおり、小売りが他社と差別化できるのは価格しかありません。一方、ワインは種類が豊富で、価格と品ぞろえで売り場の差別化ができます。そこで、ワイン売り場を目立たせるために陳列棚を入り口付近に移し、「500円」で買えるワインの品ぞろえも増やしました。商品説明も充実させて、他のコンビニやスーパーとの差別化を徹底しました。その結果、人気に火が付き、売上高は約7年で2.5倍に増えました。「ワインを買うならセイコーマート」という意識が、北海道の消費者に浸透したのです。


商品開発でも購買データだけに頼るのではなく、現場を見ることと感性を高めるように注意してきました。極端な例かもしれませんが、一時的に商品開発の担当者からパソコンを取り上げたこともありました。コールセンターも開設し、顧客の声を吸い上げる体制を強化しています。


直営店には本社から社員を店長として派遣するのが一般的でしょうが、セイコーマートは基本的にパートタイムの店長で運営しています。ただし、店長には接客や店舗運営に専念してもらえるように、従業員の出退勤管理など一部の仕事は本部がバックアップする体制に変更もしました。これによって店長は店の隅々まで目を行き届かせ、顧客へのサービスに集中できるようになりました。


以前、ある店だけ新商品の売れ行きが悪いことがありました。いくら購買履歴を分析しても、その理由が分かりません。そこで店に行ってみると、パートの従業員が面倒くさがってPOP広告を貼る作業を怠っていたことが分かりました。「データ」の中に答えを求める癖がついてしまい、「店」という現場を見ることを疎かにしていたのです。


北海道のコンビニ業界も人口減少による総需要の落ち込みと店舗の過剰感という問題に直面しています。コンビニ業界のフロンティアだった北海道は、今や限られたパイを奪い合う状況になり、もはや個性のないコンビニは生き残れません。


コンビニはFC方式で店舗を増やすのが一般的です。しかし当社は徐々に直営で出店することに舵を切りました。店舗運営を標準化しやすく、本部の施策を素早く反映できるからです。現在は約7割が直営店です。コンビニ経営の常識からみれば異色でしょう。


丸谷智保の経歴・略歴

丸谷智保、まるたに・ともやす。日本の経営者。コンビニエンスストア「セイコーマート」社長。北海道出身。慶應義塾大学法学部卒業後、北海道拓殖銀行に入行。広報宣伝、商品開発などの業務を担当。同銀行破綻後、シティバンクに移り札幌支店長、顧客・人材開発本部長などを務めた。その後、セイコーマートに入社し副社長を経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

大塚万紀子

経営者は会社を背負っているのと同時に、社会におけるミッションにも協力すべき立場にあるはず。ですから、その両方のために、これからどのような働き方を評価し、マネジメントすべきかが、各企業の経営者に問われているのではないでしょうか。


内田百間(内田百閒)

臆病ということは不徳ではない。のみならず場合によれば野人の勇敢よりも遙かに尊い道徳である。


ビクター・ルイス(経営者)

人間はアナログな生き物で、だからこそ社内でもお客様とも、どんどんと実際のコミュニケーションを図るべき。特にこの先、デジタル化が進むと、消費者はより本物のアナログな体験を求めるようになるはず。


高橋淳(経営者)

やる気をあげるために「気づきメモ」を続けています。これは、気づいたことをメモに書いてもらうものです。「お客様にこんな声かけをしているAさんは素晴らしい」「お皿をこうして並べておけば作業がはかどる」とか。人は誰でも褒められたいという欲求を持っています。メモは毎月7000枚ほど上がってきます。それをもとに接客の改善案が出たり、店の方針が変わることもあります。


兒玉義則

毎年1月と7月に全社員がボランティア活動を行う日を設けています。病院で患者さんの洗髪をしたり、店舗の近くの公園を掃除したり、それぞれの店舗ごとに考えてやっています。こうしたボランティア活動を通じて得られるのは、人に対する優しさや感謝されることの喜び。その経験が、日々の仕事の中で自然とお客様へのホスピタリティとなって表われるのだと考えています。


桐山一憲

現場はきつい状況ですが、営業スキルで勝負するように追い込まれ、どんどん鍛えられました。筋トレに痛みはつきものです。また「すべての取引において公平」と堂々と示すことで、取引先からの信頼にもつながりました。誠実さと透明性が信頼を生み、長期的にはプラスに働くことが実感できました。
【覚書き|取引先へのリベート全廃の責任者として働いたときを振り返っての発言】


田久保善彦

自社の経営理念をこよなく愛し、自分の体の中に取り込んで仕事をしている社員が多いほど、企業は強くなると私は思います。


横山清

ユニバースの極めて高度な経営はかねて注目の的でした。統合で規模のメリットを求めるよりもむしろ、ヒト、モノ、カネ、さらには運営技術の集積を通じて足らざるを補い、余計なものを切り捨てることで互いの意見が合致しました。
【覚書き|北東北の食品スーパー「ユニバース」と経営統合したことについて語った言葉】


大倉忠司

各テーブルのタッチパネルは採用しません。理由は従業員が全テーブルについて、一斉にオーダーを聞くようなものですから、厨房がパンクしてしまいます。それによってお客様にも迷惑がかかってしまいます。


吉田たかよし

これからの時代、ビジネスマンに求められるのは学歴でも経験値でもありません。アイデア力の高い人材こそが地位も収入もどんどんアップしていくはず。顧客獲得や、売り上げを伸ばすことはもちろん、日常のトラブルの対応や人間関係の改善まで、結局はその人のアイデア力が勝負なんです。


和田眞治(和田真治)

価格を安くするには、業務を一から見直すしかない。規制で守られてきたこともあって、とにかくこの産業には無駄が多いと考えている。そこで私たちは20年前から業務のIT化やクラウド化を進めてきた。当時は何をやっているんだとバカにされたものだが、結果がついてきている。外資を受け入れたときもそう。ニチガスはファンドに食いつかれ、ボロボロになるだろうと散々言われた。


柳井正

海外で店を作ることは苦労も多いけれど、リスクを取って取り組むからこそ、得られるものも大きい。