名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

丸谷才一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

丸谷才一のプロフィール

丸谷才一、まるや・さいいち。日本の小説家、文芸評論家、翻訳家。山形県出身。東京大学文学部英文科卒業、同大学院修士課程修了。芥川賞、谷崎潤一郎賞をはじめ多くの文学賞を受賞。代表作に『笹まくら』『年の残り』『たつた一人の反乱』『裏声で歌へ君が代』。

丸谷才一の名言 一覧

自分のホームグラウンドをしっかりと持っている人が書いた本は面白い。


丸谷才一の経歴・略歴

丸谷才一、まるや・さいいち。日本の小説家、文芸評論家、翻訳家。山形県出身。東京大学文学部英文科卒業、同大学院修士課程修了。芥川賞、谷崎潤一郎賞をはじめ多くの文学賞を受賞。代表作に『笹まくら』『年の残り』『たつた一人の反乱』『裏声で歌へ君が代』。

他の記事も読んでみる

逢沢明

向こうの弱味を握ったらこちらは強い。弱み握られた時、人間ってゲームの仕方が下手なんですね。多くの人が誤魔化そうとするわけですね。相手は結構いい加減な事を言うから、当然ミスします。そこを突っ込んでいく。


鎌田恭幸

投資することによって経済や金融を学ぶだけでなく、頑張っている社長の生きざまから影響を受けることもある。よい投資は人格を磨く。自分自身が主体性を持つことにより学んだり気づいたりする機会が増えるからだ。


北村正志

事業ですから絶対ということはありませんが、成功するという信念がなければ挑戦はできません。


羽生善治

メンタル面で切り替えなければならない時には、気分転換するようにしています。髪形を変えたり、部屋の模様替えをしたりして、何かしら生活にアクセントをつける。部屋の片づけをしたりもします。


平林朗

社長とその他ではやはり先を見る時間の長さ、ここが一番違うように思います。ゴルフに例えるなら、これまで私は、誰かが打ったドライバーの後にセカンドを打ってグリーンまわりを打つ役回りでした。それが、ティーグラウンド、それもバックティーから打つようなもので、全体を見回してからどう攻めるか考えて、打たなければならなくなりました。


関幸彦(経営者)

万が一、億が一、兆が一の重篤品質問題の発生をも想定に入れ、得意先も含めたリスクマネジメントを弛(たゆ)まず怠らず行なう必要がある。リーダーの方には特に、松下(幸之助)創業者が大事にした言葉、「治にいて乱を忘れず」の意味を、今一度よくかみしめていただきたい。


小山薫堂

軸足に力を入れて、もう片方の足で活発に動き回れば、ブレずに、新しい挑戦ができる。


中嶋常幸

プロというのは日々、技術へのチャレンジ。


工藤公康

思い出深いのは、福岡ダイエーに在籍していた1999年に、日本シリーズで中日ドラゴンズと対戦した時。この時は1番打者の関川浩一選手を相手打線のキーマンと考えて、城島(健司)捕手と一緒に、何時間もかけて分析しました。外角の速球を見逃した時の見逃し方一つだけでも、「打とうとしたけど直前でやめたのか」「明らかにボールと確信して見逃したのか?」と延々と議論しましたね。この下調べなしには、日本一にもなれなかったでしょう。日本シリーズのような大一番に限らず、同じリーグにいる選手は、オフシーズンに40~50人は調べました。


永田豊志

口頭で説明する場合、言葉の受け取り方や理解が一人ひとりバラバラでも、会議はとりあえず進行してしまう。しかし、最初に議題の全体像を図解すると、誤解の余地がなくなり、全員が同じ認識を持った状態で議論できる。複雑な背景を持った議題でも、短時間で結論に達することができます。


鈴木茂晴

トップとしてのメッセージをガツンと出しておかないと、いつまでたっても変わらない。


福沢諭吉

どんなに貧しく賤(いや)しい者でも、なぜ貧乏で賤しいか、その原因を知り、それが自分にあるということが分かれば、決して、やたらに他人を怨望したりはしません。