丸谷才一の名言

丸谷才一のプロフィール

丸谷才一、まるや・さいいち。日本の小説家、文芸評論家、翻訳家。山形県出身。東京大学文学部英文科卒業、同大学院修士課程修了。芥川賞、谷崎潤一郎賞をはじめ多くの文学賞を受賞。代表作に『笹まくら』『年の残り』『たつた一人の反乱』『裏声で歌へ君が代』。

丸谷才一の名言 一覧

自分のホームグラウンドをしっかりと持っている人が書いた本は面白い。


丸谷才一の経歴・略歴

丸谷才一、まるや・さいいち。日本の小説家、文芸評論家、翻訳家。山形県出身。東京大学文学部英文科卒業、同大学院修士課程修了。芥川賞、谷崎潤一郎賞をはじめ多くの文学賞を受賞。代表作に『笹まくら』『年の残り』『たつた一人の反乱』『裏声で歌へ君が代』。

他の記事も読んでみる

永井浩二(経営者)

自分たちは一流だと思ったら、そこで終わり。逆に一流ではない方がいい。常に一流になりたいという思いを持ち続けることが大事。


安河内哲也

日本人は、相手がぽかんとしていると自分の発音が悪いために通じていないと思う。しかし、通じないのは、聞こえていないからということも多い。


成毛眞

世の中には、教育熱心で子供の受験の合否に一喜一憂する親が多いが、私に言わせれば学校名などどうでもいいことです。大切なのは学校を出たあと、職にありつけるかどうかです。そこで手伝えることがあれば、親はどんどん手を貸せばいい。就活こそが親の出番です。


熊坂隆光

我々は何か一つの原因を見つけると、それが悪いんだというふうに決めつけてしまいがちですが、それではいけない。我々は、若者が新聞を読まないのであれば「SANKEI EXPRESS」のように若者向けの新聞を作るなど、需要の掘り起こしに取り組んでいます。


加藤清正

乱舞は一切停止する。太刀や刀をとれば人を斬ろうという心が起こるのが、武士として当り前のことであるから、武芸のほかにやたらに刀を抜いて乱舞するような者に対しては、切腹を申しつける。


ルパート・マードック

時代遅れになるのは新聞自体ではなく、新聞にとって最も貴重な財産である読者とのつながりを忘れている編集者や取材記者、経営者だ。


藤田晋

もし、少しでも他者への依存状態を自覚した場合は、「自分はどうしたいのか」という自分基準で考え、行動してください。他者依存の状態に比べると、自分に大きな責任が生じるうえ、失敗のリスクも背負いますが、人はそうした環境に置かれないと成長しません。


上田研二

大企業出身者は、知識は豊富ですが、再就職先では人徳がないと勤まらない。思いやりがなく、他人を見下すような態度を取ったり、周囲に威張り散らしたりすると、確実に嫌われます。大組織にどっぷり漬かっていたせいか、自分の哲学がなかったり、指示がないと動かなかったりする人もよく見かけます。そういうタイプもNGですね。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

億劫なときは仕事を小分けにしてみましょう。小分けにすると作業が明確になります。また、小分けになるため、億劫な仕事も「これならできそう」とラクに思えてきます。ラクに思えるから、とりかかりやすいんです。


國分文也(国分文也)

一番言っているのは、自分たちは何のために仕事をするのか、ということ。事業を行う以上、利益は重視しなければなりませんが、そもそも誰のために仕事をしているのか、と。


大東隆行

結局、飲食業は人なんです。気持ちのいい接客をし、安くておいしい料理をスピーディに提供するには、従業員が満足して働いていないとお客さんへのサービスもできないのです。そのために僕は従業員を大切にします。報奨や成果の還元だけでなく、僕自らが手本を示して仕事をしています。


清水信次

お金をためる方法は追っかけないこと。幸せも同じだね。追っかけなければついてくる。


原晋

私の指導方針の一つの柱が、「規則正しい生活」をすること。朝は5時起床、門限は22時、就寝はカッチリ22時15分です。遊びたい盛りの若者には酷かもしれませんが、朝、決まった時刻に起き、みんなで練習し、食事に気を遣って、同じ時刻に寝る。単純なようで、人として当たり前の生活をするだけで、個々の能力が強化され、タイムに表れる。そして、チームの一体感も高まる。こうした生活の基本、時間の大切さに選手自身が気付き、しっかりと「核」を作ってこそ、1秒にこだわったレースができる。試合中のとっさの判断力、創造性も育まれる。


北野武(ビートたけし)

俺は俺自身のためにい映画をつくる。自分のために撮って、あとは「アンタも見る?」と聞くだけだ。映画監督なんてやってる人は、たいてい映画が好きなわけだけど、その好きにも2種類ある。映画監督が目的になっている人と、監督が手段に過ぎない人だ。監督が手段という人にとって、映画は表現手段のひとつだ。だから、自分の映画を客観的に見る目を持っている。


三木卓

僕はおやじギャク、大賛成です。大いに飛ばしてほしい。しかも下手であるほうがいいんです。みんなに「あれさえ言わなけりゃ、いい男なんだけどな」と言われるのが大事だと思います。たとえば大砲の弾がドカドカ飛んできて、全員が頭を低くしているときに、誰かがボソッとくだらないことを言う。そうすると、みんな元気が出ると思うんです。


ページの先頭へ