名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

丸藤正道の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

丸藤正道のプロフィール

丸藤正道、まるふじ・なおみち。日本のプロレスラー、経営者。「キュリオシフト」社長。埼玉県出身。高校卒業後、全日本プロレスを経てプロレス団体ノアに入団。エースとして活躍。また、プロアスリートのセカンドキャリアを支援するためキュリオシフトを設立。

丸藤正道の名言 一覧

キュリオシフトはプロスポーツ選手のセカンドキャリアを実現する目的で設立した会社です。まずは自分自身が勉強したいという思いから、キュリオシフトを設立する際には、司法書士などの専門家には頼まず、自分で全て手続きをしました。


丸藤正道の経歴・略歴

丸藤正道、まるふじ・なおみち。日本のプロレスラー、経営者。「キュリオシフト」社長。埼玉県出身。高校卒業後、全日本プロレスを経てプロレス団体ノアに入団。エースとして活躍。また、プロアスリートのセカンドキャリアを支援するためキュリオシフトを設立。

他の記事も読んでみる

長島徹

ビジネスマンが与えられる環境は、それぞれ異なります。人によっては、こんな環境では創出なんて無理だと思うこともあるでしょう。しかし、私はどんな場所でも創出は可能だと思っています。与えられた環境に不平不満をいうのではなく、そのなかでどんな新しいことができるのかとつねに発想することです。


石渡美奈

日頃から社員一人一人に関心を持ってよく観察しておくことが大切です。そうすれば、「彼は情報処理能力が高いから、この一言をいえば大丈夫」とか、「彼女には丁寧に説明したほうがいい」というように、人によって最も効果的な伝え方ができます。


小泉信三

昨今見わたすところ、父母も教師も子弟の機嫌をとることに急で、教えるべきを教えず、ただ気ままにさせることが即ち民主主義だと思っているかのように見受けられる。うろたえてはならぬ。男子も女子も節操あれ、また恥を知れ、と訓(おし)えること、それが即ち本当の慈愛であることは、あらためていうまでもなく明らかなはずである。


吉村明彦(経営者)

それまでは「やらされ感」のあった仕事に「こうしたらもっとよくなる」と、自分が変えられる小さなところから変えていったんです。そしたら、「できた感」が出てきて、だんだん面白くなってきました。


石渡美奈

ある日、家に帰ると父からビールの製造免許を取得したことを聞きました。実は、ホッピーの創業者である祖父は長年、ビールを作るという夢を持っていました。ビール製造に関する規制緩和が行なわれたこともあり、その夢を数十年越しで父が叶えたのです。私はそのとき初めて、家業を面白いと思いました。この体験が、初めて自分のルーツに関心を持つきっかけとなったのです。同時に、祖父と父が人生を賭けて築き上げたホッピーを支えたい、これこそが自分の人生の役割だと思えました。


依田宣夫

負債額を増やさずに資産と正味財産を増やすためのポイントは6つある。最もオーソドックスで実行可能なのは最初の二つだろう。

  1. 収入の増加。妻も仕事を持って共働きにすれば収入は増える。
  2. 消費の節約・合理化。日々の無駄な消費を省き、合理化することで消費を減らす。
  3. 資産運用の成功。資産運用が上手くいくと、配当や売却益が出て収入が増える。
  4. 資産評価額の上昇。たとえば家の耐震強度を増したり、リフォームすることなどで可能になる。
  5. 相続・贈与を受ける。
  6. 宝くじ当選などの幸運。宝くじなどのギャンブルで儲けること。

荒木飛呂彦

自分も若いころは、読者アンケートの票数にライバル心を抱くことはありました。だけど、人を倒したいなんて思っても駄目なんですよね。そのうち徹夜で締め切りに追い詰められると、そんなことは言っていられなくなって、結局、自分との戦いになるんです。むしろ、他の作家さんたちを尊敬するスタンスでやっている方が、いい漫画を描けるような気がします。


菊間千乃

深刻な事故でしたが、これがなければ目標や計画だけが先行し、反省する機会は得られなかったかもしれません。早い段階でのキャリアの中断は、結果的に幸運だったと思います。
【覚え書き|生放送中の事故で3ヶ月間入院したことを振り返っての発言】


島田裕巳

誰に看取られようと、死ぬときは誰でも一人である。そう思えば、一人の部屋で死ぬことも怖くはない。


森川亮

今の部署で貢献しないと、次はない。人の3倍勉強して、仕事をして、周囲に貢献し、「この部署では学び尽くした。卒業だ」と言われるまでやろう。


斉藤惇

日本の経営者は退くことにすごく躊躇する。これは撤退の物差しがきちんと決まっていないから起きるんでしょう。そのため先輩がやっている会社だからとか、そんな情緒的な理由で不採算事業をずるずると残してしまいがちなのです。


弘兼憲史

情報がものすごいスピードで流れ、溢れている時代です。同時に情報は、日々更新されていくものでもあります。極端な話、今日得た情報は、明日には価値のない情報かもしれない。だから僕は、仕事のために利用した情報は、どんどん頭から捨てていくように意識しています。必要な情報は必要な時にあれば十分。