丸藤正道の名言

丸藤正道のプロフィール

丸藤正道、まるふじ・なおみち。日本のプロレスラー、経営者。「キュリオシフト」社長。埼玉県出身。高校卒業後、全日本プロレスを経てプロレス団体ノアに入団。エースとして活躍。また、プロアスリートのセカンドキャリアを支援するためキュリオシフトを設立。

丸藤正道の名言 一覧

キュリオシフトはプロスポーツ選手のセカンドキャリアを実現する目的で設立した会社です。まずは自分自身が勉強したいという思いから、キュリオシフトを設立する際には、司法書士などの専門家には頼まず、自分で全て手続きをしました。


丸藤正道の経歴・略歴

丸藤正道、まるふじ・なおみち。日本のプロレスラー、経営者。「キュリオシフト」社長。埼玉県出身。高校卒業後、全日本プロレスを経てプロレス団体ノアに入団。エースとして活躍。また、プロアスリートのセカンドキャリアを支援するためキュリオシフトを設立。

他の記事も読んでみる

ジョン・カビラ

いま自分があがっているなと思ったら、そういう自分を心のなかで実況してみる。「さあ、ジョン・力ビラ、緊張しています。いま、ドアノブに手がかかった。どうする? 笑顔で切り込め!」みたいな。自分を客観視することで、緊張や不安は意外と取れるものです。


酒井雄哉

ここ何年も経済の調子がよくないし、今年は東日本大震災も起きたから、悩みがあるとか苦しいなあと思っている人は多いでしょう。そういうときに、おざなりの理屈とか「癒しの言葉」を並べたってしょうがない。ありのままの姿を、そのまんま正直にとらえればいい。ものごとには真実以外に何もないんだから。


ピエール・ナンテルム

私は毎日のように顧客企業の経営者と議論していますが、誰もが変化の中にチャンスがあると考えている。


小泉信三

練習は不可能を可能にす。


大泉洋

僕はまったく未来のプランがない男です。ただ基本的には、常に面白いことを考えてる人でいたいなと思いますね。


世阿弥

たとえ我が子であっても、力のない者には継がせてはいけない。たまたまその家に生まれたから家の継承者になるのではなく、継ぐのはその道の真髄を知る人でなければならない。


山本恵一(快眠アドバイザー)

最初に睡眠時間を一定量確保し、それを保てるように日中のプランを組んでみましょう。「寝る間も惜しんで働く」スタイルよりもはるかに頭が冴えて、仕事の成果も上がるでしょう。


松井忠三

社長に就任して1年たって、自分の器以上に会社は大きくならないということに気付かされました。そこでもっと成長させるために、メンター(師)を入れようと思ったんです。メンターは顧問でも相談役でもいいのですが、一番権威があるのは社外取締役です。そこで社外取締役を入れました。メンターですから、いろんな経験がありつつ、何かをなし遂げてきた人、私自身がすごいと思える人にお願いしました。


小池百合子

政治家にとって大事なことは、どんな立場になろうとも大義やミッションを忘れないこと。そこは初当選以来ずっと変わっていないつもりです。


篠田麻里子

私たちの劇場はキャパが250人なので、そこに強い意志や気迫があれば、お客さんにすごく伝わります。私は1万人のお客さんに伝わるくらいのパワーで歌って踊りました。すると、ファンの皆さんの反応が変わりました。「表情が豊かになったね」と言ってくださったり、ファンレターも増えました。それが自信になって、「1人で焼き肉を食べに行ってます」みたいなことを言って、ありのままの自分をさらけ出すと、共感されることが多くなりました。


加藤俊徳

運のいい人というのは、社会に貯金しているのではないだろうか。プラスの行為の反対給付は、その人の代では返って来なくても、その子孫が恩恵を被ったといったことはあるだろう。


鳩山玲人

海外展開を進めるうえで心がけているのは、やはりローカルの意見を尊重するということです。日本人がマネジメントすると細かいことまでチェックしたがりますが、まずはそれを止めなくてはいけない。海外と日本では商習慣が異なるので、日本人がマネジメントできることには限界があります。お互いの違いを受け入れ、相手をリスペクトしながら、その違いを前提として、どうやって共存するかを考えることが必要です。


村上和雄

プラス思考で目標に向かって努力をしていると、これ以上はできないという行き詰まりにぶち当たります。そういうギリギリのときに「なんとかこの壁を越えよう」と粘っていると、科学では説明できない不思議な現象が起きてDNAがONになる助けが得られるんです。それが何かは解明できていないので、私はそれを「何か偉大なもの」という意味で、サムシンググレイトと呼んでいます。


薮崎敬祐(藪崎敬祐)

我々はITを活用していますが、ネット企業ではなく、インフラ系の企業に近いところを目指している。ITを使って社会の基盤を作っていく。


和地孝

よく現場主義と言いますが、ただ単に現場に行っただけでは散歩をしているのと同じです。だから、経営者は日ごろから自分で本を読んだり、人の話を聞いたりして、問題意識を高めなければいけない。経営は真剣勝負です。会社は経営者一人ですべて変わりますから、トップに適材の人が来れば組織は変わります。


ページの先頭へ